アイスクリームが大好きな県が発表されたよ! 上位3位は超人気「ご当地アイス」のある高知・福島・青森でした


冬に食べるのもいいけれど、暑い夏に食べるとますますおいしく感じるアイスクリーム

このたびご紹介するのは、NTTタウンページ株式会社が発表した「アイスクリームに関するランキング」。たとえば皆さんは、アイスクリーム店が大好きな県はどこだと思う?

全国でのトップ3はかなり意外な結果となったのでした!

【アイスクリーム店の登録件数が多い県は?】

NTTタウンページ株式会社は、タウンページデータベースを元にした独自の都道府県ランキングを発表していますが、今回のテーマとなったのは「アイスクリーム」でした。


その中で、業種分類を「アイスクリーム」とする登録件数を見てみると、1位が高知県、2位が福島県、3位が青森県という結果に! 正直、高知県にアイスクリーム店がそこまで多いイメージはなかったので、これにはちょっとビックリ。

【ランキングトップ3のご当地アイスがおいしそう!】

実は高知のアイスクリームといえば、名物のアイスクリン! 県民のソウルフードと言われるほど親しまれていて、県内の幼稚園などではおやつに出ることもあるのだとか。他のアイスクリームに比べて乳脂肪分は少なめで、サクサクとしたシャーベットに近い食感が人気のヒミツみたい。


2位の福島県は、酪農や農業がさかんで食材が豊富な土地。最近では「酪農カフェオレアイス」というご当地アイスが話題となり、各地で売切れ続出の事態となったことは記憶に新しいですね。


3位の青森県では、カランカランアイス(別名:チリンチリンアイス、花火アイス、チンチンアイスなど)が定番で、お祭りなどのイベントでは行商がよくおこなわれているそう。近くの秋田県でもバラの形の「ババヘラアイス」が有名ですが、カランカランアイスも売り手によってはコーンにヘラで花びらのように盛りつけるそうですよ。

【高知県民は日本でいちばんアイスクリームが大好き!?】

なんとなーく南の地域のほうがアイスクリーム好きは多そうな気がしますが、意外にも東北の登録件数が多く、関西や九州は少なめというのも面白い点ですね。

アイスクリーム店の登録件数が多い、イコール、アイスクリーム人気が高い・多くの人に食べられていると考えると「アイスクリームが大好きな県」は1位高知県、2位福島県、3位青森県といえるかも。これらの県に住んでいる皆さん、実際のところはいかがですか? 感想を聞きたーい!

参照元:プレスリリースタウンページデータベース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら