話題曲『U.S.A.』の替え歌『 I.N.K』は “田舎あるある” が満載! 「FMが入らない場所がちらほら」など田舎出身者にはわかりみしかない…

宮城県を拠点に活動する4人組音楽グループ「パンダライオン」が、大ヒット中のDA PUMP『U.S.A.』を替え歌にしてカバー。メンバー・MOZさんの地元である宮城県栗原市のPRを兼ねて作った『 I.N.K』が、再生回数38万回を超える人気を集めているんです。

『 I.N.K』とは、 “田舎(INAKA)” のこと。

「子供の医療費が無料」「樹齢1000年の杉の木」「宮藤官九郎さんと狩能英孝さんは地元が生んだスーパースター」など栗原市のPRがふんだんに盛り込まれている一方、 “田舎あるある” もたくさんあって、地方出身者ならば「わかるわ~~~」と頷いてしまうこと必至なんですよね。

【「仙台は衝撃だった」は東北人あるある】

福島県郡山市の中心部という、 “田舎の中でも都会のほう” に生まれたわたしでも納得してしまった “田舎あるある” は、「FMが入らない場所がちらほら」「仙台が衝撃だった」の2フレーズ。

FMラジオが入らないというのはまさに田舎ではよくあることですし、東北人にとって最強の都会は仙台ですから、仙台に対して憧れと劣等感を同時に抱いてしまうことは否めません。中学生で初めて仙台に行ったとき、自分なりに精一杯オシャレしていったもんなぁ……(遠い目)。

【ネットは共感と称賛の嵐】

そのほかにも「チャリンコ改造みんなマネした」「地元よりやや栄えた場所に遊びに行くとき『街へ出かける』と母親に言う」「洋服ならしまむら、ファーストフードはすき家、家電ならケーズデンキ」など、田舎生まれならばグッとくるフレーズが多々。

替え歌に共感した視聴者はたくさんいるようで、

「しまむらとケーズデンキのとこめっちゃ同感!」
「『街に行ってくっから〜』ってよく言ってたのを思い出した」
「仙台が衝撃だったが1番しっくりくる」
「自転車改造笑えるわ 田舎では現在進行形やけどね(笑)」

といったコメントが集まっています。一方で楽曲とMVのハイクオリティーっぷりに驚いている人も多く、

「想像の100倍ぐらい上手かった」
「思っていた以上のクオリティの高さに脱帽! いちいち色々上手いこと言っている」
「ダンスのキレ、歌の上手さ、カメラ目線、ドローン活用、画像の綺麗さ、原曲とのイン踏み。どれを取ってもすごい!!」
「ただのパロディかと思ったら……割と本格的! DA PUMPよりこっちの方が好きかも(笑)」

と称賛の嵐。中には「これのいろんな地域の替え歌も聞きたい」といった意見もあって、全面的に同意~~~! 後に続くアーティストや地方自治体がどんどん増えたら、ますます楽しいことになりそうですね♪

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

DA PUMP約3年半ぶりの新曲『U.S.A.』のMVがダサかっこいいと話題に! なぜかハロプロファンの心をわしづかみにしている理由とは?

ボーカルISSAさん率いるダンスボーカルユニット「DA PUMP」の約3年半ぶりとなる新曲『U.S.A.』が、いまネットを中心に話題沸騰中。YouTubeにおけるMV再生回数は、なんと85万回超にまで達しているんです。

私の記憶のかぎりでは、まず注目されたのは、通常版のCDジャケットデザイン。アラサー&アラフォーにとっては懐かしいことこの上ない90年代カルチャーテイストで、一目見た瞬間「最高か!」と叫んじゃいましたよね。

その後はMVも話題となって、「ダサカッコいい!」「歌詞も振り付けもちょいアレなのに、歌もダンスもクオリティーがハイパーレベル!」「そういうところがハロプロっぽい!」と、予想だにしない方向から人気が高まっていきました。

【360度方向「一切の隙が無い」!】

『U.S.A.』は、グループ初となるユーロビート。

耳馴染みのいいキャッチーなメロディーに、親指を立てて横にブンブン振る “いいね!” ダンス。

「数十年でリレーションシップ だいぶ変化したようだ」
「カーモンベイビー アメリカ どっちかの夜は昼間」

といった、妙にツボる歌詞……。

楽曲構成も振り付けも、なにもかもに隙が無く、曲そのもののパワーもクセも強い! 完全に計算されているとしか思えない究極の “ダサカッコよさ” は唯一無二で、ISSAさんの衰え知らずな歌唱力が曲をますますパワーアップさせているように感じられます。

なおISSAさんは、現在39歳。昔よりもさらに歌が上手くなっているような気がするし、ダンスもキレキレになってるし、イケメン度も増していると感じているのはわたしだけなのでしょうか!?

Instagram Photo

【「高速横歩き」ダンスがめっちゃ好きです】

楽曲の魅力をさらに底上げしているのは、ぐうの音も出ないほどにパーフェクトなダンス

モーニング娘。を連想させるフォーメーションダンスもあって、全ハロプロ民の心をわしづかみにしたことは確実……! 個人的には、M.C.ハマーのようなインベーダーゲームのような “高速横歩き” が、心から好き~~~!

【ネットがちょっとした「祭り」状態に】

1度観たらドハマりする『U.S.A.』MVには、

「計算され尽くしたダサさ 歌とダンスのクオリティの高さ」
「サビの『アメリカ』が普通にカタカナなの狂おしいほど好き」
「この方向性を考えた人だれだろ。頭いいわ」
「ISSA歌声変わってない。さすがです」
「いいね。DA PUMP旋風もう1度」
「ダサイって言われる事を計算された上でやり切ってるDA PUMPのプロ意識を感じる曲(笑) クセが強くて逆にハマった」

といった具合に、たくさんの声が集まっています。中でも目立っていたのは、現ハロプロファンのみなさんからのコメントで、

「最高なんですけど!by ハロプロファン」
「ハロヲタだけどこれ凄く好きだわ」
「テラテラの衣装までハロプロ」
「どこかハロプロ感を漂わせるハロヲタにはたまらない仕上がり(笑)」

と、軒並み大絶賛状態だったんですよね。ツイッターには、ライブのときなどでよく耳にする “ハロプロ風コール” と『U.S.A.』MVを組み合わせた映像を作った人まで出現(!)して、まだまだ勢いは加速しそうな予感ですっ。

『U.S.A.』は、2018年6月6日発売。「DA PUMP」旋風がこの夏、日本を熱くするかも~!?

参照元:YouTubeDA PUMP オフィシャルサイトInstagram @issa_hentonaTwitter #DAPUMP
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら