【神付録】InRed 12月号の「ジャーナルスタンダードの2層ポシェット」は現金・カード・スマホなど必要なものがまるっと入る便利アイテムです!

2018年秋冬コーデにのマストな柄といえば、チェック。すでにワードローブに取り入れている人も、少なくないのではないでしょうか。

そんな流行柄・チェックを付録として取り入れているのが、2018年11月7日発売の女性向けファッション誌『InRed(インレッド)12月号』(宝島社 / 税込み890円)です。

人気ブランド『ジャーナルスタンダード』が手がけている「ジャーナルスタンダード特製 チェック柄2層ポシェット」は、高さ約13cm×幅約23cm×厚さ約4cmとコンパクトサイズ

しかしながら収納力は抜群に良いようで、ポケットが豊富だから整理もしやすそう~! 宝島社から実物が送られてきたのでチェックしてみました。

【珍しい2層タイプです】

長財布よりひと回り大きめサイズのポシェットは、その名のとおり、ボディーが2層になっている点が最大の特徴です。

一方の表側はツイード調のチェック柄。

もう一方の表側はブラックレザー調で、「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」のロゴ付き。

レザー調のほうにはジッパー付きの外ポケットが1つあって、リップなどの細々としたアイテムや、小銭を入れておくのにちょうど良さそうです。

【カード収納ポケットが6つもあるぞ~!」】

どちらを表側にしても可愛いという “リバーシブル仕様” な点も、どんなコーディネートにもハマってくれそうで嬉しいかぎり。

続いてジッパーで閉じられたバッグの内部を確認してみたところ……なんと! ブラックレザー調の層の内部に、カードが6枚分収納できるポケットが装備されているではありませんか~!

これだけポケットがあれば、クレジットカードに銀行のカード、ポイントカードまで持ち歩くことができるので、お札入れも兼ねた “お財布スペース” として重宝してくれそうです♪

チェック柄の層のほうは、内ポケットが一切ないシンプルなつくり

スマホや化粧直しグッズなど、常に持ち歩きたいものを入れるのに、便利な場所といえましょう。

【そんなところに隠しポケットがあったとは…!】

これだけでも十分便利なアイテムと言えると思うのですが……このポシェットにはもうひとつ、ニクイ仕掛けが施されているんです。

その仕掛けとは、2層のポシェットの間に隠されている、ICカード用のポケット!

層と層のちょうど真ん中に施されているため、外側から見ただけではわからないのがオッシャレ~。改札を通る際にいちいちパスケースを取り出す必要がないというのも、嬉しい利点ですよねぇ。

【必要なものはぜんぶ入る仕様でありがたや~♡】

このポシェットひとつに現金・カード・スマホ・ちょっとしたコスメがまるっと入るので、年末年始のお出かけ時にも重宝しそうな予感。

「荷物はなるべく持ちたくない派」のみなさんにとっては待望の付録だと思いますので、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:宝島社
撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【これは買い】『InRed』9月号の付録は「ツモリチサト ねこ豆皿」4枚セット! 可愛い&使い勝手抜群で優秀すぎっ


女性誌の付録といえば、いまやバッグやポーチ、コスメなどは当たり前。クオリティも高くて感心せざるを得ませんが、このたびまたまたすんごい付録が登場しちゃいますっ!

それが2017年8月7日発売『InRed(インレッド)』9月号についてくる「ツモリチサト ねこ豆皿4点セット」

宝島社からサンプルを送っていただいたので、ここで詳しく紹介してみたいと思います!

【ねこモチーフの豆皿4点セット】

「ツモリチサトといえばねこ!」と言っても過言ではないぐらいおなじみの黒猫モチーフ。それがすべて異なるデザインで描かれた直径9.5cmの豆皿4枚セットが今回の付録です。

デザインは、ねこの顔の上半分がアップで描かれているもの、2匹のねこがお皿の中央を歩いているもの、ねこが何匹も描かれたパターン柄、そしてねこの足跡やねこの顔が水玉模様のようにプリントされたものの4種類。

こういうお皿って1枚だけあっても活用できなかったりするもの。家族全員で食事すること、お客様が来たときのこと、割れたときの予備などを考えると複数枚あるのがベスト。ですので今回の豆皿は4点セットになっている時点で、すでにかなりの高ポイントではないでしょうか。

【使い勝手抜群のサイズ感】


今回のお皿の大きさは直径9.5cmとのことですが、この豆皿サイズって使い勝手抜群なんですよね。料理に絞って考えても、お漬物やお総菜を乗せたり、和菓子を乗せたり、しょう油皿にしたり

【ほかにこんな使いみちも!】

そして、料理だけに使うのはもったいない! 玄関先に置いて鍵置きにしてもいいし、ピアスや指輪などアクセサリーを置いてもいい。アイデア次第でいろいろな使い方ができるのも豆皿の魅力です。

【購入はお早目にね!】

ねこ好きならずとも欲しくなっちゃう「ツモリチサト ねこ豆皿4点セット」。本誌も30代女子が気になる情報満載で、税込900円です。

デザインよし、使い勝手よしでホントに優秀! 売り切れたら入手は困難なので、欲しい方は早めに購入してね。

参照元:宝島社(InRed)
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

可愛いのに実用的だなんてズルい♪ InRed7月号についてくる「リトルミイ 夏トート & 保冷ポーチ」は絶対買い!


2017年6月7日(水)に発売される宝島社『InRed』7月号には、「アダム エ ロペ ル マガザン」の「リトルミイ 夏トート & 保冷ポーチ」がついてきます。

リトルミイの可愛いイラストが描いてあるキャンバス地のトートと、トートにすっぽり入る保冷ポーチ。デイリーユースでも可愛く使えちゃいますが、エコバッグとしてとても優秀なのです! 付録でこの大きさはとても助かりますね!

【使えるエコバッグの条件4つ】

エコバッグが好きで、様々なサイズの素材のエコバッグを10数枚ほど持っていても、実際に主戦力として使用しているのは2、3枚といったところ。私が一番よく使うエコバッグたちの特徴を見ていると4つの共通項がありました。

・安価(汚れても気にならない)
・丈夫(たくさん入る)
・大きすぎない(たくさん入れても重くなりすぎない)
・たためる(バッグに入れられる)

雑誌のお値段は税込み880円。付録なので、安価という条件はまずはクリア。さて、その他はどうでしょうか?

【ミイとニョロニョロのイラストがかわいい】


まずはバッグのデザインと素材からチェック。

キャンバス地のトートに描かれているリトルミイは、ニョロニョロの体から電気をわけてもらい、電球を灯しています。実はニョロニョロって電気エネルギーを蓄えておけるんだって知ってた? ニョロニョロしてて可愛いだけではなかったなんて、ちょっと驚きですよね。

そして、手持ち部分はロープになっていて、つかんだ感触がとってもやわらかい。一瞬、間違えてロールパンつかんだかと思っちゃいました。イライラしている時にこのバッグを持てば気持ちがほぐれそうだわ。長時間持ってても手や肩に食い込んで痛くなったりしなさそうです。

 

【自立するマチが便利!】


次に、大きさは高さ25×底幅26×マチ13㎝。マチがしっかりついているので、見た目以上に収納力があります。しっかりマチがついていると、自立するので、食材などを購入した時にカゴから入れ替えやすいです。これは平べったい形のエコバッグにはできないこと。意外とポイント高いです。

また、この大きさなら大根やキャベツなどのヘビー級野菜を目一杯詰め込んでもちゃんと持って帰れます。

【保冷ポーチで可能性広がる】


もちろんトートはそのままでもデイリーユースできますが、中にすっぽり入る保冷ポーチを入れると、冷たいドリンクやアイスを買った時に重宝しそうです。

イラストはミムラねえさんとミイの姉妹で、500mlのペットボトルなら4本。缶のドリンクなら8本入ります。バッグの内側には保冷剤を入れられる内ポケットがついています。ビーチや夏フェスでも便利そうですね。

【たたんでみた→まあ合格】


最後にたたんでみて、別のバッグに入れられるくらい小さくなればエコバッグとして合格!

比較的厚手の生地なので、たたんでみてもそこまでコンパクトにはなりませんでしたが、これくらいは許容範囲内です。

【買いです】


可愛いのに実用的! エコバッグとしてこの夏主戦力になってくれちゃいそうです。ぜひゲットしてみてください。

参考:宝島社
撮影・執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら