真っ黒な「ゴスラテ」も! カラフルなラテに目を奪われる「CANVAS TOKYO」のカフェがとってもキュートです♪

東京・広尾にある「CANVAS TOKYO」は、オリジナル焙煎のコーヒーやドーナツが楽しめるほか、雑誌の撮影やアパレルの展示会など幅広い用途に使われているお店。

その2号店にあたる、「ink. by CANVAS TOKYO(インク バイ キャンバストウキョウ)」が、2017年11月18日、代官山にオープンするそうです。ここでは、色鮮やかでフォトジェニックなフードやドリンクが楽しめるみたい!

【目に見えないものに「色」をつけていく】

このお店が目指すのは、「MINIMAL GATHERINGの創造」

コンセプトを決めない(オープンコンセプト)という1号店の概念はそのままに、お店に携わる人や訪れる人々が経験することや、それにまつわるモノ、それらが織りなす空間といった目には見えないものに色を付けていくことで、人・モノ・コトの集約点を創造していこうというスタイルなのだそうです。

【インスタ映えしそうなラテだこと!】

キャンバスに「色を付ける」という言葉にちなんでいるのか、ドリンクメニューには、天然素材にこだわったカラフルなラテが6種類ラインナップされています。

一般的な「カフェラテ」にあたるメニューは「フラットホワイト」で、通常のラテと比較して深みとコクがあるそう。

【天然素材にこだわった色】

他の紫やグリーン、ピンクなどのカラフルなラテは、そのビビッドな色に目を奪われてしまいますが、材料へのこだわりは相当なもののよう。

たとえば、ほんのり黒い「ゴス・ラテ」には国産の竹炭が使用されています。

グリーンが鮮やかな「抹茶ラテ」は、創業222年の京都の抹茶農家「孫右エ門」の抹茶を。そして真っ赤なラテ「レッド・ベルベット・ラテ」には、国産の天然ビーツを使っているんですって。

星マークがキュートな「イエロー・ラテ」は国産のかぼちゃ。紫色が美しい「パープル・ベルベット・ラテ」には、国産の紫芋を使用しているのだそうですよ。

【フードメニューもめちゃめちゃ美味しそう~!】

フードメニューには、南部スタイルBBQの代表的なメニュー「プルドポーク」や、クロワッサンにチーズとスパイスハーブを挟んでホットサンドにした「グリルドクロワッサン」などがあって、写真を眺めているだけでお腹がすいてきちゃいます。

ちなみに「プルドポーク」とは、豚の腕肉や肩肉の塊を低温でゆっくり8時間以上かけて調理し、ほぐしたもの。単品でいただくほか、量り売りでグリルドクロワッサンやバンズに追加して挟んだり、サラダに合わせたりと、色々なスタイルのメニューがあるんだって。これは絶対に食べておきたいゾ~!

オープン時間は午前10時から夜19時半まで(不定休)。イートインスペースのほか、テイクアウトもあるそう。代官山をお散歩がてら、ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

参照元:プレスリリース、CANVAS TOKYO
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら