パンテーンが「#就活をもっと自由に」キャンペーンを展開中! 就活生の身だしなみへの本音が紹介されています


先日、東京メトロに乗ったときに車内である広告に目が留まりました。就職活動性らしき女性が描かれたモザイクアート広告だったんですが、そこにはこんなコピーが。

――自由な髪型で内定式に出席したら、内定取り消しになりますか?

茶髪のまま、髪をひとつに縛らず出席しただけで「内定を取り消します」って言われる!? ……そんなバカな!

でも、学生がこんな心配をするのが日本の就活の現状のようです。実はこの広告、そんな社会が少しでも変わるようにとの思いから作られたものなのだとか。

【暗黙のルールがある就職活動】

画一的で、無個性で没個性などと表現されることもある日本の就職活動。現に、黒・紺・グレーのスーツ、目立ちすぎない清潔感あるメイク、髪は長ければ後ろでひとつに、など就職活動時の服装や髪型には暗黙の了解が存在するもの。

学生の中には、そうしたルールに従いながらも、心の中で疑問やフラストレーションを抱えている人も多いのではないでしょうか。

【パンテーンが「#就活をもっと自由に」キャンペーンを始動!】

そこで、学生たちがありのままの姿で自分らしく就職活動ができるようにと「#就活をもっと自由に」キャンペーンをおこなうことにしたのが、P&Gが展開するヘアケアブランド「パンテーン」


そしてその第1弾として製作されたのが、渋谷駅や東京メトロ線内にて展開されている「就職活動生の“ホンネ”で作られたモザイクアート広告」。私が地下鉄で目にしたのもどうやらこれだったよう。

すでに第2弾としてCM動画が公開されていますが、そこには就職活動に対する学生のホンネがぎゅうぎゅうに詰まっており、見ていて考えさせられるものがあります。

【就職活動生のホンネが詰まったCM動画】

CM動画は、内定式に向かう女性にスポットを当て、一歩踏み出していく様子を再現した内容。

「御社で働きたかったから、似合わないひっつめ髪をしていました」
「みんな同じ髪型は変だと思いながら、自分だけ浮くのは嫌なので合わせていました」
「茶色の地毛を黒に染めていました」

といった、これまでなかなか学生が伝えられずにいたホンネが流れた後、縛っていた髪をほどいて自分らしいヘアスタイルで内定式に向かう笑顔の女性たちが登場します。

サラサラと風になびくロングヘアも、明るい髪色も、ふんわりと巻いた髪も、どれも彼女たちをイキイキと見せていてとっても素敵!

就活だからといって皆を同じ服装・髪型にとどめるのではなく、さまざまな選択肢がある中からTPOや個性に合わせて学生がどんな選択をするのか。もし見るのであればそちらではないでしょうか。

【ひっつめ髪をほどいた就活が当たり前の国に】

パンテーンが全国の就職活動経験者の男女1000人に「就職活動に関する調査」をおこなったところ、就職活動生の81%が「企業にあわせて自分を偽ったことがある」と回答したといいます。だけどそれは学生にとっても企業にとってもよいことはないはず。

とはいえ、学生の方から「自分はリクルートスーツも黒髪もやめて好きな格好で行きます! それを見て評価してください!」というアクションはなかなかとれないもの。自分が就職活動性だったとしても、そんなの恐ろしくてムリ……! だからこそ、企業側のP&Gがこうしたキャンペーンを展開してくれるのは意義があることだと思います。


「ひっつめ髪をほどいた就職活動がこの国の女性の当たり前になりますように」というCMの最後に流れる言葉、ぜひとも採用活動をおこなうすべての企業に届いてほしい……!

私たちができることといえば、まずはインスタやツイッターなどで「#就活をもっと自由に」をシェアすることでしょうか。SNSの力は大きいだけに、ぜひともこのキャンペーンが広く拡散されていってほしいものです。

参照元:パンテーンYouTube、プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【切実】共働きママがいちばん欲しいのは「自由な時間」家庭での家事分担率は「ママ9:パパ1」がもっとも多い調査結果に


出産しても仕事復帰する女性が多い現代。共働きということは家事や育児についても夫婦で分担することが当たり前になるかと思いますが、では実際には皆さん、どのぐらいの割合で分担しているんでしょうか?

それがうかがえる調査結果があったので、ご紹介します。株式会社ベネッセコーポレーション発酵の主婦向け生活情報誌『サンキュ!』とP&Gが共同でおこなった、共働き家庭がかかえる課題についての調査

この結果を見てみると、なかなか切実というか、日々時間に追われるなかで仕事に育児にと奮闘している母親たちの姿が浮かび上がってくるんです。

【共働きでも女性が家事をおこなう家庭が多い!?】

今回の調査は、0~10歳までの子どものいる20~40代のママ267名にインターネットを通じておこなったもの。

驚いたのは「家事分担についてあなたと夫(パートナー)のおおよその割合を教えてください」という質問。「妻9:夫1」と答えた人が全体の25.1%でいちばん多かったのです! 続いて「妻8:夫2」(22.4%)で、「妻10:夫0」という回答も全体の11%を占めています。

つまりは、共働きでも女性側がほとんどの家事をおこなっている家庭が半数以上という状況。これには結婚の理想と現実を知ってショックを受けた人も多いかもしれません。

【一概には言えない面もあるけれど】

ただし、これは妻側である女性だけに尋ねた質問ですので、ウソはついていないまでも、主観的な見方になってしまってる可能性もあります。同じように男性側に尋ねたら、またちがった結果が出るかもしれません(それはそれで男女差が見られておもしろいけど)。

また、妻より夫のほうが会社に拘束されている時間がずっと長いという場合もあるかと思うので、一概に「半々にすべき!」と言えないこともあります。

【世のママたちの現状が浮かび上がる……】

とはいえ、世の中の結婚して子どもがいる女性が日々、仕事と家事に追われていることが想像できる今回の調査結果。仕事と家事を効率化して、少しでも時間を作りたいと思っている女性も多いことでしょう。

「日々、仕事と家庭の効率化を行ってできた時間を何に使いたいですか?」という質問には、「自由な(追われない)時間」が1位に。続いて、2位「子どもとの時間」、3位「心をリセットする時間」となっています。

この結果を裏返してみれば、現状では「自由な時間がとれない」「心をリセットする時間がない」「子どもとふれあう時間が持てない」ということになるわけで、このあたりもリアルな本音が詰まっていますよね。

【キャパオーバーにならないために】

こうして見てみると、女性の負担が大きすぎて暗たんとした気持ちになってしまう? けれど、私の周りの共働き夫婦を見てみると、仕事も家事も育児もたがいに助け合ってタフに生き抜いている人たちが多い! たいへんなことも多いけれど、濃密な人生を送れているという考え方もできるのではないでしょうか。

だからといって、仕事をしながら家事や育児を抱え込むのはつらいもの。夫婦間で納得しあえていればよいですが、もしキャパオーバーならふたりで話し合って対策を考えましょう!

自由な時間を作るために家事の効率化をはかりたいなら、食器洗浄乾燥機や乾燥機付き洗濯機、ロボット掃除機など時短になる家電は迷わず取り入れるのもオススメ。また、家事は多少手抜きでも気にしないようにするのも精神衛生上よいかもしれません。

今回の調査結果にはほかにも「両立生活の中で、悩んでいる・困っていることについて教えてください」などさまざまなデータが集まっていますので、興味がある方はぜひ参照元からチェックしてみてくださいね。

参照元:プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら