100種類以上のジンが集まる「ジンフェスティバル 東京」が天王洲で開催されるよーっ! 海沿いのロケーションもバッチリで最高の一杯が飲めそうです

ビールにワイン、そして日本酒。このところお酒をテーマにしたフェスティバルが増加しているような気がしますが、ここへきて新たな “酒フェス” が登場っ!

2018年6月9日と10日の2日間、東京・天王洲Canal Side「T-LOTUS M」で開催される日本初の “ジン” に特化したお祭り「ジンフェスティバル 東京(GINfest.TOKYO 2018)」

6月9日のワールドジンデイ(World Gin Day)を祝うため、そして多くの人にジンの味わいを知ってもらうために、企画されたイベントだそう。

【安価で飲み比べできちゃいます♪】

入場料は、嬉しいことに無料

1銘柄につき100円相当で試飲ができるそうで、試飲専用のドリンクチケットも販売される予定とのこと。会場内にはほかにもジンにフォーカスしたバーがあり、有料でカクテルも堪能できるのだそうです。

ブースに並ぶのは、国産クラフトジンや海外のジン。あれこれ飲み比べられるのはもちろん、ボトルを購入することもできるので、自分の好みにピッタリあった「これぞ!」という1品を探すにはもってこいなのではないでしょうか♪

【シチュエーションは100点満点!】

メイン会場となるのは、新国立競技場を設計したことでも知られる隅健吾さん監修の、美しい “船上スペース” 。天王洲ならではの運河沿いにある 倉庫をリノベーションした空間や、200mにもなる ボードウォーク なども会場に含まれるので、シチュエーションとしては文句なし!

わたしもリフレッシュしたいときたま~に足を運びますが、キラキラ輝く海と青空をぼ~~~っと眺めているだけで何時間も過ごせちゃう場所なので、ここでお酒を飲む瞬間はきっと至福だと思われますっ。

【同時開催のマーケットも一緒に楽しんじゃお】

また、イベント開催期間中は、アンティークや古書、ヴィンテージファッションやクラフト、温かい食事など約100店が並ぶ「天王洲ハーバーマーケット」も同時開催される模様。

こちらのメイン会場となるのは、「B&C HALL」。

人気バーテンダーが登場するというジン・フェスのスペシャルバーはこのエリアにお目見えするらしく、マーケット内をジン&トニック片手に回遊することもできるんです。料理もあるので、ツマミには困りませんよ~!

【ぶらぶらするだけで癒されるよ、きっと】

風が心地よいこの季節に、美味しいジンを片手にのんびりぶらぶらする時間は、きっと最高の癒し。美味しいジンを求めているという人はもちろん、心身共にリラックスしたいというあなたは、ふらっと出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースジンフェスティバル 東京Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら