【今夜放送】AKBグループと韓国の練習生から新しいアイドルグループが誕生する「PRODUCE 48」がついに最終回を迎えるよ!

韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」による公開オーディション番組『PRODUCE101』が、AKB48とコラボ。 “国民プロデューサー” こと韓国のファンたちが日韓ガールズグループのメンバーを選ぶ大企画「PRODUCE48」が発表されたのは、2017年11月29日のこと。

その後2018年6月より「Mnet」および「BSスカパー!」で放送が開始されるや否や、瞬く間に注目を集め、ついに8月31日の放送で最終回を迎えることとなりました。

午後8時より放送される最終回では、日韓同時生放送を実施。ファイナリストから最終メンバーが選出される運命の瞬間を、リアルタイムで目撃することができるんです。

【番組の内容ってどんな感じ?】

参加者たちはそれぞれグループを組み、課題曲やダンスを披露。パフォーマンスを観た “国民プロデューサー” が推しメンに投票し、最下位に近いものから脱落していく……というのを延々繰り返すのが「PRODUCE48」の大まかな流れ。

参加したのは、松井珠理奈さん(療養のため途中降板)や宮脇咲良など48グループの人気メンバー39人を含む、両国の練習生96人。それぞれが夢を叶えるために所属事務所でトレーニングを受けてきているので、まさしく “ツワモノぞろい” です。

【日韓のアイドルの違いが面白い!】

面白いのは、日本と韓国では “ファンがアイドルに求めるもの” が異なる点。

日本はどちらかというと、パフォーマンスの質よりも愛嬌やキャラクターが重視されがちですが、韓国はダンスと歌がいかにハイレベルかという点に重きを置くところ。

文化が違うことで、それぞれの良さを身につけ成長して行くのがこの番組の見所となっています。

【日韓メンバーの間で友情が生まれる場面も】

メンバーを選出するのは韓国視聴者のみなさん。

そのため技術を持ち合わせていないメンバーは容赦なくバンバン落とされていくわけなのですが、厳しい体験を通して成長していく姿も見えて感動もあり。日韓メンバーのなかで友情が生まれていく様も、注目すべきポイントといえましょう。

ある意味ドキュメンタリーともいえる「PRODUCE48」を見ていると、その昔テレビ東京系で放送されていたオーディション番組『ASAYAN』を思い出してしまいます。参加者たちが一喜一憂している様子を毎週観ていると、つい感情移入してしまうものですよね……。

【この子すごい! と発掘される48グループの人も】

人数が多すぎるAKB48をはじめとした48グループ。ファンでない限り、あまりメジャーではないメンバーを把握している人は少ないと思います。

ですが「PRODUCE48」では1人1人がしっかりスポットを浴びることができ、公式Youtubeには各自のパフォーマンス動画もアップされています。そのため、「知らなかった、こんなに歌がうまいだなんて!」「こんなにダンスができるなんて!」「こんなに努力家だなんて」といった “発見” ができる点も大きな魅力なんじゃないかと思います。

またAKBグループではあまり例がない大人っぽいメイクや衣装を見ることができる点も、注目ポイントのひとつ。普段とのギャップも感じられます。

【誰がデビューできるのか!?】

現在残っているファイナリストは20人。そしてデビューできるのは12人です。

番組は「Mnet」のYouTubeチャンネルから視聴することができるので(韓国語、字幕なし)、興味を持ったというあなたは、今からでも十分間に合いますのでご覧になってみてください。

参照元:プレスリリース[1][2]MwaveYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

韓国の人気男性アイドルグループ「EXO」のスマホケースが登場! マイクカラー&超能力カラーのグラデになってるよ♪

Pouch では以前 “宝塚歌劇団5組をイメージしたスマホケース” をご紹介しましたが、こちらを手がけたデザインプロジェクト「真四角」が、今度は韓国の人気男性アイドルグループ・EXO(エクソ)のスマホケースをリリースしたというのです~!

2012年に韓国と中国でデビュー。その後2015年に日本デビューを果たして瞬く間にファンの心をつかんだEXOは、リーダーのスホさん、ベッキョンさん、チャニョルさん、ディオさん、カイさん、セフンさん、シウミンさん、レイさん、そしてチェンさんの9人からなる大所帯グループ。

2016年には、日本ゴールドディスク大賞における「アジアニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」と「アジアベスト3ニュー・アーティスト」にも選ばれています。

【メンバーカラー&チームカラーの全10デザイン】

アジア各国を中心に多くのファンを持つEXOをフィーチャーしたスマホケースは、2018年5月31日に販売を開始。気になるラインナップは、9人のメンバーのマイクカラーEXOチームカラーをあわせた、全10タイプとなっています。

各メンバーのケースのカラーはマイクカラーの1色のみではなく、2色のグラデーションになっています。残りの1色は一体なにを表しているのかというと、それは、メンバーごとに架空設定されている “超能力”

というのもEXOというグループ名は太陽系外惑星を意味する「Exoplanet」が元となっておりまして、「未知の世界から来た新たなスター」というコンセプトのもと、各メンバーに超能力が架空設定されているそうなんです。

【グラデーションカラーが爽やか~♡】

たとえばスホさんのスマホケースカラーは、マイクカラーのグリーンと、架空設定能力の「水」を表現した薄いブルーで構成されています。

2色が溶け合うように重なり合うデザインは夏にピッタリな爽やかさで、ファンであることをしっかり主張できつつも、ちゃんとオシャレなところがたまらない~っ。

【目指せ20%オフ! ツイッターキャンペーンも要チェックです】

また、ケースを注文する際には、自分で自由にカスタムすることも可能です。「好きな漢字を選ぶ(2文字まで)」「デザインを選択」「カラーを選ぶ」という3ステップだけでオリジナルデザインが完成するので、人とは違うほうがいい!という人はトライしてみるといいかも♪

ちなみに……「真四角」は現在、公式ツイッターを利用したキャンペーンを展開中なんです。

指定のツイートが1万リツイートされたら、通常3800円のスマホケースが、10日間だけ20%オフの3040円にディスカウントされるそうなので、さっそく参加してみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース真四角Twitter @mashikaku_type
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら