割れたガラス瓶に頭がはまった子猫を発見! 逃げまどう子猫を無事に保護するまでの一部始終


本日ご紹介する動物保護団体「Hope For Paws(ホープ・フォー・ポーズ)」の活動は、ニャンコのレスキュー。

ガラス瓶に頭がはまってしまった子猫がいると連絡を受けて駆けつけると、なんとガラスが割れており、子猫の顔にも傷が……。

子猫がガラス瓶から頭を引き抜こうと暴れた結果、割れてしまったよう。一刻も早く助けたいと思うレスキューチームですが、子猫は人になれておらず、逃げまどってしまいます。

【人になれていない子猫】

現場である駐車場に到着したレスキューチームが発見したのは、割れたガラス瓶が首に引っかかった状態の子猫

鋭利なガラスの破片がむき出しになっていて、このままでは子猫や周りの猫たちも危険です。そしてもちろんレスキューチームも、保護にあたってケガをしないよう細心の注意を払わねばなりません。

ところが、おそらく野良で生まれ育った子猫はまったく人になれていない様子。どれだけ声をかけても逃げまどい、車の下に隠れてしまい、近づくスキがありません

【エサでおびきよせて捕獲】

飼われていた犬を保護する場合は、じっくりと声をかけて信頼関係を築く場合もありますが、この子猫の場合は効果がなさそう。

というわけで、エサで子猫をおびきよせることになりました。この駐車場にいる野良猫たちは、日頃から周辺住民にエサをもらっているようで、人前での食事に抵抗がない様子。

それが幸いし、ついに大きな網で子猫をとらえることに成功します。

【ついにガラス容器がはずれた!】

ところが子猫は網の下で大暴れ! ブランケットをかぶせられても悲痛な声で泣き続け、四肢をつっぱって逃げようともがきます。レスキューの女性も胸が痛むのか、切ない声で「わかってる、わかってるのよ、ゴメンね」と何度も声をかけていました。

その状態で子猫を網の下にとらえたまま、大人3人がかりでようやく子猫の首から割れたガラス瓶を取り外すことに成功!

うまく外れるのかどうか、見守っているだけでも息がつまるような時間でしたが、その瞬間には思わず良かった! と声が出てしまいました。子猫にもレスキューチームにもケガはなく、ひと安心です。

【今は元気に過ごしています】

このあとニャンコは、病院へ連れて行くためにケージへ。ところがニャンコはケージの中でも爪を立て、よじ登って大暴れし、レスキューチームも「手を出しちゃダメ、ケガするよ!」と大騒ぎ。

どうなることかと思いましたが、病院でひと通りの処置を終えたあとは落ち着いた様子で、人のヒザの上でくつろいでいる姿が見られました。きっと不安で怖かったんでしょうね。

ガラス瓶のせいでろくに食事ができていなかったようで、子猫はかなり消耗していましたが、ひどい外傷などはなかったみたい。本当に良かった。

ガラス瓶=Jar(ジャー)をもじってJarrow(ジャロー)と名付けられた子猫は、現在はホープ・フォー・ポーズのスタッフの元で一時的に過ごしながら、受け入れ先を待っているとのことです。1日も早く、大切にしてくれる家族とめぐりあえますように!

参照元: YouTube
執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

緊張走るドッグレスキュー! 大ケガをしておびえまくりの犬は吠える、逃げる…救出は大苦戦!


「高速道路脇で、黒いピット・ブルの子犬がびっこを引いている」と連絡を受け、保護に向かったアメリカのレスキューチーム「HOPE FOR PAWS(ホープ・フォー・ポーズ)」のメンバー。

しかしそこにいたのは「子犬」ではなく、ガリガリにやせ細った成犬でした。レスキュー隊員は口笛を鳴らしながら声をかけますが、けたたましく吠え立てられ、思わず動揺して声を上げます。

まったく人間を信用せず、吠え続けるワンコ。頑固で気性の荒い犬を相手に、救出は困難を極めます……!

【前足を大ケガしている…】

ワンコにやさしく声をかけ、落ち着かせようするレスキュー隊員。しかし、ワンコは寝床にしている落ち葉の山に隠れたまま、まったく警戒を解いてくれません

ためしに食べ物を少し与えてみたところ、かなりお腹が空いていた様子。少し落ち着いたところで首に縄をかけ、そこから手前に食べ物を投げつつ、慎重におびき寄せます。

明るいところへ出てくると、ワンコの前足がひどく折れていることがわかりました。気が立っているのは、痛みに耐えているせいでもあるようです。

食べ物で気を引きつつ、どうにか車を停めているところまで連れ出しました。

【逃げられたぁああぁ!!】

ところが、車のバンパーに首縄をつなぎ水を飲ませる準備をしている間に、なんとワンコが縄を食いちぎって逃走! ひえぇぇ!

これにはレスキュー隊員も思わず「マジか〜!?」と落胆。長時間の努力が水の泡に……もう食べ物も全部あげてしまい、ワンコの気を引けるようなものは何もありません。

【根気とチームワークで救い出す】

しかしレスキュー隊員はあきらめません。「そんなふうに吠えれば、ボクが君を置いていくと思ってる? そんなことにはならないよ!」と、強気でワンコに言い聞かせます。

もういちど首縄をかけ、水を飲ませ、声をかけながら歩かせて。頑固なワンコが途中で座り込み「絶対にココから動かない」という顔をしてみせても、根気よくなだめて……。

ワンコが静かにしっぽを振るのが見えますが、レスキュー隊員によると「しっぽを振っているのが常に”うれしい”のサインだとは限らない。それを知っておくのが大事」とのこと。このときは、まだまだ危険な状態だったのだとか。

犬の様子を注意深く観察し、その上で適切な対応ができるのは、レスキュー隊員に長年の保護活動の経験があるからこそでしょう。

その後、ヘルプにやってきた隊員と合流し、ようやくケージにワンコを入れることに成功! すぐさま、動物病院へと向かったのでした。

【もう一度、愛されるように】

ワンコの前足の骨折はかなり状態が悪く、かわいそうですが切断することに。しかし痛みから解放されたことで、ワンコの気持ちにも変化があったようです。

いら立っていた様子はなくなり、スタッフに甘えたり、外を走り回ったりできるほどにまで元気になりました。

これからはしつけなどのトレーニングを経て、里親を探すことになっているのだそう。このワンコがもういちど、ちゃんと家族の一員として愛されるまで、彼らのケアは続きます。

【犬の保護活動は甘くない】

子犬か成犬かを問わず、これまで数多くの犬を保護してきたベテランのレスキュー隊員。それが今回、なぜこれほどまでに怖がっていたのかというと、この犬が「ピット・ブル」だったからです。

「ピット・ブル(アメリカン・ピット・ブル・テリア)」は、アメリカで闘犬として開発された犬種。残念ながら、適切でない飼育下では人を襲う例もあり、飼育が規制されている国や地域が世界各地にあります。

大人ですら、ピット・ブルに襲われればひとたまりもありません。威嚇するピット・ブルと対峙するレスキュー隊員は、まさに命がけだったのです。

犬の保護活動は甘くない、ということがひしひしと伝わってくる動画でした。

参照元: YouTube
執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

【心温まる】絶望的な生活のママ犬と子犬たちを助けたい! 総勢5匹のワンコファミリー、狭くて暗いコンテナ下からの救出劇


住民からの連絡をもとに動物の保護・救助活動を行うアメリカのレスキューチーム「HOPE FOR PAWS(ホープ・フォー・ポーズ)」。Pouchでも、これまで何度かその活動をご紹介してきました。

今回は彼らの活動の中から、あるワンコファミリーの救出劇をご紹介したいと思います。

保護対象となったのは、コンテナの下でふるえる1匹のママ犬と4匹の子犬たち。しかし、すきまが狭すぎて人の手が届かず苦戦しているうちに、小さな子犬たちは怖がってさらに奥へと逃げ込んでしまいます。レスキュー、成功するのでしょうか?

【助けようにも手が届かない!】

このレスキューが行われたのは、ロサンゼルス川にほど近い公園。実はこの日、レスキューたちは別の任務で2匹の犬を救助したばかりでした。その帰り、たまたま公園を走っている「首輪なし・リードなし」の犬を見かけたのだそう。

いぶかしんで公園を調査したところ、コンテナの下で身を寄せ合う1匹のママ犬と子犬たちを見つけたのでした。

さっそく救助活動に入りますが、何しろ場所は公園に置かれた輸送用コンテナの下。地面とのわずかなすき間に大人の体は潜り込ませることができず、どうしても犬たちに手が届きません

そこで3時間をかけてレスキュー本部へ戻り、長い柄のついた網など、保護用の道具を持って再びワンコ家族の元へと戻ってきました。

【子犬の数は…全部で4匹!】

まずは、一番手前にいた1匹目を救助。すると、ママ犬はみずから子犬について、コンテナの下から出てきました。ママ犬は意外にも人懐こく、元気そうです。

ですが子犬は全身がノミにおおわれ、本来白いはずの歯茎も真っ白。このままでは、死んでしまっていたかもしれません

コンテナの下を確認すると、残り2匹だと思われた子犬が、じつは3匹いることが判明。柄の長い網を駆使して子犬たちを捕まえ、なんとか1匹ずつ連れ出します。

ところが最後の1匹は完全におびえて、土のくぼみにすっかり体を隠してしまいました。これにはレスキューたちも大苦戦。怖がる子犬には可哀想ですが、網の持ち手で追い立ててなんとか網の中へと誘い込み、ようやく全員が救助されたのでした。

【受け入れ先を待っています】

レスキュー本部に連れ帰られたあと、ワンコ一家は全員すぐさまお風呂へ直行! 汚れやノミをキレイに洗い落としたら、見違えるほどフワフワに。ママ犬はCandy(キャンディ)と名付けられ、子犬たちにはそろってアメリカのお菓子の名前がつけられました。

ゴハンもたっぷりもらって、すっかり元気になったワンコ一家。みんな揃って助けてもらえて、本当に良かった! 今は、太陽の下を元気に駆け回りながら、受け入れてくれる家族を待っているんですって。

参照元: YouTube
執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

嵐の中に取り残された母犬と子供たちを救出する瞬間…お母さんワンコの行動に泣けてしまいます

アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動を続けている動物保護団体「Hope For Paws」は、暴風雨がカリフォルニアを襲ったある日、犬の親子を救助するべく車を走らせていました。

近隣住民からの連絡を受けた「Hope For Paws」のスタッフが到着するまでにかかった時間は、なんと3時間半。真っ暗闇のなか、懐中電灯の光を駆使しながら茂みの中を散策すると……。そこにいたのは、1匹のペットブルのメスと、生まれたばかりの子犬8匹でした。

【お母さんワンコの覚悟が見える】

「Hope For Paws」がYouTubeに投稿したビデオによれば、嵐の中、救助が行われたのは出産からわずか48時間後とのこと。始めこそ「子供たちを守らなければ!」と頑なだったお母さんワンコでしたが、食べ物を与え安心させると、「逃げるよりも身を任せたほうが安全」と気がついたようです。

Instagram Photo

【最後は自ら立ち上がる】

海外サイト「The Dodo」によると、ワンコを率先して救助していた男性スタッフの名前はエルダッド(Eldad Hagar)さん。

瞳をじっと見つめ、頭をなでて、お母さんワンコに優しく話しかけるエルダッドさん。落ち着いたところを見計らってゆっくり、1匹ずつ、赤ちゃんワンコを救助していきます。

引き離されるたび、我が子を舐め、キスをするような仕草を見せるお母さんワンコ。エルダッドさんも、お母さんワンコがよそ見をすると「こっちを見て!」と話しかけ子犬に注目させ、最後まで “キスの儀式” を応援。最後の1匹になると、お母さんワンコ自ら立ち上がってくれて、スムーズに救助を締めくくることができたようです。

【ずっと逃げ回っていたのに…」】

野良犬だったお母さんワンコは怖がりで、近隣住民が過去3カ月ほどに渡って救いの手を差し伸べ続けていたものの、警戒心ゆえなのか逃げ回ってばかりいたとのこと。だからエルダッドさんたちが救助に来たときもきっと、怖くて仕方がなかったはず。それでも「子供を守るため」と腹をくくった姿に、胸を打たれずにはいられません。

【「嵐が去った後の空」のような名前をつけてもらえました】

救助後、「Hope For Paws」スタッフにレインボーと名づけられたお母さんワンコ。オス3匹、メス5匹、合計8匹の子犬たちもそれぞれ名前がつけられて、今も施設で元気に暮らしているようです。

これまであらわにしていた警戒心がウソのようになくなったというレインボーは、スタッフによく懐いているそう。

今後は一生をともにできる新たな家族を探さなければならないわけなのですが、きっと、じきにできるはずです。嵐の中たった1匹で、よく子供たちを守り抜いたね、レインボー。これからはたっくさん、幸せになるんだよ~!

参照元:YouTubeInstagram @hopeforpawsrescueThe Dodo
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら