平成元年に醸造した「30年ものの日本酒」が飲める! 伝説の杜氏が手がけた貴重なお酒を平成最後の夜に楽しもう♪

平成最後に、平成元年に醸造された日本酒を飲む……。そんな、お酒が好きな人にとってはたまらないプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場しています。

グルメ通販サイトのオンワード・マルシェが立ち上げた企画『オンワード・マルシェ Makuake プロジェクト』は、「まだ出会ったことのない “美味しい” を新たに生み出し多くの人に届けたい」という思いのもとに、立ち上がったもの。

その記念すべきプロジェクト第1弾として商品化を目指しているのが、今から30年前に醸された日本酒の熟成酒「平成VINTAGE」なんです。

【30年も熟成したらどうなるの!?】

ブレンドされることなくストレートに味わえる、混じり気のない熟成酒「平成VINTAGE」。これを手がけたのは、厚生労働省の「現代の名工」にも選ばれた、伝説の南部杜氏で現在88歳の菊池幸雄さん。

そして世に送り出すのは、千葉県の「岩瀬酒造」。

気になる味はといいますと、口に含むと、とろりとした口当たりとともに、米の甘さと旨味が広がるとのこと。色は深みのある琥珀色で、抜栓した瞬間にシェリー酒やブランデーにも似た甘美な香りが漂うといいます。

日本酒なのに、琥珀色! しかも香りも、日本酒のイメージと全然違いますよね……!

【数年単位どころではないのでかなり貴重】

ところで……ヴィンテージと聞くと、どうしてもワインやウィスキーが頭に思い浮かんでしまうもの。「正直言って、日本酒にはあまりそういったイメージがない」思ったのは、きっとわたしだけではないはずです。

日本酒には熟成酒の定義はないそうなのですが、その普及と製造技術の向上を目指す「長期熟成酒研究会」では

「満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒」

を熟成酒と呼んでいるとのこと。「平成VINTAGE」は、数年どころか30年も酒蔵で熟成させているので、いかに貴重なお酒なのかおわかりいただけるのではないでしょうか。

【2019年2月末までに届きます】

用意されている支援コースは、30年熟成の純米吟醸酒が1本が付いてくる税込み1万3000円から。こちらは先着50名限定ですが、通常価格が1万5000円なのでお得ではないでしょうか。

目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2019年01月30日23時59分までに支払いを完了した時点で、支援が成立。お正月には間に合いませんが、2月末までには届けてくれるそうなので、平成最後の春には飲むことができそうです。

とっておきの宴にはピッタリの日本酒なので、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

服にも髪にも肌にも使える消臭ミストが便利♪ 天然成分由来でいろんなニオイを「いい香り」に変えてくれるんだって

お気に入りの洋服を今日こそおろしたいけれど、外出先によってはニオイが移らないか気になる。仕事終わりにデートなのに、汗をかいてしまったせいで髪の香りが気になる……。

女性ならばきっと1度や2度やそれ以上、こんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

このようなシチュエーションにおいて救世主となってくれそうなのが、アパレルブランド「Kastane(カスタネ)」が開発した、全身に使える リフレッシュミスト「ONEME(ワンム)」なんです。

【なんと全身に使えるんだって!】

開発に至ったきっかけは、「カスタネ」のお客さんから寄せられた

「今買った洋服に着替えて友人との集まりに行きたいけど、飲食店などのニオイが全身につくことが嫌」

という声だったそうで、その気持ちすっごくわかります。

結果として生まれたのが、服にも髪にも肌にも使える “全身対応” のミスト、「ワンム」。ボトルもシンプルかつオシャレなデザインで、さすがアパレルブランドって感じがするう!

【気分を変えるためのアロマとして使っても◎】

服にも髪にも肌にも……と、全身に使えるのは、天然由来の「柿渋」が消臭成分として使われているから。柿渋は古来より消臭・抗菌につかわれてきたもの。柿渋に含まれる柿タンニンが悪臭となる成分のタンパク質と融合して、他の物質に変えるという性質があるそう。

気になる香りは2種類で、1種目は、ユーカリとチュベローズを中心とした爽やかな甘さの「GLOW」。2種目は、ゼラニウムとベルガモットを中心としたスモーキーな甘さの「BLOOM」

「GLOW」元気になりたいときや気分を一新したいとき「BLOOM」気分を落ち着かせたいときや男性へのプレゼントに最適だといいます。

【携帯用ボトルがセットになっています】

「ワンム」は現在クラウドファンディングサイト「Makuake」にプロジェクトを立ち上げていて、税込み4000円から支援することが可能。

スプレーボトルタイプの200mlと携帯用ボトルの30mlがセットになっているから、お家に置いておくだけでなく、いつでもどんなときでも持ち歩くことができちゃいます。

つまりは気が向いたときに心地良い香りへとシフトできるということでして、お守り代わりに持っておけば重宝するはず♪

【使用上の注意を事前にチェック!】

巾着付きのスペシャルパッケージとして、2018年12月末までに届けてくれるというこちらの商品。

ちなみに洋服に対応しているとはいうものの、皮革製品と和装品には使用できないほか、ドライクリーニングのみを推奨されている生地などではシミになる場合があるそうなので、目立たない場所で試してから利用したほうが安心。

また肌の敏感な方やアレルギーなどが心配な方は、医師に相談したうえで使用するようにしてくださいね~!

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

服にも髪にも肌にも使える消臭ミストが便利♪ 天然成分由来でいろんなニオイを「いい香り」に変えてくれるんだって

お気に入りの洋服を今日こそおろしたいけれど、外出先によってはニオイが移らないか気になる。仕事終わりにデートなのに、汗をかいてしまったせいで髪の香りが気になる……。

女性ならばきっと1度や2度やそれ以上、こんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

このようなシチュエーションにおいて救世主となってくれそうなのが、アパレルブランド「Kastane(カスタネ)」が開発した、全身に使える リフレッシュミスト「ONEME(ワンム)」なんです。

【なんと全身に使えるんだって!】

開発に至ったきっかけは、「カスタネ」のお客さんから寄せられた

「今買った洋服に着替えて友人との集まりに行きたいけど、飲食店などのニオイが全身につくことが嫌」

という声だったそうで、その気持ちすっごくわかります。

結果として生まれたのが、服にも髪にも肌にも使える “全身対応” のミスト、「ワンム」。ボトルもシンプルかつオシャレなデザインで、さすがアパレルブランドって感じがするう!

【気分を変えるためのアロマとして使っても◎】

服にも髪にも肌にも……と、全身に使えるのは、天然由来の「柿渋」が消臭成分として使われているから。柿渋は古来より消臭・抗菌につかわれてきたもの。柿渋に含まれる柿タンニンが悪臭となる成分のタンパク質と融合して、他の物質に変えるという性質があるそう。

気になる香りは2種類で、1種目は、ユーカリとチュベローズを中心とした爽やかな甘さの「GLOW」。2種目は、ゼラニウムとベルガモットを中心としたスモーキーな甘さの「BLOOM」

「GLOW」元気になりたいときや気分を一新したいとき「BLOOM」気分を落ち着かせたいときや男性へのプレゼントに最適だといいます。

【携帯用ボトルがセットになっています】

「ワンム」は現在クラウドファンディングサイト「Makuake」にプロジェクトを立ち上げていて、税込み4000円から支援することが可能。

スプレーボトルタイプの200mlと携帯用ボトルの30mlがセットになっているから、お家に置いておくだけでなく、いつでもどんなときでも持ち歩くことができちゃいます。

つまりは気が向いたときに心地良い香りへとシフトできるということでして、お守り代わりに持っておけば重宝するはず♪

【使用上の注意を事前にチェック!】

巾着付きのスペシャルパッケージとして、2018年12月末までに届けてくれるというこちらの商品。

ちなみに洋服に対応しているとはいうものの、皮革製品と和装品には使用できないほか、ドライクリーニングのみを推奨されている生地などではシミになる場合があるそうなので、目立たない場所で試してから利用したほうが安心。

また肌の敏感な方やアレルギーなどが心配な方は、医師に相談したうえで使用するようにしてくださいね~!

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

木のぬくもりを感じられる「CDプレーヤー」が秋の夜長にちょうどいい…ほっこりゆっくり音楽を感じよう

音楽配信やストリーミング配信が主流になった2018年。CD全盛期を経験した世代としてしみじみ寂しく思ってしまうのは、年を追うごとに、CDの存在感がどんどん薄れてきていることです。

もちろん音楽を供給する媒体としては現在もCDが主流ではありますが、CDプレーヤーで音楽を聴く人が少なくなってきているのが現状。ひょっとしたら、家にCDプレーヤーがある人は少なくなっているのかも……。

しかし、日本発のデザイン家電「Amadana(アマダナ)」製のとびきりシャレオツなCDプレーヤーならば、お部屋に置いておきたくなると思うんですよ。

【木のぬくもりを感じられるデザインが◎】

2018年10月26日にクラウドファンディングサイト「Makuake」に登場したのは、ユニバーサルミュージックとの共同開発した「Amadana Music CD プレーヤー」です。

約幅131mm × 奥行き157mm × 高さ26.5mmと、CD1枚がちょうど収まるほどのミニマムサイズが可愛らしいCDプレーヤーは、温かみのある天然木の突き板が大きな特徴。

木材を使用することで雰囲気のある佇まいを実現しただけでなく “ノイズレス効果” もあるといいます。

【究極にシンプルなのでどんな部屋でもしっくりきそう】

また回っているCDがうっすらと透けて見えるよう有機ガラスのトップパネルを使用しているのもポイント。

ど真ん中CD世代のわたしとしましては、CDは中身のデザインも重要だと思っているので、これは嬉しいポイントです。

そしてブラウン・クリア・ブラックというシンプルなカラー構成も、どんなお部屋にもマッチしそうでありがたや~。

【現代の生活にあった機能性】

見た目だけでなく機能面でも優秀なのが、今回の商品の良いところ。

スピーカーは内蔵されていないものの、Bluetooth version4.2に対応しているため、手持ちのスピーカーやイヤホンで気軽に音楽を楽しむことが可能。また電源はUSB供給できるので外出先でも再生できるし、光デジタルケーブルをつなぐことで高音質再生もできるなど、至れり尽くせり。

インターネット接続こそできないけれど、CDの良さを改めて実感できると同時に、今の時代にしっかりチューニングを合わせた商品となっているんですよね。

【CDに触れる喜びを味わってほしいナ】

人気すぎてあっという間に目標額の3倍を達成した同プロジェクト。お手頃価格でゲットできる最速コースは売り切れてしまいましたが、税込み1万1500円のコースは販売中。2019年3月末までに手元に届けてくれるといいます。

お気に入りのCDを発見しては収集していく、あのなんともいえないあの高揚感を、CD世代はもちろん、現代っ子にもぜひ体験してほしいものです……!

参照元:プレスリリースMakuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

真冬の朝もベッドからすぐ出られる!? 超温かいルームウェア「もちはだ」/ 温かいうえにシャレオツだよ

朝晩肌寒くなってくると、温かいお布団がますます恋しくなるもの。ぬくもりが離れがたくて、なかなかベッドから起き上がれないという人も少なくないと思うんです。

現在クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売されているのが、ワシオ株式会社のルームウェア「もちはだ」

独自の “ワシオ式起毛生地” が採用されているため、ぬっくぬく。体本来の温度を保ち、無駄な暑さを感じさせず、寒い真冬の朝も、布団から出てすぐに活動できるのだとか。

またその名のとおり、素肌で触れるとめちゃくちゃ気持ちがいいらしく、ストレッチが効いているからとっても動きやすいそう。

【独自の技術で温かさを保つ!】

“ワシオ式起毛生地” の特徴は、糸をカットせずにパイル起毛を編み上げている点。

一般的な起毛素材はパイルをカットして毛羽立たせているそうなのですが、こうするとカットしたところから空気が逃げてしまうため、断熱性はあまり高くないとのこと。これに比べて “ワシオ式起毛生地” は、パイル生地と起毛生地のいいとこ取りで2重の空気層を形成するから、保温性が高いそうなんです。

【ほんとにめちゃめちゃ温かそう…】

「もちはだ」体験者からは、「(北国に出張が多いのに)コートが要らなかった」「家の暖房が壊れたときに命を救われました」といった声が挙がっておりまして、この言葉だけでどれだけ温かいのか伝わるのではないでしょうか。

【ヨガウェアとしても◎】

そして「もちはだ」のもうひとつの特徴は、驚きの “動きやすさ” 。ストレッチが効いていて伸びに伸びるので、いくら寝返りを打とうが体にフィット。そのまま運動してもいいし、ヨガだってラクラクできるのだといいます。

【フツーにオシャレなんですよ】

嬉しいのは、そのまま外出できるほど、見た目がスタイリッシュであること。

フードが美しい立ち上がりをみせるワンピースも、羽織りやすいカーディガンタイプのフード付きトップスも、ほどよい細さですっきりみせてくれるジョガーパンツのようなパンツも、一見するとフツーの洋服。

だからたとえ起きてすぐに宅急便が来たとしても、即対応できちゃうんです♪

【売り切れ続出なので急いで~】

またフードには心憎い仕掛けが施されていて、目元まで被ればアイマスクのように使うこともできるそう。家にいるときはもちろん、移動中に睡眠をとりたいときに便利ですよねぇ。

1度着たら病みつきになりそうな「もちはだ」の支援コースは、ワンピースが1万1200円、トップスが1万1040円、パンツが1万400円(すべて税込み)となっています。

お得な割引コースは早々に売り切れてしまっており、現在の在庫数も残りわずかなので、手に入れたいというみなさんは早めのチェックを!

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

究極の甘酒「大吟醸甘酒ヌーボー2018」が美味しそおおお! 日本酒の大吟醸と同じ方法で滑らかさと美味しさを追求したんだって

“体に良いもの” として近年注目が集まっているのが、甘酒。

アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどを豊富に含んでいる甘酒は栄養価の高さから「飲む点滴」、「飲む美容液」とも言われて女性を中心に大人気です。

名前に “酒” とつくのにノンアルコールだし、低カロリーだし、なにより美味しいしで、広く愛されているのもうなづけます。

そんな“甘酒ブーム”の中、クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場したのは、50%磨きをかけたお米で作られた “究極の甘酒” 「大吟醸甘酒ヌーボー2018」

【日本酒・大吟醸の製法を取り入れてるんだって】

ポイントは、甘酒の美味しさを追求した精米50%というところ。お米を50%まで磨くと、おのずとお米の量も半分になります。しかしこうすることで雑味が取り除かれ、舌触りもなめらかになって飲みやすいのだそう。

これは日本酒の大吟醸で用いられる製法ですが、甘酒で行われるのは極めて稀。材料から作り方までなにもかもがレアな “究極の甘酒” を、ぜひとも飲んでみたいものですよねぇ!

【お米の選び方からして、こだわりがハンパない】

さらに、使われているお米は、長野県信濃町で約半年間にわたって減肥・減農薬の特別栽培された “ひとめぼれ” 。さらに新米だけを精米麹菌付けして大吟醸にしているというのだから、こんなの美味しくないわけがないですよね……!

【美味しいうえに体に良い成分ばかりなのがイイね☆】

エネルギー源となるブドウ糖、抗酸化作用があるとされる酵素、腸内環境を整えてくれるという食物繊維やオリゴ糖も含まれている甘酒は、老若男女問わず積極的に取り入れていきたい飲みものといえましょう。

その中でもとりわけ貴重だといえる「大吟醸甘酒ヌーボー2018」の支援コースは、720ml入りの瓶が2本セットで税込4000円から。支援を申し込んだ時点で売買契約が成立するので、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

【11月22日は「甘酒ヌーボーの日」】

ちなみに商品が手元に届くのは、2018年11月中とのこと。

暦の上で寒さの始まりとして定められている「小雪」は11月22日なのですが、今年5月にこの日が「甘酒ヌーボーの日」に制定されたそうなので、運が良ければこのタイミングにあわせて「大吟醸甘酒ヌーボー2018」を楽しむことができそうですね♪

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【これ欲しい】日めくりカレンダーがマステになった! 元旦から大晦日まで毎日違う柄が出てきて活用法保もいろいろ♪

今や巷は、多種多様なマスキングテープ(以下、マステ)で溢れています。ですが今回ご紹介するマステは、これまでになかった手法を取り入れているという意味では、前代未聞かも!?

大阪の和紙問屋・株式会社オオウエによるブランド「和紙田大學」から発売されるのは、「日めくりカレンダーマスキングテープ」

マステというと、ある一定の長さで柄がリピートするのが普通です。しかし「日めくりカレンダーマスキングテープ」は、元旦から大晦日まで1年分の日めくりカレンダーが印刷されていて、最初から終わりまで全て違う柄が出てくるんです……!

【いろんな使い方ができるよ☆】

日めくりカレンダーがマステになると、いいことがいっぱい。

たとえばノートに貼れば手帳として使えますし、食品の封を開けた日を記すために、直接貼りつけておくこともできます。

好きなところだけを切り離せるので、 “印象に残った日にだけ日記を書きたい” な~んてときにも、重宝するのではないでしょうか。

【巻きの段階はなんと「手作業」】

“全て違う柄” を実現したのは、今回の制作に協力した大阪の共進社印刷が持つ独自の技術。巻きの作業は緻密な手作業の連続で行われるそうで、想像しただけでため息が出そうです。

【クラウドファンディングならお得にゲットできる!】

2018年10月中旬に発売される予定で、現在は世間の反応を調べるために、クラウドファンディングサイト「Makuake」にプロジェクトを立ちあげたとのこと。

このプロジェクトは、支援を申し込んだ時点で売買契約が成立するから安心で、いまなら、通常価格税込2052円のところを、20%オフの税込1700円から購入できます。「プロジェクト発足後すぐに目標金額を達成しているところを見るに、評判も上々のようです。

【小説もマステになる時代】

ちなみに「和紙田大學」は、「日めくりカレンダーマスキングテープ」の発売にあわせて、もうひとつ大変ユニークなマステを発売する予定のようなんです。

「Makuake」にも登場しているそのマステの名前は、「名作小説マスキングテープ」。その名のとおり、誰もが知ってる小説の中身が、そのままぜ~んぶマステになっているのです~!

マステ1本を通して小説1冊を読むことができるというのは、なんとも斬新。今回採用されたのは大阪が生んだ文豪・織田作之助の『夫婦善哉』でして、普通に読むのはもちろん、あとで気に入ったフレーズを手帳に貼りつけたりするのも楽しそうです。

マステ新時代の幕開けを告げる存在ともいえる、2つの新商品。気になった方はさっそくチェックしてみてはいかがでしょうか♪

参照元:プレスリリースMakuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

キングジムが生んだ電子メモ「カクミル」が紙と電子のいいとこどり♪ 手書きでメモが取れて、予定をアラームでお知らせしてくれます★

ユニークな製品を生み出し続けている文具メーカー・キングジムが、手書きでメモが取れる新感覚の電子ツール「カクミル」を開発。現在製品化に向けて、クラウドファンディングサイト「Makuake」で支援者を募っています。

と、ここで「手書きでメモ取るくらいなら電子ツールにする必要ないんじゃ……」と心の中でツッコんだみなさん。「カクミル」にはメモを取るだけでなく、日時を設定するとアラームや画面表示でお知らせしてくれる機能があるんですよ。

手書きのメモって、書いたはいいものの、そのまま忘れてしまうことも多々。この “忘れてた” を解消するためのツール、それが「カクミル」なんです。

【消しゴム機能も付いてます】

電源ボタンはなく、画面にタッチするだけで入力することができるため、まさしく紙とペンを使うのと同じようにメモすることが可能。消しゴム機能も搭載されているので、書き損じてしまっても問題はありません。

【画面が自動で反転→どんなふうに置いても読みやすい!】

電子ペーパーディスプレイによって “電源を切っても書いたメモを表示したままにできる” から、デスクに置いておけばいつでも視界に入って、メモした予定やタスクをうっかり忘れてしまうことを防いでくれそうなんです。

また本体に内蔵された加速度センサーが姿勢を検知するので、「入力時」と「表示時」の画面表示が自動的に切り替わるそうですよ。

【5つの機能が内蔵されているよ】

「カクミル」は、単3形アルカリ乾電池またはエネループ4本で稼動(別売り)。本体内蔵メモリにデータを保存するので電池を抜いてもデータが消えることはなく「メモ」は最大99枚まで、「ToDoリスト」は最大30件まで保存することができるといいます。

アラーム音はオフすることもできるので、どんな環境でも使用可能。また、「メモ」や「ToDoリスト」だけでなく、「カレンダー」「時計」「電卓」といった合計5つの機能が搭載されているので、デスクのうえに必要なアイテムをひとつにまとめることもできちゃう☆ デスクが散らかりがちな人にとっても、ありがた~いアイテムかもしれません。

【本体色×ペン色を6パターンから選択できます】

クラウドファンディングは2018年7月25日から10月30日まで行われる予定で、目標額に達成しないと製品化されない「All or Nothing」形式を採用しています。

需要のほどを確かめるためにこのかたちをとったようなのですが、8月3日の時点での達成率は74%。今後どれだけ伸びるか注目です。

ちなみに支援コースはすべて「本体色×ペン色」を6パターンから選択することができるようになっていて、こちらは「Makuake」オリジナルのプラン。

早割価格のコースは軒並み売り切れていて、現在は1万3000円から支援できるようなので、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:キングジムMakuakeYoutube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

入眠専用の家電「EMOOR Smart Sleep Light」が日本初上陸! 光と音が優しく起床と睡眠へ誘ってくれます

連日異常な暑さが続いているせいで睡眠不足気味だ、という人は少なくないかもしれません。

いまいち寝つきが悪い夜に試してみたいのが、光と音で入眠をサポートしてくれる中国生まれの “スリープ家電” 、「EMOOR Smart Sleep Light (エムールスマートスリープライト)」

専用アプリ「Sleepace(スリーペース)」と連動することで眠りへと導き、朝にはスムーズに起こしてくれる便利なアイテムなのです。

【光と音のおかげでスヤァ…】

睡眠へ誘導するのも、起床へ導くのも、光と音

眠るときは、入眠ホルモンといわれている「メラトニン」の分泌を促す暖かな色の光が灯り、子守唄のような優しい音楽が流れます。音楽の選択はアプリから行うことが可能。ユーザーが眠りについたことを感知すると、光も音楽も自動的に停止します。

起きるときは、眠りの深さを計測し最も目覚めのいい浅い眠りのタイミングで光が灯り音楽が流れます。

光の色は、太陽などの “自然光” に似たもの。起床のタイミングに合わせて少しずつ明るくなるよう設計されている為、ストレスを感じることなく、気持ちよく起きられそうです。

【ハンドジェスチャーで操作できるよ】

ライトには1600万カラーに変化するLEDライト機能が搭載されているので、アプリから好きな色に調光することが可能。

またボタンに触れなくとも手をかざすだけで操作ができるジェスチャー機能も付いているので、「音楽のオンオフ」「光の調整」「スヌーズ機能」などをハンドジェスチャーのみで行うことができるそうなんです。

【睡眠のサポートまでしてくれるんだって!】

Bluetoothに対応したスマホや音楽プレイヤーとペアリングすればワイヤレススピーカーとしても使えるから、睡眠時だけでなくマルチに活躍してくれるという点も大きな魅力。

しかもアプリにいたっては睡眠状態のモニタリングまでしてくれるそうで、睡眠の質を「深い睡眠」「中間の睡眠」「軽い睡眠」「起床」の4段階に分別。

それぞれの状態がどれくらい発生したかを確認したり記録したりすることができるんですって。なにそれ超便利じゃ~ん!

【今なら早割しています】

日本初上陸となるこちらの商品は、2018年8月2日からクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行発売中。

一般販売予定価格が税込み・送料込みで1万8700円のところを、今申し込めば最大35%オフの1万2155円から購入することが可能。

支援した時点で売買契約が成立するプロジェクトなので気になった方は早めのチェックを~!

参照元:プレスリリースMakuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【本物以上】あふれる生命力が見事な盆栽…を「鉄筋」で美麗に再現した新しいアート!! ここまでくると日本の心を描くひとつの芸術作品だわ…


ひとつの鉢の中に、自然の営みを凝縮する日本の伝統アート、盆栽。時を経て折れ曲がってもまだ青々と葉を茂らせ上へ上へと伸びようとする生命力、それをミニチュアな世界に閉じ込めて表現するこの超越的な園芸は、凄まじいものがあります。

そんな盆栽を無機質な鉄を使って見事に表現し、本物をも圧倒するような迫力ある作品が、クラウドファンディングサイト「Makuake」にありました。

自然の生命力を象徴する盆栽を、命を持たない「鉄」を使って人工的に作り出す……そんな究極の挑戦が、そこにはありました。

【本物に迫る美しさの”鉄筋盆栽”】

ひと目見ただけでは、本物かと見紛うほどに精巧に作り上げられた鉄筋盆栽。厳しい自然環境の中で生き抜く盆栽の生命力を、無機質な鉄を使い、人の手で再現する見事な作品です。

人工物であるがゆえに、本物ではありえない造形美や、枯れた幹が白色化した「舎利(しゃり)」と呼ばれる部分も、自在に作り出すことができます。

また、盆栽は生きているものゆえ、その時その時の美しさを楽しむものですが、鉄筋盆栽は美しい一瞬を半永久的にとどめておくことができるのも特徴。

自然物ではないため、飾る場所を選ばず、手入れの大変さもありません。自然の美しさを追求しつつも、そうした利点を活かし、インテリアや贈答品としても扱いやすいのが特徴です。

【命の無い鉄に命を宿らせる】

鉄筋盆栽を製作し、クラウドファンディングを実行するのは、北海道出身の平山淳一さん。実は平山さんは、現在胸膜腫瘍を患っていて、投薬と抗がん剤治療を続けているのだそう。

その生活の中で「盆栽が持つ生命力に勇気づけられ、盆栽のすばらしさを身をもって感じることができた」と、鉄筋盆栽を作り始めたきっかけを語っています。

無機質な鉄は、生命力という言葉からかけ離れているかもしれません。だからこそ、その鉄を使って盆栽を作りあげることで、そのあふれる生命力を最大限に表現できるのではないか、と。

そうして命を持たない鉄で作られた鉄筋盆栽には、確かに「新たな命」が宿っているように思えました。

【クラウドファンディングは現在も受付中!】

鉄筋盆栽を広めたい! そう願う平山さんのプロジェクトは、現在も支援を受け付けています。

力強い松や雑木の盆栽のほか、女性でも手に取りやすい草木盆栽もあり、その作品の幅もさまざま。

平山さんの挑戦と、鉄から生まれた見事な盆栽の数々。ぜひご覧になってみてくださいね。

参照元: Makuake
執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら