【伏線全て回収】カップヌードルCM『アオハル編』がついに完結! 隕石が落ちた意味や隠れて登場するオンジーなど見所満載です

キーワードは、「アオハルかよ。」。

『魔女の宅急便』『アルプスの少女ハイジ』、そして『サザエさん』。誰もが知っている国民的人気作品をフィーチャーした日清カップヌードルCM「HUNGRY DAYS」シリーズが、とうとう最終回を迎えました。

先日 Pouch でお伝えした全編モノクロの最終回予告動画では、地球が滅亡するかのような予兆が見え隠れしていましたが……本編を観たら、隕石は降ってくるわ怪獣が襲来するわで、滅亡へ向かって一直線じゃあないですか~!

【主人公は「一般人」】

2018年1月26日より全国でオンエアされる「HUNGRY DAYS 最終回 篇」。15秒篇・30秒篇ともにYouTubeで観ることができます。

今回の主人公カップルは、日本に住む普通の高校生。一般人にした背景には、「次の主人公はあなたかもしれない」というメッセージが込められているのだそうです。

【「誰も青春は奪えない」ってわかるよ、わかるけども…!】

コンセプトは「たとえ世界で何が起ころうとも、誰も青春を奪うことはできない」。この言葉どおり、高校生カップルはなにがあろうとも「自分たちのアオハル」を貫きとおします。

ビルの大型ビジョンに隕石落下の緊急ニュースが映し出され、まさに隕石が落ちてこようというその時も、ふたりだけがいつも通り。

すぐ近くに隕石が落ちて次々高層ビルがぶっ壊れようとも、炎がそこかしこで上がり人っ子1人いなくなろうとも、見たこともない巨大怪獣がやってこようとも、当人たちだけはどこ吹く風です。

「おれたちって、付き合ってるんだよな……? 好きって言われてないなと思って」「やめてよ~(笑)、恥ずかしいじゃん! 欲しがるなぁ~」といった具合に、のんきにイチャラブ会話を繰り広げているのです。その肝の座り方に驚かされます。

最終的には女子が、「ちゃんと……好きです」と一言。これに対し男子は「なんだよ、ちゃんと、って(笑)」と照れまくるわけなのですが、いやいやアンタたち、少しは後ろ見なさいってば~~~!!!

【すべての世界はつながっていたんだね】

ちなみに、これまで放送されてきた3作品には、そのすべてに最終回の伏線となる「隕石」が映り込んでいるのですが、みなさんはお気づきでしたでしょうか?

また、今回公開された映像の中にも、これまでに登場したキャラがあちこちで登場しています!

「これまでのパラレルワールドは1つの世界につながっている」ということを証明するシーンです。最終回だけでなく、この機会にぜひ過去作品も観直してみてください♪

参照元:プレスリリース、YouTube [1] [2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

カップヌードル「HUNGRY DAYS 最終回予告 篇」解禁! 地球滅亡っぽい雰囲気もただよってるけど最終回はどうなっちゃうのー!?


「アオハルかよ。」というキャッチコピーでシリーズ化されてきた日清カップヌードルのCM「HUNGRY DAYS」

これまで『魔女の宅急便』のキキアルプスの少女ハイジサザエさんが女子高生になり、見たこともないような青春ドラマを繰り広げてくれました。

それがついに最終回をむかえるそう! その予告編動画が公開されていますが、エアロスミスの「I Don’t Want To Miss A Thing」をBGMに地球滅亡のようなアニメーションが流れ、何やらとてつもなく壮大なエンディングの予兆を感じさせられます。

【モノクロの鉛筆画が印象的】

今回の動画にもシリーズのキャラクターデザインを担当した窪之内英策さんのイラストが使われていますが、特徴的なのはモノクロの鉛筆画のようなイラスト

その動く様子がかえって臨場感を生み出していて、色はまったくついていないのに、観ていると色がついているようにすら見えてくる……そんな不思議な仕上がりになっています。

【地球滅亡のような場面も……】

そしてもうひとつ、林原めぐみさんが静かに語りかけるナレーションにもグッと来るものが。

キキの勇気、ハイジの葛藤、サザエの決意。次の主人公はあなたかもしれない。たとえ世界で何が起ころうとも誰も青春を奪うことはできない。そして、最終章へ――。ちゃんとの思いをちゃんとする。HUNGRY DAYS、カップヌードル」。

最初はキキ、ハイジ、サザエたちの姿が出てくるものの、動画は途中から隕石らしきものが降ってきたり、怪獣が現れたり建物が破壊されたりしているシーンに。

そこに流れる音楽は、エアロスミスの「I Don’t Want To Miss A Thing」。この曲といえば、映画『アルマゲドン』の主題歌としても有名です。そう考えると、まさに地球滅亡のような状況が最終回では降りかかるのかも……そんな予感を抱いてしまいます。

【最終回が気になる!】

最終回はいったいどうなることやら……。シリーズのこれまでのテイストとかなり違うシリアスな雰囲気なだけに、どんな展開になるのか、ことさら公開が待ち遠しいですね。カップヌードルCM 「HUNGRY DAYS 最終回予告 篇」の視聴はYouTubeからどうぞ!

それにしても、アオハルかぁ……。今年40歳になる私ですが、これは次の主人公は私かもしれないって思ってていいってことでしょうか。

参照元:YouTube日清カップヌードル
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【小ネタ満載】マスオさんがサザエさんに公開告白!? 日清カップヌードル新CM主役に「サザエさん」が抜擢されました


「アオハルかよ」というキャッチフレーズでおなじみ、日清カップヌードルのCM「HUNGRY DAYS」シリーズに新作が登場。「魔女の宅急便篇」「アルプスの少女ハイジ篇」に続く第3弾『サザエさん篇』が公開に! 2017年11月22日「いい夫婦の日」から全国でテレビ放送されています。

タイトルにもあるとおり、今回の主役はサザエさん。高校生のサザエさんが、同じ高校に通うマスオさんに公開告白されるという、まさに “アオハル(青春)” すぎる内容となっています。

【原作のエピソードをアレンジ】

原作でのサザエさんとマスオさんは、お見合いというかたちで出会っています。場所はデパートの地下にある食堂で、マスオさんは出会った瞬間、サザエさんにひとめぼれ! 周囲の客たちに事情を知られてしまったサザエさんたちは、大勢のギャラリーが見守る中でお見合いする羽目に。

しかも雰囲気に押されて結婚まで決めてしまったのですから、そのハイスピードぶりに驚かざるをえませんっ。

【公開お見合い →公開告白に!】

この「公開お見合い」というエピソードを活かし、 “2人の青春パラレルワールド” として作られたのが、『HUNGRY DAYS サザエさん篇』。文化祭の日、ずっと片思いしてきたサザエさんに対し、マスオさんは「公開告白」というかたちで想いをぶつけるのです。

【 “サザエさん要素” を探してみよう】

キャラクターデザインは、シリーズ第1弾から引き続き、窪之内英策さんが担当。原作とは違いすぎる設定、そして美しすぎるサザエさんとマスオさんのビジュアルに少々戸惑ってしまいますが、画面のいたるところにちょいちょい登場する “サザエさん要素” はぜひ見逃さないでほしいところ。

特に30秒篇は必見でして、舞台となる学園祭の名前が「磯祭」だったり、原作の磯野家が全員集合している模擬店「いその茶屋」があったり。


さらにはお祭りに出かけたサザエさんが「財布を忘れて愉快なサザエさん状態」だったりと、じわじわくるシーンが満載なんです。しかもラストシーンには、ちゃっかりタマまで出てますしね♪

【タラちゃんを除いた磯野家全員が勢ぞろいしています】

そしてもうひとつ見逃せないのは、最後の最後に公開告白している2人に向かって「バッカモーン!」と叫ぶ波平さんと、一緒に遊びに来ていた磯野家の面々

これまた原作とまったく異なる姿をしているので、うっかりスルーしてしまいそうになりますが、小さなカツオ(スマホ持ってる!)とワカメがそりゃあもう可愛すぎるので、ぜひとも注目してみてくださいっ。

参照元:プレスリリース、日清カップヌードル、YouTube[1] [2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【心がザワつく30秒】『魔女の宅急便』のキキとトンボの青春が描かれたCMが公開 / ジブリ映画とは全く違う作品だけどとってもステキなのです

『魔女の宅急便』のキキがもし、17歳だったら。キキとトンボが幼馴染みで、同じ高校の同級生として生活していたら。そんな「もしも」の世界を描いたカップヌードル新CM『HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇』が、2017年6月19日よりテレビ放送を開始しました。

「HUNGRY DAYS」シリーズ第1弾となるこちらの作品の制作陣は、音楽をBUMP OF CHICKENが、キャラクターデザインを窪之内英策さんが手がけるなど、非常に豪華。

6月8日に、予告CMを1度だけテレビで流したところ、あっという間に2万リツイートを達成するなど大人気に。満を持して本編の放送がスタートしたわけなのですが、YouTubeの再生回数はなんとすでに103万超(30秒篇)! 名作から生まれた “パラレルワールド” に、多くの人が関心を寄せているようなんですっ。

【「せいしゅん」じゃなくて「アオハル」】

甘酸っぱくて、熱くて、青い。誰もが経験する「青春(せいしゅん)」は、2017年のカップヌードルのテーマです。あえて「アオハル」と読んじゃうところに、若さを感じるう!

『HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇』のキキとトンボも、まさに「アオハル」真っただ中。

友達として仲睦まじく毎日を過ごしていたものの、ある日キキは、トンボが後輩の女の子から告白されているところを目にしてしまうのです。この心がザワつく感じ……もしやこれが、恋ってやつ?


【ツイッターの声】

こんな具合にキキとトンボの恋愛模様を中心に描いた新CM。ツイッターに集まった声をチェックしてみたところ、結果は賛否両論まっぷたつでした。

「普通に好きだけどな」
「破壊力が高過ぎて、仕事どころじゃない」
「最後の『わぁ!!』は、さすがタツノコアニメって感じで良かった」(アニメーション制作はタツノコプロ)
「何だかこれじゃない感が強すぎて受け入れられない」
「現代の女子高生って設定がちょっと謎。えいさくさんもバンプも好きなんだけどな。コラボして嬉しい気持ちもあるんだけどな。うーん」

【「アオハル」全開なところがくすぐったくってイイね♪】

ジブリ映画版『魔女の宅急便』が好きなジブリ作品トップ3に入るわたしにとってこのCMは、「映画とは全く別物」といった印象でした。

でもそもそもの原作は角野栄子さんによる児童文学なわけだし、それぞれの心の中にある『魔女の宅急便』のイメージは異なるわけだから、これはこれで素敵だと思うのです。「アオハル」全開でちょっぴり気恥ずかしくなっちゃうところも、くすぐったくって良きかな~~~♪

【予告もスンバラシイので観て!!】

もう1度「アオハル」したくなっちゃう新CMはもちろん、話題となった予告CMも素晴らしい仕上がりとなっております。窪之内英策さんが描いた鉛筆画の女の子たちがチャーミングで、まさに青春という感じ。カップヌードルの「HUNGRY DAYS」シリーズ、これからどんなCMが作られていくのか楽しみですね!

参照元:プレスリリース、日清カップヌードル、YouTube[1][2]
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら