香港の屋台で大人気のワッフルアイスが日本上陸!モチっとした生地にアイスやトッピングがめちゃんこキュート♡


以前、Pouchでもご紹介した「エッグワッフル」。香港で生まれ、現在ニューヨークでも大流行というこの屋台フードが、ついに日本にも上陸することに!

2018年2月3日の節分の日、ワッフルアイステイクアウト専門店「Popping Waffle」が名古屋の大須観音の前にオープンします! ポコポコとした形のワッフル生地にアイスクリームやフルーツをトッピングして食べるというあのスイーツ、日本でも食べることができちゃいますよ~!

【エッグワッフルって?】

1950年代から香港の街の屋台スイーツとして親しまれてきたというエッグワッフル「鶏蛋仔(ガイダンジャイ)」。小さな卵のようなポコポコとした丸い焼き目が特徴的です。


この香港のソウルフードが、ニューヨークでアイスのトッピングなどをつけて売り出され、あっという間に大人気に! 見た目の可愛さも手伝って、インスタグラムなどSNSを通じて世界的に広まることとなったそう。

今回オープンする「Popping Waffle」では、日本ならではの食材を使ってアレンジしているそう。

【1日限り、節分ワッフルも!】

季節やイベントごとの限定メニューも登場するんですって。2月3日にはオープン日限定の節分ワッフルとして「DEMONONIちゃん」(税込600円)が販売に。この日は大須観音でも豆まきイベント「節分会」があるので、鬼の見た目をしたこのワッフルアイスはまさにピッタリ!

【中身にもこだわってます】

ワッフル生地は国産の米粉を使用し、外はカリッと中はもちっとした食感に作られているとか。ほのかに甘く、優しい味わいは、国を超えて懐かしい気持ちになれちゃいそう。

メニューにはアイスクリームを乗せた定番ワッフルアイスの他に、ホイップクリームとフルーツの乗ったワッフルホイップ、そしてシンプルな素焼きワッフル(プレーン・チョコ・抹茶)や追加トッピングがあり、バリエーションはとっても豊富! 自分の好きなようにカスタムできるのが魅力です。

とっても美味しそうなポッピングワッフル、名古屋を皮切りとして、このまま全国的に展開していってほし~い!

参照元:ブルームダイニングプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら