【鳥肌】1人4役で『グレイテスト・ショーマン』を歌った動画が完成度高すぎぃ! 男女4役をしっかり歌い分けています

日本でも大ヒットした映画『グレイテスト・ショーマン』

作品に登場する人物になりきって次々劇中歌を披露したのは、ボーカリスト・俳優・振付家・パフォーマーなどさまざまな分野で活躍を続けている、トッドリック・ホール(Todrick Hall)さんです。

YouTubeで公開されているこのビデオのなにがすごいかって、ホールさんが1人で4役を演じている点! 主人公のP・T・バーナムをはじめとする個性豊かな4人のキャラが集結していて、その中にはキアラ・セトルさん演じるレティ・ルッツらしき姿もあります。

【動きがキレイにあってる!】

ビデオ画面は縦に4分割されていて、それぞれ別撮りしている様子。

しかし4人(実際は1人)の動きはピタッと合っていて、顔を合わせるタイミングも、手を取り合うタイミングもバッチリ。まるですぐ隣にいるかのような動作のひとつひとつに、つい目を奪われてしまうんです。

【4人それぞれ違う人に見えてくるゾ…】

ヘアメイクなどの見た目だけでなく、歌声までキャラクターによって変えている点も、見どころのひとつ。

男性のときは自然に、女性のときはより高い声で楽曲を歌いあげていて、だんだん4人が異なる人物に見えてきちゃうから不思議!

また楽曲はメドレー形式になっているので、約5分半で映画の世界観を満喫できるというのも、この動画の魅力のひとつといえましょう。

なおみんな大好き『This Is Me』はいちばん最後に登場します。どうかラストまで、お見逃しのないように!

【世界観が作り込まれているからサイコー】

衣装や背景までしっかり作り込んであるのは、ホールさんの強いこだわりや美意識があってこそ。ですが動画に

“This video is sponsored by 20th Century Fox”

と、コメントがあるように、『グレイテスト・ショーマン』の配給元である20世紀フォックスがスポンサーになっていることも大きいのではないかと思います。

毎度毎度素晴らしいパフォーマンスのホールさんですが、以前 Pouch でご紹介した作品と比べるとさらにレベルアップしているような気がする~!

こんなにもハイクオリティーなショーを自宅にいながら楽しめるだなんて、ホントいい時代になったものだわ~♡

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

13歳の少女が弾き語りするグレイテスト・ショーマン の『This Is Me』が超ハイレベルっ! ハスキーな歌声にしびれます

日本でも大ヒットした映画『グレイテスト・ショーマン』の挿入歌として一躍有名になった『This Is Me』。YouTubeで見つけたのは、この名曲をハスキーな歌声でカバーする、路上ミュージシャンの少女の姿でした。

アイルランドの路上でパフォーマンスを行っていたのは、13歳のアリー・シャーロック(Allie Sherlock)さん。

アコースティックギターをかきならし、少ししゃがれた声で歌う姿に道行く人の多くがひきつけられていたようで、周囲には山のような人だかりができています。

【「仕上がってる感」がすごい】

キアラ・セトルさんが歌う本家バージョンももちろん素晴らしいのですが、優しいアコギの音色とアリーさんの歌声による『This Is Me』も、足を止めてつい聴き入ってしまう完成度。

のびやかな高音も、時折入るメロディーのアレンジも耳に心地よく、目の前で歌っているのがまだ13歳の少女なのだということを忘れそうになってしまうんです。

【ネットでも超話題です】

再生回数116万9600超を誇る動画には視聴者からもたくさんの声が寄せられておりまして、

「彼女こそ “グレイテスト・ショーマン” 」
「歌に大きな情熱を感じる」
「鳥肌が立った」
「息をのんだよ」
「この曲をカバーしてくれるのをずっと待ってた」

といった具合に称賛の嵐。また最後に紹介したコメントに1715もの高評価がつけられていることから推察するに、すでにネット上には、アリーさんのファンがたくさんいることがわかります。

【昨年6月(当時12歳)にバズる→人気番組にも出演】

調べてみたところ、実はアリーさんはちょっとした有名人であることが判明。

2017年6月に公開したエド・シーランさんの楽曲『Supermarket Flowers』のカバーがネット上でバズりまくったことをきっかけに(動画再生回数は853万回超!)、人気は急上昇。

Instagram Photo

ついには “アメリカ版・徹子の部屋” こと『エレンの部屋』に出演しパフォーマンスを披露するなど、大活躍中のようなんです。

Instagram Photo

【世界的ミュージシャンも注目する存在です】

アリーさんのYouTubeチャンネルとフェイスブックには、たくさんのパフォーマンス動画が公開されているので必見です。

またアリーさんのインスタグラムを見るとファレル・ウィリアムスさんとのツーショット写真もあって、今後ますますブレイクする予感がします……!

シンガーソングライターでプロデューサー、そしてロックバンド「ワンリパブリック」のフロントマンをも務めるライアン・テダーさんも、動画を観たことがきっかけでアリーさんをアメリカ・ロサンゼルスに招いたらしいし、世界に名をとどろかす歌姫になる日もそう遠くはないかもしれませんね♪

参照元:YouTubeFacebookInstagram @alliesherlock
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ヒュー・ジャックマンが涙した…『グレイテスト・ショーマン』劇中歌「This Is Me」をキアラ・セトルが初めて歌った動画に感動が止まらない!


2月18日に日本でも公開となったミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』。実在のエンターテイナー、P.T.バーナムのドラマティックな半生をヒュー・ジャックマンが演じており、現在大ヒットを記録しています。

個性豊かなキャラクターが登場する中でも印象的なのが、ヒゲ女として人気を博すパフォーマーのレティ・ルッソ。作品中、彼女が声を張り上げて歌う「This Is Me」に心を大きく揺さぶられた人も多いことでしょう。

今回ご紹介するのは、レティ役のキアラ・セトルがまだ映画制作が決定していない段階でのワークショップで初めて生歌を披露する姿をとらえた映像です。後半、ヒュー・ジャックマンが目に涙を溜めて彼女の手をにぎるシーンには思わずこちらまでもらい泣きしてしまいそうに……!

【大きなプレッシャーの中、生歌を披露したキアラ】

7年の月日をかけて作られたという『グレイテスト・ショーマン』ですが、映画製作前の段階で何度かワークショップをおこなっていたといいます。ですが、ずっとキアラは前に出ようとせず、この曲を初めてマイクの前で歌ったのは最後となるワークショップでだったそう。

そのときのプレッシャーや恐怖感は動画からもひしひしと伝わってきます。

私は暗闇を知ってる
言われた “隠れてろ” “お前など見たくない”

ピアノの伴奏が始まり、歌い始めの彼女はひどく不安げで声も表情も硬い様子。けれど、だんだんと歌い進めるうちに曲にのめり込んでいきます。

勇気がある 傷もある
ありのままでいる
これが私

体を揺らし、声を張り上げ、バックボーカルの人たちと一緒に見事な歌声を響かせ、最後は部屋中が一体となったセッションに。

その姿には同じ場所にいたヒューもおおいに感銘を受けたよう。最後のほうで感極まって声が詰まってしまったキアラの手を握り励ます姿には、見ているこちらまでジーンと来てしまいます。

【おおいなる人間賛歌に胸が熱くなる】

この映像はまさに映画の中のレティとかぶるものが……。ずっと自分に自信を持てないまま生きてきたレティが、自分の殻を打ち破り「見ろ、これが私だ!」と叫ぶシーン。その気迫は真に迫るものがありましたが、それはキアラ自身と重なるものがあったからこそなのかもしれません。

キアラの魂の叫びともいえる歌声、ヒュー・ジャックマンの人間性、そして「This Is Me」という楽曲のすばらしさがすべて詰まった「『This Is Me』ビハインド・ストーリー映像」。視聴は参照元からどうぞ。どんな場所にいるどんな人間にも生きる力を与えてくれる人間賛歌には、きっと皆さんも勇気づけられるはず。

参照元:YouTube「グレイテスト・ショーマン」公式サイト
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

バブリーダンスから一転! 登美丘高等学校ダンス部が映画『グレイテスト・ショーマン』主題歌を制服姿で踊る動画が鳥肌モノです!!


昨年、バブリーダンスで一躍有名となった大阪府立登美丘高等学校のダンス部

大みそかには、NHK紅白対抗歌合戦に郷ひろみさんとともに出場しましたが、その勢いに乗って今度はハリウッド映画とのコラボが実現することに……!

2月16日から日本公開となるミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌「This Is Me」に合わせダンスを踊る動画が公開され、これまた圧巻のパフォーマンスを見せています。

【バブリーダンスから一転!】

バブル時代を真似したメイク・ファッションで荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」を踊る姿から一転、今回の動画は“ザ・女子高生”

制服を着たダンス部のメンバーたちが、教室や屋上、体育館など学校内を舞台に、ときに激しく、ときにさわやかに、曲に合わせて高度なダンスを見せていきます。振り付けは「ダンシング・ヒーロー」のバブリーダンスと同じく、akaneさんが担当したそうです。

【聴く人の胸を打つ主題歌「This Is Me」】

『グレイテスト・ショーマン』は19世紀アメリカに実在した興行師で、ショービジネスの原点を築いた男、P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル映画

「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた男をヒュー・ジャックマンが演じ、劇中歌は「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞を受賞した音楽チームが担当しています。

さまざまな個性を持ちながらも日陰に生きてきた人々が登場するこの作品内で、主題歌「This Is Me」ありのままの自分でいることの素晴らしさを歌い上げた一曲となっており、第75回ゴールデン・グローブ賞主題歌賞にも輝いています。

【新しい挑戦に注目!】

そんな名曲「This Is Me」に出てくるのが、「居場所はあるはず 輝ける場所が」「私は勇敢 アザだらけでも これがありのまま」「これが私」といった言葉たち。

これらの歌詞は、自分とは何かを考え続ける多感な年頃の若者たちにとっても勇気づけられるもの。現役高校生である、登美丘高等学校ダンス部の生徒たちが踊る姿とも見事にリンクしているといえます。だからこそ、なおさら今回のコラボ動画には魅了されてしまう人も多いはず。

これまでバブリーダンスのイメージが強かった登美丘高等学校ダンス部の新たな一面が見られる「This Is Me」を、ぜひ皆さんもチェックして。曲の素晴らしさと彼女たちのダンスに鳥肌が立つこと間違いなしです。

参照元:YouTube『グレイテスト・ショーマン』公式サイト
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら