お部屋の中がまるで宇宙空間に…! 月や地球がデザインされたまん丸なライトが幻想的で素敵です

秋の夜長、どうやって過ごす? ドラマ鑑賞や読書、編み物なんかもいいけれど、真っ暗なお部屋で宇宙に浮かぶ惑星を眺めるなんてのも素敵じゃない?

今回ご紹介する「インフレータブルライト」は、そんなロマンティックなひとときを叶えてくれるアイテム。

地球や月などのデザインのまん丸なライトなのですが、LEDライトが七色に光ることで幻想的な空間を作り出してくれるんです!

【吊り下げるだけでお部屋が宇宙空間に】

空気を入れるとビーチボールのように膨らませることができる「インフレータブルライト」。デザインは「MOON(月)」「EARTH(地球)」「GALAXY(銀河)」の3種類です。

インテリアとして飾って楽しむこともできますが、せっかくなら上から吊り下げて。お部屋を暗くしてスイッチオンすると、LEDライトがランダムに変化して宇宙空間で月や地球を眺めている気分に浸れちゃいます。

【幻想的な七色の光に癒やされて】

価格はひとつ2376円。ヴィレッジヴァンガード オンラインストアでは現在品切れ中ですが、他の通販サイトでも販売中なので欲しい方は探してみて。


まだまだ簡単には宇宙へ行けないけれど、お部屋で宇宙旅行気分を味わうのも悪くないかも。ぼーっと眺めているだけで至極のリラックスタイムを過ごせそうです♪

参照元:ヴィレッジヴァンガード オンラインストア
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

お部屋の中がまるで宇宙空間に…! 月や地球がデザインされたまん丸なライトが幻想的で素敵です

秋の夜長、どうやって過ごす? ドラマ鑑賞や読書、編み物なんかもいいけれど、真っ暗なお部屋で宇宙に浮かぶ惑星を眺めるなんてのも素敵じゃない?

今回ご紹介する「インフレータブルライト」は、そんなロマンティックなひとときを叶えてくれるアイテム。

地球や月などのデザインのまん丸なライトなのですが、LEDライトが七色に光ることで幻想的な空間を作り出してくれるんです!

【吊り下げるだけでお部屋が宇宙空間に】

空気を入れるとビーチボールのように膨らませることができる「インフレータブルライト」。デザインは「MOON(月)」「EARTH(地球)」「GALAXY(銀河)」の3種類です。

インテリアとして飾って楽しむこともできますが、せっかくなら上から吊り下げて。お部屋を暗くしてスイッチオンすると、LEDライトがランダムに変化して宇宙空間で月や地球を眺めている気分に浸れちゃいます。

【幻想的な七色の光に癒やされて】

価格はひとつ2376円。ヴィレッジヴァンガード オンラインストアでは現在品切れ中ですが、他の通販サイトでも販売中なので欲しい方は探してみて。


まだまだ簡単には宇宙へ行けないけれど、お部屋で宇宙旅行気分を味わうのも悪くないかも。ぼーっと眺めているだけで至極のリラックスタイムを過ごせそうです♪

参照元:ヴィレッジヴァンガード オンラインストア
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

欲しいぶんだけハサミで切って貼れるLEDライト「#はるる」が超便利! 人感センサー式やスイッチ式などから選べます

夜中ふとトイレに起きたときなどに欲しくなるのが、 “ちょっとした灯り” 。廊下や階段、玄関を、ほんのり照らしてくれるライトがあればいいなと考えるときが、きっとみなさんもあると思うんです。

そんなときに便利なのが、2018年8月8日に発売された粘着テープ付きLEDライト「#はるる」

こちらのLEDライトは、欲しいぶんだけハサミでカットして貼り付けることができる優れもの。照明をわざわざ取り付ける手間もないので、思いついたときパパっと使えるところが利点なんです。

【好みに応じてタイプをチョイス】

テープ状の「#はるる」はバリエーション豊富で、手動スイッチで灯りが点く常灯タイプ、手をかざすだけでつけたり消したりできる非接触タイプ、人感タイプ、そして暗闇で人を感知するタイプの合計4タイプ。それぞれ長さ1mと3mの展開で全8商品がラインナップされています。

【マジで「切って貼るだけ」だから超簡単!】

使い方はとっても簡単で、ライトを設置したい場所のほこりをふき取ってLEDライトをハサミでカット、裏面の粘着テープを剥がして貼るだけ。人感センサー器具も付属の粘着シールで貼ることができるので、誰でもスイスイ取り付け作業ができちゃうんです。

電源はACアダプタのほか、電源の無いところで使えるUSB充電式乾電池式もあるので、必要に応じてチョイスすることが可能。

【さまざまな理由で設置を諦めていた人に◎】

テープ状なので曲面にも使用できるという点もまた、テープ状LEDライトのいいところ。部屋の中だけでなく、クローゼットの中などにも設置できますし、まさしく “かゆいところに手が届く” 商品といえましょう。

「照明が欲しくても工事を考えると取り付けられなかった」「賃貸物件なので設置場所を傷つけたくない」といった理由で断念していたというひとにとって、「#はるる」はきっと待望の商品。

全国の家電量販店と通販サイト「ユアサプライムスドットコム」で販売中。お値段も1980円から3480円とお手頃なので、さっそく取り入れてみるといいかもしれません。いやはやそれにしても、ハサミで切って貼るだけのライトだなんて、便利な世の中になったものだわ~!

参照元:プレスリリースユアサプライムスドットコム
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

猫がスヤーと寝ている形をした「寝るとき専用LEDライト」がおもわず撫でたくなる可愛さ! ハリネズミやウサギもあります


4月から始まった新生活、そろそろ疲れが見えてきた人も多いのでは? 体や心が疲れるとぐっすり眠れそうですが、実は逆に夜になっても気持ちが休まらなくて寝つけない……なんてこともあるんですよね。

そんなときは照明にこだわってみるのもひとつの手かも。「Nell Light」ネコ、ウサギ、ハリネズミというキュートな動物たちがそばに寄り添ってくれて、ふんわりとお部屋を照らしてくれるんです。……うん、なんだか眠れそうな気になってきた!?

【なでなでするとライトの明るさが変化!】

動物たちがすやすやと眠るフォルムにとっても癒やされる磁器製ライト「Nell Light」。スイッチを押さなくてもちょっとした音や振動に反応して点灯するのが特徴で、約1分、または30分で自動消灯するそう。

例えば夜中にトイレに行きたくなったとき、電気をつけにいくのも面倒だし、電気をつけたとたん眩しくなるのがネックだと思うのですが、この「Nell Light」ならそんな心配もなさそう。

明るさは3段階で調節可。動物たちのからだを撫でることで、タッチセンサーが完治して明るさを変えてくれるんですって!

電池交換式(単4電池3本/別売り)のため、コード不要で繰り返しの使用が可能。ベッドサイドや玄関などで暗い手元をやさしい光で照らしたい……なんてときにピッタリなLEDライトですね。

【ペットのような癒しの存在】

白の磁気でできたシンプルなデザインはインテリアとの馴染みもよし。毎日そばに置いて、なでているうちにペットのような愛着がわいてきちゃうかも! 動物はネコ、ウサギ、ハリネズミの3種類ですが、ネコは現在在庫1個でいちばん人気のようです。

皆さんの毎日の癒しの存在となってくれそうな「Nell Light」、お求めはヴィレッジヴァンガードオンラインストアでどうぞ。税込2592円というお手頃価格もうれしいです♡

参照元:ヴィレッジヴァンガードオンラインストア[1][2][3]

執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

再現力が高すぎる! たき火の揺らぎを表現したカプセルトイ「ゆらいで灯る たき火」に癒される

たき火によって起きる “火の揺らぎ” って、ずーっと眺めていたくなるくらいに綺麗。パチパチという音もひっくるめて、底知れない癒し効果があるような気がします。

しかし都会で生活していると、日常的にたき火を行うのは難しいものです。でも、このカプセルトイ「ゆらいで灯る たき火」があれば、たき火をしている気分がほんの少しだけ味わえちゃうかも!

【あなた好みの「たき火」はどれかな?】

シルバニアファミリー」でおなじみ、エポック社が販売している「ゆらいで灯る たき火」(各税込み300円)。

ラインナップは全4種類。火のまわりを石が囲み、両サイドに魚が刺してある「焼き魚」に、ハンドルをぐるぐる回してお肉を焼く「バーベキュー」。ドラム缶の中で火をたく「ドラム缶」、さらにはごくごくシンプルな「たき火」という品揃えでして、どれもこれも結構リアル!

フィギュアと合わせて遊んだら、かなり楽しめそうな予感がしますっ。

【LEDライトを使用、ライトの明暗を調節できる】

“ゆらいで灯る” と謳っているだけあり、集められた木の枝の中でぽわんと光る炎の色は赤々としていて、画像で見ただけでも、揺らいでいるように感じます。

「エポック社 カプセルコレクション」のツイッターを見ると「静止画ではゆらゆら感は全く伝わりませんでした。ゆらゆら感、是非現物でお楽しみ下さい。」と書かれていて、実物はもっとすごいみたい!

たき火はLEDライトで表現。不規則に明滅することで、揺らぎを演出しているそうで「スイッチ1つでライトの明暗を調節できる」というひと工夫も。これで300円ぽっきりって安すぎませんかね、エポック社さん……!

玩具メーカーの本気が垣間見える「ゆらいで灯る たき火」、癒されたいあなたはぜひゲットを☆

参照元:エポック社 カプセルコレクションTwitter @EP_CAPSULE
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

カッコよすぎて鳥肌☆ ウクライナの「LEDダンス」が人気オーディション番組を一撃で制圧した瞬間

2006年にスタートしたアメリカのオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』は、2017年でシーズン12を迎えました。

本日ご覧いただくのは、ウクライナのダンスチームによるLEDライトパフォーマンス

真っ暗闇の中、体中にLEDライトをつけて踊る姿に観客一同釘付けに。辛口審査員として知られる音楽プロデューサーのサイモン・コーウェルさんも終始笑顔で、その圧倒的なクオリティーによって、会場中を大いに沸かせています。

【演出が最高すぎるから観て】

冒頭に登場したのは、LEDライトを身にまとった、椅子に座ったヒゲの男性。

ゆっくりと立ち上がり、数歩前に向かって進んだ、その次の瞬間。ブルーノ・マーズさんのヒット曲『24K MAGIC』が鳴り響き渡ると同時に、男性の後ろからLEDライトをつけたダンサーたちが飛び出してきたではありませんか!

会場が真っ暗なぶん、ライトを消すと一切その姿は見えません。だからまるで、魔法みたいにパッと現れては消えているように見えるんですよね。

【これはゴールデンブザー押しちゃうよね】

このような効果を利用して繰り広げられるパフォーマンスは、エンターテインメント性に満ち満ちていて、まばたきするのが惜しくなってしまうほど。出演者のタイラ・バンクスさんがゴールデンブザーを押してしまうのも無理はありませんっ。ちなみにゴールデンブザーとは、誰か1人でも押すと予選通過が決定する特権のことです~。

【拍手せずにはいられなくなるほどハイレベル!】

パフォーマンス終了後、会場はスタンディングオベーション状態。大歓声を受けたダンスチームは、想像以上の反応に、嬉しさを感じつつも戸惑っているように見えます。

しかしその全貌を観ればきっとあなたも、拍手を贈らずにはいられなくなるはず♪ 実際に目の前で体験したらきっと、感動で胸がいっぱいになっちゃうだろうな……!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら