【ナニコレ】KFCが「電波圏外テント」なるものを販売! テントの中に入ると電波が届かなくなるらしいよ

今の時代、スマートフォンやタブレット端末を手放せないという人は少なくないはず。KFCから、そんなネット社会に一石を投じるグッズが登場したようです。その名も「インターネット・エスケープ・ポッド(Internet Escape Pod)」

このテントの中に入ると携帯電話やWi-Fiとの接続を遮断するという画期的なアイテムです。これによって家族と質の高い時間を楽しむことができるそう。なるほど、たしかにそうかもね!? だけど、なんでKFCがこんなものを作ったの……。

【今なら安く手に入ります】

少し前には不穏すぎる「VR脱出ゲーム」を公開したり、隕石でできた200万円のメタリックバーガーを発売したりと、一貫して “攻めの姿勢” を一切崩さないKFC。

この奇妙なテント「インターネット・エスケープ・ポッド」は「サイバーマンデー」と呼ばれるホリデーシーズンのオンラインショップのセール開始日にあわせて、現在5000ドル(約55万円)で売り出されています。実際の価格は1000万円超(!)だというのだから、随分お値打ちな価格なのかも……。

【SNS断ちしたい人にはいいかも…】

KFCいわく「わたしたちの専門は鶏肉で、インターネットをブロックするテントは専門外。だがベストを尽くして作った」とのことでして、気合いだけはよく伝わってきます。

電波をシャットアウトしてしまったら最後、使いたくても使えなくなるわけだから、SNSに依存気味の人にも役立つかも? 日頃インターネットに割いている時間を別のことに使いたい人、あるいは外との接触をしばらく断ちたい人にとっても、最適なアイテムかもしれません。

【デザイン考えた人、天才か】

カーネルおじさんが身を挺して電波から守ってくれているかのようなデザインだったり、よく見りゃドアノブがフライドチキンだったりと、いちいち芸が細かい点にもぜひ注目してほしいところ。

海外ケンタッキーはどの試みも謎すぎるけれど、なにやら楽しそうな会社だということだけは、間違いないような気がします。

参照元:KFC Limited E-Store
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

今年のKFCもムーミン尽くし!! 使い勝手が良さそうな「ムーミンマルチボウル」つきパックは11/23より登場するゾ〜♪


ケンタッキーフライドチキンでは、11月23日よりムーミンの絵柄がかわいい「ムーミンマルチボウル」つきのパックが登場します。

今年はちょっぴり大きめのボウルで、スープやサラダを入れたり、どんぶりやお茶碗として、使い勝手がよさげなサイズなんですッ。

絵柄は「ムーミン」「スナフキン」「リトルミィ」「限定デザイン」の4種類。「限定デザイン」ではムーミンのパパやママなどの人気キャラクターが描かれていて、出現率はちょっぴりレアなんだとか。

【パック・セットにひとつついてきます】

「ムーミンマルチボウルつき Aパック(税込1490円)」「ムーミンマルチボウルつき Bパック(税込1490円)」「ムーミンマルチボウルつき 食べくらべセット(税込1220円)」「ムーミンマルチボウルつき サンドセット(税込1120円)」のいずれかのパックまたはセットを購入すると、「ムーミンマルチボウル」がおひとつついてきます。

ただし、絵柄は選べません……! でも全種類ほしくなっちゃいますよね。

【コンプリートパックの専用BOXかわゆい!】

1パックにひとつだと、家族の人数分をゲットするためにクリスマス前からケンタッキー三昧になりそう〜! という嬉しい悲鳴が聞こえてきそうですが、ご安心を。

色を被らずに全種類欲しい方には、数量限定の「コンプリートパック(税込4980円)」がオススメです。

「コンプリートパック」は赤いとんがり三角屋根がかわいいムーミンのお家をイメージした「コンプリートパック専用ボックス」に入ってきます。これがまたとってもかわいい!

【世界で300個限定?「Rollbahn」のメモも】

さらに「コンプリートパック」を購入すると、抽選でKFCオリジナルデザイン「Rollbahn(ロルバーン)」のポケットつきメモとカバーがもらえます。こちらは世界で300個限定なので、周りのムーミン好きな方で知らない人がいたらぜひ教えてあげてください。

カバーの内側には「MOOMIN×KFCのロゴ」が。非常にレアレアしいですね!

【スマイルセットにもムーミン♪】

さらに11月1日より、お子様向けのスマイルセットには「ムーミンフェルトコースター」がついてきます。色は「ライトブルー」「ライトグリーン」「ピンク」の3色で、色もサイズも「ムーミンマルチボウル」に連動しているんです。

クリスマス前のケンタッキーでは、ムーミン好きにはたまらないグッズが目白押しです。店頭の予約は始まっているそうなので、ぜひお見逃しのないように♪

参照元:KFC
執筆=黒猫葵 (c)Pouch
(c) Moomin Characters TM

続きはこちら

ケンタッキーの愛を表現すべく「タトゥー」をいれた男性 / でも本当の目的は愛じゃなかったようです!?

「タトゥーを入れよう!」と決心するまでには、おそらく何かしらの「きっかけ」があるはずです。もちろん「ノリで」「思い付きで」といった人もいるのでしょうが、意味や思いが込められている例が多いように感じられるんです。

オーストラリアに暮らす男性トム・フレッチャー(Tom Fletcher)さんは、自分がこよなく愛する “あるもの” の名前を、胸の横にタトゥーとして刻み込んだそうです。

その “あるもの” とは、ケンタッキー(KFC)で販売している「ジンジャー・スタッカー・バーガー(Zinger Stacker burger)」なんだって! なぜハンバーガーの名前を一生消えないタトゥーとして残したのか……いくら考えても理解しがたいんですけども!?

【本物の愛に気がついた】

2017年10月17日、タトゥーの写真とともに、ケンタッキーに対してのメッセージを掲載したフィッチャーさん。

「幾度となく失恋を経験して、ジンジャー・スタッカー・バーガーに対する愛だけが本物だと気づいたんだ」と切々と訴えているのですが、だからってタトゥー入れちゃうのはどうなの~! 恋人の名前をタトゥーにする人は少なくないけれど、コレとおんなじことだって言いたいのでしょうか。

ちなみに、タトゥーはGoogle翻訳で調べたアラビア語で「ジンジャー・スタッカー」という意味だそう。

【ジンジャー・スタッカーへの愛を語りに語る!】

その後も長々と、「ジンジャー・スタッカー・バーガーが自分の人生にどれほど影響を与えているかわからない」「このタトゥーを入れて以来、タトゥーが幸せを運んできてくれたように感じているし、身近な人と愛を共有するようになった」と、あふれる思いを語ったフレッチャーさん。

ハンバーガー1つでそんなに幸せを、そして愛を感じられるならば、それはそれでいいのかもね……。とかなんとか、一瞬気持ちを理解しかけそうになったわたしに冷や水をぶっかけたのは、ほかならぬフィッチャーさんでした。

【そういうオチか~~~!!!】

ケンタッキーへの長文メッセージの最後は、「あなたのところのハンバーガーとわたしの愛を分かち合い続けることができるように、割引カードをください」

おいおいお~い! 結局は割引券欲しかっただけやないか~い! もしも割引券のためだけにタトゥーを入れたのだとしたら……これ以上おバカなことってないですよね(笑)!?

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

KFCが従業員トレーニングのために作った「VR脱出ゲーム」がめちゃめちゃ不気味です!

KFCが、新感覚のVR脱出ゲームを作ったらしい。そんなウワサを耳にして、YouTubeにあげられたトライアル動画をチェックしてみました。

まずチェックしたのは、2017年8月24日に公開されたトレイラー映像。

カーネル・おじさんやニワトリの肖像画が飾られている謎の空間には奇妙なロボットアームが吊り下げられていて、BGMも不穏な雰囲気。これは完全にホラー映画かサスペンス映画です。

その後、なぜか鶏肉を切ったり、フライヤーの中にチキンを入れる映像が流れてくるではありませんか。

【従業員のトレーニングのために作られたゲームでした】

実はこの不思議なゲーム、KFCの従業員のトレーニングツールとして作られたもの。不気味な屋敷を脱出するための条件は、チキンを上手に作ること

なんでも、この脱出ゲームを通して、検査、洗浄からチキンの味付けにフライ……とケンタッキーフライドチキンを作る調理プロセスを仮想体験できるようになっているのだとか。なるほど、ゲーム感覚なら楽しく仕事を覚えられそう〜!

【アームを使ってチキンを上手に揚げよう】

YouTubeに30秒ほどの短い動画がいくつかあがっているのですが、それを見ると、たしかにロボットアームが懇切丁寧にチキンの作り方を教えてくれる描写がありました。

動画を観るかぎりでは、ユーザーの体の一部として “手” だけが動くように設定されている模様。天井から降ってくる “謎の声” の指示に従って、無事にフライドチキンを作り終えることができたら、空間から脱出することができる……という流れみたいです。

Instagram Photo

【それにしても…なぜこんなに不穏なのか】

ちなみに、実際の教育プログラムでは、調理の全行程に25分かかるそうなのですが、VR映像ならば10分に短縮できる、そして廃棄が少なくなるという利点があるのだとか。

非常にユニークかつ現代的な試みといえますが……ゲーム映像自体がかなり奇妙なので、頭の中に「?」がとめどなく湧いてくることはたしか。

冒頭で「ホラー」だの「サスペンス」だの言ってしまいましたが、「悪夢」ともいえますね。どうしてこういう世界観にしたのか、その点だけが、ただただ謎ですっ。フライドチキンを揚げている途中にロボットアームが激しく手拍子してくれるなど、全編通してなかなか狂っているので必見ですよぉ~!

参照元:YouTube[1][2][3]Instagram @kfcEater
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【正気!?】ケンタッキーが隕石でできたメタリックバーガーを発売 / お値段200万円なのに売り切れちゃってるよー!!


これまでもフライドチキンの香りがする日焼け止めクリームを発売したり、カーネル・サンダースによるロマンス小説をリリースしたりとわりとおかしな方向へ行きがちなケンタッキーフライドチキンでしたが、またもや! またもやとっても珍妙なアイテムが発売されちゃいました。

ケンタッキーフライドチキンのグッズがそろう公式通販サイト「KFC Limited」で売られているのは、チキンバーガーの形をした隕石! 宇宙から落下してきた本物の隕石が使われているそうで、お値段は日本円で約200万円! いったい誰が買うんだ……!!

【本物の隕石を削って製作】

「Zinger Meteorite(驚愕の隕石)」と名付けられたこのグッズ。商品紹介ページには「これは広大な宇宙に存在する本物の隕石を3人のアーティストが削って彫刻した」と書かれています。

鉄と宇宙の物質からできていて、もちろん人が食べることはできません。サイズは直径5.75インチ(約14.6cm)、高さが3.75インチ(約9.5cm)となかなかリアルなハンバーガーサイズになっています。

【いったい誰が買ったんだろ……】

重厚なメタリック感のあるチキンバーガーは、オフィスやお部屋に飾るユニークなオブジェとしても楽しめそう。ただし、二の足を踏んでしまうのが20万ドル(約200万円)というお値段。いったい誰が買うんだよ……と思いきや、商品ページには「sold out」の文字が!! 購入した人が現れたということでしょうか……驚きですね。

というわけでこちらの隕石チキンバーガーは買えませんが、ケンタッキーフライドチキンの公式通販サイト「KFC Limited」では他にもユニークすぎるグッズがズラリ。

カーネルおじさんと一緒に寝ている気分を味わえる枕キャッチコピーが入ったTシャツなど、こちらはどれも手頃な値段で購入できますよー!

参照元:KFC LimitedMashable Asia
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

ケンタッキーに「ドローン」がおつかい / チキンが空を飛んでやってきたよ〜っ


フェイスブックやインスタグラムにグルメ動画などをアップして人気を集める、ニュージーランド在住の「オリー・メーソン・クラーク(Ollie Mason-Clarke)」さん。

今回紹介するのは、2017年5月21日にオリーさんが投稿した1本の映像です。

広大な緑が広がる公園で、オリーさんはガールフレンドと一緒にテーブルを設置。セッティングをした後、おもむろに取り出したのは空を飛ぶドローン。メッセージをくくりつけて、大空高く解き放ちました。

【ドローンがケンタッキーに参上】

そうして向かったのは、みんな大好き「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」のドライブスルー

店員さんはドローンからメッセージを受け取り、注文の品をドローンにセット。再び空へと舞い上がった後、オリーさんの元へ無事にチキンを届けてくれたのでありました。レッツ、チキンパーティー!

【楽しいことをしたかっただけ】

KFC のプロモーションか何かと思ってしまうところですが、オリーさんは「これはケンタの広告ってわけじゃないよ」と、現地メディア「ニュージーランド・ヘラルド」の取材にコメント。「単純に楽しい企画をしたかっただけ」なのだそうです。

でも、ドローンを飛ばしてお買い物って、いろいろと問題がありそうだけど……大丈夫なの?

【お店も協力していました】

今回の企画、ニュージーランドで KFC を展開するレストラン・ブランズ社の広報から、こんな回答があったそうです。

「撮影にあたっては、スタッフとお客様の安全を確保するために KFC の従業員、安全衛生責任者、店長が協力しています

なるほど、お店側がしっかりサポートしていたんですね!

とはいえ、日本と同様にニュージーランドの法律でも、どこでもドローンを飛ばしていい、というわけではないようです。「公道の上は飛行できない」「家などの上を飛ぶ場合は家主の合意が必要」などと定められているとのこと。

そこで、オリーさんがチョイスしたのが、公園に隣接しているお店。このお店だと、違法にならずドローンを飛ばせたそうですよ。

いろいろな条件があったとはいえ、ドローンがチキンを運んでくれるなんて、ほんとうに夢がありますね。空を飛んだチキンの味はさぞ、格別だったでしょう♪

参照元:FacebookNZ Herald
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

アメリカのKFCがロマンス小説を出版!? 母の日のプロモーションらしいけど一体どういうことなの?


いよいよ目前に迫った「母の日」。今年はお母さんにケンタッキー・フライド・チキンとロマンス小説のセットをプレゼントしてみるのもいいかもしれません……!?

このことに気づいたきっかけは、Twitter ユーザー twitetta さんの投稿です。

「KFCがラブロマンス小説を出版。主役は当然あの人。今ならアマゾンで無料DLできるってよ。表紙だけでも見る価値あり。」

リンク先の Amazon を確認してみると、そこには確かに……カーネルおじさんが表紙の「ロマンス小説」が!!! タイトルは “Tender Wings of Desire” 。著者はなんと、カーネル・サンダース本人になっているではないですか!

しかし一体なぜ KFC がロマンス小説を出版!? そこには母の日にまつわるれっきとした理由があったんです!

【ロマンス小説とは?】

「ロマンス小説」というのは、ハーレクインロマンスに代表されるような、大人の男女の恋愛を描いた小説のこと。女性が好むような設定やストーリーが多く、手軽にロマンチック気分が味わえるんです。

それにしても、ロマンス小説を KFC が出版しただなんて、やっぱりビックリしてしまいます。

でも、以前 Pouch で紹介したように、ちょいワルおやじになったこともあるカーネルおじさんのことです。もしかしたら愛をささやいてくれたり、フライドチキンであんなことやこんなことする場面が出てきたりするんでしょうか……って、まさかね。

【プロモーション動画もすんごい】

こちらの小説、無料ということもあり私もさっそくダウンロードしてみました。中身はすべて英語のため理解しきれませんでしたが、全部で96ページで、章に分かれていて、なかなか本格的な様相。ぜひ日本語で読んでみたいです!

さらにスゴイのは、この小説のプロモ動画。ロマンス小説に出てきそうなセクシーガイが上半身ハダカでベッドに横たわりながら、”Tender Wings of Desire” の一部を読み聞かせてくれます。日本版動画は、ぜひ斎藤工さんでお願いしますね!!

【今年の母の日はチキンとロマンス小説を】

さて……なぜ KFC がロマンス小説を出版したのでしょうか? さきほどの twitetta さんが、こんなツイートをしています。

「日本とは異なり米国ではKFCが1番売れるのが『母の日』(母親が食事の支度をしないで済むようにチキンを買うらしい) で、お母さんが楽になるだけじゃなく、好きなロマンス小説も付けますよってなプロモーションらしい。なかなかユニークな企画ですね〜。」

プロモ動画にも、こんなフレーズが最初に出てきています。

「今年の母の日? 夕食はケンタッキー・フライド・チキンで気づかってあげて。そしてママの妄想も」

つまり、「母の日はお母さんが夕飯の用意をしなくて済むよう、ケンタッキーのチキンがオススメだよ。さらにロマンス小説も一緒にプレゼントしてファンタジーの世界を楽しませてあげて」ってことのようなのです。

というわけで、今年の母の日は夕飯にKFCのチキン、そして夜はロマンス小説で心ときめくひとときを。カーネーションなんかよりも案外、世のお母さん方はこちらのほうが喜ぶかもしれませんよ!?

参照元:Twitter @twitettaseattle [1] [2]Amazon.co.jpYouTubeADWEEK
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら