『誰でも使えるムロツヨシからの結婚お祝いVTR』が本当に誰でも使える仕様でジワる

「ムロツヨシの癒やし動画」で世間を思いっきりザワつかせたNHK人気番組『LIFE!』と「NHK 1.5ch」が、またもやムロツヨシさんをフィーチャーしたおかしな映像作品をYouTubeに投稿。再生回数20万4000超と、ヒットを飛ばしているんです。

動画のタイトルは『誰でも使えるムロツヨシからの結婚お祝いVTR』

読んでそのまま誰でも使える内容となっており、新郎との関係性をあいまいに語ったり、新郎新婦の名前をボヤかしたりと、いたるところにユーザーへの配慮が見受けられるんですよ。

【よくよく聞いてみると…!?】

ムロさんは、 “新郎の友人” という体(てい)で「ハッピーウエディング!」と元気よく登場。

「新郎とボクは、ちょっとした関係がありまして……」と語りはじめたはいいものの、その内容は「先輩というか後輩というか」「友達以上親友未満というか、知り合いというか…そうじゃなかったりするんですけども」といったもので、結局何の関係もないということを長々語っているだけ。

【結局「赤の他人」じゃん!】

その後も「新郎から相談を受けた……といえばウソになるんですけども」と、やっぱり何の関係もないというエピソードを語ったり。新婦の写真を見て、「あの芸能人に似てる……名前は出てこないんですけども」とテキトーなことを言ったりと、ムロさんの “ふわっとした内容” の一人語りは続きます。

最後はついに新郎の人柄について話し始めるのですが、感極まってしまい、言葉に詰まるムロさん。溜めに溜めたあげく「ここで言うことじゃない」という言葉で締めてフィニッシュ!

始めから終わりまで一貫して “ふわっとした話” をし続けたムロさんに、プロ魂を感じずにはいられませんでしたよ……。うん、これなら誰でも問題なく使えるね~!

【勇気のある人は使ってみよう】

結婚式で有名人からのお祝いVTRが流れると、会場が一気に温まるものです。「有名人の知り合いは1人もいないけれど、1度でいいから流してみたい!」というあなたは、試しに流してみてはいかがでしょうか。

ただし……その後どんな空気になるのかは読めませんし、もちろん責任も取れませんので、自己責任でお願いしまっす!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【どうしたNHK】愛らしい動物動画をムロツヨシで再現する「ムロツヨシの癒やし動画」の破壊力がヤバイ

今ツイッターを中心に注目を集めているのが、YouTubeにアップされている「ムロツヨシの癒やし動画」

NHKの人気コント番組『LIFE!』が「NHK 1.5ch」とコラボして完成した「ムロツヨシの癒し動画」は、ネットで拡散されている動物の愛らしい動画をムロさんが再現するという、わけのわからない企画です(ほめてます)。

「NHK 1.5ch」は、NHKで放送された番組のうち「いちばん見てほしい部分だけを見やすいかたちでまとめた」もの。ご覧いただければ、NHKのいう「いちばん見てほしい」という趣旨が、痛いくらいによくわかります。

【タイトルからして面白いからずるい】

現在公開されているのは『水を飲むのが下手な ムロ。』『滑り込む ムロ。』。もうタイトル聞いただけで、含み笑いしちゃいますよね。

『水を飲むのが下手な ムロ。』のモデルとなっているのは、蛇口から出る水を上手に飲めなくて、頭から浴びちゃっている猫たん。これをムロさんで再現すると……あらやだ! 案の定、猫たんほど可愛くない~! そして、こういう妖怪どこかにいそう。(失礼)

頭から水を浴びてビチョビチョになりながら、目をカッと見開き、ペロペロと舌を出し続けるムロさん。必死になって舌を伸ばすものの、水に全然届かず四苦八苦しています。頑張ってる姿に、ほんのり哀愁すら感じる……!

【ダンボール箱に突撃するムロさんの「顔」にご注目】

もうひとつの『滑り込む ムロ。』は、ダンボール箱の中に勢いよくズザーーーッと猫たんが滑り込む動画がモデル。

これをムロさんで再現すると……あらやだ! 可愛いとか癒されるとかいう前に、箱に滑り込んだときのムロさんの表情が面白すぎるのですが~! 完全に顔芸じゃないですかコレ。

こんな具合にムロさんをいじくり倒しているわけなのですが、さすがNHK、 “ムロさんの使い方” をよくわかっていらっしゃる! この企画を考えた人と企画を通したエライ人を、全力でほめたたえたい気分です。

ちなみにわたしが今後取り上げてほしいのは、以前 Pouch で紹介した「お家に帰りたくない柴犬・優(ゆう)」の動画。

「帰りたくない!」と地べたに寝そべるムロさんを遠くから眺める……想像するに、面白さしかないと思いません!?

参照元:YouTube [1] [2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら