生花で作ったネクタイ「フラワータイ」がめちゃくちゃ華やか♡ 視線を釘付けすること間違いなしですぞ

多くの女性にとって、好きな男性からもらって嬉しいものといえば “花束” ですが……。男性にとって花とは、どういった存在なのでしょう?

「プレゼントすることはあっても、自分自身は花にさほど興味がない」という男性にこそ知っていただきたいのが、 “大人の男性” をターゲットにしたフラワーショップ「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター(以下、SJF)」。

東京・恵比寿の本店を筆頭に、関西や九州など各地に展開する「SJF」最大の特徴は、スタイリッシュなフラワーギフトをすべてオーダーメイドで仕上げる点。

フラワーアレンジメントをプレゼントで利用するのはもちろん、花をファッションアイテムにした商品もあるみたいなのです。

【生花でできたネクタイ、ですと!?】

「SJF」が2018年12月1日から2019年2月28日までの期間限定で販売するのは、2018年冬のファッショントレンドを意識した新作アイテム「KIRA KIRA(キラキラ)」

イベントシーズンにふさわしい華やかなアレンジメントやブーケ、フラワーボックスなど、魅力的でラグジュアリーな商品が数多く並ぶなか、ひときわ目を惹くのがアーティスティックな「フラワータイ」

こちら文字どおり、 “花でできたネクタイ” で、生花と羽根でできているんですよ。

【値段は可愛くないけど見た目は可愛いです~】

赤に青に紫に黄色と色とりどりの花々で作られた「フラワータイ」は、間違いなくコーディネートの主役! 存在感あるフェザーがよいアクセントになっていて、いつものスーツが見違えること必至なんです。

なにせ材料が生花ですので、「どれくらい持つのか」「保存方法はどうしたら」など疑問が湧いてきては止まらないのですが、そんなモヤモヤを一切合切跳ね返してしまうくらいのインパクトがあるのでオールオッケー(?)。

お値段は税込み3万2400円とお高めですが、見た目は文句なしにパーフェクトな可愛さなので、女性の視線を釘付けにしたいという男性のみなさんは、この冬のドレスアップに取り入れてみるといいかもしれません。

【アレンジメントの世界観が不思議~!】

「SJF」は今後も、「花×ファッション」の楽しみを提供できるよう、季節替わりのアイテムを発売していく予定とのこと。類を見ないオシャレアイテムですので、ファッショニスタのみなさんはさっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに……「フラワータイ」のような身に着けるアイテムではないものの、わたしが気になって仕方ないのが「Walk with a flower -KIRA KIRA design-」というアレンジメント。

まるで犬を散歩させるがごとく、お花をお散歩させているかのようなビジュアルでして、奇妙でありながらも不思議な魅力を放っております。こちらも税込み5万6700円とかなり高額ではありますが、パーティーシーンには打ってつけだと思いますよぉ!

参照元:プレスリリースサンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

生花で作ったネクタイ「フラワータイ」がめちゃくちゃ華やか♡ 視線を釘付けすること間違いなしですぞ

多くの女性にとって、好きな男性からもらって嬉しいものといえば “花束” ですが……。男性にとって花とは、どういった存在なのでしょう?

「プレゼントすることはあっても、自分自身は花にさほど興味がない」という男性にこそ知っていただきたいのが、 “大人の男性” をターゲットにしたフラワーショップ「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター(以下、SJF)」。

東京・恵比寿の本店を筆頭に、関西や九州など各地に展開する「SJF」最大の特徴は、スタイリッシュなフラワーギフトをすべてオーダーメイドで仕上げる点。

フラワーアレンジメントをプレゼントで利用するのはもちろん、花をファッションアイテムにした商品もあるみたいなのです。

【生花でできたネクタイ、ですと!?】

「SJF」が2018年12月1日から2019年2月28日までの期間限定で販売するのは、2018年冬のファッショントレンドを意識した新作アイテム「KIRA KIRA(キラキラ)」

イベントシーズンにふさわしい華やかなアレンジメントやブーケ、フラワーボックスなど、魅力的でラグジュアリーな商品が数多く並ぶなか、ひときわ目を惹くのがアーティスティックな「フラワータイ」

こちら文字どおり、 “花でできたネクタイ” で、生花と羽根でできているんですよ。

【値段は可愛くないけど見た目は可愛いです~】

赤に青に紫に黄色と色とりどりの花々で作られた「フラワータイ」は、間違いなくコーディネートの主役! 存在感あるフェザーがよいアクセントになっていて、いつものスーツが見違えること必至なんです。

なにせ材料が生花ですので、「どれくらい持つのか」「保存方法はどうしたら」など疑問が湧いてきては止まらないのですが、そんなモヤモヤを一切合切跳ね返してしまうくらいのインパクトがあるのでオールオッケー(?)。

お値段は税込み3万2400円とお高めですが、見た目は文句なしにパーフェクトな可愛さなので、女性の視線を釘付けにしたいという男性のみなさんは、この冬のドレスアップに取り入れてみるといいかもしれません。

【アレンジメントの世界観が不思議~!】

「SJF」は今後も、「花×ファッション」の楽しみを提供できるよう、季節替わりのアイテムを発売していく予定とのこと。類を見ないオシャレアイテムですので、ファッショニスタのみなさんはさっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに……「フラワータイ」のような身に着けるアイテムではないものの、わたしが気になって仕方ないのが「Walk with a flower -KIRA KIRA design-」というアレンジメント。

まるで犬を散歩させるがごとく、お花をお散歩させているかのようなビジュアルでして、奇妙でありながらも不思議な魅力を放っております。こちらも税込み5万6700円とかなり高額ではありますが、パーティーシーンには打ってつけだと思いますよぉ!

参照元:プレスリリースサンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら