「USJ」がハロウィンに本気出しすぎぃい! 絶対に音を立ててはいけないお化け屋敷や、ゾンビに追いかけられるお化け屋敷など

夏が終われば秋。そして秋の一大イベントといえば、なんといってもハロウィンです。

気合いの入ったハロウィンイベントで毎年話題になっているのが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン。2002年からハロウィンイベントを開催し続けてきて、今では “仮装の聖地” と呼ばれるまでになりました。

17年目を迎える2018年は、9月7日から11月4日までの期間に「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」を決行。

“ハロウィーン新時代” と銘打って3つのハロウィンイベントを企画している模様。その中のひとつで新カテゴリーとなる “大人ハロウィーン” は大注目で、毎年参加しているという人でも新鮮な気持ちで楽しめそうなんですよね♪

【ホテルのドアを開けて自ら進むホラーアトラクションも】

“大人ハロウィーン” の目玉は、完全没入型ホラー・アトラクション「ホテル・アルバート」。その名のとおり、舞台となるのは “約40年前の華やかな高級ホテル” です。

ゲスト自身が物語の一員となってドアを開け進んでいくなか、登場人物と話したり事件を目撃したりと、ただの傍観者ではなく “当事者” になれるところが最大の魅力。

演出はパークオリジナルらしく、時にはそれぞれ全く別の場所に連れ去られることもあるそうなので、あらかじめ心構えをしておくといいかもしれません。

【「音を立ててはいけない」お化け屋敷も登場】

なおパーク史上初となる “音を立ててはいけないお化け屋敷” 「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」も登場。呪われた幽霊船を舞台としていて、音を立てたら最後、ゴーストに捕えられてしまうのだとか……!

どれだけ気配を殺し、息をひそめることができるかが勝負なので、覚悟して挑みましょうね。

また、美しくも恐ろしいヴァンパイアの住処で繰り広げられる恐怖を4Dでリアルに体感できる「ブラッド・レジェンド」もあって、バラエティー豊かなラインナップとなっているんです。

【カクテルを楽しめる大人のためのラウンジも登場♪】

大人をとことん楽しませてくれそうな “大人ハロウィーン” にはそのほか、限られた人だけが入場できるゴージャス空間でフォト・スポットやカクテルを楽しめる「ホテル・アルバート・ラウンジ&フォト・スポット」も登場!

【「こわかわ」&「絶叫」企画もあるよ】

ラグジュアリーな世界観が特徴の “大人ハロウィーン” ですので、どうせなら思いっきりドレスアップしていくと、ますます気分が盛り上がりそうです。

“大人ハロウィーン” 以外にも、ミニオンズなどパークの仲間たちがモンスターに変身して昼夜に渡って楽しませてくれる “こわかわハロウィーン”

そして見たこともないゾンビたちに追い掛け回されたり一緒にダンスを楽しめたりする “絶叫ハロウィーン” という2つの企画が用意されているので、毎日のように楽しめるに違いありません。

【頭を使うタイプのお化け屋敷も気になります】

ちなみに……もしもあなたが積極的にゾンビに追い掛け回されたいアクティブ派ならば、 “絶叫ハロウィーン” に今年初登場するミッション型お化け屋敷「ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~」がおススメ。

屋敷の中は、薬物に汚染された異形のクリーチャーが巣食う地獄。

化け物に追われるなか、数々の分かれ道や生死を賭けた戦いに遭遇するそうで、ゲスト自らが罠を仕掛ける場面もあるといいます。挑戦しがいがありそうなので、我こそはというあなたはトライしてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース[1][2]株式会社ユー・エス・ジェイ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

「USJ」がハロウィンに本気出しすぎぃい! 絶対に音を立ててはいけないお化け屋敷や、ゾンビに追いかけられるお化け屋敷など

夏が終われば秋。そして秋の一大イベントといえば、なんといってもハロウィンです。

気合いの入ったハロウィンイベントで毎年話題になっているのが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン。2002年からハロウィンイベントを開催し続けてきて、今では “仮装の聖地” と呼ばれるまでになりました。

17年目を迎える2018年は、9月7日から11月4日までの期間に「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」を決行。

“ハロウィーン新時代” と銘打って3つのハロウィンイベントを企画している模様。その中のひとつで新カテゴリーとなる “大人ハロウィーン” は大注目で、毎年参加しているという人でも新鮮な気持ちで楽しめそうなんですよね♪

【ホテルのドアを開けて自ら進むホラーアトラクションも】

“大人ハロウィーン” の目玉は、完全没入型ホラー・アトラクション「ホテル・アルバート」。その名のとおり、舞台となるのは “約40年前の華やかな高級ホテル” です。

ゲスト自身が物語の一員となってドアを開け進んでいくなか、登場人物と話したり事件を目撃したりと、ただの傍観者ではなく “当事者” になれるところが最大の魅力。

演出はパークオリジナルらしく、時にはそれぞれ全く別の場所に連れ去られることもあるそうなので、あらかじめ心構えをしておくといいかもしれません。

【「音を立ててはいけない」お化け屋敷も登場】

なおパーク史上初となる “音を立ててはいけないお化け屋敷” 「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」も登場。呪われた幽霊船を舞台としていて、音を立てたら最後、ゴーストに捕えられてしまうのだとか……!

どれだけ気配を殺し、息をひそめることができるかが勝負なので、覚悟して挑みましょうね。

また、美しくも恐ろしいヴァンパイアの住処で繰り広げられる恐怖を4Dでリアルに体感できる「ブラッド・レジェンド」もあって、バラエティー豊かなラインナップとなっているんです。

【カクテルを楽しめる大人のためのラウンジも登場♪】

大人をとことん楽しませてくれそうな “大人ハロウィーン” にはそのほか、限られた人だけが入場できるゴージャス空間でフォト・スポットやカクテルを楽しめる「ホテル・アルバート・ラウンジ&フォト・スポット」も登場!

【「こわかわ」&「絶叫」企画もあるよ】

ラグジュアリーな世界観が特徴の “大人ハロウィーン” ですので、どうせなら思いっきりドレスアップしていくと、ますます気分が盛り上がりそうです。

“大人ハロウィーン” 以外にも、ミニオンズなどパークの仲間たちがモンスターに変身して昼夜に渡って楽しませてくれる “こわかわハロウィーン”

そして見たこともないゾンビたちに追い掛け回されたり一緒にダンスを楽しめたりする “絶叫ハロウィーン” という2つの企画が用意されているので、毎日のように楽しめるに違いありません。

【頭を使うタイプのお化け屋敷も気になります】

ちなみに……もしもあなたが積極的にゾンビに追い掛け回されたいアクティブ派ならば、 “絶叫ハロウィーン” に今年初登場するミッション型お化け屋敷「ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~」がおススメ。

屋敷の中は、薬物に汚染された異形のクリーチャーが巣食う地獄。

化け物に追われるなか、数々の分かれ道や生死を賭けた戦いに遭遇するそうで、ゲスト自らが罠を仕掛ける場面もあるといいます。挑戦しがいがありそうなので、我こそはというあなたはトライしてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース[1][2]株式会社ユー・エス・ジェイ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

真夏のUSJに「雪」が降る!? 打ち水ならぬ「打ち雪」イベントでミニオンたちとおおはしゃぎしよー☆


異常気象とも思えるほどの暑さが続く2018年の夏。「打ち水ごときじゃ涼しくなれない!」という皆さんにオススメしたいのが、打ち水ならぬ「打ち“雪”」

現在、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催中なのが、夏の期間限定イベント「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」。ありえないほど大量の冷たい“雪”や“水”が降り注ぐ、とっても涼しいエンターテイメントなんです

真夏のテーマパークなんて暑いだけ……かと思いきや、これが意外と涼しめちゃったりするみたい!

【夏なのに涼しい「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」】

「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」は、真夏に雪がもりだくさんのエンターテイメント。プログラムは今年は次の4つです。

・「ミニオン・スノー・ファイト」
グル―やミニオンたちが賑やかに応援する中、的を狙ってウォーター・シューターを撃ちまくれ! バトルの勝者が興奮のあまり手を挙げると、なんと大量の冷たい雪が豪快に降り注ぐ~!! ミニオンたちと雪にまみれて大熱狂できちゃいます。

・「セサミストリート・スノー・パーティ」

セサミストリートの仲間たちと一緒に、ウォーター・シューターで的を撃ったり、一緒にダンスしたり。冷たいパーティーを楽しんで真夏に雪を降らせて。みんなで一緒に手を挙げて心をひとつにすれば、キセキがきっと舞い降りる……!?

・「ウォーター・サプライズ・パレード」

パーク中に“水”と“ハチャメチャ”をまき散らすパークの夏恒例、ウォーター・サプライズ・パレード。今年はさらにびしょ濡れに!

・「ワンピース・ウォーターバトル」
ウォーター・シューターを手に、隠されたお宝を狙う強敵がひしめくエリアをいざ進め! “麦わらの一味”と仲間になって敵をやっつける大熱狂の水かけバトルです。今年は「海軍編」と「ビッグ・マム海賊団編」の2つのストーリーで、ウォーターバトル史上最多の海賊や海軍が登場するそう!

【カラダ表面の体温はマイナス10℃もクールダウン!】

実際に、クールダウン効果は抜群! 「ミニオン・スノーファイト」をサーモグラフィーと温度計にて検証した結果、体験前と体験直後では、体験したゲストの表面温度は-10℃近く、周辺の温度は-5.8℃も温度差が表れることがわかったというんです!! これならミニオンの中に入ってる人も暑くな……(以下自粛)。

サーモグラフィーを見ると、「ミニオン・スノーファイト」体験前は身体の表面が赤くなっていたお客さんが、体験中には真っ青に……。自分たちも周りの空気もクールダウンされているのが一目瞭然!


このほか屋内のアトラクションも合わせれば、真夏のテーマパークであっても避暑地感覚で楽しめそう♪ 雪や水でびしょ濡れになってハチャメチャ爽快になれる一日を皆さんもユニバーサル・スタジオ・ジャパンで過ごしてみては?

なお、各プログラムの開催場所や開催回数などは参照元からチェックしてくださいね。

参照元:ユニバーサル・スタジオ・ジャパンプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

© 2018 Sesame Workshop © ‘ 76, ’99, ’18 SANRIO TM & © Universal Studios. All rights reserved.
© 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

続きはこちら

真夏のUSJに「雪」が降る!? 打ち水ならぬ「打ち雪」イベントでミニオンたちとおおはしゃぎしよー☆


異常気象とも思えるほどの暑さが続く2018年の夏。「打ち水ごときじゃ涼しくなれない!」という皆さんにオススメしたいのが、打ち水ならぬ「打ち“雪”」

現在、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催中なのが、夏の期間限定イベント「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」。ありえないほど大量の冷たい“雪”や“水”が降り注ぐ、とっても涼しいエンターテイメントなんです

真夏のテーマパークなんて暑いだけ……かと思いきや、これが意外と涼しめちゃったりするみたい!

【夏なのに涼しい「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」】

「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」は、真夏に雪がもりだくさんのエンターテイメント。プログラムは今年は次の4つです。

・「ミニオン・スノー・ファイト」
グル―やミニオンたちが賑やかに応援する中、的を狙ってウォーター・シューターを撃ちまくれ! バトルの勝者が興奮のあまり手を挙げると、なんと大量の冷たい雪が豪快に降り注ぐ~!! ミニオンたちと雪にまみれて大熱狂できちゃいます。

・「セサミストリート・スノー・パーティ」

セサミストリートの仲間たちと一緒に、ウォーター・シューターで的を撃ったり、一緒にダンスしたり。冷たいパーティーを楽しんで真夏に雪を降らせて。みんなで一緒に手を挙げて心をひとつにすれば、キセキがきっと舞い降りる……!?

・「ウォーター・サプライズ・パレード」

パーク中に“水”と“ハチャメチャ”をまき散らすパークの夏恒例、ウォーター・サプライズ・パレード。今年はさらにびしょ濡れに!

・「ワンピース・ウォーターバトル」
ウォーター・シューターを手に、隠されたお宝を狙う強敵がひしめくエリアをいざ進め! “麦わらの一味”と仲間になって敵をやっつける大熱狂の水かけバトルです。今年は「海軍編」と「ビッグ・マム海賊団編」の2つのストーリーで、ウォーターバトル史上最多の海賊や海軍が登場するそう!

【カラダ表面の体温はマイナス10℃もクールダウン!】

実際に、クールダウン効果は抜群! 「ミニオン・スノーファイト」をサーモグラフィーと温度計にて検証した結果、体験前と体験直後では、体験したゲストの表面温度は-10℃近く、周辺の温度は-5.8℃も温度差が表れることがわかったというんです!! これならミニオンの中に入ってる人も暑くな……(以下自粛)。

サーモグラフィーを見ると、「ミニオン・スノーファイト」体験前は身体の表面が赤くなっていたお客さんが、体験中には真っ青に……。自分たちも周りの空気もクールダウンされているのが一目瞭然!


このほか屋内のアトラクションも合わせれば、真夏のテーマパークであっても避暑地感覚で楽しめそう♪ 雪や水でびしょ濡れになってハチャメチャ爽快になれる一日を皆さんもユニバーサル・スタジオ・ジャパンで過ごしてみては?

なお、各プログラムの開催場所や開催回数などは参照元からチェックしてくださいね。

参照元:ユニバーサル・スタジオ・ジャパンプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

© 2018 Sesame Workshop © ‘ 76, ’99, ’18 SANRIO TM & © Universal Studios. All rights reserved.
© 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

続きはこちら

【朗報】原作者の直子姫も絶賛!USJの「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D」の開催期間が9月まで延長されるってよ〜

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で、2018年1月19日より開催している期間限定イベント、「ユニバーサル・クールジャパン 2018」。こちらで特に人気を博しているのは、3月に始まった「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D」です。

セーラームーン史上初の4-Dアトラクションとなるこちらでは、セーラー戦士たちと一緒にピンチを乗り越える体験ができる、とのこと。

最大の魅力は “今にも手で触れることができそうなリアル感” で、ダイナミックな変身シーンの真っただ中に入り込む、な~んてこともできるのだとか……!

【祝☆開催期間延長決定】

アトラクションを実際に体験した人たちから、「もっと体験したい!」「他の友人や娘を連れてきたい!といった意見が数多く寄せられたそう。

こういった要望を受け、USJは、6月24日までの予定だった開催期間を延長することを決定。約3カ月延長して、なんと9月30日まで体験できることになったというのです~! これなら夏休みにも遊びに行けそうですね~!

【原作者・武内先生も大絶賛しています】

「今回で3回目! 毎回新鮮な気持ちで見る事が出来るので、ずっと続けて欲しい!」(大阪 / 20代女性)
「セーラームーンが自分の目の前に現れた時に泣きそうになりました。何度でも、何回でもずっと見ていたい!」(名古屋 / 20代女性)

このように、体験者から寄せられた声には、 “セーラームーン愛” がパンパンに詰まっています。

そしてアトラクションのクオリティーの高さを絶賛しているのは、一般ゲストだけにあらず。原作者の武内直子先生も体験者のひとりらしいのですが、

「毎日見たい! 毎日あの戦士達の可愛く跳び回る姿に戦いに、触れていたいです。全てが最高の映像です !生きてて良かった!」

といった具合に、これ以上ないほど大絶賛しているんですよ~。原作者が太鼓判を押しているなら、きっととことん楽しめるに違いありませんっ。

【リアル・タキシード仮面にも会える!?】

ちなみに……こちらのアトラクションをスムーズに楽しみたい人は、「セーラームーン・スペシャル・エクスプレス・パス」(税込み4400円~)をゲットしておくのがおススメ。

実はこのパス、アトラクションをスイスイ体験できるだけでなく、タキシード仮面と “本当に会える” 「タキシード仮面・ミラクル・グリーティング」もセットになっているんです。

しかもただ会うだけでなく、甘~い言葉までかけてくれるそうで、手軽に胸キュン(?)できちゃいそうなんですよ~♡

セーラームーンの世界を思いっきり満喫できるであろう、「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D」。セーラームーンファンならば、マストで行っとくべきですよぉ!

参照元:プレスリリースユニバーサル・クールジャパン 2018
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【朗報】原作者の直子姫も絶賛!USJの「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D」の開催期間が9月まで延長されるってよ〜

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で、2018年1月19日より開催している期間限定イベント、「ユニバーサル・クールジャパン 2018」。こちらで特に人気を博しているのは、3月に始まった「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D」です。

セーラームーン史上初の4-Dアトラクションとなるこちらでは、セーラー戦士たちと一緒にピンチを乗り越える体験ができる、とのこと。

最大の魅力は “今にも手で触れることができそうなリアル感” で、ダイナミックな変身シーンの真っただ中に入り込む、な~んてこともできるのだとか……!

【祝☆開催期間延長決定】

アトラクションを実際に体験した人たちから、「もっと体験したい!」「他の友人や娘を連れてきたい!といった意見が数多く寄せられたそう。

こういった要望を受け、USJは、6月24日までの予定だった開催期間を延長することを決定。約3カ月延長して、なんと9月30日まで体験できることになったというのです~! これなら夏休みにも遊びに行けそうですね~!

【原作者・武内先生も大絶賛しています】

「今回で3回目! 毎回新鮮な気持ちで見る事が出来るので、ずっと続けて欲しい!」(大阪 / 20代女性)
「セーラームーンが自分の目の前に現れた時に泣きそうになりました。何度でも、何回でもずっと見ていたい!」(名古屋 / 20代女性)

このように、体験者から寄せられた声には、 “セーラームーン愛” がパンパンに詰まっています。

そしてアトラクションのクオリティーの高さを絶賛しているのは、一般ゲストだけにあらず。原作者の武内直子先生も体験者のひとりらしいのですが、

「毎日見たい! 毎日あの戦士達の可愛く跳び回る姿に戦いに、触れていたいです。全てが最高の映像です !生きてて良かった!」

といった具合に、これ以上ないほど大絶賛しているんですよ~。原作者が太鼓判を押しているなら、きっととことん楽しめるに違いありませんっ。

【リアル・タキシード仮面にも会える!?】

ちなみに……こちらのアトラクションをスムーズに楽しみたい人は、「セーラームーン・スペシャル・エクスプレス・パス」(税込み4400円~)をゲットしておくのがおススメ。

実はこのパス、アトラクションをスイスイ体験できるだけでなく、タキシード仮面と “本当に会える” 「タキシード仮面・ミラクル・グリーティング」もセットになっているんです。

しかもただ会うだけでなく、甘~い言葉までかけてくれるそうで、手軽に胸キュン(?)できちゃいそうなんですよ~♡

セーラームーンの世界を思いっきり満喫できるであろう、「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D」。セーラームーンファンならば、マストで行っとくべきですよぉ!

参照元:プレスリリースユニバーサル・クールジャパン 2018
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

大阪の人は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を「ユニバ」と呼ぶらしいので調べてみた→ホンマや!! あと○○県も「ユニバ」と呼ぶらしいで

突然ですが、質問です。あなたは大阪市にあるアミューズメントパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のことを、なんと呼んでいますか?

わたしは「USJ」と呼んでいるし、周囲の人もほとんどが「USJ」と呼ぶ派。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」と略すことなく呼んでいる人もいますが、このどちらかしか、耳にしたことがありませんでした。

しかし女友達によれば、「USJ」と口にしたとき、大阪出身の人から鋭いツッコミが入ったというのです。

【大阪の人は「ユニバ」と呼ぶ!?】

「違う。USJやなくて “ユニバ” や」

マ、マジっすか。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のお膝元・大阪では、ユニバが正式な呼び名なんすか。わたくし恥ずかしながら、その呼び名をたったいま初めて知りました~!!

【ほとんどの都道府県民が「USJ」と呼んでいる模様】

参考までにアンケートサイト「みんなの声」に寄せられた調査「『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』、なんて呼んでる?」を確認してみたところ、全国47都道府県のうち45の地域で「USJ」が1位を獲得

一方「ユニバ」を1位に選んだ2つの地域を確認してみたところ、1つはもちろん大阪府

しかし「ユニバ」派が106票、「USJ」派が95票と、差はわずか11票で、大阪府民でも「USJ」と呼んでいる人は少なくないみたいです。

【和歌山県の人も「ユニバ」と呼ぶようです】

さて、ここで気になってくるのは、大阪府と一緒に「ユニバ」を支持したもう1つの地域。

その地域とは、大阪府とはご近所さんの和歌山県。大阪府の結果と同様「USJ」派との票差はあまりないものの、「USJ」呼びが圧倒的支持を集める中で大阪以外に唯一和歌山の人だけが「ユニバ」呼びをチョイスしていたことは、個人的にやや衝撃的でした。大阪府民と和歌山県民は感性が似てるってことなのかしらね……?

参照元:みんなの声
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら