加計呂麻島にみんなが集える飲食店を作りたい! スーパーもコンビニもない離島がクラウドファンディングに挑戦しています

奄美本島の最南端、古仁屋港から船で20分のところにある、海と山に囲まれた静かな島・加計呂麻島(かけろまじま)。

この島で暮らすフリーイラストレーターのchazさんが、飲食店と海の家を兼ねたギャラリーを作るべく、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援を募っています。

chazさんは以前、Pouchで東京と離島で別居生活を送る夫婦のコミックエッセイを紹介した方。インスタグラムで更新中の漫画には、chazさんが体験した島の暮らしや別居生活の実情などがつづられているんです。

【観光客は増えているのに飲食店が少ない!】

テレビに取り上げられたり、映画のロケ地になったりしていることもあって、観光客が増加しているという加計呂麻島。

ニーズに応えるべく宿泊施設は増えているものの、飲食店が非常に少ないというのが島の現状。数少ない飲食店をようやく見つけても休業日だったりと、 “飲食店難民” になってしまう観光客は珍しくないのだそうです。特に、加計呂麻島の西阿室集落には飲食店がないそう。

【仲間3人で頑張っていたけれど…】

そういった観光客のため、また島民がわいわい集える場所を作るために発足したのが、今回の支援プロジェクト。

当初は空き家となった古い旅館を、chazさん、プロジェクト発起人のマムさん、建築担当の “ヘイ兄” さんの3人が自費でコツコツ改装していたらしいのですが、人手が足りないことと、資金が足りないことで、作業が止まってしまうこともしばしば。

完成を楽しみにする島民の方たちがいる中で、なかなか完成にたどり着けないことを悩んでいた矢先に、クラウドファンディングという方法に出会ったのだといいます。

【どんな場所になるの?】

島の内外からやってくる人たちを優しく迎え入れる場所の名前は、お食事処「もっか〜mocca〜」

豊かな自然を愛でることができるテラス席に、みんなで食事を楽しめる宴会場。

島に多いという突然のスコールに遭遇した際、雨宿りできるギャラリー。さらにはお昼寝ができる休憩所にお風呂場(!)まで完備する予定らしく、できあがったらたくさんの人が訪れる憩いの場になりそうです。

【島民のみなさんにとっても有意義なプロジェクトです】

支援は3000円から行うことができ、リターン品としてchazさんがイラストを手がけたカレンダーやミニポスター、「もっか〜mocca〜」でのランチご招待券などが用意されています。

スーパーやコンビニがなく、食材を購入するために本島まで船で行き来しなければならないという加計呂麻島。この食事処ができたなら、島民の方々にとっても便利な場所になりそうですよね。

プロジェクトページで公開されているchazさんの漫画で、加計呂麻島の現状や「もっか〜mocca〜」の状況が報告されています。興味を持った方は、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:CAMPFIREInstagram @chaz_comic
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

加計呂麻島にみんなが集える飲食店を作りたい! スーパーもコンビニもない離島がクラウドファンディングに挑戦しています

奄美本島の最南端、古仁屋港から船で20分のところにある、海と山に囲まれた静かな島・加計呂麻島(かけろまじま)。

この島で暮らすフリーイラストレーターのchazさんが、飲食店と海の家を兼ねたギャラリーを作るべく、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援を募っています。

chazさんは以前、Pouchで東京と離島で別居生活を送る夫婦のコミックエッセイを紹介した方。インスタグラムで更新中の漫画には、chazさんが体験した島の暮らしや別居生活の実情などがつづられているんです。

【観光客は増えているのに飲食店が少ない!】

テレビに取り上げられたり、映画のロケ地になったりしていることもあって、観光客が増加しているという加計呂麻島。

ニーズに応えるべく宿泊施設は増えているものの、飲食店が非常に少ないというのが島の現状。数少ない飲食店をようやく見つけても休業日だったりと、 “飲食店難民” になってしまう観光客は珍しくないのだそうです。特に、加計呂麻島の西阿室集落には飲食店がないそう。

【仲間3人で頑張っていたけれど…】

そういった観光客のため、また島民がわいわい集える場所を作るために発足したのが、今回の支援プロジェクト。

当初は空き家となった古い旅館を、chazさん、プロジェクト発起人のマムさん、建築担当の “ヘイ兄” さんの3人が自費でコツコツ改装していたらしいのですが、人手が足りないことと、資金が足りないことで、作業が止まってしまうこともしばしば。

完成を楽しみにする島民の方たちがいる中で、なかなか完成にたどり着けないことを悩んでいた矢先に、クラウドファンディングという方法に出会ったのだといいます。

【どんな場所になるの?】

島の内外からやってくる人たちを優しく迎え入れる場所の名前は、お食事処「もっか〜mocca〜」

豊かな自然を愛でることができるテラス席に、みんなで食事を楽しめる宴会場。

島に多いという突然のスコールに遭遇した際、雨宿りできるギャラリー。さらにはお昼寝ができる休憩所にお風呂場(!)まで完備する予定らしく、できあがったらたくさんの人が訪れる憩いの場になりそうです。

【島民のみなさんにとっても有意義なプロジェクトです】

支援は3000円から行うことができ、リターン品としてchazさんがイラストを手がけたカレンダーやミニポスター、「もっか〜mocca〜」でのランチご招待券などが用意されています。

スーパーやコンビニがなく、食材を購入するために本島まで船で行き来しなければならないという加計呂麻島。この食事処ができたなら、島民の方々にとっても便利な場所になりそうですよね。

プロジェクトページで公開されているchazさんの漫画で、加計呂麻島の現状や「もっか〜mocca〜」の状況が報告されています。興味を持った方は、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:CAMPFIREInstagram @chaz_comic
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

加計呂麻島にみんなが集える飲食店を作りたい! スーパーもコンビニもない離島がクラウドファンディングに挑戦しています

奄美本島の最南端、古仁屋港から船で20分のところにある、海と山に囲まれた静かな島・加計呂麻島(かけろまじま)。

この島で暮らすフリーイラストレーターのchazさんが、飲食店と海の家を兼ねたギャラリーを作るべく、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援を募っています。

chazさんは以前、Pouchで東京と離島で別居生活を送る夫婦のコミックエッセイを紹介した方。インスタグラムで更新中の漫画には、chazさんが体験した島の暮らしや別居生活の実情などがつづられているんです。

【観光客は増えているのに飲食店が少ない!】

テレビに取り上げられたり、映画のロケ地になったりしていることもあって、観光客が増加しているという加計呂麻島。

ニーズに応えるべく宿泊施設は増えているものの、飲食店が非常に少ないというのが島の現状。数少ない飲食店をようやく見つけても休業日だったりと、 “飲食店難民” になってしまう観光客は珍しくないのだそうです。特に、加計呂麻島の西阿室集落には飲食店がないそう。

【仲間3人で頑張っていたけれど…】

そういった観光客のため、また島民がわいわい集える場所を作るために発足したのが、今回の支援プロジェクト。

当初は空き家となった古い旅館を、chazさん、プロジェクト発起人のマムさん、建築担当の “ヘイ兄” さんの3人が自費でコツコツ改装していたらしいのですが、人手が足りないことと、資金が足りないことで、作業が止まってしまうこともしばしば。

完成を楽しみにする島民の方たちがいる中で、なかなか完成にたどり着けないことを悩んでいた矢先に、クラウドファンディングという方法に出会ったのだといいます。

【どんな場所になるの?】

島の内外からやってくる人たちを優しく迎え入れる場所の名前は、お食事処「もっか〜mocca〜」

豊かな自然を愛でることができるテラス席に、みんなで食事を楽しめる宴会場。

島に多いという突然のスコールに遭遇した際、雨宿りできるギャラリー。さらにはお昼寝ができる休憩所にお風呂場(!)まで完備する予定らしく、できあがったらたくさんの人が訪れる憩いの場になりそうです。

【島民のみなさんにとっても有意義なプロジェクトです】

支援は3000円から行うことができ、リターン品としてchazさんがイラストを手がけたカレンダーやミニポスター、「もっか〜mocca〜」でのランチご招待券などが用意されています。

スーパーやコンビニがなく、食材を購入するために本島まで船で行き来しなければならないという加計呂麻島。この食事処ができたなら、島民の方々にとっても便利な場所になりそうですよね。

プロジェクトページで公開されているchazさんの漫画で、加計呂麻島の現状や「もっか〜mocca〜」の状況が報告されています。興味を持った方は、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:CAMPFIREInstagram @chaz_comic
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

加計呂麻島にみんなが集える飲食店を作りたい! スーパーもコンビニもない離島がクラウドファンディングに挑戦しています

奄美本島の最南端、古仁屋港から船で20分のところにある、海と山に囲まれた静かな島・加計呂麻島(かけろまじま)。

この島で暮らすフリーイラストレーターのchazさんが、飲食店と海の家を兼ねたギャラリーを作るべく、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援を募っています。

chazさんは以前、Pouchで東京と離島で別居生活を送る夫婦のコミックエッセイを紹介した方。インスタグラムで更新中の漫画には、chazさんが体験した島の暮らしや別居生活の実情などがつづられているんです。

【観光客は増えているのに飲食店が少ない!】

テレビに取り上げられたり、映画のロケ地になったりしていることもあって、観光客が増加しているという加計呂麻島。

ニーズに応えるべく宿泊施設は増えているものの、飲食店が非常に少ないというのが島の現状。数少ない飲食店をようやく見つけても休業日だったりと、 “飲食店難民” になってしまう観光客は珍しくないのだそうです。特に、加計呂麻島の西阿室集落には飲食店がないそう。

【仲間3人で頑張っていたけれど…】

そういった観光客のため、また島民がわいわい集える場所を作るために発足したのが、今回の支援プロジェクト。

当初は空き家となった古い旅館を、chazさん、プロジェクト発起人のマムさん、建築担当の “ヘイ兄” さんの3人が自費でコツコツ改装していたらしいのですが、人手が足りないことと、資金が足りないことで、作業が止まってしまうこともしばしば。

完成を楽しみにする島民の方たちがいる中で、なかなか完成にたどり着けないことを悩んでいた矢先に、クラウドファンディングという方法に出会ったのだといいます。

【どんな場所になるの?】

島の内外からやってくる人たちを優しく迎え入れる場所の名前は、お食事処「もっか〜mocca〜」

豊かな自然を愛でることができるテラス席に、みんなで食事を楽しめる宴会場。

島に多いという突然のスコールに遭遇した際、雨宿りできるギャラリー。さらにはお昼寝ができる休憩所にお風呂場(!)まで完備する予定らしく、できあがったらたくさんの人が訪れる憩いの場になりそうです。

【島民のみなさんにとっても有意義なプロジェクトです】

支援は3000円から行うことができ、リターン品としてchazさんがイラストを手がけたカレンダーやミニポスター、「もっか〜mocca〜」でのランチご招待券などが用意されています。

スーパーやコンビニがなく、食材を購入するために本島まで船で行き来しなければならないという加計呂麻島。この食事処ができたなら、島民の方々にとっても便利な場所になりそうですよね。

プロジェクトページで公開されているchazさんの漫画で、加計呂麻島の現状や「もっか〜mocca〜」の状況が報告されています。興味を持った方は、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:CAMPFIREInstagram @chaz_comic
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

加計呂麻島にみんなが集える飲食店を作りたい! スーパーもコンビニもない離島がクラウドファンディングに挑戦しています

奄美本島の最南端、古仁屋港から船で20分のところにある、海と山に囲まれた静かな島・加計呂麻島(かけろまじま)。

この島で暮らすフリーイラストレーターのchazさんが、飲食店と海の家を兼ねたギャラリーを作るべく、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援を募っています。

chazさんは以前、Pouchで東京と離島で別居生活を送る夫婦のコミックエッセイを紹介した方。インスタグラムで更新中の漫画には、chazさんが体験した島の暮らしや別居生活の実情などがつづられているんです。

【観光客は増えているのに飲食店が少ない!】

テレビに取り上げられたり、映画のロケ地になったりしていることもあって、観光客が増加しているという加計呂麻島。

ニーズに応えるべく宿泊施設は増えているものの、飲食店が非常に少ないというのが島の現状。数少ない飲食店をようやく見つけても休業日だったりと、 “飲食店難民” になってしまう観光客は珍しくないのだそうです。特に、加計呂麻島の西阿室集落には飲食店がないそう。

【仲間3人で頑張っていたけれど…】

そういった観光客のため、また島民がわいわい集える場所を作るために発足したのが、今回の支援プロジェクト。

当初は空き家となった古い旅館を、chazさん、プロジェクト発起人のマムさん、建築担当の “ヘイ兄” さんの3人が自費でコツコツ改装していたらしいのですが、人手が足りないことと、資金が足りないことで、作業が止まってしまうこともしばしば。

完成を楽しみにする島民の方たちがいる中で、なかなか完成にたどり着けないことを悩んでいた矢先に、クラウドファンディングという方法に出会ったのだといいます。

【どんな場所になるの?】

島の内外からやってくる人たちを優しく迎え入れる場所の名前は、お食事処「もっか〜mocca〜」

豊かな自然を愛でることができるテラス席に、みんなで食事を楽しめる宴会場。

島に多いという突然のスコールに遭遇した際、雨宿りできるギャラリー。さらにはお昼寝ができる休憩所にお風呂場(!)まで完備する予定らしく、できあがったらたくさんの人が訪れる憩いの場になりそうです。

【島民のみなさんにとっても有意義なプロジェクトです】

支援は3000円から行うことができ、リターン品としてchazさんがイラストを手がけたカレンダーやミニポスター、「もっか〜mocca〜」でのランチご招待券などが用意されています。

スーパーやコンビニがなく、食材を購入するために本島まで船で行き来しなければならないという加計呂麻島。この食事処ができたなら、島民の方々にとっても便利な場所になりそうですよね。

プロジェクトページで公開されているchazさんの漫画で、加計呂麻島の現状や「もっか〜mocca〜」の状況が報告されています。興味を持った方は、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:CAMPFIREInstagram @chaz_comic
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

加計呂麻島にみんなが集える飲食店を作りたい! スーパーもコンビニもない離島がクラウドファンディングに挑戦しています

奄美本島の最南端、古仁屋港から船で20分のところにある、海と山に囲まれた静かな島・加計呂麻島(かけろまじま)。

この島で暮らすフリーイラストレーターのchazさんが、飲食店と海の家を兼ねたギャラリーを作るべく、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援を募っています。

chazさんは以前、Pouchで東京と離島で別居生活を送る夫婦のコミックエッセイを紹介した方。インスタグラムで更新中の漫画には、chazさんが体験した島の暮らしや別居生活の実情などがつづられているんです。

【観光客は増えているのに飲食店が少ない!】

テレビに取り上げられたり、映画のロケ地になったりしていることもあって、観光客が増加しているという加計呂麻島。

ニーズに応えるべく宿泊施設は増えているものの、飲食店が非常に少ないというのが島の現状。数少ない飲食店をようやく見つけても休業日だったりと、 “飲食店難民” になってしまう観光客は珍しくないのだそうです。特に、加計呂麻島の西阿室集落には飲食店がないそう。

【仲間3人で頑張っていたけれど…】

そういった観光客のため、また島民がわいわい集える場所を作るために発足したのが、今回の支援プロジェクト。

当初は空き家となった古い旅館を、chazさん、プロジェクト発起人のマムさん、建築担当の “ヘイ兄” さんの3人が自費でコツコツ改装していたらしいのですが、人手が足りないことと、資金が足りないことで、作業が止まってしまうこともしばしば。

完成を楽しみにする島民の方たちがいる中で、なかなか完成にたどり着けないことを悩んでいた矢先に、クラウドファンディングという方法に出会ったのだといいます。

【どんな場所になるの?】

島の内外からやってくる人たちを優しく迎え入れる場所の名前は、お食事処「もっか〜mocca〜」

豊かな自然を愛でることができるテラス席に、みんなで食事を楽しめる宴会場。

島に多いという突然のスコールに遭遇した際、雨宿りできるギャラリー。さらにはお昼寝ができる休憩所にお風呂場(!)まで完備する予定らしく、できあがったらたくさんの人が訪れる憩いの場になりそうです。

【島民のみなさんにとっても有意義なプロジェクトです】

支援は3000円から行うことができ、リターン品としてchazさんがイラストを手がけたカレンダーやミニポスター、「もっか〜mocca〜」でのランチご招待券などが用意されています。

スーパーやコンビニがなく、食材を購入するために本島まで船で行き来しなければならないという加計呂麻島。この食事処ができたなら、島民の方々にとっても便利な場所になりそうですよね。

プロジェクトページで公開されているchazさんの漫画で、加計呂麻島の現状や「もっか〜mocca〜」の状況が報告されています。興味を持った方は、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:CAMPFIREInstagram @chaz_comic
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【インスタ漫画】結婚4年目の夫婦が「1年間それぞれ好きな場所で生活する」コミックエッセイが面白い! 夫は都会、妻は離島で生活しています

普段仲良しなふたりだけど、アパートの更新を機に話し合ってみたら、それぞれ住みたい場所が真逆だったことが判明したchazさん夫婦(@chaz_comic)。

「新宿」に住みたい夫と「離島」で暮らしてみたい妻。話し合いの結果、せっかくだから1年間それぞれ好きな場所で生活してみよう! という夫婦の決断から別居生活がスタート。そんな夫婦の日々の暮らしをつづったコミックエッセイがいまInstagramで連載中です。

【別居のきっかけは…アパートの更新??】

1年間の別居生活を決断した第1話「夫婦の決断」からはじまった連載はすでに第100話を突破。鹿児島県の奄美諸島にある加計呂麻島(かけろまじま)で暮らすフリーイラストレーターのchazさん(妻)と新宿で暮らすフリー映像作家のけんちゃん(夫)のほのぼのした会話のやりとりは「別居」という言葉からあまりにも真逆すぎるほど、ほっこりほのぼのしています。

Instagram Photo

仲が良いならなおさら「東京に女作られちゃうんじゃない?」なんて心配されちゃう第2話「友達の反応」。私も友達に「別居するんだ」って言われたら同じことを言ってしまいそう〜。

Instagram Photo
【会話の向こうの「音」に思い馳せるふらり】
Instagram Photo
第37話「遠距離夫婦の電話」では、chazさんとけんちゃんがそれぞれ会話の向こうから聞こえる「音」に思いを馳せます。

新宿で暮らすけんちゃんの電話から聞こえる「PASMO」の通過するときの「ピピッ」っていう音は離島では聞かないし、ちゃずさんが暮らす島の鳥たちのさえずりは大都会新宿では聞くことができません。

それぞれ別々の場所で暮らしているから楽しめる音の違い。もしかしたら同じ場所にいたら気づけなかった日常の何気ない音でも、離れてみると愛しく感じられるのかも。

【離島エピソードがじわじわ面白い】

また、第50話「島に住んでみて大変だと思った事〜フェリー〜」や第100話「ハネアリが3回出たら梅雨があける」(!)など、実際に離島で暮らしてみないとわからないエピソードも満載。

ガイドブックには乗り切れない日常に近い島の暮らしを垣間見ることができます。連載を重ねていくごとに、chazさんどんどんたくましくなっている!

【猫好きならではの「猫あるある」も】

また、新宿で、愛猫のきなこもちちゃんと一緒に暮らすけんちゃんの猫を愛でる様子も見逃せません。きなこもちちゃんと遊ぶ様子をスカイプで見せる姿にほっこりしてしまいます。

Instagram Photo

【夫婦の数だけ夫婦のあり方があっていい】

ただし、実際にこんなポジティブな別居生活が成り立つのはお互いの信頼感と強い絆(と可愛い猫)があってこそ!

Instagram Photo
chazさんの作品は、大好きな相手だからこそ、ときに「こんな方法をとることもできるんだぜ」っていう選択肢の広さに気づかせてくれます。

そうなんだよな、それぞれの夫婦にはそれぞれのあり方がある。だから夫婦だから◯◯でなきゃいけないとか、結婚してるから◯◯しなきゃいけないなんてこと、実はなーんにもないんだよな。こういう関係いいよね、って夫婦で一緒にほっこりしている人多し。あっという間に全話熟読してしまいます。ぜひチェックしてみて。

取材協力:Instagram@chaz_comic
画像=chaz , used with permission.
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

【インスタ漫画】結婚4年目の夫婦が「1年間それぞれ好きな場所で生活する」コミックエッセイが面白い! 夫は都会、妻は離島で生活しています

普段仲良しなふたりだけど、アパートの更新を機に話し合ってみたら、それぞれ住みたい場所が真逆だったことが判明したchazさん夫婦(@chaz_comic)。

「新宿」に住みたい夫と「離島」で暮らしてみたい妻。話し合いの結果、せっかくだから1年間それぞれ好きな場所で生活してみよう! という夫婦の決断から別居生活がスタート。そんな夫婦の日々の暮らしをつづったコミックエッセイがいまInstagramで連載中です。

【別居のきっかけは…アパートの更新??】

1年間の別居生活を決断した第1話「夫婦の決断」からはじまった連載はすでに第100話を突破。鹿児島県の奄美諸島にある加計呂麻島(かけろまじま)で暮らすフリーイラストレーターのchazさん(妻)と新宿で暮らすフリー映像作家のけんちゃん(夫)のほのぼのした会話のやりとりは「別居」という言葉からあまりにも真逆すぎるほど、ほっこりほのぼのしています。

Instagram Photo

仲が良いならなおさら「東京に女作られちゃうんじゃない?」なんて心配されちゃう第2話「友達の反応」。私も友達に「別居するんだ」って言われたら同じことを言ってしまいそう〜。

Instagram Photo
【会話の向こうの「音」に思い馳せるふらり】
Instagram Photo
第37話「遠距離夫婦の電話」では、chazさんとけんちゃんがそれぞれ会話の向こうから聞こえる「音」に思いを馳せます。

新宿で暮らすけんちゃんの電話から聞こえる「PASMO」の通過するときの「ピピッ」っていう音は離島では聞かないし、ちゃずさんが暮らす島の鳥たちのさえずりは大都会新宿では聞くことができません。

それぞれ別々の場所で暮らしているから楽しめる音の違い。もしかしたら同じ場所にいたら気づけなかった日常の何気ない音でも、離れてみると愛しく感じられるのかも。

【離島エピソードがじわじわ面白い】

また、第50話「島に住んでみて大変だと思った事〜フェリー〜」や第100話「ハネアリが3回出たら梅雨があける」(!)など、実際に離島で暮らしてみないとわからないエピソードも満載。

ガイドブックには乗り切れない日常に近い島の暮らしを垣間見ることができます。連載を重ねていくごとに、chazさんどんどんたくましくなっている!

【猫好きならではの「猫あるある」も】

また、新宿で、愛猫のきなこもちちゃんと一緒に暮らすけんちゃんの猫を愛でる様子も見逃せません。きなこもちちゃんと遊ぶ様子をスカイプで見せる姿にほっこりしてしまいます。

Instagram Photo

【夫婦の数だけ夫婦のあり方があっていい】

ただし、実際にこんなポジティブな別居生活が成り立つのはお互いの信頼感と強い絆(と可愛い猫)があってこそ!

Instagram Photo
chazさんの作品は、大好きな相手だからこそ、ときに「こんな方法をとることもできるんだぜ」っていう選択肢の広さに気づかせてくれます。

そうなんだよな、それぞれの夫婦にはそれぞれのあり方がある。だから夫婦だから◯◯でなきゃいけないとか、結婚してるから◯◯しなきゃいけないなんてこと、実はなーんにもないんだよな。こういう関係いいよね、って夫婦で一緒にほっこりしている人多し。あっという間に全話熟読してしまいます。ぜひチェックしてみて。

取材協力:Instagram@chaz_comic
画像=chaz , used with permission.
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら