【注目】東京ミッドタウン日比谷のオススメエリア4つはココだ! 3階はまるで “ひとつの街” のような世界観でした…


映画と演劇の街・日比谷に新しい名所が登場してました〜! その名も「東京ミッドタウン日比谷」。

2018年3月29日(木)にグランドオープンしたミッドタウン日比谷は、街の個性を生かしたグルメあり、国内外コスメあり、都内最大級の映画館あり、そして美しい屋上庭園ありな複合施設です。今回は内覧会に招待されたので実際に参加!

ステキなお店がとーーーっても多かったのですが、特に素敵だと感じたスポットを4つ厳選してご紹介しちゃいます!

【1. 全フロアにグルメが…特に3階がスゴイよ!】

ミッドタウン日比谷は食べるのが大好きな人にありがたい場所! 全フロアにレストラン&カフェがあるのです。なので、どの階でお腹がグ〜っと鳴っても心配ナッシング。

とくにオススメなのが3階!  なんとフロア全体が、ひとつの街のような世界観になっているのです。その名も「ヒビヤ セントラル マーケット」。「食事」「酒」「洋服」「本」などの専門店がつらなり、居場所を見つけゆっくり過ごすことができます。

まるで、知らない土地で生きる人々の日常を覗いているような不思議な時間。こんなの初めて……と思っていたら、なんと3階エリアは日本初のアーケード型複合ショップ。訪れた人には、ぜひ体験してほしい場所でした。

【2. 絶景だよ! パークビューガーデン】

人混みに疲れたら、屋上庭園へレッツゴー! ミッドタウン日比谷の最上階には、パァーとひらけた「パークビューガーデン」があるのです。


目の前に広がる青い空と、手入れの行き届いたグリーンの庭に癒される〜。

展望からは日比谷公園や皇居外苑をみることができました。訪れたときは昼間だったのですが、きっと夜景でも夕景でもステキだろうなぁ〜。

座るところがいくつもあるので、お気に入りのカフェでテイクアウトして、ホッと一息するのがオススメです!

【3. 地味にありがたい! デパコスをセルフで楽しめる】

デパートコスメが好きだけど、ついBAさんに遠慮してしまう……という人に今とっても人気なお店があります。それは「ISETAN MiRROR(イセタン ミラー)」。ここは、デパートコスメや海外コスメなどをドラッグストアのように手軽に試せるのです。もちろん困ったら常任のスタッフさんに相談可能。人見知りの私にもありがたいサービスなのです。

東京ミッドタウン日比谷では、約40ブランドが入っているうえに、日比谷店限定商品や先行商品もあり! おまけにヘアサロンも併設されているので、「美」を一気に追求できちゃいます。

【4. これはズルイ! 極上の映画体験ができます】

複合施設の映画館といえば、こじんまりとしているイメージです。しかし、ここの映画館「TOHOシネマズ 日比谷」は全てにおいて 真 逆 !!

まず、映画館のコンセプトが「映画の宮殿 THE MOVIE PALACE(ザ・ムービーパレス)」と、激しくゴージャス。隣の宝塚ビル(旧スカラ座とみゆき座)の2スクリーンと併せて都内最大級となる13スクリーンをもち、座席数は約2800。2つのビルに分かれているとはいえ、とにかく広いんです。

そして座席がこれまたゴージャス。 “THE社長椅子” 的な革張りの椅子に座って映画をみることができる「プレミア ラグジュアリー シート」や、隣の人との間に仕切りがあり、荷物置きからドリンクホルダーまである「プレミア ボックス シート」など。

もちろん、普通の映画料金よりも高くなるけど、今日はご褒美! 贅沢に見たい!という希望をしっかり叶えてくれる大人の席です。

さらに、座席だけじゃなく売店もとってもゴージャス。映画のお供ポップコーンもいろんな味を楽しめちゃいます。オススメは「かねふくの明太子味ポップコーン」とビールのコンボ。間違いない美味しさです!

他にも、朝8時からやっているオシャレなガストロテック「Buvette ブヴェット」、8つの個性的なレストランが集う地下1階の「HIBIYA FOOD HALL」、レクサスの試乗体験など盛りだくさん。また、夏には7階が新たにオープンするとのこと。

ひとりでも、友人でも恋人でも楽しめそうな東京ミッドタウン日比谷。オープンしてしばらくは混むかもしれないけど、日比谷の名所になること間違いなし。どんどんお気に入りのお店が増えそうで、とっても楽しみですね☆

【今回紹介した施設】
東京ミッドタウン日比谷
住所:東京都千代田区有楽町1丁目1番2号
公式サイト:東京ミッドタウン日比谷

取材・撮影・執筆=斎藤 香 (c) Pouch

続きはこちら