宇多田ヒカル出演サントリー新CMの舞台は大雪原 → 20周年記念の新曲をバックに「ニンゲンらしくやってる?」

宇多田ヒカルさんが毎回 “ガチ登山” していることで話題の「サントリー 南アルプススパークリング」CMに、新作『SWITCH&SPARKLING!』篇が登場。2018年4月24日より全国でオンエアされます。

今作で宇多田さんが向かったのは、一面に広がる大雪原! 行く手を遮るものがない雪原を子供のように走り回り、雪遊びをする宇多田さんは無垢な少女のようで、その可愛らしい姿につい見入ってしまいます。

バックに流れるのは新曲の「Play A Love Song」。CMでは歌詞の一部を口ずさむ場面もあるんです。

【宇多田さんが楽しそうだから、見ているこっちまで楽しいっ♪】

降り積もったばかりの雪に足をとられながらも、懸命に前に進もうとする宇多田さん。

ダイヤモンドダストのようにキラキラと粉雪が舞うなか、歓声をあげながら飛び跳ねたり、大の字になって寝そべったり、ハミングしたりと、とっても “上機嫌” な様子。時折画面に入る「キゲンよくやってる?」「ニンゲンらしくやってる?」といったメッセージと、楽しげな宇多田さんの様子が、ピッタリとマッチしています。

CMのいちばん最後に入る「SWITCH & SPARKLING!  SUNTORY!」というナレーションは、宇多田さん自身によるもの。発音の良さが際立つこのフレーズも非常に印象に残るので、この点にもぜひ注目してみてくださいね。

【私たち、過酷なところでしかお会いしませんね】

宇多田さんが「サントリー 南アルプススパークリング」CMに出演するのは、今回が3作目

サントリーのホームページではCM撮影の裏話が公開されているのですが、撮影スタッフ・メンバーは全作品おんなじ面々。というわけで宇多田さんは監督と会って開口一番、「何か、私たち、過酷なところでしかお会いしませんね」と挨拶したそうなんです。

前作そして前々作は、南アルプスと奥大山の自然をめぐるべく、過酷な山々を登山していた宇多田さん。言われてみればたしかに、そのとおりだよね……!

【歌詞を口ずさむシーンは要注目!】

また歌詞の一部を口ずさむシーンは、宇多田さんの発案によるものなのだそう。というのも撮影に入った時点では楽曲がまだ完成していなかったらしく、撮影最終日の前日に歌詞の一部が出来上がったというんです。

「昨晩歌詞が一部出来たので、その部分だけもう一度撮影させて欲しい」と、宇多田さん自ら監督に提案。突然の申し出にその場にいた全員が驚いたといいますが、この結果、「長い冬が終わる瞬間~♪」と口ずさむシーンが完成したのだそうですよ。

【新曲をいち早く聴くチャンス♪】

ちなみに「Play A love Song」は4月25日に配信リリースされることが決まっており、CMで楽曲の一部が先行公開されるかたちになります。

そういった点でも楽しみなCMですし、初夏が近づくこの時期に目にする一面の冬景色は、なかなか新鮮! それにしても……この次は宇多田さん、一体どんな場所に行くことになるんでしょうかね(笑)。CM1本出るだけで、体力つきそうだわ~!

参照元:サントリーYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら