【正座待機】NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の総集編が12月30日に放送! サブタイトルも最高すぎます

柴咲コウさん主演のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』が、2017年12月17日に最終回を迎えました。

思えばスタート時から、話題に事欠かなかったこのドラマ。三浦春馬さんを始めキャストがことごとくイケメンぞろいだったり、高橋一生さん演じる政次の処刑シーンが流れるや否や “政次ロス” が起きたり。と思ったら今度は、ある日突然サブタイトルがベルばら化したり……。

出てくる人物が無名な人ばかりだったり、そもそも史実がハッキリしていなかったりする点でも、注目度の高いドラマだったのではないでしょうか。

【総合力が高すぎる大河ドラマでした】

史実がハッキリしていない大河ドラマというのは、支持を集めにくいもの。特に歴史を知っている人からしたら、物語の世界に入り込みにくいとも言えると思うんです。

ところがこのドラマは、秀逸な脚本魅力的な登場人物たち、そして強烈でじわじわ度高めなサブタイトル(「信長、浜松来たいってよ」「本能寺が変」など)などの力で、回を追うごとにどんどん視聴者の心を惹きつけていきました。

【歓喜! 総集編やるってよ】

そういった意味で実に革新的だった『おんな城主 直虎』。「実は全く観ていない」「ところどころ見逃がしている」という方々に、朗報がございまする~!

暮れも押しせまった2017年12月30日に、全4章からなる総集編の放送が決定。午後1時5分から5時43分までノンストップで観れば、たった半日で、『おんな城主 直虎』の物語やその世界観をざっくり知ることができるんです♪

Instagram Photo

【視聴者からは喜びと感謝の声が】

番組公式ツイッターやインスタグラムは「総集編では、ここだけのカットが!?」というコメントもあって、ず~っと欠かさず観続けてきたという人にとっても、新しい発見がありそう。

嬉しいお知らせにツイッターユーザーも大興奮。告知ツイートのリツイート数は1万3800超、「いいね」の数は2万9000超に達しています。

コメントもたくさん寄せられていて、

「いつも見始めては途中リタイアしていた大河ドラマでしたが、直虎は毎週楽しみで、初めて完走しました!」
「こんなに感動あり、涙あり、笑いありで大河ドラマを見たことはありませんでした!」
「教科書にも取り上げられていない一地方の小さな話を一年間にわたって見せていただき、とても感謝しています」
「奸臣の小野但馬、悪女の築山殿、狡猾な於大の方、井伊を奪った近藤、残虐な信長の誰一人として完全な悪人に描かなかった脚本に脱帽。この世の中には良い人も悪い人もおらず、良い時と悪い時があるだけというのが伝わってくる。こんな物語が生まれる世の中はまだ棄てたものじゃない」
「史実がない中、点と点をつなげるように描き、過去に書かれた人物像をひっくり返した。 “これまで誰も知らなかった世界” を構築し映像化することで大河ファン以外のハートもつかんだ、革命的な物語だったと思います!」

といった具合に、感謝の思いで溢れておりました。

Instagram Photo
このあたりにもぜひ注目して、総集編をご覧になっていただければと思います。各章のサブタイトルも「これが次郎の生きる道」「直虎の覚醒」「逃げるは恥だが時に勝つ」「井伊谷は緑なり」となかなかの攻め具合なのも、最後の最後までサイコーすぎでしょ~~~!!

参照元:NHKTwitter @nhk_naotoraInstagram @nhk_taiga_naotora
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

政次役・高橋一生からもコメント到着! NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』完全版第壱集ブルーレイ&DVDが発売されました☆

現在NHKで放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』。2017年8月18日に、ファン待望のブルーレイ&DVD完全版第壱集(12900円 / 以下すべて税別)が発売されました。

3枚のディスクがセットになった第壱集には、第1回『井伊谷(いいのや)の少女』から第12回『おんな城主直虎』までを収録。主役の直虎役を務める柴咲コウさんら出演者へのスペシャルインタビューにスペシャルトークなども見ることができるほか、特製ブックレットもついてくる豪華版となっているようです。

【政次の壮絶な最期に涙が止まりませんでした…】

『おんな城主 直虎』といえば数多くのイケメンキャストが柴咲さんの脇を固めていることでも知られていますが、中でも人気が高いのは、高橋一生さん演じる井伊家筆頭家老・小野但馬守政次。8月20日に放送された第33回『嫌われ政次の一生』での壮絶な最期に、多くの視聴者が胸を打たれたに違いありません。

“政次ロス” なんて言葉も聞かれるほど、ドラマでは欠かせない存在だった政次。

女性でありながら一国の主として戦国の世を生きなければならなくなった直虎のことを、唯一 “おとわ” と呼べる幼なじみであり、 “敵を欺くにはまず味方から” を実践し続けた心の強い人。そんな政次と直虎は、最後の瞬間まで、目には見えない固い絆で結ばれた同志でした。いやもしかしたら、同志という表現以上の存在なのかも……。

【政次役・高橋一生さんからコメントが届いています】

文字どおり “身を挺して” 井伊谷を守り、井伊谷を支えるべくあえて “嫌われ役” を買って出た政次の生き様は、見事でした。重要な役どころ役を務めた高橋さんが、第壱集ブルーレイ&DVDの発売を記念してコメントを寄せています。

「小野但馬守政次という人間を一年近く生きさせていただけた経験が、自分のこれからの人生にも大きく関わることは確かで、それだけ政次が自分で在って、自分が政次で在った感覚は、きっと撮影していた期間の長さではなく、政次を作り上げてくれた『直虎』のスタッフさん、監督、プロデューサー、脚本家、そして共演者の方たちの思いのお陰だったと強く思います。
心から、政次と皆さんに感謝しています。
皆さんで作り上げた政次に、これからも僕は助けられていくだろうと思います。
史実は史実ですが、史実がすべて真実と云えるのか、僕には疑問です。作り話では心が動かないわけではない、と僕は思います。
心が動いたことが本当であって、真実だと思います。
どうか政次の一生を、確かに共に生きた直虎や直親、井伊谷の人々の人生を、このDVDを手に取って、じっくりと感じていただければと思います」

【第弐集の予約も受け付け中!】

政次と直虎の歩んできた道がよくわかる第壱集は、『おんな城主 直虎』の世界観を知るうえで必見です。

12月20日には、第13回『城主はつらいよ』から第31回『虎松の首』までを収録した完全版第弐集(21500円)が発売。こちらは現在予約受付中となっています。詳細は、ポニーキャニオンの特設サイトをチェックしてみてくださいっ☆

参照元:ポニーキャニオン
執筆=田端あんじ (c)Pouch
(C) 2017 NHK

続きはこちら

【おんな城主直虎】高橋一生演じる政次の処刑シーンが大河史上に残るラブシーンだと話題に / 5分でわかる動画も公開されています

現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。2017年8月20日に放送された第33回『嫌われ政次の一生』はこのドラマにおける大きな節目となるお話でした。

タイトルにある “政次” を演じているのは、高橋一生さん。

第33回では、徳川と内通していた直虎(柴咲コウさん)と政次に最大のピンチが訪れます。約束通り徳川勢による井伊谷への進軍を受け入れようとしたところに、突然矢を放ってきたのは、徳川の先導役を務めていた近藤康用(橋本じゅんさん)。徳川勢に弓を引いた罪を政次に押しつけて井伊谷をわがものにしようと、罠に陥れたのです。

【第33回の大まかなあらすじ】

「政次は潔白だ」と主張した直虎は、牢に閉じ込められてしまいます。一方の政次はいったん隠し里に身を寄せますが、最終的には「自分ひとりが犠牲になれば、他の者の血が流れなくて済む」と自らの意思で「自分がやった」と名乗り出て、ついには磔(はりつけ)の刑に処されてしまったのでした。

【処刑シーンに涙が止まらない】

この処刑シーンが圧巻で、ツイッターの大河ファンの中では「大河史上に残るラブシーン」とまで評されているほど。

政次を刺そうと左右に槍をかまえる兵たちが動くよりも前に、直虎は自ら槍を手に持って、政次の心臓を一突き

「地獄へ堕ちろ、小野但馬」「ようもここまで、我を欺いてくれたな」「日の本一の卑怯者と、未来永劫語り伝えてやるわ」と口にして、誰にも手を出させることなく、また政次を苦しませることなく、自分自身の手で送ってやったのです。

対する政次は、直虎の行動に笑顔を見せました。

「もとより、女子頼りの井伊に未来などあると思うのか」「生き抜けるなどと思うておるのか」「やれるものならやってみよ」「地獄の底から見届け……」と今わの際に語りかけ、安らかに旅立っていく姿は、これまでの2人の軌跡を知る者ならば泣かずにはいられないシーン……!

【「全て真逆の意味が込められている」と推測する人も】

直虎が主を務める井伊谷のため、そして愛する直虎のために(ここでいう “愛” はあまりに深い……)、最初から最後まで “嫌われ役” という立場に徹した政次。「地獄へ落ちろ」も「我を欺いてくれたな」も「日の本一の卑怯者」も、政次の志を完全に理解している直虎だからこそ出た言葉です。

命が尽きるその瞬間まで共に “演技をし続けた” 2人のやり取りの裏には、実は真逆の意味が込められているのではないかと考えるファンが後を絶ちません。たとえば「日の本一の卑怯者」は「日の本一の勇気のある者」、というふうにね。

【本当の名前だから「政次」とは言わなかった?】

またあえて政次の名を入れず、「地獄へ堕ちろ、小野但馬」とだけ直虎が言ったことにも、ある推測が生まれているようです。「小野」は井伊家中での奸臣の名前であり、「但馬」は今川の犬の名前。「政次」という名だけが本当の自分だからこそ、「政次」と言わなかったのではないかと……。

政次の「女子頼りの井伊に未来などあると思うのか」という一言も、実は生き延びている虎松(のちの井伊直政=菅田将暉さん)の存在を隠すためなのではないかと推測しているファンもいる模様。考えれば考えるほど深くて非常に奥行きのある、解釈しがいのあるシーンだったと言えましょう。

【辞世の句は政次から直虎への、最初で最後のラブレターなのかも】

最期に示された政次による辞世の句もまた、観る人の胸を打つものでした。

「白黒を つけむと君を ひとり待つ 天(あま)伝う日ぞ 楽しからずや」

いつか陽の光の下で碁を打ちましょう。そう思えば貴方が来るまで気長に待つのも辛くはありません。まるで政次が直虎に、そう語りかけているように思えます。なにこれ完全にラブレターじゃないのよ……泣ける。

「白黒」は直虎と政次がよく行っていた囲碁、「天(あま)」は出家した直虎を表しているなど、こちらの句に対してもさまざまな解釈が生まれているようです。

【公式でも「政次祭り」開催中!】

『嫌われ政次の一生』というタイトルにちなんで、ツイッターには「愛され政次の一生」というハッシュタグまで登場。 “政次ロス” という言葉まで現れるなど、政次亡き後もまだまだ熱は冷めそうにありません。

ちなみに現在は公式サイトも、 “政次祭り” 状態。政次のフォトギャラリー、さらには高橋さんのインタビュー記事が掲載されるなど、功労者である “政次” をフィーチャーした企画が目白押しとなっているので、ぜひともご覧になってみてくださいね。

いなくなってしまったことは本当に辛いし寂しいけど……政次、長い間本当にお疲れ様でした。あなたが身を挺して守りきった井伊谷の行く末を、最期の最後まで、絶対に見届けるからね……!

参照元:NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』5分でわかる「おんな城主 直虎」第33話Twitterハッシュタグ 愛され政次の一生
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら