クリームチーズ天国「kiri cafe」のオススメ紹介するよー!! 試食会でほぼ全メニュー食べてきましたっ

世にコラボ商品やコラボメニューは数あれど、クリームチーズの「kiri」ほどハズレがないものは無い気がします。コンビニスイーツなんかで、パッケージに丸っこい青字で「kiri」と書いてあるだけで、無条件に「買い」判定してしまう方も多いのではないかと。

さて、そんなコラボ界の絶対王者「kiri」のカフェが、先日の記事の通り、2017年4月14日に東京・青山の「ロイヤルガーデンカフェ」にオープンします。このコラボカフェ、昨年も開催されて大好評だったもので、2回目となる今回はさらにグレードアップしてるらしいんですよ。

オープン直前の今日13日、お誘いいただいた試食つきの内覧会に腹ペコ状態で参加して、いろんなメニューを食べまくってきました! うほほーい! しっかりレポートしますよっ。

【目玉は有名パティシエ監修のデザートプレート】


今年の「kiri café」も、食事メニューからデザートまでたくさんのメニューがずらり。なかでも目玉は、1日150食限定のデザートプレート「kiri No.5 2017」(2000円)です。Hanako や CREA のスイーツ特集の常連、「パティシエ エス コヤマ」の小山進シェフが監修してるんです。

この「エス コヤマ」は、一部のお菓子好きの間で、なかなか食べられないことでも有名なお店。というのも、お店の場所が兵庫県三田(さんだ)市で、都市部から離れているから……。先日私が取材した、チョコレートのコミケこと「サロン・デュ・ショコラ」でも、長い列を作っていて1時間待ちはザラでした。

つまり……「kiri」 と「エス コヤマ」のデザートプレートは、お菓子好きにとってはたまらない組み合わせなのです♪ 今回ありがたいことに、「kiri No.5 2017」をいただけました!

【5つの特製デザートを楽しめるよ】

長方形のお皿で出された「kiri No.5 2017」。お皿の上には、「kiri」のクリームチーズを使った5つのお菓子が並んでいます。

5つのお菓子はそれぞれ……
小山プリン フロマージュ
小山チーズ 宇治抹茶
kiri ロール
苺と kiri のマカロン
kiri クリームチーズアイス&マンゴーパッションクーリ

☆印のメニューは、今年新たに追加されたものです。小山シェフいわく、昨年のデザートプレートで重視した食感のバリエーションに加えて、今年は抹茶や苺といった素材とのマリアージュにこだわったそうです。

とにかくどれも美味しいのですが、5つのデザートの中で、個人的にいちばん好きだったのは、パッションフルーツソースのかかったアイス「kiri クリームチーズアイス&マンゴーパッションクーリ」。シンプルなだけに「kiri」のミルキーで濃厚な風味が際立っていました。「kiri」のソフトクリーム屋さんとか出してほしいレベルの美味しさ……。

そして「小山チーズ 宇治抹茶」は、たった10分の焼き時間で、しっとりふわっふわで柔らか。まるでスフレのよう。

小山シェフが「フォークではなく、手でふたつに割ってみてください」と言っていたのも納得で、手にしただけで優しさに包まれるような感覚に……。抹茶の爽やかな苦味が、これから迎える新緑の季節にピッタリです。

昨年から引き続き登場の「小山プリン フロマージュ」は、とろとろの食感。クリームチーズの酸味がいいアクセントになっていました。「苺と kiri のマカロン」は、フランス産の「センガセンガナ」という風味の強い苺を使っているそうです。名前だけ聞くと「でんがなまんがな」みたいだけど、酸味がちょうどよくて美味しかったです。

ひと口サイズとはいえ「kiri」のクリームチーズならではの濃厚な風味で、おなかの満足度も高めでしたよ〜。

【食事メニューも本格的】

デザートだけではなく「ロイヤルガーデンカフェ青山」の食事メニューもビュッフェスタイルで提供され、今回おそらくほぼ全種類いただけました。

なかでも「彩り野菜のスティック、ポテトケーキ、スモークサーモン」が美味しかった〜!

珍しい野菜のオンパレードで目に楽しいだけでなく「kiri」のディップソースと一緒に野菜の甘みがしっかり味わえます。カリッカリのポテトケーキがつくので、ヘルシーなだけじゃなく満足感も十分です。

カレー好きの私は、「ダールカレーディップ 旬の野菜ロースト パピヨット包み」もオススメしたいです。

このカレーは、豆カレーがあんまり好きじゃなかった人にこそ食べて欲しい一品。「 kiri」がカレーにマイルドさとコクをプラスしています。蒸し焼きの野菜がついてくるのもいいですね。

そして「kiri」のポテンシャルを一番感じたのが「カボチャのポタージュ」。

超濃厚で、今まで飲んできたカボチャスープの中でもベストワン。家でポタージュを作るときにも、隠し味でクリームチーズを入れると良さそうです。今度試してみようっと。

【友達同士でシェアしていろんなメニューを食べよう】

「kiri café」はどれもこれもハズレ無しの美味しさでした! 取材で試食に行くと、写真をいいカンジに撮ったりメモを取るのに必死で、食べるのは大急ぎ。ぶっちゃけ、肝心の味を覚えてないこともあったりするのですが、今回はバッチリ記憶しています。

隠し味的に使われた「kiri」のコクが料理の旨味を引き立てていて、味が濃厚なだけにけっこうお腹にたまります。お値段もだいたい1皿1500円ほどと、ちょっぴりお高めなので、友達同士で誘い合わせて何品かシェアするのがいいと思いますよ。

今年のオープンは5月12日まで。メニューによって提供される曜日や時間が異なるようなので、事前にチェックしておくとよさげです。文句ナシでオススメなので、皆さんぜひ足を運んでみて下さい!!!

参考リンク:kiri café
執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

続きはこちら

【クリチ好き集合!】大人気の「kiriカフェ」が今年も期間限定オープン! ここでしか味わえないkiriのクリームチーズを贅沢に使ったメニューがいっぱい

昨年、初の開催ながら大好評を博した「kiriカフェ」。今年もまたまた期間限定でオープンすることが決定しましたよ!

料理すべてにkiriのクリームチーズが使われている上に、世界中ココでしか味わえないメニューばかりが並んでるとくれば、クリームチーズ好きは大興奮間違いナシ★ いったい今年はどんな料理やスイーツが味わえるんでしょうか……?

【小山進シェフの新作スイーツ】


兵庫県三田市にある大人気店「パティシエ エス コヤマ」。注目は、こちらのオーナーシェフである小山進さんが監修したオリジナルのスイーツ

ひとつのお皿に「小山ぷりん フロマージュ」「小山チーズ 宇治抹茶」「kiriロール」「苺とkiriのマカロン」「kiriクリームチーズアイス&マンゴーパッションクーリ」の5種類のメニューが並ぶという贅沢すぎるメニューが「es koyamaプレート kiri No.5 2017」(2000円)です。

すべて新作スイーツなうえに一日150セットの限定販売のため、これは本当に貴重!

【kiriを使ったオリジナルフードメニュー】

そして、昨年も人気だった「kiriカフェ」オリジナルのフードメニューもさらにパワーアップ! 「Royal Garden Cafe 青山」のシェフ考案の「kiri クリームチーズ」をたっぷり使った新作料理の数々がズラリと並びます。

「スパゲッティ 季節野菜とサーモントラウトのkiriクリームチーズトマト風味」や「スパイシーチキンのグリル kiriハーブ&ガーリックのケール包み」などどれをとってもおいしそう! サラダからメイン、デザートまでそろうので、コース料理のようにオーダーしてkiriづくしにするのも手です。

【開催期間や場所は?】

kiriカフェは4月14日から5月12日までの期間限定オープン。場所は東京北青山の「Royal Garden Cafe 青山」です

「とびっキリを召し上がれ」という言葉どおり、kiriをふんだんに使ったプレミアムなメニューの数々をここぞとばかりに堪能して♪ 「全部のメニューを食べつくしたい!」という人は複数で行くとシェアできてよさそうですね!

参照元:kiriカフェ
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら