【ちょい閲覧注意!?】史上最強にかわいい「クモ」アニメに新作が…! ハロウィンにちなんで怖~い物の話をしていると…?


2017年11月に、クモのルーカスを主役にした可愛らしいアニメーション『Lucas the Spider』が誕生するというニュースをお伝えしたんですが……それから約1年後の現在。すでに10本以上もの作品がYouTubeに公開され、世界中に着々とルーカス君ファンが増えているみたい。

今回はシリーズ新作となる「Lucas The Spider – Scary Stories」をご紹介します! ハロウィンシーズンだからなのか、なんだかちょっぴり怖いお話みたい……?

あ、先にお伝えしておくと、ルーカス君はとっても可愛い……けれども、動きや毛などがかなりリアルです。クモが苦手な方は映像を観るのがつらいかもしれませんので、ここまでにしておいてくださいね!

【新作はちょっと不気味な雰囲気】

分厚い絵本の上に乗って登場した一匹のクモ。ハイ、ぐるりと動く大きなお目めともふもふボディがチャームポイントの彼こそがルーカス君。本シリーズの主人公です。

今回はいつもとちがい、冒頭ではおばけ姿でおどろおどろしいBGMとともに登場したルーカス君。妖しく光るお部屋の中で「クモは怖いっていうけどちっとも怖くないよ! ホントに恐ろしいのは……掃除機さ!」なんて力説します。

まあたしかに、見た目で敬遠する人も多いクモですが、掃除機の手にかかれば「シュポッ」と吸い取って終わりですからね。クモのほうからしたらたまったもんじゃない、恐ろし〜い存在ってのもわかる!

そして最後はその大嫌いな掃除機の音が近づいてきたもんだから、ワーッ! と叫び声を上げて、ルーカス君はあわてて逃げ去っちゃいました。あいかわらず声も動きももかわいらしい……!

【再生回数180万回近く! 愛らしい声や動きが魅力】

今回の新作も、制作者は大ヒット映画『ズートピア』のアニメーターを務めたこともあるジョジュア・スライスさん。ルーカスの声はジョジュアさんの甥っ子・ルーカス君が担当しています。

10月12日に公開されて、すでに再生回数240万回に達した「Lucas the Spider」。ぜひ皆さん、参照元からご覧あれ~☆ 英語がわからない人でもアニメーションのリアルさやルーカスの声の愛らしさで、たちまち大好きになっちゃうはず!

参照元:YouTube
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

「かわいすぎるクモ」の動画は一度見たら中毒になるっ! 手作りハープでお歌を披露しているとスズメがやってきて…!


以前 Pouch で紹介した “かわいすぎるクモ” が主人公のアニメーション動画、『Lucas the Spider』に、続篇が登場していた模様。

ディズニー映画『ズートピア』も手掛けたというアニメーター、ジョシュア・スライスさんが制作しているクモアニメ。前回は、ジョシュアさんのYouTubeチャンネルから記念すべき初作品を取り上げました。

現在は7本の作品が公開中で、最新作は公開後わずか1週間で659万回を超える注目作品となっているようです。

【やんちゃなルーカスにキュン♡】

主人公のクモの名前は、ルーカス。ルーカスの声を担当しているのはジョシュアさんの甥っ子・ルーカスくんで、続篇でも配役はもちろん、そのまんま!

続篇でのクモのルーカスは、シンクをすべり台にして遊んだり、人間に捕まったり(スグに脱走に成功!)、はたまた寝ているワンコを起こしたりと、やんちゃぶりを発揮。ときには楽器の演奏を披露するなどして、器用な一面も見せてくれているんです。

【ハープ弾きながら歌ってるううう】

わたしが特に好きなのは、愛らしい声で弾き語りしてくれている動画『Encore』。2018年3月30日に公開されたこの作品で、ルーカスはお手製のハープを奏でているんです。

木の枝を三角形にし糸を張っただけのハープからは、その見た目からは想像できないほどの美しい音色が聴こえてきます。

体中にモフモフと生えた毛をファサファサと揺らしながら、大きなお目目をくりくり動かしてお歌を歌うルーカスが、愛しくって愛しくって、もうどうしましょう……!

【もっともーっとルーカスたんが見たいっ!】

クモの造形がとにかくリアルなので最初見たときこそひるみましたが、愛らしい仕草や声を聴いているうちに、どんどんルーカスのことが好きになってしまうから不思議です。

見れば見るほどその魅力にハマるのは、ルーカスに命を吹き込んだジョシュアさんの手腕あってこそ。これから先もたくさん続篇が作られることを、心から願っておりま~す!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

「かわいすぎるクモ」の動画は一度見たら中毒になるっ! 手作りハープでお歌を披露しているとスズメがやってきて…!


以前 Pouch で紹介した “かわいすぎるクモ” が主人公のアニメーション動画、『Lucas the Spider』に、続篇が登場していた模様。

ディズニー映画『ズートピア』も手掛けたというアニメーター、ジョシュア・スライスさんが制作しているクモアニメ。前回は、ジョシュアさんのYouTubeチャンネルから記念すべき初作品を取り上げました。

現在は7本の作品が公開中で、最新作は公開後わずか1週間で659万回を超える注目作品となっているようです。

【やんちゃなルーカスにキュン♡】

主人公のクモの名前は、ルーカス。ルーカスの声を担当しているのはジョシュアさんの甥っ子・ルーカスくんで、続篇でも配役はもちろん、そのまんま!

続篇でのクモのルーカスは、シンクをすべり台にして遊んだり、人間に捕まったり(スグに脱走に成功!)、はたまた寝ているワンコを起こしたりと、やんちゃぶりを発揮。ときには楽器の演奏を披露するなどして、器用な一面も見せてくれているんです。

【ハープ弾きながら歌ってるううう】

わたしが特に好きなのは、愛らしい声で弾き語りしてくれている動画『Encore』。2018年3月30日に公開されたこの作品で、ルーカスはお手製のハープを奏でているんです。

木の枝を三角形にし糸を張っただけのハープからは、その見た目からは想像できないほどの美しい音色が聴こえてきます。

体中にモフモフと生えた毛をファサファサと揺らしながら、大きなお目目をくりくり動かしてお歌を歌うルーカスが、愛しくって愛しくって、もうどうしましょう……!

【もっともーっとルーカスたんが見たいっ!】

クモの造形がとにかくリアルなので最初見たときこそひるみましたが、愛らしい仕草や声を聴いているうちに、どんどんルーカスのことが好きになってしまうから不思議です。

見れば見るほどその魅力にハマるのは、ルーカスに命を吹き込んだジョシュアさんの手腕あってこそ。これから先もたくさん続篇が作られることを、心から願っておりま~す!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【もしかしたら閲覧注意?】史上最強にかわいい「クモ」アニメが爆誕! カサカサ動いて、毛がファサファサ揺れます

「虫が苦手」という人は、きっと少なくないかと思うんです。

虫の中でも「嫌いな虫」としてよく名前が挙がるのが、「クモ」。今回はそんなクモを主役にした可愛らしいアニメーション『Lucas the Spider』を紹介したいと思います。

アニメーションとはいえ、現段階では制作途中のよう。2017年11月5日にYouTubeにアップされていたのはアニメーターのジョシュア・スライスさんが作った「Lucas the Spider」というテスト動画。その長さはわずか20秒と短めなのですが……インパクトがすごくて、すでに720万回以上も再生されているのです!

【甥っ子が声を担当】

登場する小さな小さなクモの名前は、ルーカス(Lucas)

全身灰色の毛に覆われていて、ぐるりと動く大きなお目目がチャームポイント。声を担当しているのが制作者の甥っ子・ルーカスくんらしく、おそらくここから名前を取ったものと思われます。それにしてもこれ、アニメには見えません。まるで本当に生きてるみたい。

【制作者はあの有名作品のア二メーター】

ジョシュアさんはたった1人で、デザインやモデリング、アニメーションライティングなどを行っているのだそうですが、その出来栄えはかなりハイレベル。

それもそのはず、海外サイト「Simplemost」によるとジョシュアさんは大ヒット映画『ズートピア』のアニメーターを務めた方らしく、クモのルーカスのイキイキとした表情や動きには、その片鱗が感じられます。

【視聴者から大人気!だったんだけど…】

カサカサとした動き、ファサファサうごめく毛並み、そしてキュルルンと輝くつぶらな瞳。リアルと愛らしさを兼ね備えたルーカスはすでに大人気のようで、動画の再生回数は驚異の578万回超~! 

視聴者からも「かわいい」「もっと観たい」「何度も観ちゃう」と、称賛コメントが殺到しているようです。

しかし…… Pouch 編集部の女性スタッフにこのアニメを観せたところ、「リアルすぎてちょっと怖い」という返答が。別の女性スタッフは「かわいい!」と喜んでいたのですが、その後「続きが観たい。でも捕食シーンは観たくない」と話していました。

そうですね……ぶっちゃけわたしも、捕食シーンは観たくないかな~! いずれにせよ、アニメーションはいつ頃完成するのか、今後の展開が気になるところですっ。

参照元:YouTubeSimplemost
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら