おしゃれで美しいトイレを作るには? INAXの美トイレイベントをプロデュースした方にコツを教えてもらったよ


新生活がスタートする春、思い切ってお部屋の模様替えにチャレンジ! 部屋のすみずみまで、おしゃれに飾ってみるものの……おいてけぼりになりがちな場所があります。そう、トイレです。

お部屋をかわいく飾ったなら、トイレだって女子っぽく模様替えできたらいいけど、トイレのインテリアとなるとさっぱりわからない、という人も多いのではないでしょうか? かくいう私も、そのひとり。

そこで、先日ポーチでご紹介した“シャレオツすぎるトイレ”の展示イベント、LIXILによる「FLOWER ART FRAME」に足を運んでみましたよ。

【お花畑のようなトイレの展示】

2018年3月17日と18日の2日間、東京ミッドタウンにて開催されたトイレの展示イベント「FLOWER ART FRAME」。INAXブランドの新作トイレを美しくコーディネイトした4作品が公開されていました。 

テーマの異なる4つのトイレ空間は、ガーベラやラナンキュラスなどをふんだんに使用したロマンチックな雰囲気の「フラワーシャワー」、アンスリウムやストレリチアなど熱帯植物がリゾート感を演出する「ボタニカルグリーン」、日本庭園でおなじみの砂利を敷き詰め、桜やモクレンなどでシックにまとめた「モダンジャパニーズ」、パンジーやすみれの押し花を壁一面に散りばめた「フラワーウォール」と、すべての空間を花や植物でアレンジ。

【美しきトイレとお花のコラボ】


日本中のトイレの多くを手がけてきたブランド・INAX(現在はLIXIL社)による新作トイレシリーズ「SATIS(サティス)」。そのプロモーションの一環として行われたのがこの展示イベントです。タンクを見えなくしたスッキリ構造、そしてシンプルながら美しさを重視した造形の「SATIS」、この3月に新色「ノーブルトープ」「ノーブルブラック」のふたつが登場しています。


デザイン的に優れたトイレ・SATIS……とはいえそれでどんなトイレ空間にすればいいのか、インテリアもコーディネイトもいまいちピンと来ない! 

LIXIL社が行ったアンケート調査によれば、トイレを選ぶとき、トイレ本体の色や質感、空間にこだわりを持つ人が半数を超えるのだそう。そんなこだわりはあっても、どのようにしたらよいのか、みんなよく分かっていないみたい。

そんなわけで、美しきトイレ空間のありかたを提案すべく、「FLOWER ART FRAME」の開催に至ったのだそうです。

【お花を手がけたのは】


展示されたトイレ空間で舞い踊る、花たち。このフラワーアレンジメントを手がけたのは、花に関係するアートやファッションなどさまざまな方面で活躍中のフラワーアートユニット「plantica」。2015年開催のミラノ万博・日本館の装花を手がけたことでも有名です。

今回はplanticaクリエイティブディレクターの木村貴史さんにお話をうかがってみましたよ!

トイレを素材として扱う作品は今回が初めてということですが、「よくある真っ白なトイレだときびしいけれど、このノーブルトープの色合いは、自然界の色彩の花とデザインの親和性が高かった」とのこと。

今回のトイレ空間の演出では「ギャラリーで展示するように、四角いフレームの中にトイレとフラワーアートを一緒に閉じ込めて、4点の作品展示でトイレとフラワーアートの組み合わせの妙と、その楽しみ方のバリエーションを表現したいと考えた」そうです。

また、自宅のトイレのインテリアを考える際には「自分の好きなものにこだわって、絵、小物、ポスターなどを取り入れるのがよいでしょう。トイレ自体を買い替えるタイミングではトイレ本体も納得できるものを選ぶと良いと思う」とのアドバイスもいただきました。

ちなみにちょっと余談ですが、木村さんによると「日本にはアートが好きな人が多いけど、アートを生活に取り入れる人がまだ少ないと思う」とのことでした。

アートというと難しいけれど、トイレもお部屋のインテリアと同じように自分のこだわりにしたがって飾ればいいのかもしれませんね! 私はこの展示にいたく感動してしまったので、まずはお花畑のようなトイレ空間を目指すべく、壁いちめんににお花の絵を飾ってみようかと思います。

参照元:LIXILplantica
取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら

「シャレオツすぎるトイレ」が六本木に登場!? 春の花々で彩った4つのトイレが東京ミッドタウンに2日間限定で出現するよ

2018年3月17日と18日の2日間、東京・六本木にある東京ミッドタウンのガレリア地下1階アトリウムに登場するのは、トイレ

……ってか、ミッドタウンは商業施設だから、そもそもトイレくらいありますよね。これって一体、どういうことなんでしょ!?

この期間に開催されるのは、INAXの最新トイレ「SATIS(サティス)」をPRするイベント、「FLOWER ART FRAME by キレイがつづくトイレ INAX」。最新のトイレを、桜やガーベラなどの春の花をふんだんに使ってアーティスティックに演出するらしいのですっ。

【「SATIS」ってどんなトイレなの?】

「SATIS」はキレイな状態を持続させる機能が充実しているだけでなく、空間演出ができるトイレ。壁や床など空間全体を同系色でコーディネートして、楽しむことができるんです。上品なカラーの「ノーブルトープ」やシックな「ノーブルブラック」などインテリア性の高いカラーが特徴です。

【どのトイレも芸術性が高すぎるっ!】

INAXのトイレとフラワーアート・ユニット「plantica」がコラボして完成されるのは、花で満たした芸術性の高~いトイレ!

ラインナップは、色鮮やかな花々が咲き乱れる「フラワーシャワー」に、アジアンテイストでリゾート感たっぷりな「ボタニカル ガーデン」

生け花と庭を表現した和空間「モダン ジャパニーズ」、そして寒色系の花をチョイスし散りばめた「フラワー ウォール」の、全4パターンとなっています。

【フラワーボックスを作れるワークショップも開催されます♪】

それにしても……トイレをアートに仕上げるだなんて、そうそう聞いたことがありません。花で満たされたトイレが果たしてどんなものなのか、実際に確かめたくなっちゃう!

ちなみにイベント開催中は、トイレに飾れるフレグランスフラワーボックスを作る青山フラワーマーケット監修のワークショップが開催されるそうです。参加費は無料(!)、事前予約も必要ないそうなので、キレイなトイレを鑑賞しがてらフラッと出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース、LIXIL
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら