iPhoneを裏返したら…ゲームボーイ!? 実際にゲームすることができる「iPhoneケース」に胸がときめく~♡

パッと見は、任天堂が1989年に発売した携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」。しかし、くるっと裏返すとiPhoneに早変わりしちゃったゾ!?

この世にも不思議な物体の正体は、ゲームボーイデザインのiPhoneケースです。面白いのは、ゲームボーイの部分がただのデザインではないという点。iPhoneケースの内側にボタン型電池をはめ込むと、実際にゲームすることができちゃうんですよ!

【夢のようなアイテムだな!】

ゲームボーイと2WAYのiPhoneケース「Wanle Gamers Console For iPhone」は、iPhone6、6s、6plus、7、7plus、8、8plus、そしてiPhone Xに対応。

ケースをiPhoneに装着すれば、画面のちょうど真裏がゲームボーイになるという仕組みです。

【こういうの待ってたよ~~~】

このiPhoneケースでプレイできるのは、テトリス、タンク、F1レース、スネーク&ブロックなど10種類のクラシックゲーム

ゲームはすべてケース自体にインストールされているので、iPhone自体の機能を一切さまたげることなくゲームに興じることができるというわけ♪ デザインだけでなく、本当にゲームができるだなんて超画期的じゃありません!?

【期間限定でお値下げしているよ】

セレクトされているゲームが王道なところもたまりませんし、ゲーム機とiPhoneが “それぞれ独立した機能を持っているのに1つにまとまっている” というところにもワクワク。間違いなく、オトナの遊び心を刺激してやまない商品といえるのではないでしょうか。

当初はホワイト、ブラック、レッド、ブルーの4色で販売された商品ですが、完売したため、現在はホワイトとブラックのみプレオーダーを受付中。通常価格で約8510円(79.95ドル)のところ、約2650円(24.95ドル)でディスカウント販売されています。

ただし、この値段で買えるのも2018年3月28日頃まで(販売サイトで時間をカウントダウン中)。欲しいという方は今すぐチェックを~!

参照元:WANLE
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

iPhoneを裏返したら…ゲームボーイ!? 実際にゲームすることができる「iPhoneケース」に胸がときめく~♡

パッと見は、任天堂が1989年に発売した携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」。しかし、くるっと裏返すとiPhoneに早変わりしちゃったゾ!?

この世にも不思議な物体の正体は、ゲームボーイデザインのiPhoneケースです。面白いのは、ゲームボーイの部分がただのデザインではないという点。iPhoneケースの内側にボタン型電池をはめ込むと、実際にゲームすることができちゃうんですよ!

【夢のようなアイテムだな!】

ゲームボーイと2WAYのiPhoneケース「Wanle Gamers Console For iPhone」は、iPhone6、6s、6plus、7、7plus、8、8plus、そしてiPhone Xに対応。

ケースをiPhoneに装着すれば、画面のちょうど真裏がゲームボーイになるという仕組みです。

【こういうの待ってたよ~~~】

このiPhoneケースでプレイできるのは、テトリス、タンク、F1レース、スネーク&ブロックなど10種類のクラシックゲーム

ゲームはすべてケース自体にインストールされているので、iPhone自体の機能を一切さまたげることなくゲームに興じることができるというわけ♪ デザインだけでなく、本当にゲームができるだなんて超画期的じゃありません!?

【期間限定でお値下げしているよ】

セレクトされているゲームが王道なところもたまりませんし、ゲーム機とiPhoneが “それぞれ独立した機能を持っているのに1つにまとまっている” というところにもワクワク。間違いなく、オトナの遊び心を刺激してやまない商品といえるのではないでしょうか。

当初はホワイト、ブラック、レッド、ブルーの4色で販売された商品ですが、完売したため、現在はホワイトとブラックのみプレオーダーを受付中。通常価格で約8510円(79.95ドル)のところ、約2650円(24.95ドル)でディスカウント販売されています。

ただし、この値段で買えるのも2018年3月28日頃まで(販売サイトで時間をカウントダウン中)。欲しいという方は今すぐチェックを~!

参照元:WANLE
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

iPhoneを裏返したら…ゲームボーイ!? 実際にゲームすることができる「iPhoneケース」に胸がときめく~♡

パッと見は、任天堂が1989年に発売した携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」。しかし、くるっと裏返すとiPhoneに早変わりしちゃったゾ!?

この世にも不思議な物体の正体は、ゲームボーイデザインのiPhoneケースです。面白いのは、ゲームボーイの部分がただのデザインではないという点。iPhoneケースの内側にボタン型電池をはめ込むと、実際にゲームすることができちゃうんですよ!

【夢のようなアイテムだな!】

ゲームボーイと2WAYのiPhoneケース「Wanle Gamers Console For iPhone」は、iPhone6、6s、6plus、7、7plus、8、8plus、そしてiPhone Xに対応。

ケースをiPhoneに装着すれば、画面のちょうど真裏がゲームボーイになるという仕組みです。

【こういうの待ってたよ~~~】

このiPhoneケースでプレイできるのは、テトリス、タンク、F1レース、スネーク&ブロックなど10種類のクラシックゲーム

ゲームはすべてケース自体にインストールされているので、iPhone自体の機能を一切さまたげることなくゲームに興じることができるというわけ♪ デザインだけでなく、本当にゲームができるだなんて超画期的じゃありません!?

【期間限定でお値下げしているよ】

セレクトされているゲームが王道なところもたまりませんし、ゲーム機とiPhoneが “それぞれ独立した機能を持っているのに1つにまとまっている” というところにもワクワク。間違いなく、オトナの遊び心を刺激してやまない商品といえるのではないでしょうか。

当初はホワイト、ブラック、レッド、ブルーの4色で販売された商品ですが、完売したため、現在はホワイトとブラックのみプレオーダーを受付中。通常価格で約8510円(79.95ドル)のところ、約2650円(24.95ドル)でディスカウント販売されています。

ただし、この値段で買えるのも2018年3月28日頃まで(販売サイトで時間をカウントダウン中)。欲しいという方は今すぐチェックを~!

参照元:WANLE
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

iPhoneを裏返したら…ゲームボーイ!? 実際にゲームすることができる「iPhoneケース」に胸がときめく~♡

パッと見は、任天堂が1989年に発売した携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」。しかし、くるっと裏返すとiPhoneに早変わりしちゃったゾ!?

この世にも不思議な物体の正体は、ゲームボーイデザインのiPhoneケースです。面白いのは、ゲームボーイの部分がただのデザインではないという点。iPhoneケースの内側にボタン型電池をはめ込むと、実際にゲームすることができちゃうんですよ!

【夢のようなアイテムだな!】

ゲームボーイと2WAYのiPhoneケース「Wanle Gamers Console For iPhone」は、iPhone6、6s、6plus、7、7plus、8、8plus、そしてiPhone Xに対応。

ケースをiPhoneに装着すれば、画面のちょうど真裏がゲームボーイになるという仕組みです。

【こういうの待ってたよ~~~】

このiPhoneケースでプレイできるのは、テトリス、タンク、F1レース、スネーク&ブロックなど10種類のクラシックゲーム

ゲームはすべてケース自体にインストールされているので、iPhone自体の機能を一切さまたげることなくゲームに興じることができるというわけ♪ デザインだけでなく、本当にゲームができるだなんて超画期的じゃありません!?

【期間限定でお値下げしているよ】

セレクトされているゲームが王道なところもたまりませんし、ゲーム機とiPhoneが “それぞれ独立した機能を持っているのに1つにまとまっている” というところにもワクワク。間違いなく、オトナの遊び心を刺激してやまない商品といえるのではないでしょうか。

当初はホワイト、ブラック、レッド、ブルーの4色で販売された商品ですが、完売したため、現在はホワイトとブラックのみプレオーダーを受付中。通常価格で約8510円(79.95ドル)のところ、約2650円(24.95ドル)でディスカウント販売されています。

ただし、この値段で買えるのも2018年3月28日頃まで(販売サイトで時間をカウントダウン中)。欲しいという方は今すぐチェックを~!

参照元:WANLE
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

iPhoneを裏返したら…ゲームボーイ!? 実際にゲームすることができる「iPhoneケース」に胸がときめく~♡

パッと見は、任天堂が1989年に発売した携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」。しかし、くるっと裏返すとiPhoneに早変わりしちゃったゾ!?

この世にも不思議な物体の正体は、ゲームボーイデザインのiPhoneケースです。面白いのは、ゲームボーイの部分がただのデザインではないという点。iPhoneケースの内側にボタン型電池をはめ込むと、実際にゲームすることができちゃうんですよ!

【夢のようなアイテムだな!】

ゲームボーイと2WAYのiPhoneケース「Wanle Gamers Console For iPhone」は、iPhone6、6s、6plus、7、7plus、8、8plus、そしてiPhone Xに対応。

ケースをiPhoneに装着すれば、画面のちょうど真裏がゲームボーイになるという仕組みです。

【こういうの待ってたよ~~~】

このiPhoneケースでプレイできるのは、テトリス、タンク、F1レース、スネーク&ブロックなど10種類のクラシックゲーム

ゲームはすべてケース自体にインストールされているので、iPhone自体の機能を一切さまたげることなくゲームに興じることができるというわけ♪ デザインだけでなく、本当にゲームができるだなんて超画期的じゃありません!?

【期間限定でお値下げしているよ】

セレクトされているゲームが王道なところもたまりませんし、ゲーム機とiPhoneが “それぞれ独立した機能を持っているのに1つにまとまっている” というところにもワクワク。間違いなく、オトナの遊び心を刺激してやまない商品といえるのではないでしょうか。

当初はホワイト、ブラック、レッド、ブルーの4色で販売された商品ですが、完売したため、現在はホワイトとブラックのみプレオーダーを受付中。通常価格で約8510円(79.95ドル)のところ、約2650円(24.95ドル)でディスカウント販売されています。

ただし、この値段で買えるのも2018年3月28日頃まで(販売サイトで時間をカウントダウン中)。欲しいという方は今すぐチェックを~!

参照元:WANLE
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

iPhoneを裏返したら…ゲームボーイ!? 実際にゲームすることができる「iPhoneケース」に胸がときめく~♡

パッと見は、任天堂が1989年に発売した携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」。しかし、くるっと裏返すとiPhoneに早変わりしちゃったゾ!?

この世にも不思議な物体の正体は、ゲームボーイデザインのiPhoneケースです。面白いのは、ゲームボーイの部分がただのデザインではないという点。iPhoneケースの内側にボタン型電池をはめ込むと、実際にゲームすることができちゃうんですよ!

【夢のようなアイテムだな!】

ゲームボーイと2WAYのiPhoneケース「Wanle Gamers Console For iPhone」は、iPhone6、6s、6plus、7、7plus、8、8plus、そしてiPhone Xに対応。

ケースをiPhoneに装着すれば、画面のちょうど真裏がゲームボーイになるという仕組みです。

【こういうの待ってたよ~~~】

このiPhoneケースでプレイできるのは、テトリス、タンク、F1レース、スネーク&ブロックなど10種類のクラシックゲーム

ゲームはすべてケース自体にインストールされているので、iPhone自体の機能を一切さまたげることなくゲームに興じることができるというわけ♪ デザインだけでなく、本当にゲームができるだなんて超画期的じゃありません!?

【期間限定でお値下げしているよ】

セレクトされているゲームが王道なところもたまりませんし、ゲーム機とiPhoneが “それぞれ独立した機能を持っているのに1つにまとまっている” というところにもワクワク。間違いなく、オトナの遊び心を刺激してやまない商品といえるのではないでしょうか。

当初はホワイト、ブラック、レッド、ブルーの4色で販売された商品ですが、完売したため、現在はホワイトとブラックのみプレオーダーを受付中。通常価格で約8510円(79.95ドル)のところ、約2650円(24.95ドル)でディスカウント販売されています。

ただし、この値段で買えるのも2018年3月28日頃まで(販売サイトで時間をカウントダウン中)。欲しいという方は今すぐチェックを~!

参照元:WANLE
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【懐かし】ローリーズファームとタキシードサムがコラボ! 80年代テイストを今っぽくアレンジした全6アイテムがレトロかわゆいっ!!


タキシードサムといえば1979年に誕生したサンリオのキャラクター。南極のタキシードアイランドからやってきたというおしゃれなペンギンの男のコなんですが、80年代に少女時代を過ごした乙女であれば彼のことを知らない人はまずいないはず!

そんな懐かしのサンリオキャラと人気ファッションブランド「LOWRYS FARM(ローリーズファーム)」がコラボ! 80年代のテイストを今っぽくアレンジしたポップなデザインのシリーズになっていて、見ているだけで胸がキュンとときめいてしまいますっ!!

【レトロ&ポップなのが逆に新鮮!】


タキシードサムとローリーズファームのコラボアイテムは全6種類。デザインや色使いで80年代当時の雰囲気を再現しているこれらのアイテム。たとえば、iPhoneケース(全3色 各2500円)などにはタキシードサムとともにカセットテープ二段重ねのアイスクリーム、ダンベルなどのモチーフが描かれていますが、レトロかつポップで今見ると逆に新鮮味が感じられます。


腕時計(全2色 各3500円)はベルトの淡い色合わせもお見事。トレンドとして続いている80年代コーデのアクセントとして活躍してくれること間違いナシではないでしょうか。

【大人買いしちゃう!?】

購入は全国のローリーズファーム店舗、公式オンラインショップ、ZOZOTOWNでどうぞ。それにしても今またタクシードサムグッズと出会えるとは! 子どものころならできなかった大人買いも、大人になった今なら好きなようにできそうですね。

参照元:SLASH MAG. BY LOWRY’S FARMサンリオ
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

ダイソー×フリューの「スマホアイテム」がめちゃかわええええ! 充電ケーブルにコンセント、モバイルバッテリーまであるよ♪

これまでPouchでも何度か紹介してきたダイソー×フリューの「GIRLS’TREND 研究所」が発売するコラボアイテム。新商品として、「モバイルシリーズ(Mobile Series)」が、本日から全国のダイソーで順次発売されます

今回は、“揃えてカワイイ” をテーマとした、スマートフォンアクセサリーに特化した商品がリリースされるみたい。

「GIRLS’TREND 研究所」は、その名の通り、女子高生や女子大生の動向を調査・研究する機関。そのため商品はすべて女の子たちの「欲しい!」を形にした感じで、ハートやドット、動物モチーフなどどれも目移りしちゃう可愛さなんですよね♪

【同じデザインで一通りそろえたくなります】

今回の特徴は、同じカラーリングやデザインでスマホまわりのアイテムを揃えられること。

各商品にはそれぞれ4種類のデザインがあり、真っ赤なハートと “Love ”のロゴが可愛らしい「ハート」、柔らかな色合いとゆる~いタッチのイラストにほっこりする「コアラ」。

シンプルでオトナっぽい「ドット柄」、さらにはここ最近は雑貨のモチーフとして人気の高い「パン」といった顔ぶれとなっています。

ラインナップは、「iPhoneケース」、「モバイルバッテリー」、「画面保護フィルム」。そして新たに登場する「iPhone用USB ACアダプタ」と「ライトニング充電ケーブル」です。統一感が出るとたしかにかわいいし、たしかにこれは揃えたくなる〜。

【あれ…Android用の商品はどこ?】

こんなに可愛いのにお値段は100円から500円だっていうんだから、お財布に優しすぎる……! まさにテーマとなっている “揃えてカワイイ” が実現できてしまうではないですか~!

……ってな具合に、キュートなのに超プチプラな品ぞろえに胸を躍らせていたところ、Pouch 編集部の女性スタッフ1名がとても悲しそうな顔をしてこうつぶやきました。

「どうして、どうしてAndroid用のケースはないんですか……!」

すみません、わたしiPhoneユーザーなもので、Androidユーザーの複雑な心持ちに気がつくことができなかったわ……。

というわけでダイソーさん、そして「GIRLS’TREND 研究所」さん、お願いがあります。今後はぜひとも、Android向けの商品も作ってあげてくださ~い!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

バーバパパとバーバモジャのiPhoneケースがめちゃかわゆす♡ 人気ブランド「MILKFED.」とのコラボ商品なんだって

iPhoneケースって、シーズンごとに取り換えたくなっちゃうほど種類が豊富で、いつだってチョイスに困ってしまいますよね。

数あるケースの中からこの夏選んでみたいのは、人気キャラクター『バーバパパ』のiPhoneケース♪ ピンクのバーバパパと真っ黒なバーバモジャがフィーチャーされていて、人気のアパレルブランド「MILKFED.」とのコラボ商品なんですって。

【「MILKFED.」ってどんなブランド?】

「MILKFED.」は、ソフィア・コッポラさんによって1995年に立ち上げられたブランド。シンプルだけどありふれてはいないデザインで、女子のハートをわしづかみにし続けています。

映画監督、脚本家、デザイナーなど、さまざまな分野で活躍するコッポラさんのカリスマ性も相まって、わたしが10代の頃はオシャレな友人の間で大人気でしたよ。なおスカーレット・ヨハンソンさんが出演していた映画『ロスト・イン・トランスレーション』の監督を務めたのが、この方です。

【これぞ「癒しのかたまり」って感じのデザイン♪】

そんな「MILKFED.」が、1972年に世に出て以降ずーっと人気者である『バーバパパ』とコラボするっていうんだから、可愛くないわけがないっ!

素材はシリコンなので柔らか。バーバパパとバーバモジャが「MILKFED.」のロゴキャップをかぶったオリジナルデザインとなっておりまして、おまけにロゴが描かれたチャームまで付いてるう♪ 表情とまあるいフォルムにも、めちゃくちゃ癒されるわ~。

【先行予約始まってま~す】

ポップでキュート、見ているだけで元気をもらえそうなスペシャルなコラボiPhoneケース。iPhone6 / 6S / 7対応で、お値段は、それぞれ3780円。

現在「MILKFED.」のオンラインストア「calif」および「PLAZA オンラインストア」にて先行予約を受け付けていて、2017年7月21日からは「MILKFED.」各店舗でも販売されるようです。この夏の相棒は、バーバパパ、もしくはバーバモジャで決まりですね☆

参照元:プレスリリースPLAZA オンラインストアcalif
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

「鬱」や「地獄」もこんなにポップでキュートに♡ 天久聖一さん×よシまるシンさんによる「ロゴゴ」グッズが面白い!


世の中、ホントいいことよりもイヤなことのほうが多かったりしますよね。でも、「鬱」も「地獄」も見方によっては、とってもポップでキュートなのかもしれない……。

そんなふうに思わせてくれるのが、マンガ家・天久聖一さんとデザイナー・よシまるシンさんによるロゴ制作ユニット「ロゴゴ」の作品。

ロゴといえば、ふつうは元の言葉の意味を具象化したものですが、ロゴゴが作る漢字ロゴはこれには当てはまらないみたい。漢字が持つ意味から解き放たれた、とーっても可愛らしい造形になっているんです。

【「鬱」という漢字なのにウツっぽくない!】

たとえば「鬱」という漢字。画数が多く、見るからに陰うつなイメージ。ウツウツとした雰囲気が漢字からも伝わってきますよね。けれども「ロゴゴ」が作った「鬱」のロゴはどうでしょう!

木に、コカ・コーラを思わせる空き缶に、流れ星にクマらしき動物……? ポップな色彩とキッチュな80年代的デザインで、元の「鬱」という漢字が持つイメージとは何一つ重なるものがない! ちなみに「鬱」は人気があるようで、デザイン違いの手帳型のケースもあります。

【「地獄」という漢字はどんなロゴに?】

「地獄」という漢字もそう。もしもロゴであらわすならば、鬼や地獄の釜なんかが出てきそうですが、「ロゴゴ」が作る「地獄」ロゴは、なぜかミシンや哺乳瓶、コンパス、トマトが描かれている!

包丁が不吉なイメージで唯一地獄っぽくはありますが、それでも全体的には地獄テイストほぼゼロ!

【他にもいろんな漢字のアイテムがあるよ】

ほかにも「心」「最高」「音楽」などに加え、「仁義」「極悪」といったなかなかのパワーワードもありますが、やはり言葉の持つ意味とアイコンで描かれているモノとは関係がなかったり(一部関連があるものも)。

それぞれのロゴを見ていると、見慣れた漢字や言葉も別物のように思えてくるから不思議です。

「ロゴゴ」によるロゴシリーズは、スマホケースやマグカップ、赤ちゃん用ロンパースといったグッズになって「CINRA.STORE」にて絶賛発売中! このセンスが気に入った方はぜひ購入してみては?

参照元:CINRA.STORE
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら