【日本上陸希望】ドーナツなのにケーキみたい! 東南アジアで大人気の激ウマドーナツ店「ジェーコー」を紹介するよ


みなさんはドーナツがお好きですか? 私は週1〜2ペースで食べるぐらい、ドーナツが大好きです♪

国内外のいろんなドーナツ店で食べてきた自分の経験上、イチバンのおいしさだと思うのが、今回ご紹介する「J.Co Donuts & Coffee(通称:ジェーコー)」。

シンガポールやマレーシアなど東南アジアを中心に270店舗以上を構える、インドネシア発のドーナツチェーンです。

【思考が停止するほどのウマさ!】


10年以上も前から、ジェーコーファンのワタクシ。いつか記事ネタにしたいと思っていたものの、魅惑のドーナツと対面するたびにマッハの勢いで完食してしまい……。

食べ終わってから「写真撮るの忘れた」と、気づくパターンでした。そう、ジェーコーのドーナツは思考が停止してしまうぐらい、ウマイのです。

今回はしっかり取材するぞ! と心に決めて、インドネシアはバタム島にあるジェーコーへと向かいました。

【フレーバーが個性的!】


ジェーコーの素晴らしさのひとつは、そのラインナップの充実。「アボカド」「ココナッツジャム」といった思いっきりトロピカルなフレーバーもステキだし、「チョコバナナ」「ストロベリーフォンデュ」といったまさしくスイーツ的なフレーバーも多くそろっていて、その数は約30種類。

そして、チョコレートはベルギー産、抹茶は日本産、アーモンドはカリフォルニア産のものを使用するなど、素材へのこだわりも素晴らしいところ。

この10年間さまざまなフレーバーを試してみた結果、ティラミス味の「Tira Miss U(ティラミスユー)」とピーナツバター&ホワイトチョコ味の「Why Nut?(ホワイ・ナット)」が非常に気に入ったので、今回もこちらをオーダー。

【フィリングたっぷり】

ドーナツ生地にティラミス味のクリームを詰めて、ココアを混ぜたホワイトチョコをたっぷりかけた「ティラミスユー」。ティラミスと「アイミスユー(逢いたいよ)」をかけた名前なのもかわいい。

そのお味はというと……ふわっふわのドーナツ生地、軽やかなティラミスクリーム、濃厚なホワイトチョコが口中でハーモニーを奏でる! ドーナツとはちょっと思えない、この上ないおいしさ!

続いて、ドーナツ生地にピーナッツバターを詰めて、表面をホワイトチョコとビターチョコで飾ったリッチな味わいの「ホワイ・ナット」。「ピーナッツバターとホワイトチョコって、こんなに相性がよかったんだ!」と、思わずうなってしまう1品。

どちらも素材の味がよく、フィリングたっぷりで、ドーナツながら専門店のケーキを食べているかのようで、もう大満足です。

このお店のドーナツは甘さやや強め、ブラックコーヒーを飲みつつ食べることをオススメします。ちなみにコーヒー以外のドリンクメニューもひと工夫あるものが揃っていて、イタリア産コーヒー豆を使用したコーヒードリンクやアボカドフラッペなどが人気です。

ジェーコーのドーナツはひとつ8,500ルピア(約65円)。6コ以上のまとめ買いをするとお値段が安くなります。

日本国内では味わえないのが、本当に残念……! インドネシアをはじめ、東南アジアを訪れたらぜひとも立ち寄っていただきたいお店のひとつです。いつか日本にも、やって来ないかなぁ。

参照元:jcodonuts.com
取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら

【日本上陸希望】ドーナツなのにケーキみたい! 東南アジアで大人気の激ウマドーナツ店「ジェーコー」を紹介するよ


みなさんはドーナツがお好きですか? 私は週1〜2ペースで食べるぐらい、ドーナツが大好きです♪

国内外のいろんなドーナツ店で食べてきた自分の経験上、イチバンのおいしさだと思うのが、今回ご紹介する「J.Co Donuts & Coffee(通称:ジェーコー)」。

シンガポールやマレーシアなど東南アジアを中心に270店舗以上を構える、インドネシア発のドーナツチェーンです。

【思考が停止するほどのウマさ!】


10年以上も前から、ジェーコーファンのワタクシ。いつか記事ネタにしたいと思っていたものの、魅惑のドーナツと対面するたびにマッハの勢いで完食してしまい……。

食べ終わってから「写真撮るの忘れた」と、気づくパターンでした。そう、ジェーコーのドーナツは思考が停止してしまうぐらい、ウマイのです。

今回はしっかり取材するぞ! と心に決めて、インドネシアはバタム島にあるジェーコーへと向かいました。

【フレーバーが個性的!】


ジェーコーの素晴らしさのひとつは、そのラインナップの充実。「アボカド」「ココナッツジャム」といった思いっきりトロピカルなフレーバーもステキだし、「チョコバナナ」「ストロベリーフォンデュ」といったまさしくスイーツ的なフレーバーも多くそろっていて、その数は約30種類。

そして、チョコレートはベルギー産、抹茶は日本産、アーモンドはカリフォルニア産のものを使用するなど、素材へのこだわりも素晴らしいところ。

この10年間さまざまなフレーバーを試してみた結果、ティラミス味の「Tira Miss U(ティラミスユー)」とピーナツバター&ホワイトチョコ味の「Why Nut?(ホワイ・ナット)」が非常に気に入ったので、今回もこちらをオーダー。

【フィリングたっぷり】

ドーナツ生地にティラミス味のクリームを詰めて、ココアを混ぜたホワイトチョコをたっぷりかけた「ティラミスユー」。ティラミスと「アイミスユー(逢いたいよ)」をかけた名前なのもかわいい。

そのお味はというと……ふわっふわのドーナツ生地、軽やかなティラミスクリーム、濃厚なホワイトチョコが口中でハーモニーを奏でる! ドーナツとはちょっと思えない、この上ないおいしさ!

続いて、ドーナツ生地にピーナッツバターを詰めて、表面をホワイトチョコとビターチョコで飾ったリッチな味わいの「ホワイ・ナット」。「ピーナッツバターとホワイトチョコって、こんなに相性がよかったんだ!」と、思わずうなってしまう1品。

どちらも素材の味がよく、フィリングたっぷりで、ドーナツながら専門店のケーキを食べているかのようで、もう大満足です。

このお店のドーナツは甘さやや強め、ブラックコーヒーを飲みつつ食べることをオススメします。ちなみにコーヒー以外のドリンクメニューもひと工夫あるものが揃っていて、イタリア産コーヒー豆を使用したコーヒードリンクやアボカドフラッペなどが人気です。

ジェーコーのドーナツはひとつ8,500ルピア(約65円)。6コ以上のまとめ買いをするとお値段が安くなります。

日本国内では味わえないのが、本当に残念……! インドネシアをはじめ、東南アジアを訪れたらぜひとも立ち寄っていただきたいお店のひとつです。いつか日本にも、やって来ないかなぁ。

参照元:jcodonuts.com
取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら