木のぬくもりを感じられる「CDプレーヤー」が秋の夜長にちょうどいい…ほっこりゆっくり音楽を感じよう

音楽配信やストリーミング配信が主流になった2018年。CD全盛期を経験した世代としてしみじみ寂しく思ってしまうのは、年を追うごとに、CDの存在感がどんどん薄れてきていることです。

もちろん音楽を供給する媒体としては現在もCDが主流ではありますが、CDプレーヤーで音楽を聴く人が少なくなってきているのが現状。ひょっとしたら、家にCDプレーヤーがある人は少なくなっているのかも……。

しかし、日本発のデザイン家電「Amadana(アマダナ)」製のとびきりシャレオツなCDプレーヤーならば、お部屋に置いておきたくなると思うんですよ。

【木のぬくもりを感じられるデザインが◎】

2018年10月26日にクラウドファンディングサイト「Makuake」に登場したのは、ユニバーサルミュージックとの共同開発した「Amadana Music CD プレーヤー」です。

約幅131mm × 奥行き157mm × 高さ26.5mmと、CD1枚がちょうど収まるほどのミニマムサイズが可愛らしいCDプレーヤーは、温かみのある天然木の突き板が大きな特徴。

木材を使用することで雰囲気のある佇まいを実現しただけでなく “ノイズレス効果” もあるといいます。

【究極にシンプルなのでどんな部屋でもしっくりきそう】

また回っているCDがうっすらと透けて見えるよう有機ガラスのトップパネルを使用しているのもポイント。

ど真ん中CD世代のわたしとしましては、CDは中身のデザインも重要だと思っているので、これは嬉しいポイントです。

そしてブラウン・クリア・ブラックというシンプルなカラー構成も、どんなお部屋にもマッチしそうでありがたや~。

【現代の生活にあった機能性】

見た目だけでなく機能面でも優秀なのが、今回の商品の良いところ。

スピーカーは内蔵されていないものの、Bluetooth version4.2に対応しているため、手持ちのスピーカーやイヤホンで気軽に音楽を楽しむことが可能。また電源はUSB供給できるので外出先でも再生できるし、光デジタルケーブルをつなぐことで高音質再生もできるなど、至れり尽くせり。

インターネット接続こそできないけれど、CDの良さを改めて実感できると同時に、今の時代にしっかりチューニングを合わせた商品となっているんですよね。

【CDに触れる喜びを味わってほしいナ】

人気すぎてあっという間に目標額の3倍を達成した同プロジェクト。お手頃価格でゲットできる最速コースは売り切れてしまいましたが、税込み1万1500円のコースは販売中。2019年3月末までに手元に届けてくれるといいます。

お気に入りのCDを発見しては収集していく、あのなんともいえないあの高揚感を、CD世代はもちろん、現代っ子にもぜひ体験してほしいものです……!

参照元:プレスリリースMakuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

いらない本が子供の未来を作る「こどものみらい古本募金」が画期的 / 本の査定額をそのまま寄付できて5冊以上で送料無料だよ

季節の変わり目は、模様替えの時期。家の大掃除をしたという人も、少なくないのではないでしょうか。

大がかりな掃除をした後や引っ越しの際に必ずといっていいほど出てくるのが、 “もう読まなくなった本” 。もしもあなたがいま、そういった本をどこかへ捨てるなり引き取ってもらうなりすることを考えているのなら、子供たちのために寄付するというのはいかがでしょう?

ご紹介するのは、ツイッターでも話題となった、内閣府のホームぺージで紹介されている「こどものみらい古本募金」。こちらに書籍を寄付すると、 “学びの機会” や “衣食住” が十分でない子供たちを支援しているNPOなどの民間団体に、支援を行うことができるんです。

【5冊以上で送料無料に】

利用方法は簡単で、まずはいらなくなった書籍をダンボールなどに梱包します。本が5冊以上あればなんと送料無料(!)になるので、あればあるほどいいかも♪

対象となるのは、本、コミックセット、DVD、CDアルバム、ゲームソフト。国際標準図書番号(ISBN)のない本などは取り扱いできないそうなので、この点予めご注意くださいね。

【査定額=寄付金になります】

続いてウェブか電話で申し込みを行ったら、指定した日時にやってきた配送業者に梱包した荷物を渡すだけ。その後は「こどものみらい古本募金」を提携している株式会社バリューブックスが書籍の査定を行い、査定額がそのまま寄付金となる仕組みになっています。

寄付は自分の名前で行うことができ、寄付金額は、書籍寄付受領書によって知らせてくれるとのこと。個人ではもちろん、企業での取り組みも受け付けているようなので、会社ぐるみで参加してみるのもいいかもしれません。

【思い当たる人は利用してみては☆】

重い本を自分で古書店まで持っていくのはなかなか大変ですし、このシステムはありがたいかぎり。読まなくなった本が誰かの手に渡り、さらにそのお金が未来ある子供たちのために活用されれば、愛読してきた本たちも喜んでくれるのではないかと思うんです。

さあ、善は急げ。読む当てのない書籍が部屋に積まれているというあなたは、さっそく利用してみてはいかがでしょうか。

参照元:内閣府Twitter
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【前代未聞】くるり岸田繁の新曲「そばを食べれば」が上信越エリアの “駅そば券売機” で販売! 330枚限定だよ♪


駅そば店の券売機でCD券が特別メニューに――。そんなユニークすぎる販売方法を採用したのは、くるりの岸田繁さんが作詞作曲した駅そばキャンペーンソング「そばを食べれば」

2017年11月1日から上信越エリアの駅そば店6店舗で、期間・数量限定で登場するのだとか。えーっ、券売機でCDが買えちゃうだなんて、そんなの前代未聞じゃない……!?

【店内BGMとして人気だった曲をCD化】

2017年11月30日まで上信越エリアの駅そばファンを増やすことを目的として開催されている「スキです。駅そばキャンペーン2017」。この一環として実現したのが今回の企画です。


音楽業界随一の鉄道&駅そばファンの岸田さんは、昨年の同キャンペーンでオリジナルソング「そばを食べれば」を書き下ろしており、対象店舗内でBGMとして使われ好評を博したそう。そして今年はそれがCDとして販売されることになったというわけです。

【330枚の数量限定だよ!】

CDの価格は税込500円。販売されるのは、高崎駅・そば処八起家西口店、熊谷駅・いろり庵きらく熊谷店、長野駅・そば処福寿草、飯山駅・そば処なの花、新潟駅・新潟庵新幹線ホーム、長岡駅・長岡庵の6店舗となっています。

通常の駅そば同様、お店の券売機に設置された「そばを食べれば」ボタンを押して、出てきた券を店員に渡せば購入できるそう。販売期間は11月30日までですが、各店舗55枚、計330枚の数量限定販売なので、争奪戦の予感……。欲しい方はお早めにね。

ちなみに、おいしそうなそばが写ったCDジャケットは取り外すとそばを完食したようになるなど、凝ったパッケージデザインも注目ポイントです!

参照元:スキです。駅そばキャンペーン2017
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

「初めて買った音楽は何?」18歳から54歳まで聞いてみた結果! レコード、カセット、CDなど購入方法もバラバラでした

みなさんが生まれて初めて購入した “音楽” はなんだったでしょう?

どんな曲をチョイスしているかで、その人の人物像を知ることができたり、当時のヒット曲に思いをはせることができる。そういった意味でも興味深い答えを得られそうなこの質問ですが、ここ30年から40年ほどで、音楽を聴くためのツールが目まぐるしく変化してきたことも注目ポイントの1つです。

レコード、カセットテープ、CD、そしてダウンロード。時代が進むにつれて、音楽にふれる方法は大きく様変わりしてきました。だから、初めて買った時代によって、どんなメディアで買ったのかも大きく異なります。

さてあなたは、どんな曲を、どんなスタイルで購入したか、覚えているでしょうか?

【総勢22名の「初めての曲」はこれ!】

今回この質問をぶつけたのは、18歳から54歳までの男女22名。女子高生からアラフィフまで幅広~く聞いてみましたが、ダウンロードで購入したと答えた人は1人もいませんでした。基本的にCDが多かったです。小学生まで年齢を下げたらまた結果が変わりそうですが……とりあえずは22名の “初めての曲” を一気にご覧いただきましょう!

18歳 ゴールデンボンバー(CDタイトルは忘れてしまったそう)
19歳 NMB48『世界の中心は大阪や ~なんば自治区~』
23歳 ポルノグラフティ『アゲハ蝶』
24歳 ゆず 『シシカバブー』
26歳 ホワイトベリー『夏祭り』
27歳 PUFFY『愛のしるし』
28歳 ブラックビスケッツ『Bye-Bye(バイバイ)』
29歳 m-flo『come again』
30歳 松本梨香『めざせポケモンマスター』
31歳 小林幸子『風といっしょに』*98年に公開されたポケモン映画のエンディング主題歌
32歳 テレビアニメ『『新世紀エヴァンゲリオン』』のサウンドトラック
33歳 B’z『Real Thing Shakes(リアル・シング・シェイクス)』
34歳 V6『MUSIC FOR THE PEOPLE(ミュージック・フォー・ザ・ピープル)』
35歳 岡本真夜『TOMORROW(トゥモロー)」(周りの人の目を気にして買いました、とのこと)
36歳 WANDS『愛を語るより口づけをかわそう』
大黒摩季『夏が来る』
B’z『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』
37歳 氷室京介『KISS ME』
38歳 斉藤由貴『夢の中へ』(カセット)
39歳 CHA-CHA『ボクらの夢によろしく』
41歳 BOOWY『わがままジュリエット』
44歳 サザンオールスターズ『みんなのうた』(周りの人の目を気にして買いました、とのこと)
46歳 『風の谷のナウシカ』(レコード)
54歳 岸田智史(現・岸田敏志)『きみの朝』(レコード)

※年齢は2017年度で表記(2017年4月〜2018年3月)

【なぜ周りの目を気にしてしまうのか(わかる)】

質問できていない年齢もあるので、「ここからここまでがCD世代!」などとハッキリ区切ることはできませんが、リスニング方法といい曲のチョイスといいバラエティーに富んでいますよね。そして、2度出てきた「周りの目を気にしながら買った」というコメントにも、大きく頷かざるを得ない……!

ちなみに今年36歳となったわたしが初めて購入したのは、大黒摩季さんのCD『あなただけ見つめてる』でした。先に紹介した36歳枠にある曲は全部、当時のヒット曲……ホント、世代をよく反映しているわ~。懐かしすぎて、同い年を誘ってカラオケに行きたくなっちゃいました。

【まだまだ調査は続くよ!】

今回の調査は、まだ見つからない年齢の方も多くいました。引き続き空いてしまった年齢の方をみつけ、「初めて買った音楽」を調査し続けます。読者さんもよかったら教えてください★ いつかは、ダウンロード世代に出会うのだろうか…?

執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら

見た目はアナログだけど…「レコード」「CD」「Bluetooth」なんでもござれ! クラシックなマルチプレーヤーに心をつかまれちゃいました

v1

近頃は音楽配信で音源をゲットしている人も多いのでしょうが、アナログ人間の私はCDが好き。

音楽を聴き始めた頃が、CDの普及と重なる「CDど真ん中世代」ということもあってか、アルバムを全曲通して聴くだけでなく、ジャケ買いしてお気に入りを部屋に飾っておくこともまた楽しくて、どうしても手にとってしまうんですよね。もちろんCDだけでなく、レコードも大好き! 

もしもあなたが私と同じように音楽好きなら、本日紹介するプレーヤー「Victrola Wood Wall Mount Record Player with CD and Bluetooth」を一目見たらきっと、恋に落ちてしまうはず。

【CDもカセットもBluetoothもOK】

一見するとクラシックなレコードプレーヤー。しかし普通のレコードプレーヤーとちょっぴり異なる点がいくつかありまして、それはレコードを垂直にセットする点。

そしてレコードのみならず、CD、カセット、AM / FMラジオが聴けて、Bluetoothにも対応している点!
v2

マルチなところは非常に現代的なのに、見た目は超がつくほどアナログ。インテリアとしても存在感を発揮してくれそうなので、こだわりがあるあなたには、うってつけかもしれません♪
v3

【最大の魅力はやっぱりデザイン】

「Victrola(ビクトローラ)」というブランドは、ほかにもたくさんのマルチプレーヤーをリリースしているようで、デザインはどれも古めかしくって重厚。昔の外国映画に出てくるようなプレーヤーがポンとお部屋にあるだけで、毎日が楽しくなりそうです。

各商品はショッピングサイト「Amazon.com」にラインナップされているので、気になった方はさっそくチェックを。

最近ではまたレコード人気に火が点いているようだし、プレーヤーの購入を機に、新たな趣味への扉が開くかもしれませんよ!?

参照元:Amazon.com
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら