【本音レビュー】スプリング11月号付録「BEAMS 14L大容量グローサリートート」はマジで買い! 機能的だわ、ガシガシ使えるわで頼もしすぎる~!!


バッグにポーチ、雑貨、コスメ……と雑誌に欠かせなくなった「付録」。読者のほうも目が肥えてきて「ちょっとやそっとの豪華さじゃ驚かないぞ」となってるわけですが、2018年9月22発売の『SPRiNG(スプリング)』11月号付録「BEAMS 14L大容量グローサリートート」は「手に入れて損なし!」と自信を持って言えるアイテムかも。

だってこのバッグ、大容量でたっぷり入るわ、作りも機能的だわ、丈夫でガシガシ使えそうだわで優秀すぎるんですっ!! このたび出版元の宝島社から実物を送っていただき、チェックしてみたのでそのレビューをお送りしたいと思います。

【底が広くてホントに大容量!】

コンパクトに畳まれて入っていたものの、広げてみると……デカッ!!

手近にあったファッション誌が余裕ですっぽりと入るようなサイズ感です。厳密に言うと、縦38×横32×マチ13cmで、14Lの容量が入るというのがこのバッグの大きなウリ。

平面からではわかりづらいですが、縦と横だけでなくマチもかなり広く取られているのでとにかく収納力があるんです!

【傘やノートが入るポケットもあって機能的】

大容量が入るバッグって、そのぶん中身が迷子になりやすいんですが、ポケットがついているのもうれしいポイント。内ポケットにはiPhoneやパスケースなど収納可能です。

両サイドのポケットはペットボトルや折り畳み傘などがちょうど入るサイズです。

そしてフロントにも大きめのポケットが! ここにはノートやiPadなども入れられます。使い勝手がよいように機能的に作られているのがわかりますね。

【実際にどのぐらい入るか試してみた!】

じゃあ実際どのぐらいの容量が入るのか? 荷物を入れて試してみましたが、雑誌、財布、手帳、化粧ポーチなどは余裕。荷物が多い人でもふだん持ち歩くぶんはまず収納可能かと思います。

そもそもグローサリートートということで、スーパーなどで買った食品を入れるためのバッグです。スーパーで買った食材も詰めてみましたが、牛乳、バナナ、ヨーグルト、納豆、レトルトカレーなど入れてもまだ容量の1/3ぐらい。

ほかにもジム用のバッグにしたり、習い事のレッスンバッグにしたり。1泊2日の旅行セットなんかも大丈夫。生地も厚手でガシガシ物を入れられそうなので、使い道もいろいろとありそうです。肩掛けできるので持ち歩きしやすい点もGOOD!

【お買い物に、イベントに、大活躍してくれそう】

というわけで、大容量&機能的&丈夫と使いやすさ満点の「BEAMS 14L大容量グローサリートート」。正直、キラキラした可愛らしさはないかもしれませんが、そのぶんシンプルなのでどんなファッションにも相性よし。


バッグの裏面やバッグサイドのタグに「BEAMS」というロゴも入っているので、ビームスコラボであることもさりげなくわかります。

『スプリング』11月号は税込860円で現在発売中。これから運動会やピクニックなどイベントが増える季節だけに、私もこのバッグ、気軽にガシガシ使い倒したいと思います!

参照:宝島社『スプリング』
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【神付録】 スプリング 12月号の付録「クレヨンコスメ5本セット」がめちゃ使える / 無くなったらリピ買いしたくなるレベルです

近頃の女性ファッション誌は、ほんっっと~~~に付録が充実しまくっていますよね!!! 素材や細部にまでこだわっているので、パッと見では付録に見えないものも多くて驚いてしまいます。

バッグにポーチにと付録のバリエーションは様々ですが、特に最近注目しているのが、コスメ系付録。今回は発売前から話題となっていた、2017年10月23日に発売された宝島社『SPRiNG(スプリング)』 2017年12月号の付録、「鈴木えみ × BEAMS クレヨンコスメ 5本セット」を使ってみた感想をレポしたいと思います。

なんでも今回のクレヨンコスメは、前回好評だった第1弾に続く第2弾なのだとか。否が応にも期待が高まってしまいますよね……!

【めっちゃ描きやすそう!】

発売された雑誌と付録を宝島社さんに送っていただき、いざトライ。

入っていたのは合計5本の “クレヨンコスメ” で、そのうち3本はリップとチーク用1本はハイライト、そしてもう1本はローライトとなっています。ほどよく手にフィットする大きさ、そして太さ……これは確実に描きやすいヤツだぞ~~~!!

【フツーにお店で売っていそうです】

箱から出した瞬間にまず感じるのは本格感。いい意味で付録っぽさはなく、デザインといいサイズといい、コスメショップの棚に並んでいても違和感はありません。

リップクリームと同じ要領で下部をクルクル回転させると「びよ~ん」とたっぷり飛び出してきて、それぞれ十分な量が入っていることがわかります。

これが5本も雑誌の付録として付いてきて、しめて890円だなんて……。宝島社さん、いくらなんでも安すぎじゃないですかね!?

【「和」な名前が最高に雅だわ~♡】

リップ&チーク用の3本は、真っ赤な「緋(あけ)」、ピンク色の「中紅花(なかくれない)」、オレンジっぽいコーラル色の「珊瑚(さんご)」

質感は柔らかいながらも芯はしっかりとしているので描きやすく、また馴染みやすいのが特徴。お絵描きをしている感じでメイクができるのが楽しくて、肌に触れた感触も優しいのでストレスを一切感じません。

くちびるにそれぞれのカラーを塗ってみましたが、発色も文句なし。特に驚いたのは「緋」のビビッドさで、これ1本あれば流行りの赤リップ顔があっという間に完成しちゃいますよぉ! でも口紅のようなつや感はないので、事前にリップクリームを塗っておいたほうがいいかも。

一方のハイライト「光(ひかり)」とローライト「影(かげ)」も、柔らかく肌を滑る感じが心地よい~♡

パール感のある華やかなハイライトも、肌にしっくり溶け込むような色合いのローライトも、手でぼかせばすぐに馴染むんです。

すっと描いてパパっとこすれば、お顔にさりげな~くメリハリが生まれます。ハイライト、シェーディングとしてはもちろんのこと、アイメイクの部分使いとしても重宝しそうな予感!

【付録ってレベルじゃないっすよ!!!】

使いやすく、持ち運びもしやすそうな「鈴木えみ × BEAMS クレヨンコスメ 5本セット」は、クレヨンコスメに挑戦したくても手が出せないでいた人にはピッタリ。雑誌にはメイクのアドバイスも紹介されているので、どう使ったらいいのか不安な方でも安心ですよ。

正直な感想といたしましてはズバリ、「無くなったらリピ買いしたくなりそう!」。付録なのでもちろん叶わぬ夢なのですが、それくらい気に入っちゃいました♪ ゲットしておいて損はない「名付録」ですよ~!

参照元:SPRiNG
撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら