【激似!?】ガリットチュウ福島とDA PUMPのISSAのツーショットが衝撃的! 似てるのにサイズ感が違いすぎてジワジワ来ます

お笑いコンビ・ガリットチュウの福島善成さんといえば、何とも言えない絶妙すぎるモノマネが人気。今話題の貴乃花親方に始まり、ダレノガレ明美さんや、船越英一郎さんに扮するなどして話題を呼びましたが、またまた本人に激似なモノマネを披露しSNSをざわつかせています。

福島さんが先日インスタグラムにアップしたのは、DA PUMPのISSAさんを真似た「一茶」! ISSAさんご本人とのツーショットとなっており、パッと見では「あ、あれ、ISSAがふたり……? いや、どっちが本物のISSA!?」と混乱させるほどのそっくりぶりです。……ええっと、ある点をのぞいては、ね!

【顔のパーツまでISSAさんに激似!】

Instagram Photo
このツーショットは、テレビ番組『有吉の壁』での企画「アーティストの壁を超えろ! おもしろとけこみ選手権!」の収録後に撮影されたものだったよう。福島さんのドヤ顔っぷりや鼻ピアスまで描いたというこだわりぶりに、このモノマネに対する自信や手ごたえが感じられますね。

たしかに横分けされた金髪&黒髪、細い眉、ワイルドな目つき、しっかりとした鼻……顔のパーツまで驚くほどISSAさんに似てるんですよね、一茶。船越英一郎さんからのISSAさんってどうすればこんなに似せられるんだろう!? もう神業としか思えないですっ……!

【サイズ感があまりに違わなくないですかね……】

しかし、どうしても、どーーーーしても似せられなかったのがサイズ感! どうやら福島さん、身長180cmある長身だそうで。ガッチリ体型で横幅もあるために、小柄なISSAさんと並ぶと福島さんの迫力すごい……!! 横並びになってるにもかかわらず、ISSAさんがずいぶん後ろにいるかのような遠近法のゆがみすら感じてしまいそう。

とはいえ画像を見たインスタユーザーからは「そっくり!」「サイズ感こんな違うのに、なんで似てるんや」「飲んでたお茶吹きました」「有吉の壁最高だったよ!」といった絶賛の声が寄せられています。

もうどんな人にもなりきれちゃいそうな、ガリットチュウ福島さんのモノマネ。次はどんな人物のどんなポイントを真似してくるのか、今後も目が離せませんね。気になった方はぜひ福島さんのインスタを要チェックです!!

参照元:Instagram @fukushimayoshinari
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

元DA PUMPのYUKINARIがライザップで結果にコミット! ビフォーもアフターも衝撃的すぎて思わず3度見レベルです

U.S.A.」のヒットによって、現在絶賛再ブレイク中のDA PUMPのみなさん。

もちろん現メンバーのみなさんも実力を備えた魅力的な面々がそろっていると思うのですが、DA PUMPと聞いてミドサーのわたしがまず思い浮かべてしまうのは、現メンバーのISSAさんを含めた、初期メンバー4人

脱退して以降どうしているのかわからないけれど、SHINOBUさんもYUKINARIさんもKENさんも、元気にしているといいなぁ……。

な~んて思い出に浸っていたら、いつのまにやらYUKINARIさんがRIZAPに挑戦し「結果にコミット」していたというのだから驚きです。

【ビフォーの姿が衝撃でしかない】

RIZAPが2018年9月4日より公開しているのは、現在39歳となった元DA PUMPのYUKINARIさんが出演する新CM3本。

このCMでまず度肝を抜かれるのが、かつてはDA PUMPイチのイケメンと呼び声の高かったYUKINARIさんのビフォーの姿が、冴えないぽっちゃりおじさんになっていたところ……。

お顔をよ~く見ればご本人とわかるものの、ぷよぷよのお腹といい、頬にたっぷりとついたお肉といい、もはや別人。

踊るたびに全身の肉がブルンブルンしている光景も、衝撃映像と言っても過言ではないかもしれません(すみません)。

【YUKINARIの美貌が戻った~~~!】

ところがアフターのYUKINARIさんを見ると、またもや別の意味での衝撃が!

ブレイクしていた当時を彷彿とさせる美貌が無事帰ってきて、腹筋も見事なシックスパック。ダンスのキレ味も抜群で、人はここまで変われるのだとうっすら感動の涙を浮かべてしまったほどです~! そうそう、これがわたしたちのよく知ってるYUKINARIよ~~~!

【体型が変わると声まで変わる!?】

3本のCMはいずれも見どころしかないのですが、わたしが特に注目したのは『Before&After YUKINARI 会話』篇です。

「ビフォーとアフターのYUKINARIさんが並んで会話を繰り広げる」という斬新な手法を取り入れた “会話篇” には3パターンの映像があるのですが、ビフォーとアフターでは、キャラはもちろん声質まで変わっているように感じるから興味深い~!

【メイキング動画も必見ですよ☆】

5カ月間の努力の末に、体重84.5kgから66.4kg(-18.1kg)に大変身。体脂肪も27.2%から15.6%にまで減らして、見事結果にコミットしたYUKINARIさんは、ウェブ限定のメイキング動画にも出演。

「15年ぶりにこのカラダになることができた。1人でやっていたら心が折れていたと思う」
「自分がDA PUMPを辞める頃よりも痩せている」

とコメントを寄せておりまして、心からおめでとうと言いたい気分です。

ちなみにYUKINARIさんはインタビューの最後に「今踊りたいのはU.S.A.!」と語っておりまして、このシーンも必見。いっそのことこれを機に、久しぶりにISSAさんと共演してほしいものだわ~~~!

参照元:プレスリリースRIZAPYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

話題曲『U.S.A.』の替え歌『 I.N.K』は “田舎あるある” が満載! 「FMが入らない場所がちらほら」など田舎出身者にはわかりみしかない…

宮城県を拠点に活動する4人組音楽グループ「パンダライオン」が、大ヒット中のDA PUMP『U.S.A.』を替え歌にしてカバー。メンバー・MOZさんの地元である宮城県栗原市のPRを兼ねて作った『 I.N.K』が、再生回数38万回を超える人気を集めているんです。

『 I.N.K』とは、 “田舎(INAKA)” のこと。

「子供の医療費が無料」「樹齢1000年の杉の木」「宮藤官九郎さんと狩能英孝さんは地元が生んだスーパースター」など栗原市のPRがふんだんに盛り込まれている一方、 “田舎あるある” もたくさんあって、地方出身者ならば「わかるわ~~~」と頷いてしまうこと必至なんですよね。

【「仙台は衝撃だった」は東北人あるある】

福島県郡山市の中心部という、 “田舎の中でも都会のほう” に生まれたわたしでも納得してしまった “田舎あるある” は、「FMが入らない場所がちらほら」「仙台が衝撃だった」の2フレーズ。

FMラジオが入らないというのはまさに田舎ではよくあることですし、東北人にとって最強の都会は仙台ですから、仙台に対して憧れと劣等感を同時に抱いてしまうことは否めません。中学生で初めて仙台に行ったとき、自分なりに精一杯オシャレしていったもんなぁ……(遠い目)。

【ネットは共感と称賛の嵐】

そのほかにも「チャリンコ改造みんなマネした」「地元よりやや栄えた場所に遊びに行くとき『街へ出かける』と母親に言う」「洋服ならしまむら、ファーストフードはすき家、家電ならケーズデンキ」など、田舎生まれならばグッとくるフレーズが多々。

替え歌に共感した視聴者はたくさんいるようで、

「しまむらとケーズデンキのとこめっちゃ同感!」
「『街に行ってくっから〜』ってよく言ってたのを思い出した」
「仙台が衝撃だったが1番しっくりくる」
「自転車改造笑えるわ 田舎では現在進行形やけどね(笑)」

といったコメントが集まっています。一方で楽曲とMVのハイクオリティーっぷりに驚いている人も多く、

「想像の100倍ぐらい上手かった」
「思っていた以上のクオリティの高さに脱帽! いちいち色々上手いこと言っている」
「ダンスのキレ、歌の上手さ、カメラ目線、ドローン活用、画像の綺麗さ、原曲とのイン踏み。どれを取ってもすごい!!」
「ただのパロディかと思ったら……割と本格的! DA PUMPよりこっちの方が好きかも(笑)」

と称賛の嵐。中には「これのいろんな地域の替え歌も聞きたい」といった意見もあって、全面的に同意~~~! 後に続くアーティストや地方自治体がどんどん増えたら、ますます楽しいことになりそうですね♪

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

DA PUMP約3年半ぶりの新曲『U.S.A.』のMVがダサかっこいいと話題に! なぜかハロプロファンの心をわしづかみにしている理由とは?

ボーカルISSAさん率いるダンスボーカルユニット「DA PUMP」の約3年半ぶりとなる新曲『U.S.A.』が、いまネットを中心に話題沸騰中。YouTubeにおけるMV再生回数は、なんと85万回超にまで達しているんです。

私の記憶のかぎりでは、まず注目されたのは、通常版のCDジャケットデザイン。アラサー&アラフォーにとっては懐かしいことこの上ない90年代カルチャーテイストで、一目見た瞬間「最高か!」と叫んじゃいましたよね。

その後はMVも話題となって、「ダサカッコいい!」「歌詞も振り付けもちょいアレなのに、歌もダンスもクオリティーがハイパーレベル!」「そういうところがハロプロっぽい!」と、予想だにしない方向から人気が高まっていきました。

【360度方向「一切の隙が無い」!】

『U.S.A.』は、グループ初となるユーロビート。

耳馴染みのいいキャッチーなメロディーに、親指を立てて横にブンブン振る “いいね!” ダンス。

「数十年でリレーションシップ だいぶ変化したようだ」
「カーモンベイビー アメリカ どっちかの夜は昼間」

といった、妙にツボる歌詞……。

楽曲構成も振り付けも、なにもかもに隙が無く、曲そのもののパワーもクセも強い! 完全に計算されているとしか思えない究極の “ダサカッコよさ” は唯一無二で、ISSAさんの衰え知らずな歌唱力が曲をますますパワーアップさせているように感じられます。

なおISSAさんは、現在39歳。昔よりもさらに歌が上手くなっているような気がするし、ダンスもキレキレになってるし、イケメン度も増していると感じているのはわたしだけなのでしょうか!?

Instagram Photo

【「高速横歩き」ダンスがめっちゃ好きです】

楽曲の魅力をさらに底上げしているのは、ぐうの音も出ないほどにパーフェクトなダンス

モーニング娘。を連想させるフォーメーションダンスもあって、全ハロプロ民の心をわしづかみにしたことは確実……! 個人的には、M.C.ハマーのようなインベーダーゲームのような “高速横歩き” が、心から好き~~~!

【ネットがちょっとした「祭り」状態に】

1度観たらドハマりする『U.S.A.』MVには、

「計算され尽くしたダサさ 歌とダンスのクオリティの高さ」
「サビの『アメリカ』が普通にカタカナなの狂おしいほど好き」
「この方向性を考えた人だれだろ。頭いいわ」
「ISSA歌声変わってない。さすがです」
「いいね。DA PUMP旋風もう1度」
「ダサイって言われる事を計算された上でやり切ってるDA PUMPのプロ意識を感じる曲(笑) クセが強くて逆にハマった」

といった具合に、たくさんの声が集まっています。中でも目立っていたのは、現ハロプロファンのみなさんからのコメントで、

「最高なんですけど!by ハロプロファン」
「ハロヲタだけどこれ凄く好きだわ」
「テラテラの衣装までハロプロ」
「どこかハロプロ感を漂わせるハロヲタにはたまらない仕上がり(笑)」

と、軒並み大絶賛状態だったんですよね。ツイッターには、ライブのときなどでよく耳にする “ハロプロ風コール” と『U.S.A.』MVを組み合わせた映像を作った人まで出現(!)して、まだまだ勢いは加速しそうな予感ですっ。

『U.S.A.』は、2018年6月6日発売。「DA PUMP」旋風がこの夏、日本を熱くするかも~!?

参照元:YouTubeDA PUMP オフィシャルサイトInstagram @issa_hentonaTwitter #DAPUMP
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら