【TKG】「たまごかけご飯専用コンビーフ」を食べてみた! 味はおいしい…けど、とにかく量が多すぎる!!


TKG……そう、(T)たまご(K)かけ(G)ご飯。日本人にこよなく愛されまくっている、究極のファーストフード。アレンジレシピや専用アイテム、高級店のメニューなど、これまでPouchでもさまざまなTKG情報をお伝えしてきました。

そんなPouch編集部が先日「たまごかけご飯専用コンビーフ」なる商品を発見! これは試してみなくてはなるまい! ということで、さっそくお取り寄せしてみましたよ〜っ。

【「K&Kたまごかけごはん専用コンビーフ」】

今回取り寄せたのは、KOKUBUの「K&K たまごかけごはん専用コンビーフ」380円(税別)。KOKUBUは家飲み好きさんにはおなじみ、缶入りおつまみ「缶つま」シリーズなどを販売している会社なんですね〜。これは期待できそう!

【卵、ご飯、コンビーフ!】

調理方法などというものもナシ。卵とご飯を用意すれば、あとは缶を開けるだけというお手軽さなので、試食もはかどるというものです。


商品パッケージ側面の「おいしい食べ方」によると、ご飯の上にコンビーフをのせ、卵ポケットを作ってそこに卵を割り入れる → 混ぜるもよし、醤油をかけるもよし、とのこと。なるほどね!

というわけで缶を開けてみます。カパッ!


ツヤッツヤテリッテリのコンビーフ様とご対面。おお、すっごくおいしそう……ではあるのだけど、ふと気になったことが。コンビーフの量、多くない?

1人前とパッケージには書いてあるけど、サイズ的には普通のツナ缶と変わらない。なので当然、内容量も同じくらいなんです。これ、本当にひとり分なのかな

【いざ実食! したけれど……】

とりあえず商品パッケージのイメージで、ご飯の真ん中にコンビーフをのせてみる。ちょっとずつ出しながら、こんもりと形を作って……。


ごはんとコンビーフの量が同じくらいになって、コンビーフがご飯を覆い尽くしちゃったよ! 白い牛脂とにこごったゼラチンの迫力にちょっと気圧されるよ! これで本当に大丈夫なのぉ!?


TKG with コンビーフというより、コンビーフ丼みたいになってしまったビジュアルにやや不安を覚えつつ、醤油をかけて卵を割り混ぜて、ひと口食べてみます。


……うん、コンビーフの味しかしない。そしてやっぱり、かなり、脂っこい。はい……正直に言います。これ、このままでは結構キツい!!

【和風の味付けのコンビーフは美味しいけど…】

コンビーフそのものの味は、おいしいんですよ。ありそでなかった和の風味。かつおと昆布だしで仕上げているとのことで、たしかにTKGに合う。牛肉を手軽に食べられるのも嬉しい。

だけど、とにかく量が多いので、ご飯の熱でコンビーフの脂が溶けきらないのです。

私はTKGを作るとき、黄身だけではなく白身も使う派なので、卵の周りの温度が低いことも脂が溶けにくかった一因だと思います。うーん、黄身だけにしておけば良かったのかなあ。

【おいしく食べるにはひと工夫必要かも?】

にしたって、やっぱりコンビーフ:ご飯の比率が1:1では、TKGとしてはちょっと主役を食い過ぎな気もしてしまうし。TKGをよりおいしく食べるためのアイテムだもんね。

というわけで「K&Kたまごかけごはん専用コンビーフ」は、半分ずつ使うとか、いっそ別モノとしてオムレツ風にするとか、何かひと工夫したほうがおいしくいただけるのではないかと思いました!!

いや〜、コンビーフじたいは好きなだけに、リベンジしたい。どっかで見かけたら、もっかい買ってみよ!

参照元:「K&Kたまごかけごはん専用コンビーフ」
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

【エアリーTKG】ふわっふわの卵かけご飯を超絶簡単に作る方法を発見! コツは玄米や硬めのご飯を使うこと


卵かけ御飯、略してTKG。無駄を一切省き、シンプルさの最先端をいく絶品料理。今までPouchではTKGに最適な卵黄の味噌漬け醤油漬け卵10種類のTKGアレンジレシピを紹介して参りました。

私はTKGラバーとして昼夜を問わずに研究に励んでいます。もちろん先日紹介したおしゃれな「メレンゲ卵かけご飯にも挑戦」。ふわっふわの食感がたまらず、毎日食べたいと感じたのですが……

私はTKGラバーと同時に、ずぼらクラスタでもあるのです。メレンゲをつくらず、なんとかしてもっと簡単にメレンゲ卵かけご飯のふわふわ食感を堪能できないものか。

そう考えて実験を繰り返し、ついに発見しました。超絶簡単にエアリーTKGを作る方法を! コツは玄米や硬めに炊いた白米を使うこと。今回はそのレシピを紹介しますね。

【材料】

用意する材料は以下です。

・玄米ご飯 軽く1膳
・卵 1つ
・薬味や調味料 お好み

玄米の代わりに白米を使う場合は、ご飯をなるべく硬めに炊いて少なめに使ってください。少し泡立ちは悪くなりますが、「エアリーTKGもどき」くらいのものは作れます。

【作り方】

1.まず玄米ご飯を茶碗によそいます。ご飯茶碗のままかき混ぜるので、ご飯を少なめにするとやりやすいです。

2.次に卵を割り、白身と黄身に分けます。スプーンを使って黄身を救うと簡単に分けられます。

3.玄米ご飯の上に白身をかけます。

4.箸でご飯と白身をシャカシャカを混ぜます。円ではなく、線を描くように混ぜると素早く泡立ちます。すぐに泡立つのでびっくりしますよ。

5.泡立ったら、上に黄身を乗せれば完成です! 好きな薬味や調味料をかけましょう。

ちなみに、私は最近醤油にちょっぴりナンプラーを加えるのにはまっています。コクが出て美味しいですよ。

【注意すること】

簡単にできてしまうエアリーTKGですがちょっぴり注意が。それはアッツアツのご飯だとうまく泡立たないということ。湯気が立つほどあついご飯だと白身に火が通ってしまいます。少しふぅふぅして冷ましてください。

またエアリーの肝は、パラパラのご飯を使うこと。冷やご飯をチンする場合は、ご飯を崩して塊が無いようにしておいてください。

【いざ実食】


ご飯+白身のふわっふわの海原にぽっかり浮かぶ黄身は幸せの象徴。そっと黄身を破りエアリーな白身ご飯と混ぜて一口食べると…… 押し寄せてくる幸せな感覚! 朝からこんなにふわっふわの幸せTKGを食べたら、周りの人にも幸せ気分を振りまいてしまいそうです。

簡単にできるエアリーTKG、ふわっふわの感覚をぜひ試して見てくださいね。

料理・撮影・執筆=山川ほたる (c) Pouch

続きはこちら

【究極のTKG】ふっわふわの「メレンゲ卵かけご飯」にチャレンジ! 白身を泡立てるだけで超絶オシャレな朝食に!


「早い、安い、ウマイ!」の三拍子が揃う卵かけご飯、略してTKG。卵を塩漬けにしたり卵黄をしょう油漬けにしたりと、ポーチではTKGをよりおいしく食べる方法を日夜追究してきました。

そしてこのたび「卵の白身をメレンゲ状にするとふわふわでウマイ」との情報をゲットしたのです! これなら、私のように白身のジュルジュルッとした食感が苦手な人でも、全卵TKGをおいしく食べることができそうです。これは早速、試してみなくっちゃ!

メレンゲといえば洋菓子作りのイメージがありますが、TKGにもマッチするのでしょうか……!?

【材料】


用意する材料は、ほかほかのご飯と冷蔵庫から出したばかりの卵。白身が生ぬるいとメレンゲ状になりにくいので注意してくださいね。お気に入りのしょう油や薬味もお忘れなく!

【作り方】

1. まず、卵を白身と黄身に分けます。このときにスプーンを使って黄身を取り分けると失敗しづらいです。

2. 卵白を泡立てる。泡立て器でシャカシャカ泡立てれば、約1分半でツノがピンッと立ったメレンゲ状になります。

3. メレンゲをご飯にのせ、その上に黄身をのせたら完成! 好きな薬味や調味料をかけて食べましょう

【ふわふわおいしい!!】

さっそく食べてみると……ふわっふわのメレンゲがシュワシュワ〜ッとお口で溶けていきます! 今まで味わったことのないTKGの食感です。卵黄とご飯とメレンゲを混ぜていただくと、ふわトロ感が増してサイコー! 見た目がどことなくとろろご飯のようですが、食感もとろろご飯っぽい感じになります。

ふりかけやゴマなどで食感をプラスすると、さらにおいしく食べられることも発見!! ジュルっとした白身の食感が苦手だったけど、メレンゲTKGはファンになりました。

【時間が経っても、メレンゲのふわふわ感が持続!】

ちなみに、作る前は、ほかほかご飯の上にメレンゲをのせると、すぐに泡が消えてしまうのでは? と心配になったけれど、5分ぐらい経ってもふわふわ感は健在でした。

メレンゲを泡立てるひと手間がかかるものの、試してみる価値のあるおいしさですよ!

調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら