岩井俊二監督による『Forever Friends』MVは93年のドラマ版と同じ場所で撮影していた…【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】

2017年8月18日から公開中のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。作品の挿入歌『Forever Friends』のMVが、8月1日よりYouTubeで公開されています。

この曲は1993年にテレビ放送された岩井俊二監督によるドラマ版で使われ、1995年に制作された実写映画でも主題歌となっていた名曲です。

原曲は沖縄県出身のアーティストREMEDIOSが歌っていますが、今回のMVはアニメ版の主題歌『打上花火』を歌っているラップシンガー、DAOKO(ダヲコ)さんによるカバーバージョンです。

【この場所はもしや…!!!】

アニメ版はまだ未見なわたしですが、ドラマ版はDVDを所持しているほど愛しておりまして、この曲には非常に思い入れがあります。さっそくMVをチェックしてみたところ……アンニュイに歌い上げるDAOKOさんのバックに、ドラマ版で観た景色が広がっているではありませんか!

それもそのはず、MVの監督を務めているのはほかならぬ岩井俊二監督。しかも「Billboard JAPAN」ウェブサイトによると、1993年当時の撮影場所である千葉県飯岡にわざわざ出向いて撮影したというのだから、感激のあまり泣いてしまいそうですっ。

【なずなと典道がめぐった景色がそこに】

奥菜恵さん演じる “なずな” と山崎裕太さん演じる “典道(のりみち)” が歩いていた一本道、母親に無理やり連れ戻された道、バス停前の道。肩を並べて揺られたバス、かけおちしようとして訪れた駅のホーム、灯台、教室、そして洋服のまま泳いだプール。

すべては、小学校6年生の夏休みに起きたほんの一瞬の出来事。だからこそキラキラと輝いて、あまりにもまぶしくって……。

切なすぎて泣きたくなったドラマ版の良さを、みるみる思い出させてくれる大変すばらしいMVでした。DAOKOさんの透明感ある歌声も、たまらなくいい……!

【DAOKOさんの生パフォーマンスが観れるチャンス!】

ちなみに、8月23日18時から30日18時までの期間、DAOKOさんのツアーチケット先行抽選受付をYouTubeにて行っています。

これはDAOKOさんと米津玄師さんによるアニメ版の主題歌『打上花火』MVの1千万回再生達成を記念して行われている特別企画だそう。これを機にDAOKOさんに興味を持ったという方は、応募してみてくださいね~☆

参照元:YouTubeBillboard JAPAN
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら