日本初の「泊まれる公園」が静岡県沼津市にオープン! 丸い“吊るし型テント”やワークショップにワクワクが止まりません♪

静岡県沼津市「沼津市立少年自然の家」跡地に、日本初となる “宿泊できる公園” 「INN THE PARK(イン・ザ・パーク)」が誕生。2017年10月7日をオープン日とし、9月23日から公式サイトで予約受付を開始しています。

敷地面積9000平方メートルという広大な土地で展開されるのは、宿泊棟、朝夕の食事を提供してくれるカフェとサロン、そして天体観測などの体験型アクティビティ

周辺住民から長らく親しまれてきた施設の跡地をリノベーションすることで、快適性とエンターテインメント性という “付加価値” をプラス。子供から大人まで幅広~く楽しめそうな施設なんです!

【球体型テントにトキメキが止まりません】

まず紹介するのは、宿泊棟。既存の建物を活かしつつ内装に手を加えた施設には、ゆったりと滞在できるようそこかしこに工夫がなされているとのこと。

注目すべきは公園の森の中に新設されるという4つの球体型テントで、「地面に設置する」ドーム型タイプと宙にふわりと浮かぶ「吊り」タイプ(!)の2種類があるんです。なんとも斬新体験が楽しめるというわけでして、こんな場所、ほかにないんじゃないかしら……! 学生時代の林間学校のワクワク感が蘇ってくるようです。

【飲食もアクティビティも充実!】

カフェとサロンは、これまで管理棟として運営されてきた建物を改修し設置。将来的には宿泊者以外にも開放する予定らしく、足を運べそうな近所の方がうらやましいかぎりですっ。

体験型アクティビティは、元 “少年自然の家” という側面を大いに生かした自然体験アクティビティが楽しそう♪ 星空観察に野草・山菜の採取調理、昆虫採集などができるようで、大人はもちろん親子でも1日中楽しく遊べそうです。

一方で、「写真教室」「ヨガ」「アロマ」「ネイチャークラフト」などのワークショップ、地元生産者と連携したマルシェ、飲食店と連携したケータリングイベントや料理教室なども展開予定とのことで、可能性は無限大。こういった土地の活かし方、個人的には大賛成で~す!

【大人数で宿泊するとリーズナブル】

宿泊棟は1棟貸切での利用になっていて、宿泊料金は5万円。ちょっぴりお高めに感じられますが定員8名(ダブルベッド8台)なうえ、添寝する子供の場合定員には含まれないとのこと。そう考えると、かなりお値打ちではないかと思うんです。

地面に設置するタイプのドーム型テントの宿泊料金は1棟1万6000円。吊テントは2万円(いずれも定員2名 シングルベッド2台)となっています。レジャーにはピッタリのいい季節ですし、いち早く「泊まれる公園」体験をしてみてはいかがでしょうか♪

参照元:プレスリリースINN THE PARK
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら