「月刊ムー」認定の展覧会『天空のUFO展』がなにやらスゴそう! ムーが集めたUFO事件の資料を一気に展示しています!

突然ですが、質問です。6月24日は、一体何の日でしょうか?

……正解は、「UFO記念日」、でした~! この記念すべき日(?)にちなんで、東京・池袋にあるSKY CIRCUS サンシャイン60展望台で開催されるのは、「月刊ムー」認定『天空のUFO展~展望台で未知との遭遇~』

2018年6月8日から7月1日までの期間、サンシャインの展望台がUFO一色に染まります。

【「月刊ムー」とは?】

「月刊ムー」とは、1979年創刊の世界の謎と不思議がいっぱい詰まった、泣く子も目を見開くスーパーミステリー・マガジン。なんと38年(!)という歴史があるそうで、今回の展覧会では、その間に知り得たUFOにまつわるさまざまな情報を、資料・パネル展示にして紹介しているそうなんです。

【好奇心を刺激してくれそうな展示は必見!】

資料・パネル展示が行われるのは、「月刊ムー」編集部の書庫をイメージした空間。

展示物となっているのは「月刊ムー」によるUFOにまつわる記事の数々で、過去に発行された452冊と関連書籍の中から、選りすぐりのUFO記事掲載号のバックナンバーが30点以上展示されるというのだからわっくわく!

そのほか貴重すぎる「月刊ムー」創刊号や、これまたお宝度の高い過去の付録「ロズウェル・デイリー・レコード」(UFOの墜落を伝える当時の新聞レプリカ)や宇宙人「ベビーグレイ」などの資料も並ぶそうで、胸のときめきが止まりませんっ。

【フォトスポットにUFOドリンクなどお楽しみがいっぱい☆】

お楽しみはまだまだあって、「月刊ムー」の表紙をイメージしたフレームで謎の異星人を捕獲したかのような写真が撮れるフォトスポットや、ムー編集長・三上丈晴さんとUFO研究家の秋山眞人さんといった “UFOのプロ” によるトークショー(6月30日開催)など、見どころが満載。

さらに「Cafe Quu Quu Quu」では、UFOそっくりのトッピングが上に乗っかった期間限定特別メニュー「UFOソーダ」(750円)も販売されるらしく、どこもかしこもUFO尽くし~!

【「本物」が来ちゃうかも~~~!?】

ここまで “UFO推し” だと、その熱意が本物のUFOを呼び込んでくれそうな気さえしてきます。サンシャイン展望台は空に高い位置にあるので、ひょっとしたら、ひょっとするかも!?

入場料金は大人が1200円、高校・大学・専門学校生が900円、小・中学生が600円、4才以上の幼児が300円となっています(*VR料金別途)。未知との遭遇をするべく、出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースサンシャインシティ オフィシャルサイト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

俳優「藤岡弘、」は未確認生物だった!? 日清UFOが公開した映像がトラウマ級の衝撃内容…だけど見ているうちに愛情がわくよ

1974年6月24日は、アメリカで初めてUFO(Unidentified Flying Object / 未確認飛行物体)が目撃された日。以来6月24日は「UFO記念日」および「空飛ぶ円盤記念日」と呼ばれているのですが……同じころ、日本でもUFOが発見されていた? 

日清食品が公式チャンネルにアップした動画では、独自に調査したという別の“UFO”の姿を見ることができます。

それは「Unidentified Fujioka Object」。日本語に訳すと「未確認藤岡物体」! 

【未確認藤岡物体の謎に迫る】

ウェブサイト「特集! 未確認藤岡物体!」によると、日本版 “UFO” は “正義感が強すぎる未確認生命物体” ともいわれているらしく、その数は現在確認されているだけで15体

2mを超える長身と毛むくじゃらの体を持つ「フジオカフット」に、山間部の湖にしばしば現れるという「ヒロッシー」。山梨県で目撃情報が寄せられた竜によく似た生物「フジオカドラゴン」に、人面犬ならぬ「藤面犬」などなど、そのビジュアルは奇妙で異質なものばかりです。

【おや? 誰かに似ているゾ〜?】

YouTubeの調査動画、さらには目撃者によって投稿されたとされる動画が公開されているのですが、カメラが「未確認藤岡物体」の姿をとらえるたびにゾクッとして、鳥肌が止まらない! と同時に、なぜか強い既視感を覚えるのよね……。

それもそのはず、「未確認藤岡物体」の顔は、そろいもそろって俳優の「藤岡弘、」さんそっくり! 「はっはっはっは!」と高らかに笑う美声もそのまんま藤岡さんですし、そもそも「未確認藤岡物体」ていう名前自体がもう、どう考えても……ねぇ。「未確認藤岡物体」の正体はこの名前からお察しください、ということでしょうねっ。

【「コーヒーが好き」とか可愛すぎるやろ~!】

「正義感が強い」「コーヒーが好き」「作業の手伝いをしてくれる」など、優しくって紳士な藤岡さんのパーソナリティーがそのまま受け継がれている(?)かのような「未確認藤岡物体」たちは、不気味でありながらもなぜか憎めないっ。

ほかにも「甘く煮たニンジンが好き」「車のボンネットに乗るなど地味な嫌がらせをする」「うっかりビルを倒したとき1カ月ほど申し訳なさそうな顔をしていた」など、やたらと人間臭いところにも味わいを感じます。見れば見るほど、いや増す愛しさよ……。

【あなたのそばにもいるかも?】

「特集! 未確認藤岡物体!」では、15体の「未確認藤岡物体」に関する調査内容が事細かに書かれているので今すぐチェック! また「ムー監修 速報!未確認動物ニュース」でも「フジオカフット」と「ヒロッシー」の目撃動画の解説が掲載されているので、ぜひそちらも併せてご覧になってみてください。

こんなことを話している間にも、あなたのすぐ後ろで、彼らが見守っていてくれているかもしれませんよ。

参照元:特集! 未確認藤岡物体!YouTube [1] [2]ムー監修 速報!未確認動物ニュース
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら