「ヤマダ、イキマース!」山田孝之がバーチャル化して制御不能!? PSVRの世界でテンションマックスになる様子をご覧ください

ここ数年、活躍がめざましいバーチャルYouTuber。

人間同様にYouTubeに出演、YouTuberとして動画配信や投稿を行っているCGキャラクターたちがこのように呼ばれているわけなのですが……。なんとあの山田孝之さんがバーチャルYouTuber化してしまったというのだから、耳を疑うほかありませんっ。

【徐々にクレイジーになっていくよ】

バーチャルYouTuberとなった山田さん、もといゲーム解析AIキャラクター・山田孝之 4Gが登場するのは、2018年6月28日より公開された動画、『PS4 Lineup Music Video「山田孝之4G、起動」ft. Pa’s Lam System』。

この夏に発売されるPS4のゲーム全18タイトルを一挙に紹介。わずか3分43秒の間に怒涛のごとく解説をしていく様子は、非常に見ごたえがあります。そして途中からどんどん狂っていって、最終的には制御不能になる「山田孝之 4G」にも、要注目……!


【50パターンの表情をスキャニング】

映像のクオリティーもさることながら、個人的になにより驚いたのは、「山田孝之 4G」が作られた過程です。

本人の表情を3Dスキャンして制作されたそうなのですが、このとき山田さんが見せた表情は50パターンにものぼったというのだから、バリエーションの豊富さに腰を抜かしそうになります。

だって……50種類も表情作れます? ぶっちゃけわたしには、できる自信がありませ~ん!

【ガンダムといえばこのセリフだよね】

クールな表情にドヤ顔、さらには変顔と、ありとあらゆるパターンの表情を見せただけでなく、ナレーションでもサービス精神に溢れていたという山田さん。

シーンごとにキャラクターを演じ分けるだけでなく、「殴ったね!」「ヤマダ、イキマース!」といったどこかで聞いたことのあるセリフも飛び出すなど、録音中も和気あいあいムードだったようなんです。

【BGMも目玉のひとつですっ】

目まぐるしい展開と超絶クールな映像を、さらにアップグレードしているのは、トラックメーカーユニット「Pa’s Lam System(パズラムシステム)」によるBGM。

ハイクオリティーかつキャッチーなダンスミュージックが「山田孝之 4G」のクレイジーさとシンクロする瞬間がめちゃくちゃキモチイイのです!

映像をよりスタイリッシュに演出しているので、相乗効果にもぜひ注目してみてくださいね☆

参照元:プレスリリース、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

山田孝之がモンハン新CMでモンスター役を熱演する姿がヤバい!! 特殊メイクもしていないのに迫力ありすぎて最後は捕獲されます

ありとあらゆる役になりきることから “カメレオン俳優” と称されることも多い、山田孝之さん。

そんな山田さんが新たに挑戦したのは、人間の役ではなくモンスター。さまざまなモンスターになりきって、山を駆け巡ったり、土に潜っては飛び出したり……。獣さながら、傍若無人に暴れまわる動画が、YouTubeに公開されていました。

【ちびっこたちよ…これが本気の「ごっこ遊び」だ!】

こちらの動画は、「PlayStation 4(PS4)」の新テレビCM『山田、全力のモンハンワールドごっこ』篇。2018年1月19日より全国でオンエアが開始されます。

場所は、山奥のロケ現場。後輩俳優とゲーム『モンスターハンター:ワールド』について談笑していた山田さんは、突如「モンハンワールドごっこするか!」とキラキラした瞳で提案。発言するや否やイスから勢いよく立ち上がって、後輩そっちのけで色々なモンスターになりきり始めるんです。

【人間の格好のまま「モンスター」になりきる】

ちなみに、このとき山田さんはスーツ姿。着ぐるみなしのありのままの姿でモンスターになりきるとは、アッパレとしか言いようがありません。

体をめいっぱい使ったダイナミックな動きと見事な顔芸で演じるのは、新種の「ネルギガンテ」や「クルルヤック」、「パオウルムー」といったモンスターたち。モンスターと化した山田さんが地面に手をたたき付けると、その衝撃波で周囲のスタッフたちが次々吹っ飛んでいきます。

【いつでも全力なあなたが好き】

その後も奇声をあげながら岩を抱えてダッシュしたり、送風機の前で大きく手を広げてダイブしているように見せかけたりと、大忙しの山田さん。

最終的にはモンスター「ディアブロス」に “なりきり” 。力強く叫びながら地中深くへと潜っていき再び飛び出してくるというスゴ技を見せつけ、周囲を驚かせたのでした。

暴れすぎた山田さん、最後には “網で捕獲” されちゃってます。捕まえたくなる気持ちもよ~くわかるわっ。

【山田さん「演じていて違和感はなかった」】

ちなみに……公開されているインタビューでは、山田さんはモンスターを演じた感想について次のように述べています。

「違和感はなかったです。スタンバイって言われた時に、体勢を勝手に作ってやっている自分がいて、スイッチが入り、生命さえ宿っていれば人でもモンスターでもいいのだと思いました」

体が勝手に動いただなんて……さっすが “カメレオン俳優” ! 今回の “怪演” も、お見事でした~!

参照元:プレスリリース、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら