コンビニコーヒーで500円!? ローソンに高級コーヒー「パナマ ベイビーゲイシャ」が登場 / 専門店で飲むと1杯1500円以上するんだって

今やどのコンビニに行っても、コーヒーのいい匂いが漂っていますよね♪ プチプラで本格コーヒーを飲めるようになって、毎日のように通っているという人も少なくないのではないでしょうか。

コーヒー戦国時代へと突入している昨今、2018年2月6日ローソンの「MACHI café 」シリーズに新登場したのは、その名も「シングルオリジン パナマ ベイビーゲイシャ(以下、パナマ ベイビーゲイシャ)」。

一風変わった名前のこちらのコーヒーは数量限定品。2014年から発売されてきた19種類の「シングルオリジンコーヒー」の中で最高価格の税込み500円という値がついています。

「MACHI café 」シリーズのコーヒー(Sサイズ)が1杯100円ということを考えると、これはめちゃめちゃ高級!

【値段がちょい高めなヒミツとは?】

一体なぜ、このコーヒーだけ値段が高めに設定されているのか。その理由は使っているコーヒー豆 の“ゲイシャ種” にあって、その希少さゆえに、コーヒー専門店では1杯1500円から2000円(!)で販売されているそうなんです。

【めちゃくちゃ希少な豆なんです】

使用されているのは、国際コンクール「ベスト・オブ・パナマ」で数々の賞を受賞しているベルリナ農園で収穫された、ゲイシャ種のコーヒー豆。 “ゲイシャ種” という名を聞くと、つい脳内で「芸者」と変換してしまいがちですが、こちらの品種の起源はエチオピア西部の「ゲシャ村」だそう。

ただでさえ希少な「パナマゲイシャ」の中から、さらに樹齢5年以内の若木「BabyTree(ベイビーツリー)」にのみ限定した「BabyGeisha(ベイビーゲイシャ)」を厳選して使用しているため、コンビニコーヒーとしては高額の500円という値段がついたようなんです。

【どんな味わいなの?】

「パナマ ベイビーゲイシャ)」の味わいの特徴は、「フルーティで甘酸っぱい香り、フレッシュな柑橘系の酸味と甘み」とのこと……。フルーティでフレッシュってところが、「ベイビーゲイシャ」という名前になんだかしっくりくるう☆

専門店では2000円近くするコーヒーですから、ひと口飲めばきっと、格の違いを実感できるに違いありません。数が限られているので、見かけたら即ゲットは必至。コーヒー好きのみなさんは迷わず、お試しあれ~!

参照元:ローソンローソン研究所
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【本日から】ローソンのマチカフェに「ホットミルク」が登場! 販売エリアごとに違う産地の牛乳が飲めるよ♪

コンビニエンスストアで淹れたてのコーヒーが楽しめるようになった昨今。毎日のように利用している、なーんて人も少なくないかもしれません。

2017年10月17日、ローソンの「MACHI café(マチカフェ)」に新メニューが登場。それは急激に肌寒くなった今の時期にピッタリの「ホットミルク」(税込み130円)。飲んだらほっこり、優しい気持ちになれそう。

北海道の店舗では今年8月から先行販売を行っていて、女性や子供、シニア世代、さらには外国人観光客にも人気だったんですって。

【販売エリアごとに産地指定した牛乳が使われてるよ】

「ホットミルク」は、販売エリアごとに産地指定した生乳が100%使用されています。

北海道エリアと、関東・甲信越エリアは、根室地域と釧路地域にまたがる北海道 根釧(こんせん)地区産牛乳。東北エリアは岩手・葛巻(くずまき)産牛乳。近畿・中部エリアは北海道産牛乳。

そして中国・四国エリアは鳥取県産牛乳、九州北部は阿蘇山麓牛乳、九州南部は種子島牛乳。沖縄県は沖縄県産牛乳が使われているんですって。

【カフェラテもリニューアルするらしいゾ】

今回のホットミルクの販売に伴って、既存の「カフェラテ」メニューも、エリアごとの産地指定100%の生乳を使用する商品にリニューアルするんですって。コーヒー党の方も、生乳の魅力を存分に堪能できそうですね。

【カルシウム補給にも◎】

マチカフェの「ホットミルク」には1杯約180gで約200mg のカルシウム(日本食品標準成分表 2015年版より換算)が含まれているそうで、カルシウム補給にもぴったり。暖かい飲み物で癒されつつ、栄養が摂れるのはうれしいですよね。

寒さが深まるのは、まだまだこれから。心細くなった気持ちまで温めてくれそうな「ホットミルク」を、さっそく味わってみたいです!

参照元:ローソン ニュースリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら