男性ファッション誌『OCEANS』6月号の1か月着回し企画がツッコミ不可避! 「離婚の相談に弁護士事務所に行く日のコーデ」など目が離せない!!


先日ご紹介した女性ファッション誌『CLASSY.』の1か月着回しコーデ企画。1日目から主人公の彼氏が既婚者子持ちだったことが判明するという衝撃展開でしたが、いっぽうでじゃあ男性ファッション誌はどうなのかというと……。

ツイッターなどで話題となっているのが、37.5歳からのファッション&ライフスタイルマガジンをうたう『OCEANS』。2018年4月24日に発売された6月号の1か月着回しコーデがなかなか味わい深くてまたもやツッコミ不可避となっています。

ふだんは男性ファッション誌など見ないという女性の皆さんも、この機会にちょっとのぞいてみましょう!

【主人公の設定がバブル期のトレンディドラマみたい】

『OCEANS』6月号の1か月着回しコーデ企画の主人公は、新卒入社した大手総合商社で部長職を務める平山ユースケ(47歳)。

同期の中では出世頭で着こなしもオシャレなため、社内の女子社員の間では隠れファンも多いとか。一男一女にもめぐまれており人生すべてが人生順風満帆かと思いきや、実はいまプライベートで大きな危機が……という設定です。


……え、何これファンタジー!? 30代40代で年収300万円台もザラ、フリーター中年の増加、一億総貧困化……そうした日本の現状は華麗にスルーしていく所存のようです。この世界観には「ブラック企業で過労死寸前、家でひとりで飲むストロングゼロが唯一の救い」みたいな47歳男子は存在しません。

【弁護士事務所を訪れる日のコーデも紹介!】

さて、ユースケの身に起きている危機というのは、別居状態となっている妻との離婚問題です。そこで着回し1日目から出てくるのが、離婚の相談のため弁護士事務所を訪れるというシーン。


「足取りは重いけど、とりあえずブレザー羽織ってさ」って気取ったセリフを言っているわりには、顔つきがめちゃくちゃ神妙そうでそのギャップに笑いがもれます。それにしても「離婚の相談のため弁護士事務所に行く日のファッションコーデ」って斬新すぎる……。

【部下の女性といい感じになるも……】

プライベートでは逆風が吹いているユースケですが、仕事は重役昇進も間近と言われるほどデキる男。女子社員への気遣いも抜群です。

ある日のプレゼンの帰り道、突然の大雨に見舞われるとユースケはとっさにスーツを脱いで隣にいた部下のなつきを雨からかばってあげるのです。この一件から「なつきの自分を見る目が変わったことに気付いた」「自分自身も彼女からのLINEがなんとなく楽しみになっている」と言い始めるユースケ(部下の女性社員とLINEしてるのか!)。

案の定、後半ではなつきに誘われて休日に食事に行く展開に。別居中とはいえ既婚者の男性を休日に食事に誘う女性、その誘いに乗る男性……発言小町にでも相談して一度袋だたきに遭うといいと思うの!

ちなみにこのデートでユースケが連れて行ったのは原宿のうどん店。これになつきは不満だったようで「2人の恋はコシが強く長く、とはいかないようで」とのコメントが。……なーにをうまくまとめようとしてんでしょうか。

【くわしくは『OCEAN』6月号で!】

そんなこんなで波乱万丈なユースケの一か月。妻との関係はどうなるのか……気になる方はぜひご自身でチェックしてみてください。ユースケのあまりのイイ男ぶりに、最終日には「はっ、夢か……!」みたいな47歳無職男性による夢オチが来るのではないかと思ったものの、最初から最後までユースケ無双状態だったことをあらかじめお伝えしておきます。


中でも数々のユースケ語録は男性の皆さんであれば要チェック。

「え、仕事デキそうって? 服のおかげだよ(笑)」
「親心? 最近、重役方の休日ゴルフのお誘いが多い(笑)」
「ここに泊まって大喜びしなかった外国人を俺は知らない」

などはぜひとも覚えておきたいマウンティングワードですね。はたして私たちに使う機会が訪れるかはわかりませんが……。

参考:OCEANS
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【カルテット】満島ひかりが “すずめちゃん” 誕生秘話を語る! ドラマに夢中になったファンは「OCEANS」6月号を必読ですゾ☆

2017年4月24日に発売されたメンズファッション&ライフスタイル誌「OCEANS」6月号に、女優の満島ひかりさんが登場。人気ドラマ『カルテット』で演じたキャラ “すずめ” の誕生秘話など、貴重な話を語っているようです。

満島さんが登場するページは、旬の女優やタレントがフィーチャーされるという連載「#TATERUガールズ 〜君のいる部屋〜」。

【大人の女性と少女の顔が交錯する】

「OCEANS」初、女性にフォーカスを当てているというこちらの企画には、毎回多才で豪華なゲスト陣が登場。下北沢で撮影されたという写真のカメラマンは藤代冥砂さんで、リラックスした表情とスポーティーな格好が、満島さんが持つ “無垢な少女のような側面” をよりいっそう引き出しています。

【「すずめちゃん」ってどんなキャラ?】

『カルテット』を観ていた人ならば、なんといっても気になるのが、満島さん自ら語る「すずめちゃん誕生秘話」ですよね。

その詳細については雑誌を読んでいただきたいのですが、ここではすずめちゃんについてザックリ紹介。 “すずめちゃん” ことチェロ奏者の世吹すずめは、どこでも眠れる、マイペースな女性。計算高い側面もあって、会話をこっそり録音したりと悪いこともしたけれど、根はものすごーく素直なイイ子。そのうえ妹気質で可愛らしいっ。

幼いころに「魔法少女」として有名になるも、魔法が “すべてウソ” だったことが世に知れ渡ってしまい、壮絶なバッシングを受けた過去を持つ相当な苦労人でもあります。

人生のほとんどを孤独感を抱えて過ごしてきたすずめちゃん。そんな彼女がカルテットドーナツホールのメンバーと出会って家族同様な間柄となっていく過程に、胸をつかまれたというファンも少なくなかったことでしょう。

【本音をこぼすところに親近感を覚えちゃう】

「下北沢って、雰囲気とか、路地裏の感じとかどこか沖縄と似ている部分があって。そんなことを思いながらリラックスした雰囲気で撮影してもらいました」

そう語る満島さんは、すずめちゃん誕生秘話のほか、4年ぶりとなる単独主演作映画『海辺の生と死』の撮影の様子や、作品の舞台である奄美でのエピソードを紹介。また自身が演じた役・大平トエに感じたシンパシーについても話してくれており、役者としてのストイックな一面を感じることができます。

しかし同時に、乙女な素顔を感じられる部分も発見。「作品に入ると夢中になるタイプ。でも実は、できることなら可愛らしい感じでいたい」とこぼす満島さんに、きっと親近感を感じてしまうはず♪

【『カルテット』ファンは必読かも☆】

女優として目を見張る活躍を続ける満島さんのことを、もっともーっと知りたい! すずめちゃんという愛すべきキャラクターがどのように出来上がったのか、知ってみたい。そう思った方はさっそく、「OCEANS」2017年6月号を手にとってみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら