ロバってこんな鳴き声なの? オペラ歌手のような美声を響かせるロバが発見される

犬は「ワンワン」、猫は「ニャーニャー」、馬は「ヒヒーン」と鳴きますが、さてロバはなんと鳴くのでしょうか? 日本において、日常生活でロバの鳴き声を聞くという機会はまずないので、パッと思い浮かべられる人は多くはないと思うんです。

英語では「ヒーホー(hee-haw)」などと表現されているようなのですが……とあるフェイスブックの投稿で公開されている「ロバの鳴き声動画」を観ると、まっっったく「ヒーホー」と言っているようには聞こえないからビックリ。

それどころか、高音でのびやかで美しくって、まるでソプラノオペラ歌手のような鳴き声だったんです。ロバから発せられているとはとても思えないんですよね。

【美声すぎて2度見】

ご覧いただくのは、「Ireland from the Roadside(道ばたから見たアイルランド)」というフェイスブックグループに所属するMartin Stanton(マーティン・スタントン)さんが投稿していた1本の動画。

2018年10月21日に、アイルランドに暮らすハリエット(Harriet)という名前のメスのロバのもとを訪れたという、スタントンさん。ゆっくりとハリエットのもとに歩を進めてゆくと、ハリエットはしばらくこちらをじっと見た後、「アーーーーーー」と大きく鳴き始めたではありませんか。

【『アヴェ・マリア』かな?】

「アーーーーー」とも「ハーーーーー」とも「ホーーーーー」とも聞こえる、なんとも不思議な鳴き声。楽曲『アヴェ・マリア』の出だし部分「アーーーーーー」に匹敵するような、見事な音色です。

途中にブレスを入れながら何度も同じように鳴くハリエットは、音程を大きく乱すこともなく、何かを訴えかけるかのようなまなざしでただひたすらに美声を響かせていました。

【これが普通なの!?!?!?】

しばらく歌い続けた(?)ハリエットは、突然「もう飽きたわ」とでも言うようにくるりと顔を背けて、どこかへ行ってしまいました。い、一体今のはなんだったの……。

そもそもロバの鳴き声がどういうものなのかわからないので何とも言えませんが、「ヒーホー」という表現が真実に近いならば、ハリエットの鳴き声は例外中の例外と言ってもいいのではないでしょうか。

いずれにしても、美しい声だということに変わりはありません。世が世なら、王侯貴族に歌声を見初められて「愛馬」ならぬ「愛ロバ」として宮中で暮らしてたかも!?

参照元:facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

新婦が新郎にドッキリサプライズ! 花嫁がいると思って振り返ったら…マッチョ男が満面の笑みで佇んでました

新郎新婦がそれぞれの部屋で挙式の準備を終えた後、初めてお互いの姿を見せ合うセレモニー「ファーストルック」

日本では「ファーストミート」と呼ばれることが多いこの記念すべき瞬間に、驚きのサプライズを仕掛けたのは、アメリカ・インディアナ州スペンサーで式を挙げた24歳の花嫁ニコール・スミス(Nicole Smith)さんです。

サプライズのターゲットは25歳の新郎・アンドリュー・ライト(Andrew Wright)さん。出会いはなんと13歳のときで、このたびめでたく結ばれたのだといいます。

【花嫁が…いかつい男になってるーっ!?】

アンドリューさんが振り返ったとき、そこにはウェディングドレスに身を包んだニコールさんが立っている……はずだったのですが、実際にいたのはウェディングドレスを着たマッチョ男性!

まさかのドッキリに、果たして新郎はどんなリアクションを見せたのでしょう?

【仕掛け人は新郎の親友です】

マッチョ男性の正体は、アンドリューさんの親友で24歳のカイ・スタチョウスキ(Kye Stachowski)さん。

海外サイト「The Indianapolis Star」の報道によれば、アンドリューさんとカイさんが出会ったのは6年前。ふたりは通っていたパデュー大学の寮で同じ階に住んでいたことから仲良くなったらしく、ニコールさんも含めた全員が同じ大学の卒業生なんですって。

【どんなリアクションを見せてくれるんでしょ】

サプライズのためカイさんが着用したのは、ニコールさんの姉妹が着用したドレス。

ヴェールをつけ、ブーケを手にしたケイさんが、まさか自分の背後に忍び寄っていることなど予想だにしていないアンドリューさんは、花嫁が来るのをニコニコしながら待っています。

【大爆笑で幕を閉じ…サプライズは大成功!】

このときのことを「TODAY」に語っていたのは、撮影を担当したウェディングフォトグラファーのベリンダ・ラッセル(Belinda Russell)さん。

アンドリューさんとケイさんがついに “ご対面” を果たした際にはふたりは2~3分ほど笑い続けていたそうで、その様子をとらえたと思われる顔をつきあわせて大爆笑しているショットは、家宝にしてもいいくらい素敵な写真~!

【最高の妻と最高の友がいる新郎は幸せ者ですね♡】

登場人物全員がかわいい今回のエピソードの中で、ダントツでかわいかったのはやはり、終始ノリノリでドッキリ仕掛け人を演じたカイさんなのではないでしょうか。

カイさんは「The Indianapolis Star」に対し「ドレスは着たことなかったけど、やってみたいと思った」と語っておりまして、最初からやる気満々。

サイズのあうハイヒールが見つからなくて悲しい思いをし、代わりに革靴を履いたなんてもう、あまりにも愛おしすぎる……!

参照元:FacebookThe Indianapolis StarTODAY
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【感動】赤ちゃんをハート型に取り囲む1616本の「注射器」…4年間に及ぶ壮絶な不妊治療と出会えた喜びを伝える美しきフォトグラフ

サマンサ・パッカー(Samantha Packer)さんは、家族写真を中心に撮影を行うフォトグラファー。彼女のフェイスブックには、可愛らしい子供たちの写真がたくさん並んでいます。

その中でもひときわ目を惹くのが、2018年8月10日に投稿された1枚。

中心にいるのは、レインボーカラーの布にくるまれてスヤスヤと眠る赤ちゃん。しかし、この子のまわりをぐるりとハート型に取り囲むのは、無数の注射器! 壮絶さと愛情、その両方が強い力で伝わってくるこの作品、一瞬ギョッとしてしまいますが……その背景を知ると一転、さまざまな思いが押し寄せてきて胸がいっぱいになってしまいます。

【4年間にわたる不妊治療の末に授かった赤ちゃん】

この赤ちゃんの写真撮影をパッカーさんに依頼したカップルは、4年におよぶ不妊治療の経験者体外受精を7回流産を3回経たのちに、待望の我が子を授かったというのです。

赤ちゃんの周辺に置かれた注射器の数は、1616本。これは赤ちゃんに出会うまでに行われた注射の数と同じで、その壮絶さが伝わってきます。それと同時に、「会いたくて会いたくて、ようやく会えた」という無上の喜びも。言葉にならない感動を覚えます。

そして、長い苦難とその末に巡り合った幸福を、美しいフォトグラフ1枚に収めたパッカーさんの技量にも、思わず感服。

【女性カップルのもとに生まれました】

フェイスブックのコメント欄からは、赤ちゃんを授かったのはパトリシア(Patricia)さんとキンバリー(Kimberly)さんの女性カップルだということが読み取れます。

両者ともコメントを寄せていて、赤ちゃんに出会えたことへの喜び、サマンサさんに対する感謝の意、そして多くのカップルが不妊に直面しているにもかかわらずその事実はあまり語られていないことについて言及していました。

【たくさんの人に感動と勇気を与えているみたい】

赤ちゃんの写真についた「いいね」は4万2000超。6万7000超のユーザーにシェアされていて、以下コメントもたくさん集まっています。

「美しい写真だし、背景にあるお話も素晴らしい」
「泣けてきた」
「ママおめでとう。美しい赤ちゃんですね」

数多くの祝福の声の中には「自分も不妊治療をしている」という人のコメントもあって、同じ境遇にあったこのカップルと赤ちゃんの写真から勇気をもらったようです。

絶望を味わい続ける壮絶な4年間を戦い抜いたママたちと無事に生まれてきてくれた赤ちゃんが、これからも家族仲良く、幸せに暮らせますように。そして後に続くカップルが、少しでも多くありますように。

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

それでも結婚式をあげたい…! 洪水で教会が浸水しても結婚式をどーーしてもあげたかったカップルが話題になっています

教会のバージンロードを静々と歩くのは、純白のウェディングドレスに身を包んだ花嫁。愛しい花嫁がやってくるのを待つ花婿、両脇でその様子を見守る多くの招待客たち……と、ここまでは至って普通の光景なのですが……。

唯一普通じゃないのは、みんなの足元

教会の床は水浸しというレベルを超えた “浸水” 状態で、足首よりやや上のほうまで濁った水がひたひたの状態だったんです。あの、これ、まさかとは思うけど演出じゃあないよね!?

【モンスーン×台風=洪水発生】

実は、教会が水浸しになった原因は洪水でした。海外サイト「NDTV」によると、花嫁のジョベル・デロス・アンジェルス(Jobel Delos Angeles)さんが7年間付き合った恋人との結婚式の当日、フィリピンでは南西モンスーンと台風 “ヤギ” が直撃。

首都マニラとその近隣エリア、さらには花嫁と花婿が暮らすブラカ湾の自治州にまで洪水被害が及んだといいます。

【招待客は裸足で出席】

そんな中で結婚式を強行するとはなかなかのツワモノですが、ジョベルさんの伯母がフェイスブックに投稿した動画や写真を観るかぎりでは、2人ともとっても幸せそう

ドレスもタキシードも水浸しだし、滑って転ばないよう出席したゲストは裸足だったらしいし、光景としてはかなり異様なのですが、教会内はハッピームードに包まれていたようなんです。

【「延期」は選択肢になかったようです】

ジョベルさんはAFP通信のインタビューに対し、「洪水や大雨くらいではわたしたちを止めることはできない。だって結婚は1度きり、延期になんてできると思う?」とコメント。

予定どおり愛する人と式を挙げられたことを喜んでいたようで、重くなったドレスを引きずりながら、「わたしは今レッドカーペットを歩いているのよ」と自分自身に言い聞かせていたといいます。

【娘の洗礼式も一緒に決行】

なお挙式当日には、花嫁と花婿の間に生まれた生後5カ月の娘の洗礼まで行ったようで、やっぱりツワモノ~! 彼らの住む地域では洪水が起こりやすいそうで、そのたびにいちいち延期していたらキリがないという意図があるのかもしれませんが、あまりのタフさにびっくり。

しかし結婚生活の最初からふたりで困難を乗り越えることができたのだから、きっと今後も末長く仲良く暮らしていけることでしょう。改めて、ご結婚おめでとうございま~す!

参照元:FacebookNDTV
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

「ちょっと失礼…スヤー」子猫が事務所にやってきてお昼寝スタート!? ちゃっかり飼い主も見つけちゃいました

ある日のこと、アメリカ・カリフォルニア州にあるアラメダ郡保安官事務所に、小さな小さな “侵入者” が現れたといいます。

その訪問者は、2日間ほどエデンタウンシップ駅をウロウロしていたそうで、その後保安官事務所にやってきたとのこと。

フェイスブックには侵入者の顔が公開されているのですが……見事なまでのかわい子ちゃん♡ こんなにも愛らしいなら、いつだって大歓迎なのですが~~~!

【入ってきたと思ったら…お昼寝してるう!】

訪問者の正体は、真っ黒な毛並みが美しい、1匹の子猫

保安官事務所のコメントによれば、事務所を訪れた子猫は、プリンターの上にちょこんと飛び乗ったのだそう。

そして「良さそうなとこ見つけた~」といわんばかりにそのまましばらくお昼寝をしていたらしく、初めての場所なのに、めちゃめちゃリラックスしているではないですか……!

【ちょうどいい「収まり具合」です】

公開された写真にはたしかに、プリンタの持ち手部分にまるっと収まっている子猫の姿が写っておりまして、すっかり子猫のための寝床と化しています。ここにいると、温かいんでしょうかねぇ。

【新しい家族が見つかりました】

「態度はデカいけど超カワイイ」と称された子猫は、女性保安官の手で獣医のもとに連れていかれて、最終的にはその女性保安官の “養子” となったのだそうです。自らの手で新しいお家を見つけた子猫ちゃんに、大きな拍手!

それにしても安心安全な保安官を飼い主に選ぶとは、なかなか賢い子だわ~。猫だけに、嗅覚が鋭いっ。

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

誰もいない部屋で突然ピアノが鳴りはじめたんですけど…!?【 7月26日は #幽霊の日】

美しくドレスアップして、鏡の前で全身をチェックしていたのは、アメリカで女優として活躍するジェニー・マッカーシー(Jenny McCarthy)さん。

すると突然、背後に置かれたグランドピアノから、メロディーが鳴り始めたではありませんか。自分のほかには誰も、この部屋にいないはずなのに……。

マッカーシーさんがフェイスブックに公開したのは、その一部始終を防犯カメラがとらえた映像です。さてピアノを鳴らしたのは一体誰なのでしょうか。まさか、もしや、幽霊……!?

【あわてて夫の名を呼ぶ妻】

突然鳴り出したピアノに驚いたマッカーシーさんは、思わず夫であるドニー・ウォールバーグ(Donnie Wahlberg)さんに話しかけます。

「ドニー!」
「ねぇドニー、誰かがピアノを弾いたんだけど!!!」

これに対し夫は、わけがわからないといった様子で「誰が?」と答えているのですが、いや、だからそれがわからないから話しかけてるんだってば~!

【超常現象ではなく最新テクノロジー!?】

背筋がヒヤリとしてしまう動画にはたくさんのコメントが寄せられていて、案の定、幽霊の存在を疑う人がチラホラ。しかしその一方で、興味深い意見もたくさん寄せられていました。

それは「これGoogle Homeの起動音だよ」という意見。Google Home愛用者ならばピンとくる音のようで、

「うちでもおんなじ音が聴こえるよ」
「超常現象じゃなくてGoogle Homeだから」

というツッコミが、いくつも入れられていたのでした。な~んだ、Google Homeの仕業だったんか~い! んもう、ビックリさせないでよ~!

【……でもなんで突然起動したのかな】

……だけど、不思議なのは、誰がGoogle Homeを起動させたのかという点です。なにかの拍子に再起動してしまったのかもしれませんが、でも、それってどういった理由……?

は~~~、考えれば考えるほど怖くなってくるから、これ以上は考えないようにしよーっと!

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

誰もいない部屋で突然ピアノが鳴りはじめたんですけど…!?【 7月26日は #幽霊の日】

美しくドレスアップして、鏡の前で全身をチェックしていたのは、アメリカで女優として活躍するジェニー・マッカーシー(Jenny McCarthy)さん。

すると突然、背後に置かれたグランドピアノから、メロディーが鳴り始めたではありませんか。自分のほかには誰も、この部屋にいないはずなのに……。

マッカーシーさんがフェイスブックに公開したのは、その一部始終を防犯カメラがとらえた映像です。さてピアノを鳴らしたのは一体誰なのでしょうか。まさか、もしや、幽霊……!?

【あわてて夫の名を呼ぶ妻】

突然鳴り出したピアノに驚いたマッカーシーさんは、思わず夫であるドニー・ウォールバーグ(Donnie Wahlberg)さんに話しかけます。

「ドニー!」
「ねぇドニー、誰かがピアノを弾いたんだけど!!!」

これに対し夫は、わけがわからないといった様子で「誰が?」と答えているのですが、いや、だからそれがわからないから話しかけてるんだってば~!

【超常現象ではなく最新テクノロジー!?】

背筋がヒヤリとしてしまう動画にはたくさんのコメントが寄せられていて、案の定、幽霊の存在を疑う人がチラホラ。しかしその一方で、興味深い意見もたくさん寄せられていました。

それは「これGoogle Homeの起動音だよ」という意見。Google Home愛用者ならばピンとくる音のようで、

「うちでもおんなじ音が聴こえるよ」
「超常現象じゃなくてGoogle Homeだから」

というツッコミが、いくつも入れられていたのでした。な~んだ、Google Homeの仕業だったんか~い! んもう、ビックリさせないでよ~!

【……でもなんで突然起動したのかな】

……だけど、不思議なのは、誰がGoogle Homeを起動させたのかという点です。なにかの拍子に再起動してしまったのかもしれませんが、でも、それってどういった理由……?

は~~~、考えれば考えるほど怖くなってくるから、これ以上は考えないようにしよーっと!

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【英雄】ガラガラヘビに襲われた飼い主を全力で守りきった子犬ちゃん! 世界中から称賛とお見舞いの声が届いています

「犬は人間にとって最良の友である」とはよく聞く言葉ですが……。友であり “ヒーロー” でもあるということを実感できるのが、のポーラ・ゴッドウィン(Paula Godwin)さんによる、フェイスブックでのある投稿です。

2018年6月29日、ポーラさんが投稿したのは、顔がぷっくりと腫れてしまった子犬の写真。トッド(Todd)という名前の子犬は、なんと飼い主であるポーラさんを恐ろしい敵から身を挺して守り切ったというのです。

【ハイキングしている途中に現れたのは…】

アメリカはアリゾナ州フェニックス郊外に住むポーラさん。よく晴れた朝、飼っている愛犬たちといっしょに近所での軽いハイキングに出かけました。しかし、丘をのんびり下っていた途中、ポーラさんは不運にもガラガラヘビを思いっきり踏みかけてしまったのだそう。

【飼い主を守り切ったトッド】

攻撃されたと思ったヘビはポーラさんに牙をむきます。ガラガラヘビといえば、命を落とすこともある猛毒の持ち主……危ない! この突然の窮地に、ひるむことなく飛び込んでいったのが子犬のトッドでした。ポーラさんの右足の前に立ちはだかって、この恐ろしいヘビによる攻撃を防いでくれたそうなんです。

でも、ご主人の “盾” となり噛まれてしまったことで、トッドの顔は腫れてしまいました。フェイスブックにはその様子をとらえた写真が公開されているのですが、右の頬のあたりが大きくふくれあがり、顔のかたちがすっかり歪んでしまっています。

【ネットには称賛とお見舞いの声が】

痛々しい姿に胸が張り裂けそうになりますが、トッドは回復に向かっているとのこと。ネットには称賛の声があふれていて、

「真のヒーロー」
「勇敢な子だ」
「どうか良くなりますように」
「無事でよかった」
「本当に、あなたにとって最良の友ですね」

と、みなさん感銘を受けている様子。そしてトッドの体を案じ、その無事を祈っていた人が後を絶たなかったことは、言うまでもありません。

【もうこんなこと起こってほしくないよ~!】

それにしても……ガラガラヘビに出会うとは災難でしたよね。ヘビのほうもビックリしたのでしょうけど、どうかもう2度と、こんなことが起こりませんように。

トッド、偉かったね。ゆっくり静養してね。

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【英雄】ガラガラヘビに襲われた飼い主を全力で守りきった子犬ちゃん! 世界中から称賛とお見舞いの声が届いています

「犬は人間にとって最良の友である」とはよく聞く言葉ですが……。友であり “ヒーロー” でもあるということを実感できるのが、のポーラ・ゴッドウィン(Paula Godwin)さんによる、フェイスブックでのある投稿です。

2018年6月29日、ポーラさんが投稿したのは、顔がぷっくりと腫れてしまった子犬の写真。トッド(Todd)という名前の子犬は、なんと飼い主であるポーラさんを恐ろしい敵から身を挺して守り切ったというのです。

【ハイキングしている途中に現れたのは…】

アメリカはアリゾナ州フェニックス郊外に住むポーラさん。よく晴れた朝、飼っている愛犬たちといっしょに近所での軽いハイキングに出かけました。しかし、丘をのんびり下っていた途中、ポーラさんは不運にもガラガラヘビを思いっきり踏みかけてしまったのだそう。

【飼い主を守り切ったトッド】

攻撃されたと思ったヘビはポーラさんに牙をむきます。ガラガラヘビといえば、命を落とすこともある猛毒の持ち主……危ない! この突然の窮地に、ひるむことなく飛び込んでいったのが子犬のトッドでした。ポーラさんの右足の前に立ちはだかって、この恐ろしいヘビによる攻撃を防いでくれたそうなんです。

でも、ご主人の “盾” となり噛まれてしまったことで、トッドの顔は腫れてしまいました。フェイスブックにはその様子をとらえた写真が公開されているのですが、右の頬のあたりが大きくふくれあがり、顔のかたちがすっかり歪んでしまっています。

【ネットには称賛とお見舞いの声が】

痛々しい姿に胸が張り裂けそうになりますが、トッドは回復に向かっているとのこと。ネットには称賛の声があふれていて、

「真のヒーロー」
「勇敢な子だ」
「どうか良くなりますように」
「無事でよかった」
「本当に、あなたにとって最良の友ですね」

と、みなさん感銘を受けている様子。そしてトッドの体を案じ、その無事を祈っていた人が後を絶たなかったことは、言うまでもありません。

【もうこんなこと起こってほしくないよ~!】

それにしても……ガラガラヘビに出会うとは災難でしたよね。ヘビのほうもビックリしたのでしょうけど、どうかもう2度と、こんなことが起こりませんように。

トッド、偉かったね。ゆっくり静養してね。

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

家の外に閉め出されちゃった飼い主を救ったのは…賢いワンコ! 上手にカギを開けたあと、べた褒めされてご機嫌です

「家から閉め出されてしまった」という経験は、誰しも1度くらいは経験があるかと思うんです。

たとえば、カギを無くしてしまったとき。あるいはカギを持たずに外出して、帰ったら家族が誰もいなかったとき。このときの絶望感といったら、筆舌に尽くしがたいものがありますよね……。

フェイスブックユーザーのカイリン・マリー(Kaylyn Marie)さんは、まさにこのタイプのピンチに直面してしまったひとり。

【よりによってこんな暑い日に…】

顔から汗が噴き出すほどの暑さの中、外に閉め出されてしまったマリーさん。頼みの綱である家族が帰ってくるまではあと何時間もあったらしく、あまりのことに、きっと「オーマイガー!」と天を仰いだに違いありません。

【お利口なワンコが飼い主さんを救出】

しかしそんなマリーさんに、救世主が現れるんです。このときたった1人、いやたった “1匹” だけ、家の中に家族が残っていたんですよ。

その家族とは、愛犬のサム(Sam)

マリーさんとサムが相対している窓には、木の棒を “つっかえ棒” 代わりにしてロックがかけられていたのですが……。マリーさんが必死にお願いすると、お利口なサムは見事ロックを外すことに成功!

知ってか知らずか、飼い主さんにとって最大のピンチを救ってあげたのでした。

【ほめられて嬉しそうなワンコにほっこり】

大喜びのマリーさんは、「あなたはなんていい子なの!!!」とサムをべた褒め。一方のサムも、「わーい、ほめられたああああ」と言わんばかりに尻尾をブンブン。体中で喜びを体現しているかのようです。

こうして、サムのファインプレーで難を逃れたマリーさん。やっぱり持つべきものは “賢い愛犬” 、ですね~♡

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら