【不思議かわいい】星座や宇宙人、UFOの刺繍が…LEDで光る! 独特のセンスを持った刺繍アートを発見したよ☆


ユニークなハンドメイド作品がたくさん見つかるオンラインマーケット「Etsy」で、またまた素敵すぎるアイテムを見つけちゃいました☆

ショップ「AmaoCrafts」で売られているのは、ある海外デザイナーの作った刺繍作品。というと「刺繍のどこが目新しいの?」と思うかもしれません。

実は彼女の作品、刺繍にLEDライトがほどこされているんです! UFOや地球外生命体のE.T.、夜空に浮かぶ星座などの刺繍がキラキラと光ってなんとも味わいある雰囲気に。たしかにこんな刺繍、ほかではちょっとお目にかかれないよ……!

【刺繍とLEDライトとの融合】

Instagram Photo
ショップを運営するのはブラジル出身で現在はアメリカに住んでいるというGiovana Marconさん。彼女が制作しEtsyで販売しているのは、木製の枠にほどこした刺繍作品。それ自体はよくあるものですが、彼女の場合、何がスゴいってモチーフの選び方とLEDの使い方ですよね……。

Instagram Photo
たとえば山々をバックにした夜空に浮かぶ一機のUFO。そんな刺繍自体もユニークですが、その円盤からは地上を照らす光がこうこうと輝いています。

Instagram Photo
映画『E.T.』に出てくる地球外生命体E.T.からは、かの有名な指を差し出すポーズを刺繍。人差し指の先っちょがピカーンと光っています。

Instagram Photo
ロマンチックな雰囲気が好きな人には星座の刺しゅうもありますよ~! こちらはさまざまな星座が刺繍されており、星の部分が光り輝いています。暗いお部屋に飾ったらぜったいキレイ!!

【日本にも発送OKです】

価格は5000円〜6000円ほど。海外発送にも対応しているということなので、ひと目ぼれした人は注文してみるのもアリ! 世界にひとつ……とまでは行かないかもしれませんが、日本でこんなアイテムを持っているのはあなただけかも。

すばらしいアイデアと刺繍の腕前を持つGiovana Marconさん。今後の新作もどんなモチーフの作品が飛び出すのか、楽しみですね。

参照元:EtsyInstagram @a.mao.handmade
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【キモ可愛い】「カワイイモンスターカフェ」が3周年記念で宇宙にフォーカス! エイリアンやUFOモチーフのカラフルポップな特別メニューがズラリ☆


2018年8月に3周年をむかえる「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」では現在、「KAWAII MONSTER CAFE 3周年記念フェア」を開催中~! 今回は地球を一気に飛び越え、「宇宙」をテーマにした「KAWAII」を発信しているんだとか。

3周年記念メニューではエイリアンやUFOなどミステリアスな宇宙の世界観をカラフルポップに表現。宇宙規模の「KAWAII」を存分に楽しめちゃいます☆

【キモ可愛いメニューがズラリ】

店内の人気エリア「マッシュルームディスコ」のコンセプトである「カラフルで毒々しいキノコと宇宙植物が頭上を覆う大きな森」“宇宙”にフォーカスしたという3周年記念フェア。キモ可愛いメニューの数々にあっと驚かされます。

「カラフルスペースバーガー U・F・O」(2400円)はエイリアンが乗ってきた宇宙KAWAII型のU・F・O。大きなハンバーグとトマト、たっぷりのチェダーチーズが入ったボリューム満点のバーガーなんだって!


「宇宙フード DOS BLACK」(2100円)は、地球に見立てたブルーライスにエイリアンが攻撃してきてるみたい……!? 地球ライスの中にはミニハンバーグが隠れているほか、ハッシュドビーフを宇宙に見立て、星形の卵をトッピングしたという盛り付けまでふくめてインパクト満点なひと皿です。

【セットのデザートもギャラクシー仕様にランクアップ!?】

紹介したフードメニューはすべてサラダ・ドリンク・デザートつきのセットメニューなのですが、ランクアップデザートとして、特別なスイーツも用意されています♪

「宇宙ケーキ・エイリアン」(+500円)はココナッツ入りパイナップルムースをエイリアン型にしたデザート。エイリアンの頭の上にはつぶつぶのココナッツジュレ&バジルシードをトッピングしていてキモ可愛さに磨きがかかってます。下に敷いたアーモンドもいいアクセントに♪


「カラフルプラネットパフェ Summer!」(+1900円)は3周年のスペシャル夏パフェ! パフェの中身はブルーハワイシロップ、ミルクムース、ナタデココ、カラフルグミ、フルーツ、そしてバニラ、オレンジ、ラムネアイスクリームをIN。


さらにロールケーキやスタックコーン、5種のフレーバークリームをトッピング。仕上げに赤いソースをかけて召し上がれ。……ってこの見た目、なんだかエイリアンの実験を想像しちゃう……!

ほかにも「宇宙ケーキ・メダマリアン」(+500円)や「宇宙ケーキ・チョコミンチョウ」(+600円)とどれも毒々しいポップさと可愛さを持ったキモカワメニューばかり!

【宇宙規模の「KAWAII」を楽しめる3周年フェア】

カフェの店内も、カラフルなキノコや植物達の「MUSHROOM DISCO」、動物と哺乳瓶が妖しく光る「MILK STAND」、巨大クラゲのバー「BAR Experiment」、甘くてとろける「Mel-Tea ROOM」という店内の4つのゾーンがまた、特別メニューの数々を盛り上げてくれるはず。

「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」は私も何度か行ったことがありますが、ポップでキラキラした内装やメニューに大人も子どもも毎回ワクワク! 宇宙規模の3周年記念フェアは9月2日までなので、夏休みの思い出づくりにもぜひお友達や家族でお出かけしてみてくださいね♪

参照元:KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKUプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

「月刊ムー」認定の展覧会『天空のUFO展』がなにやらスゴそう! ムーが集めたUFO事件の資料を一気に展示しています!

突然ですが、質問です。6月24日は、一体何の日でしょうか?

……正解は、「UFO記念日」、でした~! この記念すべき日(?)にちなんで、東京・池袋にあるSKY CIRCUS サンシャイン60展望台で開催されるのは、「月刊ムー」認定『天空のUFO展~展望台で未知との遭遇~』

2018年6月8日から7月1日までの期間、サンシャインの展望台がUFO一色に染まります。

【「月刊ムー」とは?】

「月刊ムー」とは、1979年創刊の世界の謎と不思議がいっぱい詰まった、泣く子も目を見開くスーパーミステリー・マガジン。なんと38年(!)という歴史があるそうで、今回の展覧会では、その間に知り得たUFOにまつわるさまざまな情報を、資料・パネル展示にして紹介しているそうなんです。

【好奇心を刺激してくれそうな展示は必見!】

資料・パネル展示が行われるのは、「月刊ムー」編集部の書庫をイメージした空間。

展示物となっているのは「月刊ムー」によるUFOにまつわる記事の数々で、過去に発行された452冊と関連書籍の中から、選りすぐりのUFO記事掲載号のバックナンバーが30点以上展示されるというのだからわっくわく!

そのほか貴重すぎる「月刊ムー」創刊号や、これまたお宝度の高い過去の付録「ロズウェル・デイリー・レコード」(UFOの墜落を伝える当時の新聞レプリカ)や宇宙人「ベビーグレイ」などの資料も並ぶそうで、胸のときめきが止まりませんっ。

【フォトスポットにUFOドリンクなどお楽しみがいっぱい☆】

お楽しみはまだまだあって、「月刊ムー」の表紙をイメージしたフレームで謎の異星人を捕獲したかのような写真が撮れるフォトスポットや、ムー編集長・三上丈晴さんとUFO研究家の秋山眞人さんといった “UFOのプロ” によるトークショー(6月30日開催)など、見どころが満載。

さらに「Cafe Quu Quu Quu」では、UFOそっくりのトッピングが上に乗っかった期間限定特別メニュー「UFOソーダ」(750円)も販売されるらしく、どこもかしこもUFO尽くし~!

【「本物」が来ちゃうかも~~~!?】

ここまで “UFO推し” だと、その熱意が本物のUFOを呼び込んでくれそうな気さえしてきます。サンシャイン展望台は空に高い位置にあるので、ひょっとしたら、ひょっとするかも!?

入場料金は大人が1200円、高校・大学・専門学校生が900円、小・中学生が600円、4才以上の幼児が300円となっています(*VR料金別途)。未知との遭遇をするべく、出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースサンシャインシティ オフィシャルサイト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

傘を持つことから解放されよう! 超クリエイティブな傘レインコートが大発明の予感…です

雨の日の必需品といえば傘ですが、傘を差すと片手が塞がってしまって何かと不便ですよね。そんなときに役に立つのがレインコート。今回ご紹介するのは、雨合羽と傘が合体したみたいな、超ハイブリッド(?)な雨具です。

Amazonで販売されているその商品は、頭を覆う部分は普通のレインコート同様に “フード型”

しかし視線を肩の辺りへとずらしていくと、そこには肩から下全体を雨から守るための傘のようなものが装備されており、全体的なフォルムは “UFO” にとてもよく似ています。

【子供が着るぶんにはいいかもしんないけど…】

独特すぎる形状のため、大人が着るにはちょっぴり勇気が要りますし、街を歩けば目立つことは確実。そのうえ傘部分が邪魔をして、人とすれ違う際はぶつかってしまう恐れもあります。

【何気に機能性が充実しています】

しかしながら、傘よりも雨から身を守れそうですし、傘と違って両手が空くところが何よりもありがたいっ♪

軽量ですが肩にゴムバンドが付いているため、そう簡単には吹き飛ばされないみたい。なおかつ雨が入り込まないよう、首元をしっかりガードするハイカラーデザインとなっているなど、機能面も充実しているんです。


しかもね、使わないときは折りたたんでおくこともできるんですって。う~ん、見事なまでに至れり尽くせり~!

【目立ちたい人には打ってつけかも!?】

大人が着るとちょっとアレな感じになっちゃいますが、小さな子供が着るとなかなか可愛らしいですよー。

子供用から大人用まで幅広くサイズ展開していますので、利便性を追求したい方、そして誰よりも目立ちたいという方は、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか……?

参照元:Amazon.com
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

月刊『ムー』監修の年賀状がつくれる!! 十二支がすべて未確認生物な「UMA年賀状」などいろいろとヤバいです


早いもので10月ももう終わり。もうすぐ年賀状の準備をしなくてはいけない時期がやってきますね。

「来年は、人とはひと味ちがう年賀状を出したい!」と考えている人に、今回超絶オススメしたいのがコチラ! 月刊『ムー』監修のプリントコンテンツ!!

スペシャルサイトからダウンロードすると、誰でも簡単に不思議でオカルティックな年賀状などが作れるんです。これは新年早々、ものすごい注目を浴びれそう……!

【月刊『ムー』監修のプリントコンテンツ】

月刊『ムー』は「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」がキャッチコピー。1979年の創刊以来、UFOや怪奇現象、古代文明、神話、超常現象などの情報を提供しています。

その『ムー』が、現在「プリントテラス」のスペシャルサイトで世界の謎や不思議にまつわるプリントコンテンツを公開しているんです。

【十二支がすべてUMAな年賀状】

用意されているコンテンツの例をあげると、UFOが牛や人間を吸い上げている「キャトルミューティレーション年賀状」や、十二支がすべて正体不明のUMA(未確認生物)と化したミステリー世界ならではの「UMA年賀状」も。

これは「巳」であればツチノコ、「辰」であればネッシー、「子」であればチュパカブラ、「申」であればビッグフットといったように、各干支にちなんだUMAが描かれた年賀状がダウンロードできるようになっています。

2018年は戌(犬)年だから……「人面犬」のイラストが描かれた年賀状! 人面犬の説明や大きさ、出没場所なども書かれていて、正月からミステリー感あふれる気持ちにひたれそうです。

【プリントすると超常現象が……!?】

年賀状のほかにも、引越し案内やクリスマスカード、バースデーカードなどが用意されていて、一年を通してさまざまな用途に使えます。

プリントした人たちからは「プリント用にインクを買いにいったらお店で素敵な人との出逢いが!」(25歳・会社員・女)、「ポストへ投函しにいくと、昔好きだった幼なじみとバッタリ!」(28歳・会社員・女)など、不思議な報告が次々と寄せられているようです。

皆さんもプリントすると、超常現象が起こるかも……? といいながら……実はこれ、よーく見ると「※このコメントはフィクションです」と小さく書かれています。こうしたしかけも、いかにも『ムー』っぽいですよね。

【2018年はムー年賀状でキマリ☆】

というわけで、2018年はレッツ・ムー年賀状! これを送ることで、今までにない世界の謎と不思議に開眼する一年になっちゃうかもしれません。ダウンロードはプリントテラスのサイトからどうぞ!

参照元:プリントテラスムーPLUSプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

フェリシモの新商品「アブダクションするUFO着る毛布」が話題騒然 / 「無茶しやがって」「商品紹介がUFO専門用語だらけで本気すぎ」など

先日、Pouchでも紹介した「アブダクションするUFO着る毛布」がネットで話題になっています。

皆さん、アブダクションってご存じですか? SF映画などでよく出てくる、宇宙人がUFOで人間や動物を連れ去るアレです。

そんなアブダクションをモチーフにした「着る毛布」なのですが……頭から足元まですっぽりだからこりゃああったかい!!

……っていやいや、そうじゃなくて。このデザイン、シルエット、もうどっからツッコんでいいか途方にくれちゃうよ……と思っていたら、やっぱりみんなも気になった模様。ネットではツッコミと感嘆の声が上がっていました。

【フェリシモの本気に感動する声多数】

この毛布、は面白いグッズをリリースしまくることでおなじみ、フェリシモの「YOU+MORE!」の新商品。

あまりの珍アイテムっぷりに、ツイッターでも
「フェリシモさん…また無茶しやがって…!!」
「どこへいく、フェリシモ」
「TLで見かけたアブダクション着る毛布ググったら笑いが止まらなくなった」
「キャトルミュレテーションじゃなくてちゃんとアブダクションって言ってる所評価する」
「フェリシモ無茶するときは思いっきり真面目にする姿勢憧れる」
「さっきRTしたフェリシモのアブダクション着る毛布、商品説明にさも現代用語の基礎知識です位の勢いで『アダムスキー型をイメージしたかぶるUFO型頭巾は3つの着陸球までしっかり再現』とかいう専門用語が羅列されてるんですけど、この世界線は世間一般UFOに詳しい世界線でしょうか」

などざわめく声があがっています。

【珍デザインとは裏腹の実用性…さすがフェリシモ】

さて、こちらの「着る毛布」。アダムスキー型をイメージしたかぶるUFO型頭巾と、毛布のセットになっています。

そして筒状の毛布のファスナーを開けると、UFOから地上へビビビーッと伸びる光に、牛や木、家が吸い込まれていく様子が出現。ああぁ、牛さんはこれからどこに連れてかれて何されちゃうんだろ……ドキドキ。

ざわめきの声とは裏腹に、頭巾と毛布を取り外して別々に使うこともできて、意外と実用的。UFO頭巾の中に毛布をしまえばクッションにもなるんだとか。

【フリース素材で全身あったか】

毛布の素材はフリースなので暖かく、ファスナーを閉じたままだと全身ぬくぬく。ファスナーを開けて手足を出すと、このままちょっとしたお掃除などもできちゃうそう。

家にいるひとり時間もめっちゃ楽しい気持ちで過ごせそうな「YOU+MORE!」の「アブダクションする UFO着る毛布」。1セット税込8856円で現在好評発売中です。フェリシモさんの本気ユーモアグッズ、これからも楽しみにしてます!

参照元:フェリシモ
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

【カオスの大渋滞】搾りたての牛乳を早く届けたいから…ってやり過ぎ! 熊本「らくのう牛乳」CMがほのぼの系かと思ったらまさかの展開


「このCMヤバいからとりあえず見てほしい」とのツイートとともに、現在、ある動画が爆発的に話題となっています。それは熊本県のらくのうマザーズが販売する「らくのう牛乳」のCM動画

いったい何がヤバいのかと思って再生してみると……コップを持った子どもたちが原っぱを駆けているなんともほのぼのとした光景……から何かUFO出てきた―!! たしかにこれは予測不能すぎるトンデモ展開だよ……!

【まさかのカオス展開に】

「搾りたての牛乳を、できる限り早く子どもたちに届けたい」という女性のナレーションとともに、緑の原っぱを駆けてくる子どもたち。手に空のコップを持ったまま、空を見上げます。青空、大地、子ども、笑顔……牛乳のCMとしてはとてもオーソドックスな雰囲気です。

しかし、様子がおかしくなるのはここから。コップを天に向って掲げた子どもたち。そこに黒い大きな影が……。

登場したのは牛の模様をしたUFO! まさかの展開に、これだけでも腹筋がおかしくなりそうなのに、UFOの入り口らしきところから突如、牛さんの乳首がビヨ~ンと飛び出てきた!! 

そして牛乳光線がシャワー状に放たれ、子どもたちのコップに注がれます。その発想はナカッタヨ……。

【他のCMもかなりのインパクト】

CMを観たツイッターユーザーもザワザワ。「ヤバい」「発想が斜め上過ぎる」という声のほか、「せめて複乳ならまだ牛っぽいのだが……。」といった声があがっていました。

実はこれ、「らくのう牛乳は配送にもこだわっている」というメッセージ性が込められた動画。ただ、そのメッセージの伝え方がちょっと意外性ありすぎて、カオス感を生み出してしまったようです。

らくのう牛乳の他のCMも見てみたのですが、牛がUFOに連れ去られたり、阿蘇山に恐竜が現れたりと、なかなかのインパクト……。「らくのう牛乳」のCM、これはちょっと今後も要チェックかもしれません!

参照元:YouTubeらくのうマザーズTwitter検索「らくのう牛乳 CM」
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

UFO頭巾をかぶると気分は宇宙人? まさかの「アブダクション」デザインの着る毛布が登場したよ!

最近では、寒い季節の必須アイテムになりつつある着る毛布。全身をすっぽりと包んでくれてあったかだし、セーラー服風白雪姫のドレス風など見た目がかわいいものもいろいろと発売されています。

そんな中、オルタナティブ系女子の大本命アイテムになりそうなデザインの着る毛布がフェリシモのYOU+MORE!(ユーモア)から新登場。「ベントラ~、ベントラ~」と唱えたくなること間違いなしのアブダクション柄なんだよ!

【UFOに吸い寄せられていく家や牛!?】

「アブダクションするUFO着る毛布」は、着る毛布1枚とUFO頭巾1個のセット。着る毛布はフリース素材でできていてあったかいんだけど……UFOに牛や家が連れ去られるアブダクションをイメージしたデザインになっていて、とんでも未確認な雰囲気。

毛布の中央にあるファスナーを開けると、UFOに吸い寄せられて宙に浮く牛や家が出現。その状態でアダムスキー型のUFO頭巾をかぶれば、マジで本気でアブダクション的なことになってしまうのです。

【毛布を着たまま家の中を歩き回ろう!】

手足を出すことができるので、着たままで掃除なども可能。毛布はUFO頭巾の中に収納OKで、クッションとして使うこともできちゃいます。

UFO頭巾の全面には蓄光テープが付いていて、暗闇で怪しく光るのだとか。価格は8856円(税込)。

この場合はUFOになりきれるのか、それとも宇宙人になりきれるのだろうか……。まあ、とりあえず、こんな着る毛布で家の中を歩き回っている人がいたら、見ているだけで楽しくなっちゃいますね♪

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら

英語でUFO呼ぶとき何て言うか知ってる? オカルト誌「ムー」公式の英会話本が発売されるよ~☆

海外旅行に行くとき、事前に調べておきたいのは旅先で役立つ英会話ですが、あの超常現象専門誌「ムー」が英会話本を発売するそうです。リリース日は2017年8月23日で、現在アマゾンで予約販売を受け付けているのですが……一体どのような内容になっているのでしょうね?

宇佐和通さん著、 石原まこちんさんがイラストを手掛けている、「ムー公式 実践・超日常英会話」(1296円)では、世界のミステリースポットで使える英語を厳選して紹介しています。

もし友人が突然、異星人にさらわれたら。ホテルで超常現象に悩まされたら。現地のUFOツアーに参加することになったら。そんな状況になったとき、この本が必ずやあなたを救ってくれるはず!

【海外のホテルで幽霊が出たときに便利♪】

“ムー公式”というタイトルのとおり、この本に登場するのはすべて「ムー」的英会話。

「Please call police and military, because my friend was abducted by aliens.(友人が異星人にさらわれたので、警察と軍隊を呼んでください)
「Please get another room because I’m seeing a ghost in here. (幽霊が出るので、部屋を変えてください)

えー、これら2つはAmazon.co.jpにて紹介されていた例文ですが、異星人はさておき、幽霊はいざというときガチで使えそうなので覚えておくといいかもしれませんね。幽霊が出そうなイヤ~な感じのする部屋、たまにありますし。

【公式サイトでは「英会話コーナー」がスタート】

また英会話本の発売にちなんで、ムー公式サイト「ムーPLUS」では、「ムー公式英会話」なるコーナーがスタート。初回のテーマは「UFOツアー」で、紹介されている英会話はすべて「ムー公式 実践・超日常英会話」に収録されているものです。

UFOがよく出る場所を聞きたいとき、さらにはUFOらしきものに遭遇したとき。きっと役に立つであろう例文がずらりと並んでいるなか、わたしが注目したのは「UFOを呼びたいとき」に使えるこの一文。

「Say “Yoon, yoon, yoon, yoon” while holding your right palm up to the sky.(右手を空に向けて、ゆんゆんゆんゆん……と呼びかけてください)」……これ、使うときくるかな!?

つーか、UFO呼びたいときは「ゆんゆんゆん」って言うんだね、勉強になる~~~!!

【役に立つ日が…できればこないといいな!?】

こんな具合に、英会話以上のものが得られそうな「ムー公式 実践・超日常英会話」は、超常現象やオカルト好きならマストハブでございます。

ほかにも陰謀・滅亡・地底人などの「ムー的ネタ」を完全網羅した英会話本、いざというときのためにゲットしておくべし☆

参照元:ムーPLUSAmazon.co.jp
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

英語でUFO呼ぶとき何て言うか知ってる? オカルト誌「ムー」公式の英会話本が発売されるよ~☆

海外旅行に行くとき、事前に調べておきたいのは旅先で役立つ英会話ですが、あの超常現象専門誌「ムー」が英会話本を発売するそうです。リリース日は2017年8月23日で、現在アマゾンで予約販売を受け付けているのですが……一体どのような内容になっているのでしょうね?

宇佐和通さん著、 石原まこちんさんがイラストを手掛けている、「ムー公式 実践・超日常英会話」(1296円)では、世界のミステリースポットで使える英語を厳選して紹介しています。

もし友人が突然、異星人にさらわれたら。ホテルで超常現象に悩まされたら。現地のUFOツアーに参加することになったら。そんな状況になったとき、この本が必ずやあなたを救ってくれるはず!

【海外のホテルで幽霊が出たときに便利♪】

“ムー公式”というタイトルのとおり、この本に登場するのはすべて「ムー」的英会話。

「Please call police and military, because my friend was abducted by aliens.(友人が異星人にさらわれたので、警察と軍隊を呼んでください)
「Please get another room because I’m seeing a ghost in here. (幽霊が出るので、部屋を変えてください)

えー、これら2つはAmazon.co.jpにて紹介されていた例文ですが、異星人はさておき、幽霊はいざというときガチで使えそうなので覚えておくといいかもしれませんね。幽霊が出そうなイヤ~な感じのする部屋、たまにありますし。

【公式サイトでは「英会話コーナー」がスタート】

また英会話本の発売にちなんで、ムー公式サイト「ムーPLUS」では、「ムー公式英会話」なるコーナーがスタート。初回のテーマは「UFOツアー」で、紹介されている英会話はすべて「ムー公式 実践・超日常英会話」に収録されているものです。

UFOがよく出る場所を聞きたいとき、さらにはUFOらしきものに遭遇したとき。きっと役に立つであろう例文がずらりと並んでいるなか、わたしが注目したのは「UFOを呼びたいとき」に使えるこの一文。

「Say “Yoon, yoon, yoon, yoon” while holding your right palm up to the sky.(右手を空に向けて、ゆんゆんゆんゆん……と呼びかけてください)」……これ、使うときくるかな!?

つーか、UFO呼びたいときは「ゆんゆんゆん」って言うんだね、勉強になる~~~!!

【役に立つ日が…できればこないといいな!?】

こんな具合に、英会話以上のものが得られそうな「ムー公式 実践・超日常英会話」は、超常現象やオカルト好きならマストハブでございます。

ほかにも陰謀・滅亡・地底人などの「ムー的ネタ」を完全網羅した英会話本、いざというときのためにゲットしておくべし☆

参照元:ムーPLUSAmazon.co.jp
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら