ひこ星「超えられない壁があるほうが燃えるってやつでしょ?」NTT東日本が名作童話を “つなげまくった” 物語がジワる


スマートフォンやインターネット、SNSなど、現代では当たり前にある通信手段。これらがもし、おとぎ話や昔話の世界にあったら……さて、どうなると思います!?

NTT東日本が公開したのは、そんな「誰もが知っている名作の世界に “通信” があったら、世界はどう変わるのか」をコンセプトにした『つながる名作』シリーズ

完成された物語はどれもこれもシュール極まりなく、いちど観始めたら止まらなくなることは確実。味のあるイラスト個性豊かなキャラ設定など、ドハマりする要素が満載なんです。

【2つ以上の物語を「つなげ」まくる!】

NTT東日本の新卒採用サイト内の特設サイトと、YouTubeで観ることができるのは、1つの昔ばなしだけを取り上げた14の動画、そして2つ以上の物語を “つなげた” 11の動画です。

どちらもジワることに変わりはないのですが、今回注目したいのは、2つ以上の物語を “つなげた” 11の動画

たとえば鶴の恩返しと、はだかの王様を繋げた『つるの恩返しはだかの王様』篇では、つるにもらった反物をおじいさんがネットオークションで販売


はだかの王さまがそれを見て、「オリエンタル~!」と気に入って買っちゃうという、まさに現代ならではな展開となっています。

【ロミオとジュリエットだけ関西弁な件】

また個人的にツボに入ったのは、『おり姫とひこ星ロミオとジュリエット』篇に登場する、関西弁のロミオとジュリエット

登場人物たちは、男女に分かれてグループLINEでおしゃべりするほどの仲良しです。

ロミオとジュリエットは、LINEでも関西弁全開。ひこ星に「超えられない壁があるほうが燃えるってやつでしょ?」と茶化されたロミオは「そうそう……って、なんでやねん!」とノリツッコミをかましています。

一方のジュリエットはというと、『おり姫とひこ星ロミオとジュリエットシンデレラ』篇で、王子様をジラすため「わざとガラスの靴を片っぽ置いてきた〜」と言うシンデレラに、「男はそういうのにコロッとだまされんねん」とピシャリ。

たしかジュリエットって、14歳設定だったような……。でもこうやって口ぶりだけ見ると、スナックのチーママって感じなんですけども!?

【作者のみなさんも超豪華!】

そのほかにも、YouTubeでバズる動画を作るためだけに、オオカミが1人で奮闘する『3匹の子ぶた赤ずきん』篇や、自分の姿が変わってしまったので、顔認証システムが反応しなくなって困るみにくいアヒルの子カエルの王子さま』篇など、興味深いお話ばかり!

参加している漫画家のみなさんもそうそうたる顔ぶれで、『コボちゃん』で知られる植田まさしさんに、『独身OLのすべて』の作者・まずりんさん。Eテレ『シャキーン!』のコーナー内作画を担当している谷口菜津子さん。

そしてイラストレーターで、NHKで放送されていた『着信御礼!ケータイ大喜利』レジェンドでもあるおほしんたろうさんといった、 “面白くないわけがない” メンバーが勢ぞろいしているんです。

百聞は一見に如かず、まずは動画をご覧になってみてください。シュールな世界観が好きな人は、確実にハマりますので……!

参照元:NTT東日本『つながる名作』YouTubeプレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら