新作ドラマ「プリンス・オブ・レジェンド」の内容がヤバすぎる! さすがハイロースタッフと感心しちゃう第1話の見所をまとめてみたよ

ハイロー沼にどっぷりハマったわたしが今いちばん気になっているのが、ハイロースタッフが集結して作られた新プロジェクト『PRINCE OF LEGEND(プリンス・オブ・レジェンド / 通称:プリレジェ)』です。

「王子が大渋滞」というなんとも印象的なキャッチフレーズがつけられた『PRINCE OF LEGEND』は、ドラマ・映画・ゲーム・ライブ・イベントなどから成る、LDHが総力を上げて作り上げる一大プロジェクト。

「ヤンキー」「生徒会」「3B(美容師・バーテンダー・バンドマン」といった多様なジャンルの個性豊かな “王子” たちが、6チーム、総勢14名も登場。激しいバトルを繰り広げるという 、 “新時代の物語” だといいます。

【第1話には「Team 奏」が登場!】

2018年10月4日深夜0時59分からついにドラマがスタートし、いよいよ本格始動という感じ。さっそく第1話をチェックしてみたのですが……期待どおりでありながら、同時に期待を大きく裏切ってくる、爽快なドラマに仕上がっていたのであります……!

Instagram Photo

第1話に登場したのは総資産数兆円といわれる朱雀グループの御曹司・朱雀 奏(すざく かなで / 片寄涼太さん)がリーダーの「Team 奏」。合計6つの王子チームのうち、もっとも王道な王子様グループといえましょう。

Instagram Photo

【運命の出会いと思いきや…】

“セレブ王子” と呼ばれる奏は容姿端麗なだけでなく文武両道、そのうえ心優しくて純粋と、まさに絵に描いたようなプリンスなのでありました。

Instagram Photo

ある日、父親から「初恋の人の娘が苦労して生活しているらしいから、自分の代わりに様子を見てきて欲しい」と頼まれた奏。娘を探しに行ったところ、その可憐な姿にドキュン!と胸を射抜かれ、一目で恋に落ちてしまいます。

【「クソ王子」って言われてフラれちゃったんですけど~~~!】

娘の名前は成瀬 果音(なるせ かのん / 白石聖さん)。果音が自分にとって “理想のプリンセス” だと思い込んだ奏は、王子様らしく、ひざまずいて愛の告白をするのですが……。

Instagram Photo

運命だとつぶやく奏に対し、果音は「お花畑に住んでるんですね!(半笑い)」と一刀両断。ネクタイをつかんで、「男の妄想、押し付けるのやめてもらえますか!?」「このクソ王子」と啖呵を切って、強い視線で睨みつけたのであります。

【「果音さま無双」の物語ってこと?】

イケメンたちを “王子” に据えて乙女ゲーばりの展開を見せてくれたと思いきや、最後の最後に型破りなプリンセスを出してきたプリレジェに、心の中で大拍手。

こういう流れってことはもしや、陰の主役はほかならぬ果音ってこと? 果音がたった1人で男たちをバッタバッタとなぎ倒してゆく、 “果音無双” の物語ってことなのかしら~!?!?!?

【ネットでも話題になってます】

ストーリーのほかにもツッコミどころは数多く、CMに入る前と後に流れる映像が14人の王子たちによる謎の壁ドンシーンだったり、ドラマの途中でちょいちょいキャラクターの自己紹介みたいなシーンが入ったりと、何もかもが斬新。

ツイッターにもたくさんの感想が寄せられていて、

「CM前のコレ、なに(笑)」*コレ=壁ドン
「プリレジェさんの想定する ″シンデレラ″ があまりにも強過ぎる」
「LDHがハイローで培ったノウハウを乙女ゲー方向に活かすとこうなるというのをまざまざと見せつけられている」

といった具合に、興味深い感想が多数。波乱の幕開けから一体どう展開していくのか、そして今後はどんな “王子” が登場してくるのか、1話たりとも目が離せません!

【第2話はどうなっちゃうの!?】

第2話では、奏を支える “メガネ王子” こと第1側近の久遠 誠一郎(くおん せいいちろう / 塩野瑛久さん)と、 “下克上王子” こと第2側近の鏑木元(かぶらぎ げん / 飯島寛騎さん)がバトルを繰り広げるそうなので、こちらも見逃せないっ。

冒頭で “新時代の物語” とご紹介しましたが、観終わってみればたしかに、これは新時代のドラマですわ~!

参照元:『PRINCE OF LEGEND』公式サイトYouTubeInstagram @prince.of.legendTwitter #PRINCEOFLEGENDTwitter検索 プリレジェ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【沼】『HiGH&LOW』にハマった私が感じる “ハイロー” の魅力30個 / キャラ設定が2次元、九十九さんの体が丈夫すぎるなど

2015年に深夜ドラマからスタートしたLDHの「HiGH&LOWプロジェクト」。2016年に映画化され、2018年9月28日には映画5作目となる『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』が公開されます。

ファンからはハイローと呼ばれ親しまれている『HiGH&LOW』シリーズの人気が一気に爆発したのは、 映画第1作目『HiGH&LOW THE MOVIE』(通称“ザム” )が公開されたとき。

映画を観るまではLDHに全く興味を抱いていなかったであろう映画ファンたちが次々とその魅力に憑りつかれ、ついには “布教活動” にまで励み出す様子を、インターネットを通じて眺めておりました。

「この感じ、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が超人気になったときと似ているな~」なーんて思いながら……。

そして時は流れて2018年秋。なんだかんだとハイローを観ないままここまできてしまったワタクシでしたが、いまさらながら、ハイロー沼にどっぷりハマってしまいました~!

【いまさら「ハイロー沼」にハマりました】

きっかけは、9月21日夜19時からニコニコ動画で放送されていた、「『HiGH&LOW』シリーズ5作品 33時間一挙放送」という企画。

軽~い気持ちで見始めたところ……。なにこれ超面白い! つーか、面白すぎてトイレにすら行けない! ……と、観れば観るほどハイローの魅力に引きずり込まれてしまったのであります。

Instagram Photo

【オタクがハイローにハマる理由を30個考えてみた】

前置きが長くなってしまいましたが、そんなわけで今回は、オタクたちが軒並みハイローにハマっていく理由を超初心者目線から考えてみようと思います。

1. キャラ設定が2次元
2. 「治外法権の街・無名街」とか「留年すればするほどハクがつくから20歳超えは当たり前の高校」とか、ストーリー設定が異次元
3. セットとは思えない街の作り込み方
4. チームごとにファッションが異なるのが最高
5. チーム名のセンスの良さ(鬼邪高校→おやこうこう など)
6. 作画がいい(出演者の顔が軒並み抜群にいい)
7. 各チームの色が濃すぎる
8. 「全員主役」と謳われているとおり、全員キャラが濃いので推しを見つけるのが大変(でもそれが楽しい)
9. 日によっていろんなキャラの夢女になれる(ちなみにわたしは雨宮兄弟の女になったり、鬼邪高・村山の女になったり、ホワイトラスカルズのKOOさんの女になったりしています)
10. 出演者の運動神経が良すぎてアクションレベルが桁違いに高い
11. 特にルードボーイズのパルクール戦術は観ていて爽快
12. 達磨一家(だるまいっか)の戦い方の様式美よ
13. LDHではない俳優陣の役作りが圧巻(特に林遣都さん!『おっさんずラブ』の牧くんと同一人物とは思えません)
14. 癒し系3人組 “DTC(ダン・テッツ・チハル)” がかわいい
15. コブラとヤマトのムゲン時代もかわいい
16. ホワイトラスカルズのKIZZY&KAITOカップルもかわいい
17. セイラさまマジイケメン
18. 雨宮兄弟の兄・雅貴が弟の広斗に「おにいちゃんのいうことをききなさい!」というシーンには萌えしかない
19. 九十九(つくも)さんの体が丈夫すぎる
20. 九龍グループ・家村会の二階堂さんが美しすぎる
21. チーム曲にハマる(マイティマイティウォーリアーズマイティマイティウォーリアーズ♪)
22. テーマ曲『HIGHER GROUND feat.Dimitri Vegas&Like Mike 』はもはや国歌
23. SWORDの全チームが九龍グループに殴り込みをかけるシーンが完全にマッドマックス
24. 深夜ドラマのレベルをはるかに超えたお金のかけ方
25. もちろん映画にもめちゃくちゃお金がかかってそう
26. 映画冒頭10秒ほどで街が爆破→盛大に燃える
27. 村(街)を焼かれ、吐血を繰り返す窪田正孝さんが、儚げで眼福
28. マイティウォーリアーズ(九龍グループ・劉会)の劉の武器が「青竜刀」というところが中二心をくすぐる
29. 「車のボンネットに乗ったまま登場」「素手で戦う男2人 vs 銃を持ったヤクザ100人超(そして素手が勝つ)」など、ありえないことが次々起きる
30. とんでもない人数がぶつかり合うザムの戦闘シーン&レッレの雨宮兄弟無双でアドレナリン大放出

【二次元並みの作画(ビジュアル)とハイパーアクションで心を持ってかれます】

Instagram Photo

いかがでしょうか。ここまで読んでいただいてうっすらお気づきかとは思うのですが、ハイローの世界観って完全に漫画なんですよね。キャラもストーリーもなにもかもが三次元ではなく二次元で、この点が、人々を惹きつけてやまない大きな理由なのではないかと思った次第……!

ハイローの魅力はまだまだ書ききれませんが、このたびの記事が、未見のみなさんがハイローに触れるきっかけになったら幸いです。ダマされたと思って、1回でいいから観てみてください!!!!!

参照元:HiGH&LOWYouTubeInstagram @high_low_official
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら