「シャレオツすぎるトイレ」が六本木に登場!? 春の花々で彩った4つのトイレが東京ミッドタウンに2日間限定で出現するよ

2018年3月17日と18日の2日間、東京・六本木にある東京ミッドタウンのガレリア地下1階アトリウムに登場するのは、トイレ

……ってか、ミッドタウンは商業施設だから、そもそもトイレくらいありますよね。これって一体、どういうことなんでしょ!?

この期間に開催されるのは、INAXの最新トイレ「SATIS(サティス)」をPRするイベント、「FLOWER ART FRAME by キレイがつづくトイレ INAX」。最新のトイレを、桜やガーベラなどの春の花をふんだんに使ってアーティスティックに演出するらしいのですっ。

【「SATIS」ってどんなトイレなの?】

「SATIS」はキレイな状態を持続させる機能が充実しているだけでなく、空間演出ができるトイレ。壁や床など空間全体を同系色でコーディネートして、楽しむことができるんです。上品なカラーの「ノーブルトープ」やシックな「ノーブルブラック」などインテリア性の高いカラーが特徴です。

【どのトイレも芸術性が高すぎるっ!】

INAXのトイレとフラワーアート・ユニット「plantica」がコラボして完成されるのは、花で満たした芸術性の高~いトイレ!

ラインナップは、色鮮やかな花々が咲き乱れる「フラワーシャワー」に、アジアンテイストでリゾート感たっぷりな「ボタニカル ガーデン」

生け花と庭を表現した和空間「モダン ジャパニーズ」、そして寒色系の花をチョイスし散りばめた「フラワー ウォール」の、全4パターンとなっています。

【フラワーボックスを作れるワークショップも開催されます♪】

それにしても……トイレをアートに仕上げるだなんて、そうそう聞いたことがありません。花で満たされたトイレが果たしてどんなものなのか、実際に確かめたくなっちゃう!

ちなみにイベント開催中は、トイレに飾れるフレグランスフラワーボックスを作る青山フラワーマーケット監修のワークショップが開催されるそうです。参加費は無料(!)、事前予約も必要ないそうなので、キレイなトイレを鑑賞しがてらフラッと出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース、LIXIL
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら