GACKT&二階堂ふみの再現度が高すぎ! 埼玉県民は閲覧注意の映画『翔んで埼玉』の実写ビジュアルが公開され話題に

魔夜峰央(まや みねお)さん原作の “埼玉ディス” 漫画『翔んで埼玉』(宝島社)が、二階堂ふみさんとGACKTさんをW主演というかたちで迎えて実写映画化。

GACKTさんが高校生役を、二階堂ふみさんが少年役を演じるという第1報を聞いた際には、つい「んなアホな」と口走ってしまったわけなのですが……。2018年10月31日のハロウィン当日に解禁されたキャラクタービジュアルを一目見た瞬間、心の中のモヤモヤが、綺麗サッパリなくなりました~!

だって真っ白な洋服に金髪おかっぱヘアの二階堂さんは完全に壇ノ浦百美(だんのうら ももみ)だし、紫で統一された貴族のような装いのGACKTさんも、違和感なく麻実麗(あさみ れい)なんですもの。

どちらの役も男子高校生なんだけれど(ここ超重要)、原作の絵のイメージとピッタリ合っているから、想像以上に世界観がそのまんまなんですもの~!

【どうでもいいけど全員キャラ濃いな】

魔夜峰央ワールドを完全再現したビジュアルを作り上げているのは、人物デザイン監修と衣装デザインを担当する柘植伊佐夫さん。

二階堂さんとGACKTさんのほかにビジュアルが明らかになったキャラクターは、伊勢谷友介さん演じる映画オリジナルキャラクターの阿久津翔(あくつ しょう)。そして2人目は、京本政樹さん演じる “伝説の埼玉県人” 埼玉デューク(さいたま でゅーく)

どちらも主演の2人に負けないなかなかパンチの効いたビジュアルをしておりまして、否が応にも期待は高まるばかりなんです……!

【オリジナルキャラは「千葉県民」】

シルクハットに杖と紳士にキメた阿久津は、どこか謎めいた雰囲気が素敵。東京都知事の家(つまりは百美の家)の執事を務めていて、埼玉県の永遠のライバル・千葉県の出身というキャラ設定となっているようです。

一方のデュークは原作にも登場するキャラで、東京で虐げられている埼玉県民の希望であり、埼玉県民解放運動の中心人物。

しかしながら20年前に行方不明になっているというミステリアスな人物でもあって、今回京本さんが披露している白髪や白塗りメイク、さらには時代劇風衣装が、キャラのイメージとよく重なるんです。

【ポスターには清々しいほどの「埼玉ディス」が!】

今回のキャラクタービジュアル公開とともにお披露目されたのは、キャラクターの表情が分かるアップバージョンのポスター4枚と、人物造形が分かる全身バージョンのポスター4枚の、合計8枚。全身バージョンのほうに書き添えられたコピーがいちいち面白く、

「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ」
「ダさいたま、クさいたま、田舎くさいたま」
「これは……埼玉特有の熱病、サイタマラリア!」

といった具合に埼玉ディスに終始しておりますので、4人のビジュアルと同じくらいに注目してほしいものです。

全貌が明らかになればなるほど観るのが待ちきれなくなる実写映画『翔んで埼玉』は、2019年2月22日に全国公開。そのほかのキャストも気になることですし、引き続き、続報を待ちたいところですね!

参照元:プレスリリース、映画『翔んで埼玉』公式サイトTwitter @m_tondesaitama
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

埼玉を超絶ディスってる漫画『翔んで埼玉』の映画版のビジュアル&特報映像が解禁されたよ~! GACKTと二階堂ふみが埼玉県民に謝罪!?

魔夜峰央(まや みねお)原作による伝説の “埼玉ディス” 漫画『翔んで埼玉』(宝島社)が実写映画化されるという第1報をお伝えしたのは、2018年4月のこと。

そしてこのたびお伝えするのは、待望の第2報。8月17日に、ついにティザービジュアルと特報映像が公開されましたよ~!

とはいえ……ビジュアルにも特報映像にも出演者の顔はほとんど映っておらず、W主演を務める二階堂ふみさんとGACKTさん以外のキャストは現段階では不明のまま。

けれど独特の世界観だけはビシバシ伝わってくるので、映画に対する期待感は高まるばかりなんです……!

【映画の公開は2019年2月22日!】

約2か月近く続いた撮影が5月31日にクランクアップし、公開日も2019年2月22日に決定したという映画『翔んで埼玉』。

原作では男子高校生である壇ノ浦百美(だんのうらももみ)を女性の二階堂ふみさんが、麻実麗(あさみ れい)を原作よりもだいぶアダルティーなGACKTさん、が演じるということで、世間をザワつかせていたことは以前もお伝えしたとおりです。

【映画公開前に、埼玉のみなさんへ謝罪!?】

「埼玉なんて言っているだけで口が埼玉になるわ!」など、とにかく “埼玉ディス” の多い物語ですので、ティザービジュアルにも特報映像にも埼玉県民のみなさんへの配慮が溢れているのがわかります。

たとえばティザービジュアルでは二階堂さんとGACKTさんが深々と頭を下げて「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい」と謝罪をしているし、特報映像のラストには「どうか寛大な心で劇場へ」という文字がでかでかと浮かんでいます。

でも特報映像のラスト手前で「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」というセリフが出てきちゃうので、フォローしきれてないことは否めないのですが、ね。

【『パタリロ!』のあの人も出演しているよ】

ちなみに冒頭で “主演の2人以外のキャストは不明” とお伝えしましたが、ただ1人だけ、特報映像にしっかりとお顔が映っている人物がいるんです。

その人物とは、魔夜峰央さん原作の『パタリロ!』の舞台と映画で主演を務めた、俳優の加藤諒さん!  “ひどい扱いを受けながらも東京で働くことを夢見る埼玉県人” 役として出演、最高にキレのある演技を見せてくれているらしく、その片鱗は特報映像からもうかがい知ることができます。

ティザービジュアルと特報映像が公開されたばかりだけれど、「もっと教えて!」とさらなる情報を欲しがってしまうのは、きっとわたしだけではないはず。ちらっと垣間見える壮大な世界観にワクワク、妄想が膨らむばかりです~~~!

参照元:プレスリリース、東映映画『翔んで埼玉』公式サイトYouTube
画像=©2019映画『翔んで埼玉』製作委員会
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

埼玉県民は閲覧注意の漫画『翔んで埼玉』がまさかの実写化に! 主演は二階堂ふみ&GACKTだけど想像できないヨ…

有名漫画の実写化は、昨今特に、よくある話。しかしまさかこの作品が実写映画化されるとは、一体誰が想像できたでしょうか。

2019年に実写映画化が決定したのは、魔夜峰央(まやみねお)さん原作による伝説の “埼玉ディス” 漫画『翔んで埼玉』(宝島社)。埼玉県をとことんイジリ倒すことで知られる “迷作” の主役を務めるのは、二階堂ふみさんとGACKTさんです。

……さてここで、『翔んで埼玉』を読んだことがあるという多くの人が、首を傾げたことと思います。

【ん? このキャスティングで合ってる??】

というのも原作漫画の主人公は、東京都知事の息子であり白鵬堂学院の生徒会長である男子高校生・壇ノ浦 百美(だんのうらももみ)

そしてもうひとりの主人公は、アメリカ留学から帰国後に白鵬堂学院に転入してくる容姿端麗な男子高校生で、実は埼玉県民の麻実 麗(あさみ れい)

そうなんです。つまりは2人とも高校生で、男性なんですよ。

【百実を演じるのは二階堂さん】

演技力を買われて百美役に抜擢されたのは、二階堂さん。

当初は「原作の設定を変更して女性に変えようか?」なーんて話も出ていたらしいのですが、ほかならぬ二階堂さん本人が「これ、わたしが男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」と提案。

これを機に男性キャラクターのまま映画化されることになったというのだから、さすが演技派と言われるだけのことはありますっ。

【麗を演じるのはGACKTさん】

一方で麗役に抜擢されたのは、GACKTさん。 “容姿端麗” という点では全く異論はございませんが、高校生の役というのはその、だいぶ無理があるような気がするのですが……。

しかし誰よりも “高校生設定” という点に困惑していたのは、GACKTさんご本人だというのだからジワジワきます。

原作者の魔夜先生いわく、「まさかオファーを受けていただけるとは思いませんでした。最初GACKTさんのお名前が上がった時、そこにいた一同全員がのけぞり、次の瞬間、ありか、と頷いたものです」とのことでして、満場一致の決断だったことは明白!

一体どんな仕上がりとなるのか、今から楽しみで夜も眠れませ~ん!

【どんな映画になるのやら…想像がつかないっ!】

『翔んで埼玉』を一言で説明するならば、埼玉版『ロミオとジュリエット(ボーイズラブ篇)』

東京と埼玉の県境で引き裂かれる2人、そして埼玉解放に向けて革命を起こさんと挑んだ者たち……。感動と同時に、「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」などといった埼玉への容赦なきディスがさく裂する作品、それが『翔んで埼玉』なのであります。

さらに、映画版には埼玉の宿敵として「千葉」も登場するとか……。そもそもハチャメチャなストーリーなのに、想像だにしなかったキャスティングによって、さらにハチャメチャになりそうな予感!(ほめてます) とりあえずは1日でも早く、特報映像が観たいです……!

参照元:プレスリリース
画像=(c)魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【本日放送】GACKT様の相方はYOSHIKI様!! 2018年の『芸能人格付けチェック』は見逃せない内容盛りだくさんだよ

お正月番組といえば毎年見逃せないのが、芸能人たちが一流のプライドをかけて挑む『芸能人格付けチェック』!2018年の1月1日夜6時からテレビ朝日系で3時間に渡って放送されます。

「これぞ真の一流品だ! 2018お正月スペシャル」というサブタイトルがついた今回は、ゲストが超が3つくらい付くほど豪華

「チーム花盛り四人姉妹」として藤原紀香さん藤あや子さんがペアを組んでいたり、「チーム70年代」として中山美穂さんDAIGOさんがペアを組んでいたり、気になる出演者がたくさんいるわけなのですが……。

やはりもっとも注目すべきは、絶対王者・GACKT様の相方がYOSHIKI様だということ~!

【GACKT様は「生きる伝説」】

GACKT様といえば、この番組の常連。毎年、難しい問題を連続でクリアしていて、とんでもない記録を叩き出し続けていたことは有名で、本人もテレビで「プレッシャーだ」とこぼすほど。誰よりも熱視線を浴びている出演者、と言っても過言ではないでしょう。

【この組み合わせ、待ってた!!!】

そんなGACKT様の相方として選ばれたのが、X JAPANのYOSHIKI様

Instagram Photo

老舗呉服店の長男に生まれ、家には家政婦がいたという、ガチのおぼっちゃま。アメリカには豪邸と大きなスタジオを構えており、プライベートジェットで世界を股にかけて活躍する “ザ・セレブ” なYOSHIKI様。GACKT様とタッグを組む相手としては、これ以上ないほどに適役でしょう。

【DAIGOさんの動向も気になります】

おふたりは揃って、自身のインスタグラムで番組出演を報告。DAIGOさんとの貴重なスリーショットまで披露しているのですが、佇まいが神々しすぎるう!

Instagram Photo

GACKT様は果たして、再び伝説を作り上げることができるのでしょうか。そしてYOSHIKI様は、どのような活躍を見せてくれるのでしょうか。どちらも楽しみで仕方ありません。

個人的には、第74代内閣総理大臣の竹下登さんの孫である、DAIGOさんの実力がどれほどなのか? それがいちばん気になっています。なにげにこの方が、今回のダークホースだったりして……!?

参照元:朝日放送Instagram @gacktInstagram @yoshikiofficial
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

GACKTプロデュースのドレスが大人可愛いのにプチプラ! 見た目はハイクオリティで「格付け」に出ても分からないレベル


シンガーソングライターや俳優として活躍するGACKTさん。このたび女性用ドレスブランドをプロデュースしたというニュースが飛び込んできました!

ブランド名は「MARGARET NOCTURNE(マーガレットノクターン)」。少女らしい清純さもありながら大人のセクシーさも併せ持つドレスの数々は、眺めているだけでもうっとり。

とはいえ、GACKTさんといえば芸能界でもセレブとしても名高い方。「でも、お高いんでしょう?」と思わずにいられないのですが……あら、意外にもリーズナブルじゃないですか!

【ブランド名に込められた意味】

白い花の「MARGARET」と夜の黒を意味する「NOCTURNE」をかけあわせたというドレスブランド「マーガレットノクターン」。その名が示すとおり、「少女の顔と夜の顔を併せ持つ、最高に魅力的な女の子」がテーマなのだとか。

昼は清楚で、夜はセクシーに……いろんな表情を楽しみたい女子はもちろんのこと、このギャップ、男子も大好きなやつですよね!

【こだわり満載のドレスたち】


今回発表されたドレスを見てみると、スカートはチュチュテイストで少女らしく、でも胸元は大胆に空きがあったり、前から見るととってもシンプル、なのにバックスタイルは背中がばっくり空いていたりと、見る角度によって印象が変わります。

色は黒を基本としながらも、その中にシルエットの美しさやディテールへのこだわりが感じられて、どのドレスも女性を美しく見せてくれそう! なにより「着てみたい!」「着てて楽しい気分になれそう」なものばかりです。

【何より……お値段にビックリ!】

そして、驚いたのがそのお値段。価格帯は税込7990円のドレスが多く、なかには税込5990円のものも……。見た感じだと「最低2万円ぐらいするかな?」という印象なだけに拍子抜けしちゃうほど。

GACKTさんプロデュース「マーガレットノクターン」のドレスは現在、「dazzy」のオンラインサイトで予約受付中。11月上旬より順次発送予定とのことです。

予約販売のため実物を見て買えないのが残念ですが、意外とお手頃価格なので買ってみるのもアリかも! これから年末年始のパーティーシーズンに着ていけるブラックドレスとして役立ってくれそうです。

参照元:マーガレットノクターン
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら