引っ越し先で前の家主からの手紙を発見 → 「家に12年間住んでいる者がいます、よければ世話してあげてください」

アメリカ・ワシントンD.C.に暮らす23歳の女性ミランダ(Miranda)さんは、最近引っ越しを終えたばかり。新居につくと、前の家主さんからの手紙が置かれていたといいます。

手紙に書かれていたのは、「家にはすでに12年間も暮らしている者がいる」という衝撃的な事実。また「その者の世話をしてもらえるとありがたい」といった旨のメッセージもあったのだとか……。

果たして “12年間暮らしている者” とは、ナニモノなのでしょうか。わざわざ手紙に書き残していくあたり相当愛されているようにも思えるけれど……正直なところ、不安をぬぐい切れないよ~!

【正体は1匹の猫さんでした】

しかし手紙を読み進めていくと、そんな心配は不要だったとわかるんです。

Instagram Photo

先住者の正体は、オレンジ色の毛並みが印象的な1匹の。ミランダさんのインスタグラムに写真が掲載されているのですが、聡明そうなキリッとした瞳が印象的な “美猫”さんです。

Instagram Photo

【毎日ご飯をあげて、お家も買ってあげていたらしい】

手紙には、猫はオスで、この家の裏庭で生まれたこと。それ以来ずっと暮らしていること。1日に2回エサをあげ、水をやる生活を続けていたこと。そして寒い日や天候の悪い日に猫が身を寄せることができるよう、小さな家を買い与えたことなどが書かれていました。

Instagram Photo

【「できたら引き継いでほしい」と控えめにお願い】

強制するわけではないけれど、あなたが今後も猫の世話をし続けてくれたら嬉しい。どうか猫を追い出さないでほしい。

手紙はそんな言葉で〆られておりまして、ミランダさんはもちろんこれを快諾! 以前から飼っている5匹の猫と1匹の犬を含めたミランダさんの家族に、オレンジ色の先住猫が新たに加わったのでした。

【いい出会いになったようでよかった!】

Razum Dar(相性はラズ)と名付けられた先住猫とミランダさん一家は、互いに一定の距離を保ちつつも仲良く暮らしている様子。

もしも自分の引っ越し先に猫さんがいたら、猫好きのわたしは飛び上がって喜んでしまうかもしれません。しかし世の中そういう人ばかりではないでしょうし、ミランダさんが猫好きで本当によかった~! ラズたん、この家の “重鎮” として、たっぷり可愛がってもらうんだよ~!

参照元:Instagram @wottrnsBored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

東京ディズニーリゾートが2017年の公式ブログ&インスタグラムの「いいね」ランキングを発表! 最もいいねを集めた投稿は…!?


東京ディズニーリゾートの公式SNSは、イベントの様子や最新情報などをいち早く公開してくれるため、ファンなら見逃せません♪ 「ブログ」「フェイスブック」「ツイッター」「インスタグラム」「LINE」「YouTube」があって、いくつかフォローしている方も少なくないことでしょう。

現在公式ブログでは2017年を振り返り、公式ブログと公式インスタグラムでの「いいね」が多かった投稿・トップ3が発表されています。

2017年、もっとも注目を集めたブログ記事、そしてインスタの投稿はどんな内容だったのでしょうか。それではまず、ブログのトップ3からチェックしてみることにいたしましょう~☆

【ブログ篇・トップ3】

第3位 「東京ディズニーランドホテルの魅力をご紹介!」(8月25日投稿 / いいね数 1375)

第3位は、ディズニーファンならいちどは泊まってみたい「東京ディズニーランドホテル」を紹介する記事がランクイン。ホテルのデザインや豪華なロビーについてなど、建物自体の特徴や「東京ディズニーランドの目の前にある」といった立地についても触れています。

第2位 「LIVE配信決定!この冬だけのキャッスルプロジェクションをお届け♪」(11月2日投稿 / いいね数 2245 )

第2位にランクインしたのは、クリスマス期間限定のキャッスルプロジェクション「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」のLIVE配信を告知するブログ。LIVE配信は、東京ディズニーランドにおいて初めての試みだったんですって。

第1位 「今日で5年! 東京ディズニーリゾート・ブログの楽しみ方♪」(3月29日投稿 / いいね数 6310)

1位を獲得したのは、2012年3月29日にスタートしたブログが5年目を迎えたことを伝える記事! 5年間の総記事数は、約1500件にも上るそうです。

【インスタグラム篇・トップ3】

さ~て、続いてお送りするのはインスタグラム篇ですよ。インスタだけに、「いいね」の数がブログの比ではない点にも注目しながら、ご覧になってみてくださいね~!

第3位 「本日、試験飛行を終える。34年間、ありがとう!」(10月10日投稿 / いいね数 15万3310)

東京ディズニーランド開園当初から親しまれてきたアトラクション「スタージェット」の終了日に投稿されたインスタグラムが、第3位にランクイン。「34年間お疲れさまでした」「長い間、ありがとうございました」などなど、労いのコメントがたくさん寄せられていたのも印象的でした。

第2位 「すてきなクリスマスを」(12月25日投稿 / いいね数 17万8690)

第2位にランクインしたのは、クリスマス当日、ワールドバザールにある大きなクリスマスツリーの下に佇むミッキーとミニーの投稿。顔を寄せ合う仲睦まじげなツーショットには、たくさんの「いいね」が寄せられていました♡

第1位 「ミッキー誕生日おめでとう」(11月18日投稿 / いいね数 21万9872)

栄えある1位に輝いたのは、我らがミッキーのバースデーをお祝いする投稿! ドナルドにグーフィー、プルートといったおなじみの仲間たちがお誕生日をキュートに祝う動画には、祝福コメントが多数寄せられています。

【ミッキーとミニーのバースデー動画は見逃せない】

「スタージェットの終了」に「クリスマス」、そして「誕生日」。いやはやどれも納得のランクインだったのではないかと思うのですが、みなさんはどう思うでしょうか?

ちなみに……ミッキーのバースデー動画が投稿された11月18日にはミニーのバースデーを祝う動画も公開されておりまして、こちらもお祝いムード一色でしたよ♪(2人はおんなじ誕生日なのです)

ミッキーとミニーのバースデー動画は2本で1組になっているため、連続で観ると楽しさ倍増です。というわけで、ぜひともあわせてご覧になってみてくださいね~!

参照元:プレスリリース、東京ディズニーリゾート・ブログInstagram @tokyodisneyresort_official
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ぬいぐるみじゃなくて「シフォンケーキ」だよ! 元科学者のママが科学的な視点で生み出した「可愛すぎるシフォンケーキ」たちをご覧あれ♪

まっしろなボディに、ピンクのハートやお耳がかわいいフワフワのくまに、とんがり帽子をかぶったにゃんこ……。実はこれ、ぬいぐるみではなくシフォンケーキなのです!  

このカラフルでキュートな「デコシフォンケーキ」を作ったのは、シンガポール在住の37歳女性スザンヌさん。ケーキアーティストとして世界から注目を浴びる一方、実は3児のママであり生物医工学の博士号を持つ才女でもあります。

3歳、5歳、8歳の子供たちを育てるべく、以前の仕事を辞めたというスザンヌさん。現在はブログや、インスタグラムで手作りのデコ・シフォンケーキの写真を公開していますが、どれもこれもケーキとは思えないクオリティに驚きです。

【シフォンケーキは他のケーキと比べてヘルシーらしい】

可愛いだけじゃなく、細部までこだわりぬいたケーキは、その出来栄えに感心せずにはいられません。スザンヌさんに話を伺ってみたところ、ケーキを作りはじめたのは3年半ほど前、とのこと。子どもたちのレクレーションとして他のママたちと一緒に焼き始めたのだそうです。

シフォンケーキに注目するようになったきっかけは、砂糖の量が普通のケーキの約1/4という、ヘルシーさ。

バターを使わず、軽くフワフワの食感で、子供や高齢者も気軽に食べることができること。いろんな味に作れることが、シフォンケーキの大きな魅力だと語ってくれました。

【本も2冊出版しているんだって!】

ある日ふと思い立って現在のような “デコ” スタイルのシフォンケーキを作ってみたところ、子供たちに大ウケ。ブログやインスタグラムにアイデアをシェアするとまたたく間に有名になってしまったのだそうです。

2年前には自ら出版社にアプローチし、2016年1月に1冊、同年10月にまた1冊と、デコ・シフォンケーキのレシピ本も出版したんですって。なお2冊ともシンガポールでベストセラーになったらしく、現在は3冊目を執筆中なのだとか!

【科学の知識でレシピを最適化】

デコ・シフォンケーキに出会ってからは、第2の人生が始まったようで幸せだと語ってくれたスザンヌさん。

キャリアを活かして、科学的な視点からパターンやレシピ考えているらしく、今後もさらなるアイデアを生み出していきたいと、意欲的に語ってくれました。


【日本のアニメが好きなんだって♪】

ちなみに……スザンヌさんは日本が大好きで、特に日本のアニメのファンなのだそうです。

作品の中に「ぐでたま」や「けろけろけろっぴ」、ポケモンキャラをフィーチャーしたシフォンケーキがあるのも納得! スザンヌさん、これからも可愛くって芸術的なシフォンケーキを、わたしたちにたくさん見せてくださいね~。

なおホームページではケーキの詳しい作り方も公開されているので、腕に自信のあるみなさんはチャレンジしてみるといいかもしれませんよ♪

参照元:Loving Creations for YouInstagram @susanne.decochiffonFacebook
画像=Susanne Ng used with permission
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら