【神曲】ロバート秋山が主婦のもとに再降臨★ 「2年ぶりに窓ふいたね」「小ネギ使い切ったね」と日々のがんばりを全肯定してくれます


皆さんは以前ご紹介したロバート秋山さんの「マイクロズボラ」を覚えているでしょうか?

謎の大物シンガーソングライター感をただよわせながら「玄関の靴そろえるのは人来るときだけでいいよ」「鍋敷きは新聞でいいよ」などと主婦のズボラを全肯定してくれる、「グリコ アーモンドピーク」のCMソングです。

その新作となる「イージー・ごほうびング」が現在YouTubeにて公開中! 今回も、毎日がんばる世の主婦たちがくすっと笑いながら、肩の力を抜けるとびっきりの応援ソングに仕上がっています。

そうだそうだ、主婦だからってすべてをがんばりすぎなくてもぜんぜんいいんだよぉぉーーーっ!! またまた言うけど、秋山、サンキューーーーッ!!!!

【主婦の小さながんばりを応援!】

前回同様、濃いキャラの大物シンガーソングライターになりきっている秋山さん。新曲「イージー・ごほうびング」では、主婦の小さながんばりを次々に肯定してくれます。

「2年半ぶりに窓ふいたね」
「下の段の鍋とるとき ちゃんとかがんだね」
「小ネギ……使い切ったね」

としょっぱなから「主婦あるある」が連発されて、ニヤニヤが止まらない! その後も

「とりあえずフランス語のテキスト買ったね」
「ヨガ教室も見学だけは申し込んだね」

「お隣さんの自慢話 笑顔で聞き流せた~」
「お義母さんの昔話 初めて聞いたみたいに驚けた~」
「息子の彼女が派手だったけど本音言わずにいられた~」

と続くころにはお腹をかかえて笑いそうに。でもそれと同時に、あれ、ちょっと目にじわっと涙が……!?

【ふつうに生きてるだけですごい】

考えてみれば、ふだんから私たち、「あれもしなきゃこれもしなきゃ」「あれもできないこれもできない」なんて知らず知らずのうちにハードルを上げちゃっているのかも。そんなに自分に対してもっとハードルを下げて、ちょっとのことでも自分にご褒美をあげてもいいんじゃない?

そんな気持ちになれるのがこの歌。

「続くかどうかは置いといて、そうさ! やりかけた自分にDong Dong GOHOBING、イージー・ごほうびング」
「ふつうに生きてる これすごい! 大人すごい!! 君はすごい!!!」

と秋山がとにかくポジティブに褒めまくってくれます。

私は「ふつうに生きてる これすごい!」って最強の歌詞だと思うのですが、生きて日々の生活を営んでいること自体、本当はとても尊いことなんですよね。そのうえで、2年半ぶりに窓をふいたり、お隣さんの自慢話を笑顔で聞き流せたりできるなんて、そりゃすごいよ。私たち、じゅうぶんがんばってる!

【主婦だけにとどまらない人間賛歌では】

このCM動画に対しては「これ聞いて泣いたわ 疲れてるのかな……」「なんて優しい歌なの」「いや、もう感謝しかない。家事なんて誰も褒めてくれないし、なんか元気出た」といった声が。

そして、「これのブラック企業編や会社編作ったら景気回復しそう」「OLバージョン、サラリーマンバージョン、独女(独男)バージョンもぜひ!」といったコメントもあがっています。

そう、これって主婦にかぎらず、がんばってるすべての人たちに対する人間賛歌なんですよね。みんな、もっと自分のハードルを下げて、自分を甘やかしていい。イージー・ごほうびングしちゃっていい! ほんと、そう思う。

CM動画の視聴は参照元のYouTubeからどうぞ。今日も朝からがんばったし、私もここで自分に手近なご褒美を。というわけで、今からちょっくらグリコアーモンドピークを買いにいってきたいと思います!

参照元:YouTube
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

ポカリスエットCMでみんなが選んだ「1番印象的な曲」は…『いつまでも変わらぬ愛を』でした【8月28日はテレビCMの日!】

本日8月28日は「テレビCMの日」。1953年のこの日に初のテレビCMが放送されたことが由来で、日本民間放送連盟によって2005年に制定されました。

印象的なテレビCMがこれまでたくさん生まれてきたけれど、夏のCMと聞いてわたしの頭にまず思い浮かぶのは、大塚製薬「ポカリスエット」のCM

特に90年代から2000年代に放映されていた作品の圧倒的爽やかさ、甘酸っぱさといったらありませんでした。「曲を聴いただけで胸がキューンとする!」という人は、きっとわたしだけではないはずっ。

アンケートサイト「みんなの声」で2013年に行われていたのは「ポカリスエットCM、印象的な曲は?」という調査です。

【上位を独占したのは90年代のCM曲】

栄えある総合1位に輝いたのは、織田哲郎さんの『いつまでも変わらぬ愛を』

その後はZARDの『揺れる想い』、FIELD OF VIEWの『突然』と続きます。ビーイング所属アーティストの楽曲がチャートの上位を独占したことから、90年代当時は「ビーイングブーム」な~んて呼ばれていましたよね。懐かしい……!

【どれも懐かしすぎて身もだえる…!】

そのほかラインナップされている楽曲も、ヒット曲ばかり。

4位の『瞳そらさないで』(DEEN)も、5位の『ハネウマライダー』や7位の『ミュージック・アワー』(ポルノグラフィティ)も、8位の『Sunny Day Sunday』(センチメンタル・バス)も、わたしにとってはみ~んな、青春の1ページだよおおお!!

【世代によって支持する楽曲がハッキリ分かれていました】

興味深かったのは世代別のランキングの1位。

10代以下から20代は『ハネウマライダー』

30代と40代は『いつまでも変わらぬ愛を』

50代から60代以上は『揺れる想い』

と、ハッキリくっきり分かれていたこと! 世代の差、出まくっておりますねぇ。しかしこういった違いも、また楽しい♪

【出演女優さんも全員輝いていたよね】

またポカリスエットCMといえば、出演している女優のみなさんの美しさ、可憐さも、毎回話題になっていました。いま人気の綾瀬はるかさんも数年前に登場してましたね。

個人的に思い入れが深いのは、90年代ポカリCMを彩った美女たち、一色紗英さんと中山エミリさんです。この2人が画面に映った瞬間に目が釘付けになったものですし、ドキドキして強く憧れを抱いたものでしたよ……。

現在放映されているポカリのダンスCMも「青春!」という感じがして良さがありますが、90年代から2000年代に放送されたようなテイストのCMも、ぜひまた観てみたいっ。

……と、ランキングを見て改めて感じてしまったわたしなのでありました。は~、やっぱビーイング系、サイコー!

参照元:今日は何の日~毎日が記念日~みんなの声「ポカリスエットCM、印象的な曲は?」
画像=RocketNews24.com
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら