「自分の体にもっと自信を持とう」海外水着ブランドの広告が素敵! さまざまな体型や年齢層の女性たちがモデルをつとめています

体型が気になるから。もうそういう年じゃないから。このように、様々な理由で「水着を着る」ことを敬遠している女性は、少なくないと思うんです。

スイムウェアブランドの「Swimsuits for All」は、その名のとおり、ありとあらゆる体型、年齢層に向けた水着を数多く発売しています。そのため広告に登場するモデルたちも多様性を極めているんです。

そんな「Swimsuits for All」の最新キャンペーンのタイトルはずばり、「パワースーツ(Power Suit)」。広告に登場したのはいろいろな体型を持つ30歳から67歳までの女性たち5名で、それぞれに強い個性があります。

【圧倒的画力……!!!】

共通しているのは、みんな水着を着ていること。そして全員の表情が、自信にみなぎってキラキラ輝いていること! まさにパワースーツを身にまとったスーパーウーマンといった感じで、見ているだけで力をもらえそうな気がするんですよね。

Instagram Photo

【あの美女でさえ「自分の体に自信が持てなかった」】

モデルたちの中心にいるのは、真っ赤なビキニをまとった、モデルで女優のブルック・シールズさん。

デビューはわずか生後11か月のとき。出演映画が次々公開された20歳くらいのときには世界的人気を集めて、 “美人の代名詞” にまでなっていたシールズさんも、現在は52歳。

年齢を重ねてもなお類まれなる美貌は健在ですし割れた腹筋(!)も見事ですが、海外サイト「TODAY」によればシールズさんは、自分の体に自信を持つことができないでいたよう。まばゆいばかりに美しかった若い頃でさえ水着を着るのを好まず、どうにかして隠そうとしていたというのだから驚きです。

Instagram Photo

【今になってようやく誇りが持てるように】

キャンペーンを取り上げたPeople誌に対して

「容姿について吟味されるような視線を浴びながら成長していくことは、私を不安にさせた」
「他人の意見を自分から切り離すのに何年もかかった」

と語ったという、シールズさん。

しかし52歳になってようやく、 “努力を重ねてきた自分の体” を誇りに思えるようになった、といいます。

Instagram Photo

【自信と勇気をたくさんもらえます!】

シールズさんのほか広告にモデルとして登場しているのは、プロのスイマーで67歳のパット・ギャラント・シャレットさん。ナース・プラクティショナー(一定レベルの治療を行える上級の看護職)でテレビのパーソナリティーも務める、37歳のケイティー・デュークさん。

デザイナーやモデルとして活躍している、30歳のアンジェラ・シモンズさん。そしてプラスサイズモデルで圧倒的人気を誇っている、30歳のアシュリー・グラハムさん。

5名が一堂に会した様子は、壁に飾っておきたくなるくらいに神々しいので必見です。YouTubeにはPR動画が公開されているほか、公式インスタグラムでもパワーが湧いてくるショットが公開されているので、ぜひあわせてご覧になってみてくださいね♪

参照元:Swimsuits for AllYouTubeInstagram @swimsuitsforallTODAY
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

マシュマロ女子向けの水着が大胆無敵のデザインだよ! よーくみると盆栽・忍者・盆栽などアジアンテイスト満載です


海外マシュマロ女子ブロガーとして絶大な人気を誇るアシュレイ・グラハムさん。昨年、彼女自身がプロデュースにたずさわった「SWIMSUITS for all」の水着コレクションを紹介しましたが、2017年も彼女による新作コレクションが登場しています。

昨年は「陰謀ビキニ」や「シークレットエージェント水着」などの名前がついたスパイモチーフとなっていましたが、今年のコレクションはというと……なんとアジア、それも日本がテーマ!?

水着にはそれぞれ「Tsunami Swimsuit(ツナミ水着)」「Bonsai Bikini(ボンサイ・ビキニ)」「Ninja Swimsuit(ニンジャ水着)」なーんて名前が……!

【ボンサイ・ビキニにニンジャ水着……?】

日本人の私たちからすると「ボンサイ・ビキニってどんなのよ!」と思わずツッコみたくなりますが、ひとまずご安心を。あくまでもこれらのワードは単なるイメージであって、水着自体との関連性はそれほどないみたい。

それでも中にはその言葉をほうふつとさせる水着も。たとえば「ニンジャ水着」は網目模様のメッシュ生地になっていて、どことなく忍者装束を思わせます

【水着自体はオシャレでセクシー】

この他にも、彼女の水着コレクションには「Samurai(侍)」「Karate(空手)」「Sensei(先生)」「Origami(折り紙)」「Haiku(俳句)」といった日本語が名付けられているものが並び、私たちとしては首をかしげるものばかり。

とはいえ、水着自体は個人的にはかなり……というかとってもオシャレで好印象! マシュマロ女子を魅力的に見せてくれるのはもちろんのこと、どんな体型の女子でも欲しくなるようなデザイン性があります。

【動画・水着ともに要チェック!】

ちなみに、彼女のコレクションのプロモーション動画がYouTubeにアップされていますが、こちらもやはりアジアンチック。舞台は日本庭園や屋敷、寺になっていて、 続きを読む "マシュマロ女子向けの水着が大胆無敵のデザインだよ! よーくみると盆栽・忍者・盆栽などアジアンテイスト満載です"

続きはこちら