レディ・ガガの肉ドレスを手がけたデザイナー開発した電子タバコがオシャレすぎます


禁煙の動きが世界的に高まるなか、近年人気となっているのがVAPE(ベイプ)とも呼ばれる「電子タバコ」。私の周りでも吸っている人が本当に多くなりました。そして今後は、そのデザインにも注目が集まっていくのかも……。

今日紹介するのは、クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約を受け付けている「DR.VAPE(ドクターベイプ)」です。

開発にかかわっているのは、ユニクロや、DIESEL(ディーゼル)のファッションディレクターも務めるニコラ・フォルミケッティさん。「レディ・ガガの肉ドレス」を手がけたファッションデザイナーと言えば、「ああ、あの!」とピンと来る人も多いはず!

【世界的ファッションデザイナーが日本のためだけに開発】

VAPEとは、専用のリキッドを加熱し、気化させた水蒸気を吸って楽しむ電子タバコ。タバコに代わる嗜好品として、海外セレブをはじめ多くの人が愛用しています。

そして今回、VAPE愛用者で日本生まれのニコラさんが、日本だけのために開発したのが「DR.VAPE」です。

【味に力を入れている】

DR.VAPEを作るにあたって、ニコラさんがこだわったところは、オシャレなデザインと、フレーバーが口にあうこと。

デザインはニコラさん自らが手がけ、持っているだけでもスタイリッシュでカッコよく、ニューヨークのトレンドや新しさを感じるものを目指したそう。

また、VAPEの味について「日本人の味覚は繊細で、海外のフレーバーは口に合わないものが多い」とニコラさんは考えているそう。そのため、創業100年以上の国内老舗香料メーカーに協力を仰ぎ、味の開発を依頼。マスカット、アップル、バニラなど、日本人の好みに合わせたフレーバーや、タバコにそっくりな味の「クラシックスモーク」などの6種類があるそうです。

【ただいま先行予約受付中】

「DR.VAPE」の一般発売は10月上旬予定。「Makuake」での目標金額はすでに突破していますが、終了までは支援を募集中です。興味を持った方は先行予約してみては? 現在支援できるスターターキットは税込7976円、フレーバーカートリッジは税込2374円です。

ただし、今回支援できるのは20歳以上のみだそうです。詳しくは「Makuake」のサイトでご確認ください。

参照元:DR.VAPEMakuakeプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら