皇帝プルシェンコが息子とラブラブする姿にキュン! 羽生結弦選手に日本語でメッセージを送ることも

フィギュア界の帝王であり “皇帝” の異名をとるロシアのエフゲニー・プルシェンコさんは、羽生結弦選手が長年憧れている人物としても有名。

皇帝にはサーシャ(本名:アレクサンドル)という可愛らしい息子さんがいて、近頃の皇帝のInstagramはこの息子さんとのツーショットがいっぱい。また、この子がとんでもない愛らしさと気品を兼ね備えているのですよ……!

2013年1月に生まれたサーシャくんは、現在5歳。そんなサーシャくんの憧れの人はパパと羽生選手だというのだから、運命のようなものを感じずにはいられなくなります。

【2次元レベルの美しさ】

パパが開校したスケートスクールに通いながらキッズモデルとしても活躍しており、その美貌に誰もが目を奪われること必至。美しくなびく金色のロングヘア、見事な碧眼、整った顔だちとどこをとっても見目麗しく、まるで “歩くお人形さん” のよう

Instagram Photo

【とっても仲良しでほっこりが止まりません】

サーシャくんはパパのことが大好きなようで、プルシェンコさんのインスタグラムおよびサーシャくんのインスタグラムでは、しょっちゅう仲良し親子の共演を見ることができます。

Instagram Photo

ハグしたり、おでこをくっつけあったり、時には氷上で共演したりといつでも一緒で、プルシェンコさんのデレデレっぷりも微笑ましいっ♡

Instagram Photo

上手にターンをキメられたときには、すぐそばで観ていたパパのものとへ駆け寄っていって抱っこを求めたりと、まだまだ甘えん坊のサーシャくんですが、スケート技術のレベルの高さは目を見張るものがあります。そう遠くない未来に、パパのような素晴らしい選手になる可能性もあるでしょう。

Instagram Photo

【サーシャくんはゆづのことも大好き♡】

羽生選手がグランプリシリーズ第5戦ロシア杯に出場した際には、「ゆづるさんへ」というタイトルとともに、親子そろって応援メッセージを投稿。またサーシャくんは羽生選手とのツーショット写真を掲載し

「ぼくのアイドル、ゆづるさんと、ぼくの国で会えてうれしい。優勝おめでとう。でもケガしてしまってかなしい。早くなおりますように」

とコメントしておりまして、ゆづへの愛が深すぎる……! こうしてサーシャくんのありあまる “羽生結弦愛” を感じることができるのも、プルシェンコ親子のインスタグラムならではといえるのではないでしょうか。

Instagram Photo

【言葉がわからなくてもLOVEはたっぷり伝わってきます】

インスタグラムに投稿されるコメントは基本的にロシア語ですが、写真と動画だけで、親子の仲睦まじさとサーシャくんの可愛さは十分伝わってきます。

英語で更新されるときもあれば、ごくたまにですが日本語で更新されるときもあるので、さっそくチェックしてみてください♪

参照元:Instagram @plushenkoofficialInstagram @gnomgnomych
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

草刈正雄の娘「紅蘭」さんが妊娠9カ月のお腹を披露 → あまりのスタイルの良さにネットユーザーがザワめく事態に

俳優の草刈正雄さんの長女としてもよく知られるタレントの紅蘭(くらん)さんは、もうすぐ出産予定。2018年7月18日に更新されたインスタグラムでは

「今年中には出てきてくれる予定」

とコメント。また8月10日には妊娠6カ月であることを公表していたため、赤ちゃんがおぎゃー!と産声を上げる日は間近のよう。

だけど……インスタグラムにアップされる紅蘭さんの写真は、いつまでたってもスリム。おなかもほとんど出ていなくって、正直、言われなくちゃ妊娠しているとわからないくらいなんですよね。

【ネットの声「腹筋に守られて育ってる」】

体の変化には個人差があるものですが、それにしたってスタイル良すぎぃぃいいい!!!

Instagram Photo

こう思っているのはわたしだけではないようで、ネットユーザーからは

「さすが鍛えてるお腹ですね!」
「腹筋に守られてスクスク育ってる感じですね~」
「同じ妊婦とは思えないスタイルで かっちょいいママで羨ましいです」

といったコメントが殺到。その中には「体型や体質によってはお腹が出ない人もいるらしい」といった声もチラホラ見受けられました。紅蘭さんはパーソナルトレーナーの資格を持っていて体を鍛えていますし、お腹が目立ちにくい体質なのかもしれませんね。

【ビキニを着ても「妊婦さん」とは思えません】

紅蘭さんは「正面の写真だとお腹がわかりづらい」といった指摘を受けて、10月17日には滞在先のタイでビキニ姿を披露。横向きのお腹も見せてくれているのですが、この角度だとややぽっこりしているのがわかるう!

それでも妊娠8カ月の妊婦さんという感じはあまりなく、 “ちょっとお腹が出てる人” くらいだから驚かされます。

Instagram Photo

【お腹が目立たないことで苦労することもある】

紅蘭さん自身もお腹が目立たないことを周囲から心配されすぎて、不安になったり疲れたりしているようなのですが、女性の体というのは本当に千差万別

わたしの友人でも、ロケットのようにお腹がポーン!と突き出ていた子もいれば、紅蘭さんのようにお腹が目立ちにくかった子もいて、特に目立たない子は妊娠しているということに気づかれにくく、電車で席を譲ってもらえないなど日常生活で苦労したこともあったそうです

【草刈正雄さん、めちゃくちゃ喜ぶだろうな~】

日々体力づくりに励むなど、出産に備えて準備に励んでいる様子の紅蘭さん。

きっと草刈さんも、ベイビーと会える日を楽しみにしていることでしょう。初孫と対面してデレデレする草刈おじいちゃんを想像するだけで、心底ほっこりしますね~!

参照元:Instagram @kurankusakari
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

超美猫さまはマフラーがお好き♪ ファーやざっくり編みも着こなすファッショニスタなモフ猫をご覧あれ


完全無欠なキメ顔で、マフラーをET風に巻かれている美しきお猫さま。彼女は、スウェーデンにお住まいの世界でもっともロイヤルな猫こと、オーロラ姫(@aurorapurr)ちゃんです。

長毛種でもとりわけもふもふしているラグドールなので、本当はそんなに寒くもなさそうですが、マフラーが似合いすぎて! 片耳だけぴょこんと出してる姿があざといくらいに可愛い〜! めちゃんこ可愛い!!!

【もふもふ猫×マフラー=可愛さ∞】

「アタクシ、寒くってよ」って言ってみたら、飼い主さん(下僕)がぐるんぐるんに巻いてくれたのよ。そんなふうに想像しちゃうけれど、お目目と同じ寒色カラーのマフラーを上手に着こなしています。

Instagram Photo

【片側は長めに垂らして抜け感】

また、別の投稿ではマフラーの片側を長めに垂らして「抜け感」を演出。

Instagram Photo

【着こなしの難しいマフラーもこの通り】

さらにざっくりしたケーブル編みのちょい難易度高めマフラーの着こなしも、この通り完璧デス。

フツーの猫さんだったらもたついたり、太く見えてしまったりしますが、オーロラ姫ちゃんほどの美貌があればコケティッシュにキマるのだ。自分の愛らしさを熟知しているようにしか見えない、自信たっぷりな表情もまた、たまりません。
Instagram Photo

【ハロウィンはファーonファーでクルエア風に】

さらに、今年のハロウィンではファーonファーで101匹わんちゃんのクルエア風に。フェイクファー(黒い部分)とリアルファー(オーロラ姫ちゃんの自前)をダブル使いで、もふもふボディはさらにもっふもふ5割増し。
Instagram Photo

この美しき猫さまの姿をもっとご覧になりたいみなさん、ぜひ彼女のインスタグラムを覗いてみてください♪」

参照元:Instagram(@aurorapurr)
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

超美猫さまはマフラーがお好き♪ ファーやざっくり編みも着こなすファッショニスタなモフ猫をご覧あれ


完全無欠なキメ顔で、マフラーをET風に巻かれている美しきお猫さま。彼女は、スウェーデンにお住まいの世界でもっともロイヤルな猫こと、オーロラ姫(@aurorapurr)ちゃんです。

長毛種でもとりわけもふもふしているラグドールなので、本当はそんなに寒くもなさそうですが、マフラーが似合いすぎて! 片耳だけぴょこんと出してる姿があざといくらいに可愛い〜! めちゃんこ可愛い!!!

【もふもふ猫×マフラー=可愛さ∞】

「アタクシ、寒くってよ」って言ってみたら、飼い主さん(下僕)がぐるんぐるんに巻いてくれたのよ。そんなふうに想像しちゃうけれど、お目目と同じ寒色カラーのマフラーを上手に着こなしています。

Instagram Photo

【片側は長めに垂らして抜け感】

また、別の投稿ではマフラーの片側を長めに垂らして「抜け感」を演出。

Instagram Photo

【着こなしの難しいマフラーもこの通り】

さらにざっくりしたケーブル編みのちょい難易度高めマフラーの着こなしも、この通り完璧デス。

フツーの猫さんだったらもたついたり、太く見えてしまったりしますが、オーロラ姫ちゃんほどの美貌があればコケティッシュにキマるのだ。自分の愛らしさを熟知しているようにしか見えない、自信たっぷりな表情もまた、たまりません。
Instagram Photo

【ハロウィンはファーonファーでクルエア風に】

さらに、今年のハロウィンではファーonファーで101匹わんちゃんのクルエア風に。フェイクファー(黒い部分)とリアルファー(オーロラ姫ちゃんの自前)をダブル使いで、もふもふボディはさらにもっふもふ5割増し。
Instagram Photo

この美しき猫さまの姿をもっとご覧になりたいみなさん、ぜひ彼女のインスタグラムを覗いてみてください♪」

参照元:Instagram(@aurorapurr)
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

お野菜が好きすぎるワンコ! ブロッコリーほしさに芸をしまくる姿がたまんないよ♪


表情からしてかしこそうなワンコ、モクシーちゃん(@moxiethetoller)。そのお目当ては、なんと飼い主さんが手にしているブロッコリー

このお野菜、人間の子どもたちからは嫌いな野菜として挙げられることも多いですよね。でもモクシーちゃんにとっては世界最高のおやつなのです。これほどブロッコリーにエキサイトするワンコ、見たことある?

【ブロッコリー、世界でいちばん愛してるっ!!】

目をらんらんと輝かせたモクシーちゃんの頭の中は、もうブロッコリーのことでいっぱい。愛するブロッコリーを手に入れるためなら! とばかりに、モクシーちゃんは数々のおりこうな芸を披露してくれています。

とりわけ胸キュンしちゃうのが「ブリトー」という技です。「ブリトー!」という飼い主さんの言葉を聞くと、いそいそと後方にある毛布のもとへと向かうモクシーちゃん。この毛布にぐるんとくるまり、自らブリトーの具と化してしまうのだ。

Instagram Photo

【ブロッコリーをくわえて走り去っていく】

念願のブロッコリーをもらったモクシーちゃん、瞬く間にフレームアウトしていきました。

おいしそうに食べているところもぜひ観たかったんですが、モクシーちゃんはブロッコリーとの甘いハネムーンへと発ってしまったので追跡できず。

【キュウリ愛もある模様】

ちなみにキュウリの場合はどうかというと、ブロッコリーほどの情熱はないにせよ、芸をしてごほうびにいただくくらいには好きなようです。

Instagram Photo

キュウリを出すと、「キュウリでもほしいんで、ひととおり芸してみましょか?」という感じでいろんな芸を披露してくれます。ほんとおりこうだねえ。

ブロッコリーに燃やすほどのパッションはないけれど、そもそもキュウリに少しでも関心がある、どころかごほうびとして認めてるっていう時点で驚きです。

このベジタブル好きワンコ・モクシーのけなげな姿をもっとご覧になりたい方は、公式インスタグラムをぜひどうぞ。

参照元:Instagram(@moxiethetoller)
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

お野菜が好きすぎるワンコ! ブロッコリーほしさに芸をしまくる姿がたまんないよ♪


表情からしてかしこそうなワンコ、モクシーちゃん(@moxiethetoller)。そのお目当ては、なんと飼い主さんが手にしているブロッコリー

このお野菜、人間の子どもたちからは嫌いな野菜として挙げられることも多いですよね。でもモクシーちゃんにとっては世界最高のおやつなのです。これほどブロッコリーにエキサイトするワンコ、見たことある?

【ブロッコリー、世界でいちばん愛してるっ!!】

目をらんらんと輝かせたモクシーちゃんの頭の中は、もうブロッコリーのことでいっぱい。愛するブロッコリーを手に入れるためなら! とばかりに、モクシーちゃんは数々のおりこうな芸を披露してくれています。

とりわけ胸キュンしちゃうのが「ブリトー」という技です。「ブリトー!」という飼い主さんの言葉を聞くと、いそいそと後方にある毛布のもとへと向かうモクシーちゃん。この毛布にぐるんとくるまり、自らブリトーの具と化してしまうのだ。

Instagram Photo

【ブロッコリーをくわえて走り去っていく】

念願のブロッコリーをもらったモクシーちゃん、瞬く間にフレームアウトしていきました。

おいしそうに食べているところもぜひ観たかったんですが、モクシーちゃんはブロッコリーとの甘いハネムーンへと発ってしまったので追跡できず。

【キュウリ愛もある模様】

ちなみにキュウリの場合はどうかというと、ブロッコリーほどの情熱はないにせよ、芸をしてごほうびにいただくくらいには好きなようです。

Instagram Photo

キュウリを出すと、「キュウリでもほしいんで、ひととおり芸してみましょか?」という感じでいろんな芸を披露してくれます。ほんとおりこうだねえ。

ブロッコリーに燃やすほどのパッションはないけれど、そもそもキュウリに少しでも関心がある、どころかごほうびとして認めてるっていう時点で驚きです。

このベジタブル好きワンコ・モクシーのけなげな姿をもっとご覧になりたい方は、公式インスタグラムをぜひどうぞ。

参照元:Instagram(@moxiethetoller)
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

妻に頼まれた夫のクリスマスチャレンジが話題に! ダサいクリスマス服を着まくってインスタ投稿 → 大人気に!

アメリカで今やすっかり “恒例行事”として根づいた感のある、「クリスマスにダサいセーター(Ugly Sweaters)を着る」、そしてSNSにアップするというイベント(?)。

そんな中、インスタグラムで「12日間のダサいクリスマス(12 Days of Ugly Christmas)」と称したチャレンジを行っているのは、アメリカのオクラホマシティに暮らすボウ・コフロン(Beau Coffron)さん。

「Ugly」(ダサい)という文字どおり、12日間にわたって見事なくらいダサい服を着続けているんです。

【ダサいのはセーターだけじゃあないんです】

ダサいセーターを着るだけじゃない。チャレンジのためにこれまでチョイスされてきたファッションは、セーター以外に、スーツやつなぎと多岐に渡っています。

Instagram Photo

「ヤバいくらいダサい」「クリスマスっぽい」という2つの要素がすべてに共通していて、ド派手なスタイリングがまぶしい……!

モデルを務めているボウさんの表情がいちいち “キメ顔” なところも、ダメすぎる衣装との大きなギャップになってて、じわじわきちゃうんですよね。

Instagram Photo

【多くの人に笑ってもらおうと奥様が企画】

海外サイト「Bored Panda」にボーさんが寄稿した記事によると、今回のチャレンジは地元の服屋さんを訪れたときやっていた「ダサいセーターフェア」で思いついたのだそう。

企画したのはボウさんの奥様。、「うちのダンナがモデルになったらきっとみんなに笑ってもらえるはず!」ということだったけど、そこで燃えたのがボウさん。やるからには軽々しくじゃなくって、きっちり笑いをとりに行こうと思ったようです。

Instagram Photo

発案者の妻とモデルのボーさんが「12 Days of Ugly Christmas」の撮影に費やした時間は合計でたったの1時間ほど。2回の週末で仕上げちゃったようです。撮影場所もすべて近所だということで、けっこう気軽だった様子。でもそのわりに、衣装のセレクトもボウさんの表情もポージングもきまりまくり、思いっきりやってやろうという気合が見てとれます。

だがしかし、はりきっていたのは夫と妻のみで、愛する子供たちは全然面白がってくれなかったようです。パパ、ママ、どんまい!

Instagram Photo

【夫婦二人三脚で頑張りました!?】

そうはいっても、1度始めてしまったチャレンジですから、途中で終わらせることなんてできません。衣装も購入してしまったことですし、後戻りという選択肢はないッ!

というわけで、2018年11月24日を皮切りにスタートしたチャレンジは、12月1日で8着目を迎えました。子どもたちには支持されなかったものの、きっとこの活動を通して、夫婦仲は深まったんじゃないかな!?

参照元:Instagram @lunchboxfamilyBored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

妻に頼まれた夫のクリスマスチャレンジが話題に! ダサいクリスマス服を着まくってインスタ投稿 → 大人気に!

アメリカで今やすっかり “恒例行事”として根づいた感のある、「クリスマスにダサいセーター(Ugly Sweaters)を着る」、そしてSNSにアップするというイベント(?)。

そんな中、インスタグラムで「12日間のダサいクリスマス(12 Days of Ugly Christmas)」と称したチャレンジを行っているのは、アメリカのオクラホマシティに暮らすボウ・コフロン(Beau Coffron)さん。

「Ugly」(ダサい)という文字どおり、12日間にわたって見事なくらいダサい服を着続けているんです。

【ダサいのはセーターだけじゃあないんです】

ダサいセーターを着るだけじゃない。チャレンジのためにこれまでチョイスされてきたファッションは、セーター以外に、スーツやつなぎと多岐に渡っています。

Instagram Photo

「ヤバいくらいダサい」「クリスマスっぽい」という2つの要素がすべてに共通していて、ド派手なスタイリングがまぶしい……!

モデルを務めているボウさんの表情がいちいち “キメ顔” なところも、ダメすぎる衣装との大きなギャップになってて、じわじわきちゃうんですよね。

Instagram Photo

【多くの人に笑ってもらおうと奥様が企画】

海外サイト「Bored Panda」にボーさんが寄稿した記事によると、今回のチャレンジは地元の服屋さんを訪れたときやっていた「ダサいセーターフェア」で思いついたのだそう。

企画したのはボウさんの奥様。、「うちのダンナがモデルになったらきっとみんなに笑ってもらえるはず!」ということだったけど、そこで燃えたのがボウさん。やるからには軽々しくじゃなくって、きっちり笑いをとりに行こうと思ったようです。

Instagram Photo

発案者の妻とモデルのボーさんが「12 Days of Ugly Christmas」の撮影に費やした時間は合計でたったの1時間ほど。2回の週末で仕上げちゃったようです。撮影場所もすべて近所だということで、けっこう気軽だった様子。でもそのわりに、衣装のセレクトもボウさんの表情もポージングもきまりまくり、思いっきりやってやろうという気合が見てとれます。

だがしかし、はりきっていたのは夫と妻のみで、愛する子供たちは全然面白がってくれなかったようです。パパ、ママ、どんまい!

Instagram Photo

【夫婦二人三脚で頑張りました!?】

そうはいっても、1度始めてしまったチャレンジですから、途中で終わらせることなんてできません。衣装も購入してしまったことですし、後戻りという選択肢はないッ!

というわけで、2018年11月24日を皮切りにスタートしたチャレンジは、12月1日で8着目を迎えました。子どもたちには支持されなかったものの、きっとこの活動を通して、夫婦仲は深まったんじゃないかな!?

参照元:Instagram @lunchboxfamilyBored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

妻に頼まれた夫のクリスマスチャレンジが話題に! ダサいクリスマス服を着まくってインスタ投稿 → 大人気に!

アメリカで今やすっかり “恒例行事”として根づいた感のある、「クリスマスにダサいセーター(Ugly Sweaters)を着る」、そしてSNSにアップするというイベント(?)。

そんな中、インスタグラムで「12日間のダサいクリスマス(12 Days of Ugly Christmas)」と称したチャレンジを行っているのは、アメリカのオクラホマシティに暮らすボウ・コフロン(Beau Coffron)さん。

「Ugly」(ダサい)という文字どおり、12日間にわたって見事なくらいダサい服を着続けているんです。

【ダサいのはセーターだけじゃあないんです】

ダサいセーターを着るだけじゃない。チャレンジのためにこれまでチョイスされてきたファッションは、セーター以外に、スーツやつなぎと多岐に渡っています。

Instagram Photo

「ヤバいくらいダサい」「クリスマスっぽい」という2つの要素がすべてに共通していて、ド派手なスタイリングがまぶしい……!

モデルを務めているボウさんの表情がいちいち “キメ顔” なところも、ダメすぎる衣装との大きなギャップになってて、じわじわきちゃうんですよね。

Instagram Photo

【多くの人に笑ってもらおうと奥様が企画】

海外サイト「Bored Panda」にボーさんが寄稿した記事によると、今回のチャレンジは地元の服屋さんを訪れたときやっていた「ダサいセーターフェア」で思いついたのだそう。

企画したのはボウさんの奥様。、「うちのダンナがモデルになったらきっとみんなに笑ってもらえるはず!」ということだったけど、そこで燃えたのがボウさん。やるからには軽々しくじゃなくって、きっちり笑いをとりに行こうと思ったようです。

Instagram Photo

発案者の妻とモデルのボーさんが「12 Days of Ugly Christmas」の撮影に費やした時間は合計でたったの1時間ほど。2回の週末で仕上げちゃったようです。撮影場所もすべて近所だということで、けっこう気軽だった様子。でもそのわりに、衣装のセレクトもボウさんの表情もポージングもきまりまくり、思いっきりやってやろうという気合が見てとれます。

だがしかし、はりきっていたのは夫と妻のみで、愛する子供たちは全然面白がってくれなかったようです。パパ、ママ、どんまい!

Instagram Photo

【夫婦二人三脚で頑張りました!?】

そうはいっても、1度始めてしまったチャレンジですから、途中で終わらせることなんてできません。衣装も購入してしまったことですし、後戻りという選択肢はないッ!

というわけで、2018年11月24日を皮切りにスタートしたチャレンジは、12月1日で8着目を迎えました。子どもたちには支持されなかったものの、きっとこの活動を通して、夫婦仲は深まったんじゃないかな!?

参照元:Instagram @lunchboxfamilyBored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

「どのおもちゃがお気に入り?」ワンコの本能に忠実すぎる反応をご覧ください / 最後の最後にまさかの選択!

ワンコの興味を引いたり、嫉妬されたりとワンコの数だけ遊び方のあるおもちゃ。

マルチーズとシーズーのミックス犬、Benjiちゃんはおもちゃのぬいぐるみをいくつか持っていて、「どれがお気に入り? 」との飼い主さんの質問に「これっ」と小さいおててを置いてちゃんと答えてくれるんです♪ さて、いくつかある中で、栄えある一番のお気に入りに選ばれるのはどのぬいぐるみかな⁉

【一途なBenjiちゃん】

白くてマルチーズのようにふわふわした毛並みと、くりっとした黒いおめめがキュートなBenjiちゃん。「Who’s your best friend?(どの子がお気に入り?)』と聞かれると、飼い主さんの方をじっと見つめながら、周りに並べられたぬいぐるみの中からお気に入りを前足で選んでいきます。

Instagram Photo

どうやらトナカイのぬいぐるみが一番好きみたいで、質問を重ねるごとにぬいぐるみの数が増えていっても、置く位置を変えても、必ずトナカイを選んでいきます。「これだよっ」とすぐにおててを置いて即答している様子を見ていると、トナカイのぬいぐるみへの思いが伝わってくるようです♡

【最後の質問にまさかの回答】

そして、最後にもう1回「どれがお気に入り? 」と質問する頃には、ライオンやニワトリなど7種類ものおもちゃが目の前に並びます。「やっぱりトナカイさんだよね〜」と思いながら見ていると、ポンッと手を置いたのはまさかのピザ!

飼い主さんも思わず「ピザーッ⁉︎ 」と驚きの声をあげて動画は終了していきます。 視聴している私も「いやピザなんかーい! 」とツッコミを入れたくなる、可愛らしいオチが付いていたのでした。

Instagram Photo

大きくて目立つぬいぐるみでもなく、赤くて目立つぬいぐるみでもなく、ピザが1番! 食欲には勝てないところ、すごくよくわかるよBenjiちゃんっ。

heyyybenjiさんのアカウントには他にもBenjiちゃんの写真や動画がたくさん公開されており、ベストフレンドことピザとの2ショットもありますよ〜。フワモコなBenjiちゃん自身がぬいぐるみみたいで、ちょこんと座っているだけでも可愛さにときめくまさに眼福アカウント♪ もふもふに癒されたい時にオススメな動画なのでしたっ。

参照元= Instagram @heyyybenji
執筆:入江ゆうり(c)Pouch

続きはこちら