【注目】「渋谷109」のロゴが生まれ変わる! 最終候補4案が発表され一般ウェブ投票が開始されました!

渋谷のランドマークといえば、 “マルキュー” こと「SHIBUYA109」。わたしが中高生だったころから、この場所は “ギャルの聖地” として有名でした。

数多くの人に愛され親しまれてきた「SHIBUYA109」は、来年2019年で40周年を迎えます。

これを機に現在開催されているのが、「109 ロゴコンテスト」

プロ・アマ問わず新ロゴマークを一般公募で募り、最終候補となったのは合計A・B・C・Dの4つのデザイン。本日2018年7月6日から7月15日までの期間、ウェブからの最終投票を受け付けているんです。

【タイプが異なる4デザインから選ばれるのは…!?】

最終候補として残った新ロゴマークのデザインは、どれもシンプル系。すべてピンクバージョンとブラックバージョンが提示されていて、どれが選ばれてもおかしくないと思えます。

4デザインに共通しているのは、「109」という数字と「SHIBUYA」という文字、そして109の外観である「シリンダー」を模したイラストが組み合わさっていること。これらは募集をかける際、あらかじめ指定されていた条件です。

【みんなはどれが好き?】

A案は直線と正円で構成されたミニマルなデザイン、B案は力強くわかりやすいフォントが印象的なデザイン、そしてC案は幾何学的デザインのフォントを取り入れたシンプルなデザインと、方向性はさまざま。

ちなみにわたしのお気に入りはD案。 “マルキュー” の “マル” の部分を強調し、グラデーションカラーを採用したところがツボだったのですが、さてみなさんはどの案がお好みでしょうか。

【マルキューだけに賞金も「109」】

新ロゴマークが公開されるのは、7月22日を予定。特別審査員には、アートディレクターの千原徹也さん、渋谷区区長の長谷部健さん、そしてモデルでタレントの藤田ニコルさんが名を連ねています。

たった1作品のみが選ばれる最優秀賞の賞金は、109だけに109万円。そのほか3つの作品は優秀賞となって、やはり109だけに、賞金10万9000円が授与されるのだそうですよ。

「SHIBUYA109」に思い入れがある人もそうでない人も、ぜひこの機会に投票を。それにしても…… “マルキュー” のロゴが変わるとか、平成最後の夏って感じがするわ~!

参照元:株式会社SHIBUYA109エンタテイメントSHIBUYA109
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【8月5日開催】今年の夏はシブヤの街で盆踊り♪ 109エリアをそのまま会場に「渋谷盆踊り大会」やるよー

夏ですねぇ。夏といえば夏祭り、夏祭りといえば盆踊り! ウェブサイト「渋谷道玄坂NEWS」によれば、2017年8月5日土曜日、なんと渋谷のど真ん中で盆踊り大会が開催されるようなんです。

「渋谷盆踊り大会」は今回が初開催。会場となるのは渋谷駅前のスクランブル交差点西側道路、文化村通り、道玄坂(「SHIBUYA109」周辺エリア)らしく、これは大変なことになりそう!

夏休み真っただ中ということで全国各地から人が来ているだろうし、外国からの観光客も多いだろうし……きっとハロウィンのときみたいにカオスになるに違いないゾ~~~!!

【発想はサイコーだと思います!】

夜18時から21時半まで行われるという「渋谷盆踊り大会」。

日本ならではなイベントを、今や日本のランドマークともいえるスクランブル交差点のすぐそばでやってしまうという発想、実に素晴らしいと思います。大勢の浴衣ボーイズ&ガールズがニッポンの伝統・盆踊りを楽しむ、その光景を想像しただけでテンション爆上がりです。

【ものすごいことになりそうな予感】

しかし会場が会場だけに、尋常じゃない人数が集まるであろうことは容易に予想できます。

ワールドカップやハロウィンのときみたいに、DJポリスが出動しちゃうんでしょうか。ゴミのポイ捨てなんかも、正直心配の種です。ハロウィン後のゴミだらけの渋谷の街を見て胸が痛んだし、近所の方の苦労を思うと悲しい気持ちになっちゃったもんな……。

ってなわけで盆踊りに参加するみなさんは、ゴミは必ず持ち帰るようにしましょうね~!

【ルールをしっかり守って、とことん楽しもう☆】

当日は交通規制が行われ、それに伴いバイクと自転車の走行および移動も禁止となります。公共の交通機関を使って現地へ向かうようにしてください。

また花火など危険物の持ち込みや使用は、固く禁じられています。花火をしたいなら帰宅してから、これ鉄則! それから迷惑行為ももちろんしちゃダメ、絶対! 守れない場合は盆踊り自体が中止になってしまう可能性があるので、十分注意するようにしましょう。

ルールを守って楽しく盆踊り♪ 外国から来たみなさんに、ニッポンのソウルを見せつけてやりましょう~!

参照元:渋谷道玄坂NEWS
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら