【切なさMAX】Chara×満島ひかり×岸田繁の豪華コラボ! 『Tiny Dancer』MVが公開されました

2017年7月19日にリリースされたCharaさんのニューアルバム『Sympathy(シンパシー)』

Charaさんに共感・共鳴した沢山のアーティストが参加したこのアルバムの1曲目に収録されているのは、優しくも切ない楽曲『Tiny Dancer』です。

7月24日に『Tiny Dancer』のMVがCharaさんのYouTube公式チャンネルで公開されたのですが、なんと、女優の満島ひかりさんが出演しているではありませんか~! 恋人と過ごす女の子の日常をこっそり見ているような気分になって、ドキドキしつつも心がギュッと痛くなるわぁ……。

【Charaさんにとって想い入れのある曲みたい】

作詞をCharaさん、作曲とサウンドプロデュースをくるりの岸田繁さんが行ったこちらの楽曲。2年程前からCharaさんが大事に温めてきた歌詞テーマが、岸田さんの手によってようやく曲として完成した、Charaさんにとって想い入れのある楽曲なのだそうです。

【MVの満島さんに感情移入しちゃう】

「私が置いていくものは あなたへの小さな態度 心を揺さぶるような あなたへの愛だけ」
「あの人は気がついていたのかも 愛したことは真実」(『Tiny Dancer』より歌詞抜粋)

恋をして愛して、「あなたを想い出に」して、部屋を後にする。「真実」という花言葉を持つ白い菊を、1本だけ残して……。歌詞を追いかけながらMVを観ていると、気がつけば画面の中の満島さんに感情移入してしまって、じんわりと涙ぐんでしまいます。


そしてフィルターを通して満島さんを見つめている、満島さんの恋人であろう人物にも思いをはせてしまう……。もしもこのMVのように満島さんの姿をフィルムに収めていたら、彼女が出て行った後も繰り返し繰り返し、映像を観てしまうんだろうなぁ。はああ、切ない。

【監督自らMV制作を志願】

監督を務めた山田智和さんは、Charaさんと以前から親交がある方で、今回は自らこの楽曲の映像化をCharaさんに志願したのだそうです。

元々映像化を予定していなかったにもかかわらず実現できたのは、この熱意あってこそ! 満島さんを選んだのも山田監督のようですし、素晴らしい「共鳴」を目撃できて、感激で胸がいっぱいですっ。

【満島さん&Charaさんコメント】

「私は、学生の頃からCharaさんの愛に満ちたオーラが大好きでした。
映画の中のヒロインや、愛を唄う女性たちに憧れていました。
あの頃の、ピュアなどきどきにまた掴まれた
1日の撮影だったけど、苦しいも悲しいも楽しいも愛おしいもあって
『僕は、たのしかった』と終わりに言ってくれた監督の顔が、いい顔でした。
Charaさんへ送る、私たちからの『小さな態度』です(照れ)
いつもありがとうございます」(満島ひかりさんコメント)

「私は2人のクリエイターの男女の共鳴を楽しみにしていました。
ひかりちゃんが引き受けてくれてよかった。
この映像、ひかりちゃんが監督だったのかもね
山田はカメラマン
恋愛する女の子は皆、誰でも監督と主演女優なのかなって思った
心の表情豊かになるよ
これをみた人はみんな
ありがとう」(Charaさんコメント)

観終わった後、満島さんの言うとおり「あの頃の、ピュアなどきどきにまた掴まれた」し、Charaさんの言うとおり「心の表情が豊かに」なった気がした、『Tiny Dancer』MV。何度もリピートしたくなる作品の世界観に、ど~っぷり浸っちゃってくださいっ♪

参照元:プレスリリース、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

広瀬すずさん×是枝裕和監督のタッグ再び! 映画のワンシーンのようなファイブミニ新CM『恋よりセンイ。』篇

東京タワーをじっと見つめている、美しい横顔。ふーっと深いため息をついていたのは、女優の広瀬すずさんです。

広瀬さんが出演したのは、2017年5月20日よりオンエアが開始される「ファイブミニ」の新CM『恋よりセンイ。』篇。映画『海街 diary』の是枝裕和監督と再びタッグ、本人役を演じ切る等身大の広瀬さんに、気がつけばつい見惚れてしまいます。

【美しすぎるスッピンにうっとり】

高校を卒業して、社会人になった広瀬さん。仕事から帰った後、電話で故郷の友人に卒業式の様子を聞いているその顔には、丁寧なお化粧がほどこされています。

「あ、やべっちも来てたんだらー?」
「へー、いいなあ、なんか楽しそう」
「すごくないけん、全然」

化粧をした顔は大人っぽいけど、友人と話すことですっかりリラックスしたのか、ところどころ方言が混じります。そして、表情はあどけなくて無邪気。ところが電話を切り、化粧をすっきりと落とすと様子が一変。スッピンで東京タワーを見つめる姿には、どこかアンニュイなムードが漂っています。


【表情からさまざまな胸中がうかがえます】

広瀬さんがこのとき抱えていたのはきっと、漠然とした寂しさと頑張り続けることへの葛藤、そして前を向かなければという決意。胸をかけめぐるさまざまな思いが自然とにじみ出てきているかのようで、東京で孤軍奮闘してきた自分の姿と重ねてしまう人も、少なくないでしょう。


【広瀬さん「是枝監督はお父さんのような存在」】

『海街 diary』のチームが集結したというCMの撮影現場を、広瀬さんは「ホーム」と表現。「自分がそのままCMに出ているというのが、恥ずかしいというか、でもすごく面白い体験でした」と、感想を語っていたようです。

広瀬さんいわく「お父さんのような存在」だという是枝監督も「いい横顔が撮れたと思います」と一言。YouTubeには15秒篇、30秒篇、60秒篇と全3パターンが公開されているのですが、どれも “是枝節” がさく裂しており、特に60秒篇はまるでショートムービーのようです。

【CharaさんによるCM曲も要注目ですよぉ!】

実際にバスケットボール部に所属していた広瀬さんのイメージに合わせてインテリアにバスケットボールを採用しているところなど、細かな演出にもぜひご注目を。

ちなみにバックに流れるCM曲、Charaさんによる『Sympathy』は、今回のために書き下ろされたのだそうです。なにもかもがぜいたくすぎる「ファイブミニ」新CM、この春から新生活を始めた人にも、社会人歴が長い人の心にも響きそうですね。

参照元:プレスリリース、YouTube
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら