【Pouch防災部】イケアで買える「日常でも使える防災アイテム」オススメ6選! 夜間でも安全に移動ができるベストなど

日常でも使える便利な防災グッズを、各企業のみなさんから聞き取り調査。おススメ商品をご紹介するシリーズ、「Pouch防災部」

今回は、スウェーデン発の家具量販店「イケア(IKEA)」でございます。

イケアの広報の方から聞いた “おススメ防災グッズ” は、全部で6商品。お値段がリーズナブルなうえ、夜間のランニングなど、普段外出する際にも役立ちそうなアイテムもあって、非常に興味深いラインナップとなっているんです。

【イケアで買える防災グッズ6つ】

1. LJUSA ユーサ 手回し充電式LED懐中電灯(599円 / 以下すべて税込み価格)
ハンドルを手でぐるぐる回すとエネルギーが蓄えられる、電池要らずの懐中電灯。20-30回まわすと、約1分30秒点灯します。レッドとホワイトの2色展開。

2. BESKYDDA ベスキッダ 高視認性安全ベスト(899円)
災害時はもちろん、夜間や霧の中での移動に便利な、高視認性安全ベスト。暗闇の中だと発光しているかのように目立つので安心です。 薄くて柔らかい素材を使用しているから着心地は軽く、コンパクトにたたむこともできるので、防災リュックに入れておくとよさそう! ポケット付きで便利です。

*洗濯機で洗えます

3. BESKYDDA ベスキッダ 反射クリップ2個セット(399円)
衣服やバックに簡単に取り付けられる、反射クリップ。遠くからも反射が見えるので、先ほど紹介したベストと同じように、夜間や霧の中での移動に役立ちそうです。

4. POLARVIDE ポーラヴィーデ ひざ掛け(499円)
柔らかな肌ざわりのフリース素材でできた “ひざ掛け” は、これからの季節、お部屋やオフィスでも重宝する存在です。注目すべきはそのお値段。499円という超プチプラ価格であったかアイテムを手に入れることができるのです。

*洗濯機で洗えます

5. PRINSBO プリンスボー LEDナイトライト(2999円)
コンセント不要の、持ち運びできる充電式LEDランプ。3〜6時間の充電で約25時間点灯可能です。スリムなのでスペースに困らないないほか、お部屋に置いてもすっと馴染んでくれそうな “グッドデザイン” が魅力。

6. GODAFTON グダフトン LEDブロックキャンドル(499円)*電池別売り
一見するとキャンドル、しかし実は電池で動く “LEDライト” ! 内蔵タイマーがあらかじめセットされているため、点灯後6時間が経過すると自動で消灯し、その18時間後に自動で点灯する仕組みとなっています。小さな子供がいる家でも安心なうえ、屋外でも使用できます。

【とにかく安いのがありがたい~~~!】

イケアと聞いてまず思い浮かぶのは、北欧デザインのスタイリッシュな家具と、そのプチプラぶり。今回おススメしてもらった防災グッズも軒並み “お財布に優しいお値段” だから、取り入れやすいんじゃないかと思います。

いざというときのための照明器具や、体を温めてくれるアイテムももちろん重要な存在ですが、個人的に注目したのは、ベストやクリップといった “視認性の高いアイテム”

普段から用意しているという人はそう多くはないと思いますので、さっそくゲットしてみてはいかがでしょうか。軽量で保管場所にも困らないなど魅力的な利点もあることですし、ぜひご参考に~!

参照元:IKEA[1][2][3][4][5][6]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【Pouch防災部】ベルメゾンで買える「日常でも使える防災アイテム」を教えてもらったよ! 歩ける毛布やホイップライトなど全6つ

地震に台風と、自然災害が立て続けに起こっている今日この頃。防災リュックなどを準備しておくことは、もはや必須事項といえましょう。

しかしひとり暮らしなどでお部屋が狭いと、防災グッズの保管場所の確保が難しい場合も。非常時だけでなく日常でも使えるアイテムだったら、いつだってお部屋に置いておけますし、非常時にも持ち出しやすいのではないでしょうか。

そこで Pouch は、ユニークな商品を次々生み出し続ける通販のベルメゾンネットに、日常でも使える便利な防災グッズを聞いてました!

【今すぐ取り入れられる6つの防災アイテム】

広報の方が教えてくれたのは、これからご紹介する6つのアイテム。防災に特化した商品ではないものの、だからこそ今回のテーマにぴったり! これからやってくる寒~い季節に役立つアイテムもあるので、参考になれば幸いです。

1. ホイップライト(1026円 / 以下すべて税込み)
シリコン素材でできた小型LEDライトで、点灯と点滅の切替えが可能。本体自体に蓄光素材が使われているため、暗闇で光るところが最大の強み。リュックや自転車のハンドルなどに巻き付けて使うこともできます。

2. センサーライト(2138~3110円)
暗くなると自動で点灯する壁付けライト。手に取るとパッと点灯して懐中電灯に、停電時には自動点灯して非常灯に、さらに点滅灯を使えば救難信号としても使える優れもの。サイズ展開は2種類で、「小」には基本的な機能が、「大」には基本機能のほかに人感センサーがプラスされています。

3. 突っ張り上置き引戸ラック(1万2744~2万304円)
タンスなどの上部空間などのデッドスペースを、 “新たな収納場所” として有効活用できるラック。固定できる “つっぱり式” なので、転倒防止など耐震対策にもなります。

4. そのまま寝られる中わた入りの着る毛布(4490円)
こちらは読んでそのまま、 “着られる毛布” 。首元と背中にたっぷり中綿が入っているため、横になってもふかふか。裾のスナップボタンを留めれば丈が短くなるためスムーズに動けるほか、袖口にゴムと指通しが付いているので腕まくりもでき、手元の冷え対策にもなります。

5. 下半身ぬくぬくスカート毛布(3490円)
マイクロファイバー生地で作られた、裾にボリュームのある “スカート毛布” 。丸く広がった裾がぬくもりをため込んで、こたつに入っているような温かさを味わえます。両サイドにはポケットも。

6. うもれたくなるモコモコつつ毛布(3490~5490円)
モコモコマイクロファイバーを “筒状” にした毛布で、もぐり込むと足先まですっぽり包んでくれるほか、背中など体の一部が出にくいという利点が。左右の一部にスリットが入っているため、出入りはスムーズ。1人用のレギュラーサイズと、親子で一緒に入れるワイドサイズがあります。

【ぬくぬくアイテムはこれからの時期必須】

さて、いかがだったでしょうか。災害時に灯りは絶対必要になりますし、つっぱり式のラックがあれば事故も防ぐことができます。

またこれからの季節、停電などで暖房が使えなくなると、命に関わる可能性も。そういったときこそ、後半にご紹介した3アイテムが防寒にも役立つと思うので、さっそくお部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:通販のベルメゾンネット[1][2][3][4][5][6]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら